<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

出会う前から愛してた

「ためこんで頑なになるより、多少弱音を吐いて消化した方がいい」
   ----- クルム伊達公子
       (日本人、テニスプレーヤー、1970年9月28日生まれ)


周囲が、おめでたラッシュです。(嬉)
10月~来年1月の間に、4人のお友達が出産予定。
すでに孫の誕生を待つ祖母の心境で、楽しみに待っているところです。

その中で唯一の初産は、ありすちゃん。日本からいらしたお母様と3人で、出産前ぎりぎりランチを楽しんで参りましたです。
訪れたのは、こちらのイタリアン。3回目の訪問だったのですが、2回目に行った時に出会ったウェイター@ホスト出身疑惑のお兄さんは、今回も健在でした。

おめでた姿のありすちゃんは、もーー、輝くばかりの美しさ。
大きなお腹でしんどい、と笑って言うので、そおゆうのは、赤ちゃんが生まれたら忘れちゃうんだよ~、とお母様と私ではやし立て。
私も臨月の頃は、さすがに重くて辛くて、もー早く出てきてくれーっ!と思ってたはずなんですが。
今思い出すのは、お腹の中の赤ちゃんと一体化していた、あの幸せ感だけ、なのでございます。

胎動が始まって、嬉しくて。
大きくなってくると蹴られて、ぐえっ!ということも多々ありましたが。
いるんだなあ、ということを少しずつ。母になるんだなあ、ということを少しずつ。
そうやって、互いの絆を作っていった日々。
父親はこれが味わえないのかー、と考えると、かわいそうに思ったりしたものです。
でも、どうせならそれより、出産の辛さをシェアすべきだよね。(鬼)

生まれて、産湯をつかわせてもらって、看護婦さんがそっと、私の枕元にお嬢を置いてくれた時。
ほぎゃほぎゃと泣いていたのに、私が、がんばったね、良く出てきたね、と話しかけた途端、
ぴたっと泣き止んで、私の目をじーっ、と見たんですよ
それから、またぴゃあぴゃあと泣き始めたので、また話しかけたら、再びこっちをじーっ、と見るんですよね。

お腹の中に私の声が届いていて、覚えていたのかなあ、と思うと、それまでのあれこれ痛辛涙死うぎゃああああ、な”産みの苦しみ”が、文字通り吹っ飛んだ瞬間でございました。


出産も子育ても、死んでも無理、つか、またやったら絶対死ぬ、と思う年寄りになりましたが。
恥ずかしながら、ありすちゃんを見ていて、妊娠だけはまたしたいなー、なんて思ったり。
といっても、私が欲しいのはお嬢だけなので、彼女に縮んでもらって、またお腹に入ってもらうしかないんですけどね。(超自然願望)

余談ですが、赤ちゃんのお嬢がぐずって大変だった時は、
「いっそ、里に帰れーーっっ!!」
と言って、お腹に押しつけていたこともありました。いや、ほんとにどーでもいい。

* * * * *

【家庭内事情】

     IMG_0286

9月も、もうすぐ終わりですね。
お嬢のハイスクールの友人達も、大学生活が始まっていますが、親元を離れての寮暮らしは、どんな感じなのかなあ。

高校で相当に鍛えられてきた子達ですが、大学は更に厳しい勉強が待っているわけで。
家族がそばにいないということに、じわじわと慣れていきつつ、同時にじわじわと寂しさが溜まっていくような、そんな感じなのかもしれず。
考えてみれば、ハロウィンから始まるホリディシーズンが目前にあり、感謝祭やクリスマスで家族に会える日が予定されている、秋からの新学年開始は、なかなかに良いことなのかもしれません。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-28 05:29 | Trackback | Comments(16)

そんな私の行きつけは

「良心は、ただただつねに沈黙という形で語る」
   ----- マルティン・ハイデッガー
       (ドイツ人、哲学者、1889年9月26日生まれ)


久しぶりに、東日本大震災復興支援チャリティーイベントのお知らせです。
10・11月と、3つのイベントが予定されておりますですよ。(歓喜)

・ チャリテイイベントJapan 日本の被災地へ愛を届けよう (Cupertino)
  ・10月6日(土) 午後2時開場 (入場無料)
  ・Union Church of Cupertinoにて

・ 有志による「東北大震災 目に見える支援」 (San Jose)
  ・11月3日(土) 午後1時~
  ・MITSUWA サンノゼ店前にて
  ・クラフト品とベーク品のセールです

・ 東日本大震災復興支援チャリティーセール by HERAT (Campbell)
  ・11月10日(土) 午前10時~午後1時
  ・Santa Clara Valley Japanese Christian Churchにて
  ・クラフト品とベーク品を中心としたセールです

詳細は、以下のページにて。

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア


3つ目の、11月10日のセールは、微力ながら、私もお手伝いさせていただきます。
以前、チャリティーフードセールを行ったメンバーと一緒に、現在鋭意準備中。
フライヤーやFacebookのページが用意できましたら、順次こちらでもご報告させていただきますので、
10月6日、11月3日のイベントと共に、どうぞよろしくお願い致します。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_9620

「みぎや」記録をとりあえず連ねているけれど、ほんとはもっともっと(×10)、強くぢまんしたいお招きもいただいているのだよ。
その中で、ちゃんとご本人様に、お許しをいただいた記録をば。
以下、暑苦しいほどの感嘆と自慢の連続になるけれど、どうか笑って、見逃して。

この時に書いたように、お料理クラス&本格おうちカフェを企画されているお一人が、ローフードインストラクターのMikaさん
クラスを始める前のソフトオープンに、erinちゃん、Yukieさん、私を招待してくれたの。
もーーーー、目にも舌にもカンドー尽くしのコースが並んだよーーー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-26 09:50 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)

寄らば大樹の甘味でも

「みんなが同じように考えるときは、誰も深く考えていないときである」
   ----- ウォルター・リップマン
       (アメリカ人、政治評論家、1889年9月23日生まれ)

先日、NHKのニュースを見ていましたら、ゲーム依存症の話題が取り上げられていたのですが。
その時、アナウンサーの方が、「いぞん」ではなく、「いそん」と発音されていたことに、結構びっくらこいたのです。

検索してみたら、なるほど、「いそん」が主であった模様。

 アルコールいぞんしょう? いそんしょう?

 最近「依存」を「いそん」ってニュースで言ってませんか?「いぞん」は間違ってま...


それ以上に、NHKニュースを見ていて気になるのは、敬語の使い方だったりします。
え、そこは尊敬語じゃなくていいの? ただの丁寧語だけでいいの? といった類い。
あれもきっと、規範があるんだろうなあ、うううむ。

* * * * *

【買い物】

IMG_0303

日本滞在記録を始めよう。でも、どこから始めよう。
そうだ、またあのデパートあたりから。

6月に行った時に楽しくて面白くて、また行きたいなーと思っていた、渋谷ヒカリエ
お嬢がまた行きたいというので、連れ立って出かけてきたですよ。
それも、入試が終わった後だったので、面接用のスーツ&パンプス姿の彼女と一緒に。
動きにくかったら、何かヒカリエで服買ったげるよー、と言いつつ出かけたのですが。
そんな気軽に買えるお品物は置いてない、というのが、ヒカリエでございました……

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-23 11:04 | Trackback | Comments(6)

海の恵みは真珠色

「学問の上で大いに忌むべきことは、したり止めたりである。
したり止めたりであっては、ついに成就することはない」
   ----- 吉田松陰
       (日本人、思想家、1830年9月20日生まれ)


5 Things You Didn't Know About Oysters

牡蠣を食べるなら、Rのつく月に。
ずっと昔からのこの戒め(…)を、律儀に信じてまいりました。

食品保存技術も進んだ昨今、そこまでこだわらなくても、と思いつつ、用心するに越したことはないよな、と考えていたんですが、↑の記事では、迷信と言われてますね。
ということで、都合の良いところだけ、気にしません。(親指立て)


Does it Make Sense for Vegans to Eat Oysters?

一応便宜上(?)、ベジィと名乗ってますが、実はマクロビでありたい自分は、牡蠣でも魚でも、全然OKで食べますが。
動物愛護の精神からヴィーガンを公言された方は、色々大変でございます。
ということで、都合の良い時だけ、気にしません。(Vサイン)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9848

そんな感じで、生牡蠣も貝類も大好きなんだけど。
そういう場に誘われても、残念ながらお断りしていたのは、実はお嬢が、貝類が全然ダメだったから。
食わず嫌いはしない主義の彼女は、何度か果敢にトライしたものの、食感も味も、どーしようもなく相性が悪かったようで。
加えて、旦那がエビに軽いアレルギーがあることもあって、シーフードとはあまり縁がなかったの。

お嬢が日本に行ってしまって(うわあああん)、とりあえず貝類は解禁に。
Sarahさんご夫妻と、こじんまりと4人でお出かけすることになったのは、牡蠣のBBQができる場所。

samanthaさん達が独立記念日に行かれたので、みぎやで集まった時に、皆さんに色々教わって。
牡蠣をメインとして、ほかにもあれこれ、持って行くメニューを相談して。
経験豊富なSarahさん達の心強い背中を拝しながら、わくわくとお出かけしたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-20 07:48 | Trackback | Comments(4)

くぐる暖簾を掲げたら (7)

「賢者はすぐに許す。時の価値を知っているから、むだな苦しみで時が流れていくのに、耐えられないのである」
   ----- サミュエル・ジョンソン
       (イギリス人、詩人・批評家、1709年9月18日生まれ)


     guide_to_winter_squash

a guide to winter squash

ファーマーズマーケットに、かぼちゃ仲間がずらりと並ぶ季節になりました。

日本ですと、実はかぼちゃの旬は夏であったりしますが、
こちらでは、パンプキンが目印のハロウィンが10月末であることもあるのか、秋・冬野菜の代表格。
外見がまた面白くて可愛らしいので、どんな料理に使おうか、毎年わくわくするんですね。

ネットで教わった記事の↑は、ごく簡単でありますが、そんなガイドの一つとして。
今年は何を作るかなー、うーむうーむ。

* * * * *

【料理】

     IMG_9734

「みぎや」記録、第7弾。
麗しいれでぃーすが勢ぞろいした、素敵な夜の記憶なり。

Hit Meさん、蕎麦花さんsamanthaさん、そして、ゆみたちさん
多彩で多才で、センスに溢れた皆さんが集まれば、いつもそこは極楽だ。

シャンパンの後は、ゆみたちさんからいただいた白ワインで、また乾杯。
沢山のお料理を、本当に、本当に、ありがとう。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-18 06:21 | Trackback | Comments(2)

生きる努力の果てに在り

「やりがい、働きがいは、やってみてはじめて出てくる。やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られるだろうか。
生きがいにしてもそうだ。精一杯生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るのだ」
   ----- 土光敏夫
       (日本人、経営者、1896年9月15日生まれ)


IMG_0319

これまた、面白英語シリーズとは異なりますが、笑っちゃった東京メトロの看板。
こんなリーゼントのにーちゃん、むしろ会ってみたい。

* * * * *

【舞台】

     IMG_9763

ミュージカル、「Les Misérables」を観に行って来ました。大変珍しく、旦那のたっての望みで。
観劇やコンサートも好きな彼ですが、普段が激務なので、こういったお出かけは控え気味。
ですが、このミュージカルだけは別物だそうで。
さすが、ちょー名作のレミゼ(略称)、こう思われる方は少なくないと思います。
ちなみに英語名でも、Les Mizという略称なんですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-15 09:59 | Trackback | Comments(8)

くぐる暖簾を掲げたら (6)

「みんな、山に登ったら下ばかり見ているが、ぼくは山に登ったら、上を仰いで雲を見る」
   ----- サトウサンペイ
       (日本人、漫画家、1929年9月11日生まれ)


     IMG_0350

ちょうどノンノンさんから、爆笑看板のお話をうかがったところだったので、今回の日本行きでも、目を皿のようにして探しましたですよ。
エネルギーを使うところ、間違ってますか。

ですが、残念ながら(おい)、先のごまだれのような傑作には出会えず。
すでに日本の英語レベルは、私ごときと一緒にしちゃいけないのですな……ちっ。
ちなみに今は、中国で大変面白い英語訳が見られるとか。

唯一面白かったのが、こちら(↑)の床屋さん、「Laugh Field」
といっても、看板というより、これについての父上のコメントが。

お嬢と私で、
あれってきっと、笑顔に満ちた場所、という意味でつけたんだろうけど、
名前からのイメージは、「大笑いしている原っぱ」だよねー、
とウケてたんですよ。

そこで父上が一言。
「多分、笑野(しょうの)さんの家なんじゃないか」

* * * * *

【料理】

     IMG_9673

「みぎや」の記録、第6弾。
麗しのれでぃ達、mikamikaさんゆみたちさんをお迎えしてのランチだよ。

しかし、お2人から、「何か持って行くよ」というお言葉をいただいて。
お料理上手なお2人から、ということで、すっかり期待してしまってというか、気を緩めてしまってというか。
よんでおきながら、うへへへ、ご馳走様です、みたいな状態に。
ぶっちゃけ、品数少ないよ、なテイタラク。ええ、人として、最低です。

まずはウェルカムドリンクで、梅の酵素ジュースから。
今年もタイミングを逃して、梅干は作れなかった……ので、せめてゆみたちさんからいただいた梅で、酵素ジュースは仕込んだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-11 09:49 | Trackback | Comments(2)

いつも貴方に逢いたくて

「他人の罪は目の前にあるが、自分の罪は背後にある」
   ----- レフ・トルストイ
       (ロシア人、作家、1828年9月9日生まれ)


はい、もう日本から戻ってまいりましたー。
1週間という短期だったので、なんかあっさり終わってしまった、という感じ。
内容的には、相変わらず怒涛のようだったのですけどね。

今回は、旦那はこちらで通常営業というか、お留守番。
私が発った土曜から、翌週の月曜のLabor Dayまで、三連休だったので、
せめてその間の分だけでも、と冷蔵庫に、玄米ご飯やおかずを用意しておいたのです。

ところが帰宅してから見てみれば、半分以上残っていて。
聞いたら、「生野菜と果物が恋しくて、そういうのを買って食べてた」と言うではありませんか。

昨年、腸からの下血を起こして以来、パン&スプレッドの朝食を見直して、フルーツ&グリーンスムージーに変えた旦那。
最初は物足りない、生だけじゃ寂しい、ということで、その後に会社で食べる用に、玄米おにぎりを持たせていたのですが。
それもいつしか要らなくなって、すっかり生オンリー朝ご飯が定着してたのです。
ですが、私がいない間は無理だろうなー、と思って、むしろ生の青果を使い切ってから、旅立ったんですけどね。

まさか、そういう展開になろうとは。
これは進化と呼んでよいものか、なんて、一人しみじみ感慨にふけってしまいました。


そして、どうやらしばし寒い日が続いた先週、生野菜多めで過ごしていた彼は、
なんか風邪っぽい、と愚痴っておりました。

* * * * *

【旅行】

IMG_0417

さて、今回の飛行機は、United Airlinesの直行便の往復で。
いつも通り、機内食はベジタリアンをリクエスト。ベジタリアンというより、内容はヴィーガンだそう。

往きと帰りでは、結構環境が違った、今回の旅。
往きは古い機体のエコノミー席だったので、スクリーンはセンター&通路天井の小さなモニター。
自分で希望のプログラムを選ぶことができず、見たい映画が上映されるまで、ひたすら我慢の子。
Men in Black 3」と「What to Expect When You're Expecting」が観られたのは良かったのですが、「The Avengers」は途中終了、一番観たかった「Mirror, Mirror」は、時間切れで上映されず、涙をのみました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-09 10:43 | Trackback | Comments(12)

差し出す忠義に礼をもち

「仁に過ぐれば弱くなる、義に過ぐれば固くなる、礼に過ぐれば諂となる、智に過ぐれば嘘をつく、信に過ぐれば損をする。
気長く心穏やかにして、万に倹約を用て金銭を備ふべし。
倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり、此の世に客に来たと思へば何の苦もなし。
朝夕の食事うまからずともほめて食ふべし、元来客の身なれば好き嫌いは申されまじ。
今日の行をおくり、子孫兄弟によく挨拶をして、しやばの御暇申すがよし」
   ----- 伊達政宗
       (日本人、戦国武将、1567年9月5日生まれ)


また日本に来ております。
1週間だけの滞在なんですが、いやー、久しぶりの湿気で、身体がべたべたですわ。

お嬢は、汗でひどくなるタイプのアトピーなので、日本での夏を心配していたのです。
が、かえってその湿気が良かったらしく、カリフォルニアではぽろぽろ皮がむけていた顔の肌が、つやつや・すべすべ。
腕などにかゆい湿疹も出ているものの、随分と良い状態の彼女に、ほっと一安心。
なんだよう、母ちゃんと離れて寂しいというストレスはないのかよう。(口をとがらせながら)

周囲のアトピーの人を見ていると、このパターンの人が多いような。
日本の湿気も、良いものだ。そしてきっと、日本の水のおかげもありますな。

* * * * *

【レストラン】

IMG_0150

楽しいこと満載だった夏だったのだが、日本行きの少し前におじゃましたところが、また良かったんだよなあ。
それはね、とある会社のカフェテリア。
アメリカに来て以来、ゴクツブシをしている私に、アメリカのCorporate Lifeを垣間見るチャンスをくださったのは、憧れのNさん。
優しいご提案に、行きますうううう、と飛びついた私の後ろには、見えない尻尾がちぎれんばかりに振られてた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-09-05 05:59 | Trackback | Comments(6)

九月は、梟の知恵を寄せ集め

     IMG_0175

                        (PAPER SOURCEのカレンダーより)


「自分の現在の義務を、完全に尽くす者が一番偉いと思う。
そして、自分の現在の義務は何であるかを、はっきり認め得る人は、
人生の義務と目的とを理解する道に、進むのであろうと思う」
   ----- 新渡戸稲造
       (日本人、教育者、1862年9月1日生まれ)
[PR]
by senrufan | 2012-09-01 05:13 | Trackback