<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

上昇空気を含ませて

「『教育』とはうまく言ったもんだよ。『教える』に『育てる』か……
 『育』の字がなけりゃ、とっくに放り出してるぜ、こんな事」
   ----- 羽海野チカ
       (日本人、漫画家、1966年8月30日生まれ)


     IMG_0015

「みぎや」を開店して以来、夜のお客様とは、ワインを片手に盛り上がり。
いきなりアップした消費量に、ほくほくしながら、新しいワインを買い込み中でございます。
身の丈値段で美味しいワインを探すべく、楽しい旅を始めた我々、周囲のワイン好きな友人達から、ありがたいアドバイスを色々いただいてます。各方面に、大感謝。

そんな折、先日お招きいただいた友人夫妻から、素敵なワイングッズを教わりました。
Vinturiというメーカーの製品で、Red Wine Aerator。つまり、赤ワインに空気を含ませる道具です。
ワイン通の方なら良くご存知の品と思いますが、そこはほら、生温かく見てください。

初心者の我々としては、デカンタを用意して、飲むしばらく前に空気を含ませて、とやっていたのですが。
このAeratorをグラスの上に持って、この中に直接ワインを注ぐと、
じゅじゅじゅっ、という音と共に、空気を含ませたワインがグラスに落ちる、という仕組み。
事前の準備時間は、いりません。

半信半疑で、Aeratorを通さないままのワインと、通したワインとを飲み比べてみましたら。
味覚オンチの私にさえ、はっきりとわかる、その違い。
その晩のすんばらしいお料理と共に、大いに楽しませていただきましたです。
ああ、そのお料理の記録も書きたいのに……

その翌日、早速COSTCOで旦那が購入。
いろんなお店で売ってると思いますが、定価が$39.95のところ、COSTOCOでは$24.99でございました。

「みぎや」の夜のお客様には、デフォルトでサーブされる予定です。


VINTURI

* * * * *

【レストラン】

IMG_9584

この夏は、自分が日本に行ったり、お嬢と別れたり(よよよ)、お友達が日本から来てくれたり、遠方から泊まりに来てくれたりと、忙しいながらも充実した夏であり。
その中の一つ、友人2人と出かけた、日曜のブランチの記録など。

3人の都合が合う時間がなかなかなかった為のブランチだったけど、これが意外とメニューが豊富で、お客様も大勢。
普段は、朝食はごく軽く、な私も、この時は喜んで腕まくり。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-30 11:47 | Trackback | Comments(6)

言葉が結ぶ縁があり

「正しく強く生きるとは、銀河系を自らの中に意識してこれに応じていくことである」
   ----- 宮沢賢治
       (日本人、詩人、1896年8月27日生まれ)


Sheena Iyengar: The art of choosing


日本でも少しずつメジャーになりつつある、TED(Conference)
できるだけ見たいと思ってるのですが、全然果たせておりません。はあ。

しかし、↑のSheenaさんの講演は、本当に面白うございました。
「選ぶ」ということを一つのキーワードとして考えている自分にとって、というのは勿論ですが、
最初の、日本での「緑茶オーダー体験」はどぅーですか。
海外在住の方が日本に行った時、一度は体験される類のものではないでしょうか。
コーヒーのカスタマイズができなかったことを思い出して、ちょっとにんまりしたりして。

この講演については、ものすごく色々思うことがあって、一度きちんと書いてみたかったのですが、もう諦め……
とりあえず日本とは、すごく良い国で、すごく良い人達で、いろんな意味で特別な。
そんな風に思ってます、ということで。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9075

6月の日本滞在記も、これで最後です。
そして来週は、また日本に行ってきます……よし、間に合った。(激違)

今まで何回も里帰りしておりますが、実は今回初めて、美術展に行ってまいりました。
国立新美術館で開催されていた、大エルミタージュ美術館展でございます。
看板や広告には「エルミタージュ展」となっているのに、パンフレットには「大エルミタージュ展」となっている。
果たして、その真相はいかに!? (ええ、気分です)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-27 10:39 | Trackback | Comments(27)

そこは手本となる処

「この世界は食べ物に対する飢餓よりも、
愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです」
   ----- マザー・テレサ
       (ユーゴスラビア人、社会活動家、1910年8月26日生まれ)


   IMG_9121

日本に行くなら、こちらでは食べられないものが食べたいのでございまして。
母の買い物に付き合って、日本の野菜売り場を堪能したですよ。
まあぶっちゃけ、「キレー♪」というのと、「高っ!」というのが、ほとんどであったわけですが。(……)

今回試してみたのが、アイスプラントスナックパイン、そして、モコヴェールという青果です。
アイスプラントは噂通り、シャクシャクという歯応えが面白く、ちょっとしたおつまみ感覚でいただける野菜。これは気に入ったー、加州にも来てほしいー。
モコヴェールはハウスというか、工場栽培のレタスなんだそうですが、これも柔らかくて良かったですよ。

ただ、スナックパインは、ミニサイズを買ってしまったのが、失敗の元。
引きちぎるのは面白かったものの、そこについた果肉の量が少なくて、これだったら普通のを剥いた方が沢山食べられるよ……(しょぼん)
今や、パイナップルの皮までジューサーにかけるヤツが買っても、スナックパインには迷惑なだけでした……えーと、ごめんなさい。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9185

日本の食べ歩き記@6月の最後は、渋谷のヴィーガンお食事処だよ。
昨年夏に帰国されたやまばとさんと、感動の再会後(いや、ほんとに)、互いの近況を報告しながら、お店にのんびり向かったよ。

地図の場所に行き着いて、あれ、どこにあるのかな? と、ちょっときょろきょろ。
あ、こちらの地下にあるんですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-26 07:50 | Trackback | Comments(6)

くぐる暖簾を掲げたら (5)

「カンターレとは、他者に自分のすべてを捧げるもの。
だからこそ捧げられる自分を持たなければならない。
その中身をつくってすべて与えること、それが歌」
   ----- 佐藤しのぶ
       (日本人、声楽家、1958年8月23日生まれ)


Chikuchiku

才能溢れるお友達の皆さんが、4回目となる作品セールを開催されます。
陶器、ビーズアクセサリー、レース、ニット小物などに加えて、
蕎麦花さんの手打ち蕎麦に、パンなどもあって、大変豪華なセールです。

いつもオープンと同時に駆けつけていたワタクシですが、今回に限って、日本滞在中な為、参加できず……
せめてどなたか、美しい作品の写真をいっぱい撮って、FBなどにアップして、私を羨ましがらせるといいと思います。(うわあああんん)

日時: 9月7日(金) 午前10時~午後2時
問い合わせ先 : chikuchiku.ca@gmail.com

* * * * *

【料理】

IMG_9651

Naokoさんのランチご来店に引き続き、翌夜はHちゃん&Tさんご夫妻のご来店。
旦那が出張中で不在だったのを残念に思いつつ、3人で楽しく過ごしたよ。

お肌のトラブルに悩むHちゃんに、少しでも良いものを。
1回食べたところで、効果が期待できるものでもないとはわかっているけど、そこは心意気でなんとか。(無茶)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-23 09:17 | Trackback | Comments(12)

くぐる暖簾を掲げたら (4)

「ゴロゴロしていたりボーッとしていたりするのは、怠けているのではありません。
『春』→『桜」』→『花見」』しか考えなかったり、まじめに学校に通ったり、上司に言われたことをそのままやることを『怠ける」』といいます」
   ----- 五味太郎
       (日本人、絵本作家、1945年8月20日生まれ)


   IMG_9713

友人達と2泊3日で、Mt. Shastaに行って参りました。
楽しかった旅行記録は、また2ヶ月後あたりに。(殴)

その間、我が家のインコの世話を旦那にまかせたのですが、これがもーー、不安で不安で。
基本、動物と子供に懐かれる人なんですが、なんせ家にいないもんで、インコも懐きようがないわけで。
お嬢や私にはかなり懐いているインコですが、家長には警戒ポーズで臨む一方であったのです。

世話も全くしないので、一からやり方を教えて、なるべく夜早くに帰ってくれるように、
無理なら一旦家に戻って、インコに餌をやるなり、寝かせるなり、してやってくれ、と頼んで、
はらはらしながら出かけたのでございます。

1日目・2日目は、ちゃんと世話してくれたらしく(本人談)、
3日目はどうしても無理だということで、友人達にわがままを言って(すまぬー)、早めに帰宅。
部屋にぽつん、といるインコを見て、安堵のあまり、その場で脱力致しました。

無事で良かった、良かった。どうだい、少しはパパに懐いたかい?
そんなことを話しながら、寝かしつけたのでございます。


翌朝の旦那、起きるなりインコのところに行って、「おはよう、元気かい?」と話しかけたり、
カゴから出たインコに(我が家は放し飼い)、やたらと構おうとしたり。

インコが彼に懐いたのではなく、彼がインコに懐いたのが、3日間の成果であった模様。

* * * * *

【料理】

IMG_9593

「みぎや」の記録を、ちょっと2回続けてしまおう、と思ったり。
この週は、連続してお客様が来てくださったのだけど、ありすちゃんからいただいたお野菜のおかげで、すごく料理が楽しかったのだ。

オーガニック野菜は、虫がいるとか弱いとか、おっしゃる方もいるけれど。
むしろそれは、弱った野菜の場合であって、健康に育った有機野菜は、虫もほとんどつかないし、長持ちするもの、と思ってる。
CSAの野菜も、アルグラなどのきゃしゃな葉野菜はともかく、他の野菜はなかなか強くいてくれて、嬉しかったんだよね。

ぎゃぶうさん&ayuminさんに続いて、お迎えしたのは、Naokoさん。
お仕事でお忙しいところ、お昼休みにわざわざいらしてくれたのだ。
ご自宅からラベンダーの花束を抱えて来られたNaokoさんは、変わらずほんとにお美しい。(うっとり)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-20 12:09 | Trackback | Comments(4)

野菜の国のアリス達

「映画には文章と違って『接続詞』がない。
見る人の人生がそこを埋める」
   ----- 降旗康男
       (日本人、映画監督、1958年8月19日生まれ)


     IMG_9156

日曜の夜、東京の丸ノ内。
旦那に案内されるままに歩いていましたら、いきなりブランド街が出現したんですよ。

エルメス、BEAMS、COACH、コム・デ・ギャルソンなど、えええ、なにここおぉぉ、と思ったら、
なるほど、ここがかの仲通りであったんですね。田舎モンゆえ、初めて来ましたよ。
冬には、ここが東京ミレナリオになるんでしたっけ。いやあ、その時に来てみたいなあ。


     IMG_9157

その中に建っていた、丸ノ内 MY PLAZAのビル。
この垂れ幕を見たお嬢、
「へー、ここって、うちの場所なんだ」
と言ったです。
彼女がなんでそう言ったか、おわかりの方がいらっしゃいましたら、
その答えは、今度お会いした時にでも、こっそりと告げてくださいね。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9126

私が日本に滞在中、旦那も出張で日本にいたので、一度、家族外食にも出かけたの。
どんどんと改装中である東京駅とその周辺で探したのは、野菜にこだわるビュッフェのお店。
がっつり食べたい旦那も、ベジィな我々も、双方楽しめるお店だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-19 09:53 | Trackback | Comments(6)

その火の周りで手を繋ごう

「勇気があるというのは、無条件に誰かを愛すること。見返りを求めたりしないで」
   ----- マドンナ
       (アメリカ人、歌手、1958年8月16日生まれ)


大津中学での事件をきっかけに、”いじめ”がますます大きく取り上げられるようになってますね。
すでに、”いじめ”という言葉を使わず、傷害罪や恐喝罪と呼ぶべきという声も、多数耳にしております。

日本の予備校に通うお嬢にとって、時事問題の授業などで、やはり”いじめ”は避けて通れない社会問題なわけでして。
先日スカイプで、どう思うか、どう考えたらいいのか、2人で色々話したのです。

話しながら、お嬢が何度も頭を抱えてました。
わからない、一生懸命わかろうとしてるんだけど、どうしてもわからない。
なんで、そんないじめをするのか、今までの自分の経験を総動員して、想像力も駆使して理解しようとしてるんだけど、本当にわからなくて、どうしようもないんだよ。

そうやって悩む彼女を、とても愛しく思ったです。


朝日新聞デジタル特集 : いじめと君 

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9474

街巡りを堪能した後は、Sarahさん旦那様と待ち合わせ。
以前にお2人がお友達と行って、すごく気に入ったというお店に連れて行ってもらったよ。

レンガ造りの、えーと、工場跡?というような建物の中は、なんとも雰囲気の良いレストランであったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-16 11:17 | Trackback | Comments(14)

楡の木陰を覗いたら

「あなたの生命は、この宇宙の一片にすぎないのではなくて、ある意味で”全体”なのである。
ただ、この全体はちょっと見ただけでは見渡せないようにできている」
   ----- エルヴィン・シュレーディンガー
       (ドイツ人、物理学者、1887年8月12日生まれ)

* * * * *

【買い物】

IMG_9465

久しぶりに遠出をして、とっても楽しかったよ、という話。
対岸に渡って、バークレーをのんびりお散歩して、オークランドで晩御飯、というコース。
Sarahさんがお付き合いくださったので、時間はあっという間に過ぎていったのだったなあ。(思い出しにんまり)

バークレーで歩いたのは、College、Ashby、Claremontという、3本のAvenueの辺りの、数ブロック間。
エリアとしては、Elmwoodという名前があるそうな。
魅力的なお店がいっぱい立ち並んでいて、はしゃぎながらのウィンドーショッピングだったよ。(つまり、見てるだけー)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-12 07:15 | Trackback | Comments(8)

くぐる暖簾を掲げたら (3)

「子供の幸せを考える時、私は与えることよりも、奪わないことだと思うのです。
何かを与えることは簡単にできる。
でも与えると同時に、何かを奪い取っているような気がするのです」
   ----- 黒柳徹子
       (日本人、タレント、1933年8月9日生まれ)


   IMG_9545

愛しのありすちゃんから、素晴らしいギフトをいただきました。

Community Supported Agriculture宅配野菜
ローカルな農家からの週1回の野菜ボックスを購入することで、新鮮で安全な野菜を手軽に入手できると同時に、現地農家を応援することもできる、というスグレモノ。
ありすちゃんが旅行に行く週に、代わりに、とその週のボックスを、私にくださったのでございます。嬉しすぎて言葉になりませなんだ。(ひたすら感涙)

週1回、指定場所に取りに行くのですが、午後12時~8時と、受け取り時間も幅広く、お勤めしている方にもありがたく。
大・中・小のサイズがあるうち、中のつづら、じゃない、ボックスの中には、ぎっしり詰まったお野菜が。

バジル、アルグラ、バターレタス、チャード、レインボーキャロット、いんげん、ズッキーニごろごろ、トレビス、ブロッコリー、いちご。
バジルの香りが素敵だし、いんげんはしっかり・しゃっきり、ズッキーニは手に吸いつくような新鮮さ。
こんなにいいぃぃ、と一人で喜びの舞を踊りましたとも。
何を作ろう、どうやって食べよう、と、料理のわくわく感もひとしお。

この日に来てくれた友達に、好きな野菜を選んでもらって、
この翌日に来てくれた友人達に、色々食べてもらいましたとも。
ありすちゃんの温かい気持ちに、いっぱい幸せにしてもらいました。本当にありがとう!!(愛・愛・愛)


Live Earth Farm Organic CSA

* * * * *

【料理】

IMG_9549

現在こちらの日記は、日々の戯れ・日本滞在記・「みぎや」記録、の3本同時進行でお送りしております。
ええ、誰も聞いてません。

おうち食事処の「みぎや」、まだまだ沢山、来ていただきたい方々が。
3回目は、ayuminさんとぎゃぶぅさんのお二方。ぷらす、愛らしい天使が3人も。

ありすちゃんからいただいた新鮮お野菜、いっぱい、いっぱい食べてほしい。
久しぶりに小さい子供達と過ごせることも、楽しい・嬉しいったらありゃしません。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-09 05:48 | Trackback | Comments(10)

あの場所、その土地、この風土

「例えば、友達が転ぶ。
ああ痛かったろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分の中で作りあげていきさえすればよい」
   ----- 司馬遼太郎
       (日本人、作家、1923年8月7日生まれ)


ロンドン・オリンピック、盛り上がってますね~!
いつも通り、こちらのTVではアメリカの選手中心なので、日本の母に、いずれ放映されるであろう総集編の録画を頼み、あとはネットで追っかけております。

だってだって、悔しいんですよ。
例えば競泳男子のメドレーリレー、日本が2位だったのに、大喜びするアメリカチームしか映さないし。
そのカメラの手前に、日本がいるのに! 日本がいるのに!(ぎりぎり)(まあ当然だろう)

あ、でも開会式は、抜粋版ですが見たですよ。
ナンチャッテ英国好きなワタシ、マジで感動の涙が溢れたですよ。

産業革命から始まって、ジェームズ・ボンド、メリー・ポピンズ、ハリー・ポッター、サイモン・ラトル、Mr. ビーンにビートルズ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド……
大好きなモノ&ヒトばかりの洪水に、大はしゃぎ。これで最後を、モンティ・パイソンの足で締めてくれたら、ゆうことなかったのに。(オマエだけだ)


日本の選手は、名前を知っている方も知らない方も、余すところ無く応援中。
ただ個人的に、室伏選手への応援は、リキ入れました。銅メダル、本当におめでとうございます。
元々私は、「鉄人」と言われたお父様、室伏重信選手のファンだったんですよ。
息子さんの素晴らしい活躍ぶりに、そのまま二世代続けてのファンになったわけで。

なぜ室伏選手が、TV「筋肉番付」に出ないか? それは、圧倒的に勝利してしまうから。
というのを、以前聞いたことがあります。
100mは10秒台、握力は120kg以上(それ以上は計測不能)、
ベンチプレス170kg、スポーツマンNo1決定戦で圧勝優勝 、
高校生の時、何となく槍投げに出たら日本2位、
プロ野球の始球式で131km、英語に堪能、博士号取得

海外での練習場所が、こちらシリコンバレーであるということで、日本語補習校で講演してくださったりして、その温かいお人柄に触れて、ファンになられる方も多いかと。
ほんとに、ゆみたちさんじゃないですが、これ以上、どう頑張れとゆうのだ、と思いつつ、
思い浮かぶ言葉は、「頑張って!」だけだったりするのですな。

鬱病の人に、災害に遭った方々に、「がんばれ」は言ってはいけない、ということなどから、
昨今、ややネガティブな扱いをされるようになってしまった、この言葉。
でも、欧米語に完全には訳せないこの言葉を、母国語として持っていられることを、しみじみ嬉しく思うのです。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9104

日本滞在中にお出かけしたレストラン、第2弾。
Rogiさん&お嬢様と一緒に、下北沢にあるカレー屋さんに行ったんだ。

娘同士、母同士、もしくは4人入り乱れても、話と笑いが尽きない私達。
わいわいと入った店内を、いきなりにぎやかにしちゃったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-08-07 01:46 | Trackback | Comments(4)