「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

変化の波の寄せ方は

「あなたが頂上に達するまで、山の高さを測ってはならない。
そうすれば、あなたはいかに低い山を登っていたかを知ることができるだろう」
   ----- ダグ・ハマーショルド
       (スウェーデン人、政治家、1905年7月29日生まれ)


   IMG_9044

いい加減に書きたい、書かなきゃ、日本滞在記@6月後半
前にも書いた通り、遊びは期待しないで出かけたのですが、嬉しい再会や美味しい食べ物に恵まれて、やっぱり楽しい旅となりました。
PASMOが瞬く間に減っていくのには涙したものの、Yahoo!やGoogleマップで路線情報や地図にも不自由しなくなって、ますますあちこち行きやすくなりましたねえ。
住人でない観光客には、まったくもってありがたい限りです。

しかし日本の電車は、世界に誇る正確さがウリであったのに、今回まともに予定時刻通りに行けたのは、7割ぐらいであったかな。
新しい路線ができて便利になった分、たとえばJRの事故が、私鉄にも影響が出るようになったせいか、「遅れ」が非常に多くてですね。
時刻表を作る”スジ屋”の皆様は勿論のこと、鉄道会社にお勤めの皆様も、切なく感じていらっしゃるのかなあ、なんて思ったり。


それ以外にも、些細な驚きが沢山ありましたですよ。
例えば、再会したまきりん♪さんとお茶しようと、かのドトールに入ったんですよ。
カフェインが苦手なまきりん♪さんが、ディカフェを頼まれたら、なんとディカフェはないという。
私は私で、豆乳ラテの砂糖抜きを頼んだら、
「申し訳ありませんが、カスタマイズは一切できないようになっておりまして

こちらには当たり前のようにディカフェがありますし、自分好みに頼むのもごく普通のことなので、それに慣れてしまっていた我々は、えええ、ドトールほどのメジャー店でもできないの!? と、相当驚いてしまったです。これも田舎モノゆえですか。
ありがたいことに、米国発のスタバやタリーズではカスタマイズを受けてくれたので、今後はそういうお店を利用するしかないんですかねえ……
お値段お高めでチョイスを増やすか、一般品でお値段を抑えるか。

ベジィになって、実は和食レストランこそ、ベジタリアンな人は辛い、ということも知りました。
数十年住んだ母国ですが、いつまで経っても新しい発見がありますな。

* * * * *

【レストラン】

IMG_9066

カナダにお住まいのまきりん♪さん&すれっぢさんご夫妻と、ミクシィで繋がったのは、2006年のことだったかな。
シアトルで感激の初対面を果たした2007年から、すでに5年も経つんだね。

ちょうどこの時に、日本へお仕事で来られていたまきりん♪さん。
隣国に住む同士が再び会えたのは、こんなに遠い地において、であったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-29 11:43 | Trackback | Comments(10)

くぐる暖簾を掲げたら (2)

「人間が賢くなるのは経験によるものではない。
経験に対処する能力に応じて賢くなるのである」
   ----- ジョージ・バーナード・ショー
       (アメリカ人、作家、1856年7月27日生まれ)


   IMG_9632

とても感動することがありました。
オンラインで繋がっていただいているkakoさんから、ギフトが詰まった箱が届けられたのでございます。

引越しに伴って、本を手放すということを書きましたら、kakoさんが児童書を引き取りたい、と言ってくださって。
好きな方にもらっていただけるほど嬉しいことはないので、大喜びでお送りしただけなんですが。
そのお礼に、とわざわざ送ってくださったのは、正しく宝箱。

お嬢ちゃまの可愛らしい手書きのカード、
ペーパークイリングで作られた、素晴らしいカード
kakoさんお手製の、シルバーのしおりとブレスレッド。

2枚のカードで、すでに感動度120%越えだったのに、
しおりとブレスレッドを拝見したら、涙腺決壊をとどめるのが大変でございました。
ゴールドより断然シルバー派の私、好みど真ん中の2作品が、愛しくてなりませぬ。

感動しすぎると言葉が出なくなる、というのは本当なのですね……
ただひたすらに、感謝の言葉を述べるしか能のないワタクシを、どうかお許しくださいまし。
kakoさん、心の底から、本当にありがとうございました~~~。(絶賛うるうる中)
ぜひぜひ、Etsyショップを開店してくださいね!

* * * * *

【料理】

     IMG_9434

最初のお客様をお迎えした「バーMiyuki(仮)」、嬉しいことに翌日も。
Natsukoさんからいただいた花束を飾って、今度はランチタイムの営業(ぷぷっ)だ。

Mikaさんerinちゃん、れでぃ2人のご来訪には、軽めの玄米菜食で。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-27 08:48 | Trackback | Comments(16)

くぐる暖簾を掲げたら

「いろいろなことがあって、何度も底まで沈み込む。
何度も苦しみ何度でもカンバックする。
負けはしない、力は抜かない」
   ----- 吉本ばなな
       (日本人、作家、1964年7月24日生まれ)


   IMG_9558

ご覧くださいまし、この愛らしい姿。
Bundt cakeなのですけど、日本語で何て言えばいいのだ。助けて、Wiki先生
直径10cmぐらいの、小さいクグロフ型のケーキでございます。

先日我が家にいらしたぎゃぶぅさんが、お土産として持ってきてくださって。
しかもパイナップル、レモン、チョコレート、マーブルと、なんと4種類も。(大感謝!)
見かけはとってもアメリカンだし、味も確かにアメリカンなのですが、しっとりとしたスポンジが美味しくて、皆でぱくぱく舌鼓。
特にチョコレートが、ほろ苦さもあって、一番人気でございました。

2年ぐらい前から、カップケーキが一躍ブームになりましたが、あの分厚いアイシングを見るだけで、とても買えない……と尻込み。
ですがこちらのケーキは、アイシングはかかっているものの、欲しかったらそのまま、嫌だったらよけて食べられる量。
そんなところも嬉しいよねー、と皆で頷き合い。

名前も可愛らしいこちらのケーキ、今度は私が手土産として買いたい、とねらっておるですよ。
ぎゃぶぅさん、ご馳走様でした、ありがとう~~(愛いっぱい)


Nothing Bundt Cakes

* * * * *

【料理】

IMG_9420

開店しました。
とりあえず、「バーMiyuki(仮)」という店名の、おうちでのお食事処です。

お嬢がいなくなって、旦那も留守がちとなれば、さぞかし寂しくなるであろ、と覚悟していたが。
寂しいより何より、全然料理をする気にならない、という方が先であったことに驚いた。
作らない、ということはつまり、ロクなものを食べない、ということになるわけで。
身体もヤバイし、ボケも始まりかねない(すでに初期段階)、何より、好きな人達といたいから。
これはどんどんお客様に来てもらわねば、と思ったのは、至極当然だと思うんだ。

お嬢がいなくなる前から、「バーMiyuki(仮)」構想(…)について話していたNatsukoさんとtamachanを、第一号の犠牲者、いや、お客様としてお迎えして、夜の部からのスタートとなったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-24 03:23 | Trackback | Comments(8)

視覚で加える香辛料

「今は『ないもの』について考えるときではない。
『今あるもの』で、何ができるかを考えるときである」
   ----- アーネスト・ヘミングウェイ
       (アメリカ人、作家、1899年7月21日生まれ)


IMG_9565

オン・オフ共にヒキコモリな為、あまり人様のブログも存じ上げない世間知らずですが、
それでも、こちらの写真が大好き、といつも思うのは、samantha-caさんのブログです。

柔らかくて、優しくて、穏やかな色彩で。
ふんわり感漂う色合いも素敵なのですけど、対象の配置や、構図の切り取り方。
上手く言葉が見つからなくて情けないですが、とにかく「好き~♪」なのでございます。

そのsamanthaさんの写真が展示されている、とブログで教わったので、
やはり彼女の写真のファンの友人と、展示先のレストランにおじゃまして参りました。
ブログ上の画像と、プリントの形にした時と、見え方が違ってくるわけですが。
samanthaさんの作品は、手に取れる形になって、また魅力が増している、と思うんですよね。

「Summer Harvest」と名づけられたこちらのシリーズ、旬の野菜を眺めつつ、
これまた夏にふさわしいカレーをいただいた、贅沢な時間でございましたよ。


samantha-caさん : 写真展示@Muracci's in Los Altos

* * * * *

【レストラン】

IMG_9562

ついで、というわけでは決してなく、samanthaさんの写真のおかげで、行きたいと思っていたお店に行けたので。
このまま、リアルタイムで記録だよ。時差2ヶ月の私が、記録だよ。(ぢまんらしい)

近年、ラーメンと共に、このエリアで人気が高まったのは、日本スタイルのカレー。
サンフランシスコのお店が好評で、南の方に開いてくださった2号店。
HPのメニューを拝見したら、ベジタリアン向けのカレーがあるではないですか。(歓喜)
こおゆう気配りは、さすがこのエリアで開店されるだけあるよなあ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-21 06:40 | Trackback | Comments(12)

そばに控える手と心

「自然は優しい。しかし、時として悪魔の如きふるまう」
   ----- C. W. ニコル
       (イギリス→日本人、作家、1940年7月17日生まれ)


大雨で被害に遭われた地域の皆様に、及ばずながら、お見舞いを申し上げます。

Twitterで、以下のツイートが回ってきましたので、即、日本の母に連絡したのですが、
必要な量は早くに集まったとのことで、ほっといたしました。
幾つもの災害を経て、日本でも、ボランティアや寄付といった文化が熟してきているなあ、と、
こんな時に不謹慎で申し訳ありませんが、じんわりと嬉しくなった私です。

水害に遭った大分県竹田市から
  「使い古しのタオルや雑巾を送ってください!」

送り先 :〒878-0013 大分県竹田市大字竹田1320 竹田市総合運動公園内
       竹田市災害ボランティアセンター
         090-1083-7442

新しいタオルは吸水が悪いので使い古しがよいとのこと。


さて、料理記録読書記録、共に更新しております。
2ヶ月ぶりなわりに、大したことは書いてないというのが、私クオリティ。

* * * * *

【レストラン】

IMG_8789

近いわりに、行ったことがないレストラン。
というのは、実は何軒もあるのだが。
そうしたうちの一軒で、たまたまランチのグルーポンが出たので、入手してみたんだよ。

愛しのありすちゃんとランチしようということになって、これ幸いと取り出した。
野菜贔屓の我々にも、良いメニューがありそうな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-17 11:55 | Trackback | Comments(2)

留めておきたいものがある

「マラソンは『人間』が走るものなんだから。人間性が出ますよ。それぞれのマラソンに。
35km以降の顔。苦しくなってから、どんな顔、表情をしているか。そこにその人の人生が表れます」
   ----- 瀬古利彦
       (日本人、マラソン選手・指導者、1956年7月15日生まれ)


     IMG_9537

先日初めて、プロの方に、「家族写真」を撮っていただきました。
家族写真というと、写真館に行って、青や白の背景の前でパチリ、といったものが浮かぶわけですが、そうではないものが欲しかったので。

お嬢が日本に行ってしまう、その前に。
大好きな街の大好きな場所で、普通の私達を撮ってほしかったのでございますね。つまり、公開家族漫才。(身も蓋も)

ずっと前にHit Meさんにお話ししたところ、お友達にプロの写真家さんがいらっしゃるということで、ご紹介いただいたのが、Akikoさん。
ウェディングフォトをメインとされていますが、実は雑誌の撮影から個人写真まで、幅広くこなしていらっしゃいます。

撮影は相談の上、Elizabeth Gamble Gardenとカフェの2箇所にて。
Akikoさんの温かいお人柄で、すっかりリラックスした私達は、笑いまくりの時間を過ごすことができました。

後日、80枚の写真がのった、オンライン・スライドショーのリンクを送ってくださって。
その中から50枚の写真を選んで、オンライン上でオーダー。
それらを4”×6”サイズでプリントしたものを、アルバムに入れて郵送してくださいました。


どの写真も、温かく、優しく、柔らかく。(被写体は含みません)
カリフォルニアの陽光と木々が織り成す風景が、とても美しく。(被写体は除きます)
カフェでの写真はぐっと落ち着いて、その色合いがまた見事なもの。(被写体を指しません)

修正はなかったので(当たり前だ)、家族それぞれの真実も目の前に。
私、顔のシミ、パねぇ! とか、
旦那、腹、自重! とか、
そんなあたりも直視しなければいけませんでしたが、それもまた思い出です。(悟)
ああ、このお嬢の写真、将来電子処理で年をとらせて、そのままお見合い写真に(それは指名手配写真)

本当はここに写真を載せて、Akikoさんの素晴らしさを力説したいところなのですが、さすがに顔写真はマズいので。
お友達の皆さんで興味のある方は、我が家にお越しの際、ぜひご覧くださいませ。


撮影は、1時間~1時間半。
スライドショー、プリントショッピングサイト、プルーフブック入りの50枚の写真がパックになってます。
別料金のオプショナルサービスとして、DVDやアルバムも。

写真の素晴らしさは勿論のこと、Akikoさんご自身が、また素敵な方なのでございます。


Akiko Photo
  weddings@akikophoto.com

* * * * *

【舞台】

     IMG_8522

すでに長くなってしまったけど、日記が溜まってるので、もう一つ。
サンフランシスコに、狂言の舞台を観に行ってきたですよ。

人間国宝の野村万作氏が来られる、ということで、これを逃してはなるまいと。
更にKaoruさんが、ディスカウント情報をくださったので、ますます逃してはなるまいと。
ゆみたちさんご夫妻と並んで、和の世界に浸ってまいりましたです。
Kaoruさん、本当にありがとうございましたー!(愛・愛・愛)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-15 04:38 | Trackback | Comments(2)

流れに逆らわず、流されず

「誰もあなた方を求めたわけではないということです。
誰もあなた方に借りはありません。
あなた方は自分にこう言い聞かせなければなりません。
“彼らは私を必要としていない。私が彼らを必要としているのだ”と」
   ----- ドナルド・ウェストレイク
       (アメリカ人、作家、1933年7月12日生まれ)


震災復興支援のチャリティーイベントのお知らせです。(満場の拍手)

Mill Valleyの教会にて、室内楽のコンサート。
子供達に日本の文化を伝える目的で結成されたボランティアグループ、マリン紙芝居のメンバーの方々と、
16歳という若さで活躍しておられるバイオリニスト、小松颯花さんが主催されていらっしゃいます。
お子様連れも大歓迎だそうですので、ぜひ足をお運びくださいませ。

当日はベークセールも開催されるご予定で、商品をご提供してくださる方も募集中のこと。
ご興味のある方、お問い合わせ先は以下の通りでございます。

・ 東北大震災復興支援チャリティーコンサート (Mill Valley)(Ad
  ・7月15日(日) 開場:午後1時半、開演:午後2時~3時半
  ・Mt. Tamalpais Methodist Churchにて
  ・室内楽のコンサートとベークセールを、同時開催
  ・参加費は無料ですが、被災地の為の寄付をお願い致します
  ・ベークセール品をご提供くださる方を募集しております。
   お問い合わせは kurikocyan@yahoo.co.jp まで

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8471

Kiyomi先生のワークショップ、2日目は。
易学の一つである、九星氣学についてだよ。

正直私は、占いの類が苦手でね。
血液型は、自分がB型であることで、はっきりネタとして使っているけど(おい)、信じるか信じないか、ということでいけば、都合の良い時だけ使います、みたいな外道モン。

なのに、なんでこのWSに参加したか、というと、マクロビオティックの世界を歩んでいくと、実はこの学問が出てくるの。
周囲のマクロビ仲間でも、節目ごとに利用している人も多くてね。
食わず嫌いにならないように、さわりだけでも聞いてみたい、と思ったのが、参加の動機なの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-12 02:29 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(4)

私の身体の生い立ちは

「人はみな、恐れているものや望んでいるものなら、いとも単純に信じる」
   ----- ジャン・ラ・フォンテーヌ
       (フランス人、詩人、1621年7月8日生まれ)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_8445

日本滞在記録もあるんだけど、その前の日記を書くべきだ。
ということで、5月1日&2日に参加したクラスの話など。(あああああ)
マクロビクラブのワークショップで、NYからいらしてくださった先生の、2日連続の講座。
初日は、望診&開運メイクの講座だよ。

マクロビオティックには、望診法というのがあってね。
顔の様々な部位は、身体、それも内臓の状態を表すとして、
それを目で見て、何が足りないか、何を摂り過ぎか、などの診断を下す、という方法なの。

私は、マクロビのクラスを何か一つだけとれ、と言われたら、料理よりもこれをとりたいぐらい、興味があって。菜食を始めてから、肌の色や体毛やアザなど、色々と身体の変化を目にしたから、余計にね。
まあ、自分でも本など買って読んでみたものの、多すぎて頭に入らないから、とったところでムダだと思うんだけどね。(達観)

それが、インストラクターの方からお話が聞ける、なんて貴重な機会、絶対逃してなるものか。
主催してくれたerinちゃん、本当にありがとう!>大感謝

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-08 03:03 | Trackback | Comments(6)

繰り越す学びを積み上げて

「本当に会話が上手な人は、話の中に否定形は出てこない」
   ----- GACKT
       (日本人、歌手・俳優、1973年7月4日生まれ)


メビウスの輪、ってあるじゃないですか。
メビウスの帯ともいう、あの、一ひねりして繋がった輪っかです。

科学や芸術面から見た効用などは、思いっきり遠くに置いといて。(ウマシカ)
お手元にベーグルを1つ用意していただき、このベーグルを、
どうやったらメビウスの輪状に加工することができるか?
というのが、先日教わった命題でございます。

その方法は、以下の動画にて。
あ、いかんですよ、ご覧になる前に、ちゃんと答えをお考えくださいまし。
私でさえ、17秒は考えたんですから。日本滞在中に寄った、BAGLE & BAGLEで。(そして、わからんかった)(どーん!)



Mathematically Correct Breakfast



* * * * *

【イベント】

IMG_9261

今年も行ってしまった、San Francisco Symphonyの独立記念日コンサート
なんと、トータルで5度目になるんだな。
出かける前は毎年、「今年を最後にしよう」なんて思うのに、行くとなぜか、「よし、来年は」という抱負が生まれてしまう、恐ろしい魔力に満ちた場所である。

昨年ご一緒していただいたSarahさんご夫妻と、今年も共にお出かけ。
グルーポンで安い前売りを買って、一緒に待ってたの。
……去年は5人だったんだね、なんてことは、考えないようにするんだボク。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-04 15:41 | Trackback | Comments(8)

互いに呼び合う声があり

「学校のサービス業化が、現場の教師の負担を増やし、裁量や権限を狭め、モラルを失った親を増長させる。
その結果として、社会の厳しい波に適応できないほど精神的に脆(もろ)い子ども、若者が大量に作られることになるのだ」
   ----- 香山リカ
       (日本人、医師(精神科医)、1960年7月1日生まれ)


あら、いつの間にやら、カリフォルニアに帰ってきてしまいましたわ。

今回、滞在中にどれぐらい時間がとれるかわからなかったので、日本の友達には、ほとんど声をかけずに出かけたのですが。
結局、住民登録や健康保険の申請など、お嬢関係で必要な用については、初日で完了。
その後、お嬢の予備校が始まるまでの数日間は、彼女とあちこち買い物に出かけたり、母娘友達と会ったりと、めまぐるしくも楽しい時間を過ごしまして。
予備校が始まってから、私単独で、友達数人と愉快な再会をえんじょいして参りました。
付き合ってくれた皆さん、本当にありがとーー!!(特大の愛)

さて、お嬢ですが、予備校の帰国子女コースというものに入りました。
帰国子女コースとは、世界各国で6月半ばまでに現地高校を卒業した子達がメインに集まり、6月下旬から開講されるもの。
帰国子女受験で行われる学科試験や面接などに備えて学習しつつ、秋の私立大学受験、冬の国立大学受験を目指す、というものでございます。あ、勿論、共に帰国子女枠受験ね。
お嬢がその道を選ばなければ、知ることのなかった世界は、なかなか興味深い事柄で溢れておりますよ。

なんというか、自分の努力でなんとかできる範囲ではない諸雑用で、大変胃の痛い思いを味わいつつ、
それに愚痴をこぼすまいと頑張る彼女を見ていて、大人になったなあ、としみじみ親バカ気分に浸ったり。
や、世のお母様方は、様々な情報を集めて、お子様の為に尽くしていらっしゃるのですが、
私ときたら何もできずに、お嬢の後ろで、ハラハラ・おろおろするばかり。
せめて、電車の乗り方を教えてあげるぐらい、という情けなさ。
全くもって、不甲斐無い限りでございます……

帰国子女受験のアレコレについては、言いたいことが、すでにてんこ盛り状態でございますが。
いつか落ち着いた頃に、ゆっくり綴ってみたいと思います。

* * * * *

【旅行】

     IMG_9030

さて、今回の日本行き。
初めて、待望の全日空(ANA)を利用致しました。
周囲の皆さんの評判から、いつか乗ってみたいと思いつつ、マイレージチケットは常に満席、一般チケットも他社より高く、なかなか手が届かなかったのでございます。

しかし此度の日本行きは、随分前からわかっていた予定でありましたので、思いっきり早くマイレージチケットを申し込み。
331日前から申し込めるということだったので、320日前ぐらいには電話したんだっけ。
その時でも、すでに2席しか空いてなかったという恐ろしさ……一体、どれだけ人気なの。それとも、マイレージ席をほとんど設けてないのかな。

お嬢は片道、私は往復。
事前に、席のことで電話した時から、大変に温かく丁寧にご対応いただいて、ますます上昇するANA株。
ユナイテッドとは雲泥の差、どころか、別銀河なんじゃないの、というぐらいにカンドーでございました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-07-01 13:26 | Trackback | Comments(20)