<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

その響きは時を越え

「私には、女は『存在』だが、男は『現象』に過ぎないように思われる」
   ----- 多田富雄
       (日本人、作家、1934年3月31日生まれ)


私の少し前なら、ビートルズ世代かと思うのですが。
私にとっては、最初はカーペンターズ、次はABBAでございます。

別にお嬢に聴かせたりはしてなかったのですけど、彼女が8~9歳の頃(うろ覚え)、買い物をしている時に、たまたま店内に、ABBAの「Dancing Queen」が流れ始めまして。
それを耳にした彼女が、
「え、これ、なんていう歌? すごくいい!」
と言ったので、それこそ曲に合わせて踊っちゃいたいぐらいに、嬉しかったのですね。

思わずその後、ABBAのベストをAmazonでぽちっ、としてしまうぐらいには。


それでもその時の彼女は、Dancing Queenぐらいだったのですけど。
1~2年前に、またふとした拍子に聴いて、改めて好きになり、MP3にCDを落として、今ではすっかりファンに。
こんな古い曲を好きなのは彼女ぐらいかと思いきや、実は同級生にも結構いることが判明しただけでなく、なんと彼女が履修中のAP Economicsの先生まで、大ファンだそうじゃないですか。

授業中、鼻歌でABBAを歌う先生に、思わず合わせてしまうとか。
先生が「イントロクイズ!」といって流した曲を、あっさり、「ABBAの『Money Money Money』!」と当てたのはお嬢だったとか。

スーパースターは、世代を超えるからこそスーパー、なのでありますな。

* * * * *

【舞台】

     IMG_7103

ミュージカル「Mamma Mia!」を観に行って来ました。
スウェーデンのスーパーグループ、ABBAのヒット曲から誕生したこのミュージカル、1999年の初演以来、今では世界10都市で公演を重ねるという、大ヒットになりました。

お嬢がABBAのファンになった後に目にした、サンフランスシコでの上演のニュース。
行く、行きます、行かいでか。Goldstarでゲットしたディスカウントチケットでもって、2人で鼻息も荒く行ったです。

場所はお馴染み、SFのOrpheum Theatreにて。
平日の夜だったので、道中も混まず、駐車場もあっさり見つかり、意気揚々と行ったです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-31 00:37 | Trackback | Comments(10)

見えない衣で守るもの

「どんな人間でも金で買収されないものはないが、問題はその金額だ」
   ----- マクシム・ゴーリキー
       (ロシア人、作家、1868年3月28日生まれ)


100% Pure Skincare and Cosmetics

ヴィーガンの方にとって重要なのは、食べ物だけでなく、洋服や化粧品なども、動物由来でないということ。
しかし、革製品は避けられても、動物実験を行っておらず、完全なヴィーガン化粧品となると、やはり数は限られるのですね。

先日教わった↑の100% Pureは、オーガニック植物を主材料とした無添加化粧品で、かなり良さそうな。
一部蜜蝋を使っていますが、私はヴィーガンではないので、全然OKです。

現在メイクアップ用品は、Jane Iredaleを使っているのですが、これが切れたら、次にちょっと使ってみたいかも。
と言いつつ、20年前の化粧品でさえ、いまだにメイクボックスに残ってるので、果たしていつになることやら。(はい、捨てます……)

余談ですが、日本にいたら、こちらこちらを使ってみたいなあ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_7059

基礎化粧品は現在、Aubreyのものを使用中。
以前、ローションとクリームを手作りしてみたのだけど、夏の間は良かったのに、秋になった途端に肌が粉をふいたので、諦めて市販品に戻したの。

でも、ローフードを取り入れるようになってからか、段々と肌の調子も良くなり、昔は乾燥・敏感肌だったのが、今では洗顔後も、ほとんどつっぱることがない。
なので、今使ってるローションが切れたら、次からはまた手作り品に挑戦するべく、手作りスキンケアのワークショップに参加してみたのだよ。

マクロビオテイック・クラブのワークショップとして開催されたこちら、講師を務めてくださったのは、手作り石鹸Savon Ecoのかんさん。
石鹸教室に引き続き、かんさんの教養溢れる明快なWSは、本当に楽しくて為になって、大好きだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-28 08:40 | Trackback | Comments(6)

広がりつつある波に乗り

「人間に完璧なんかないよね。
完璧を目指すより、自分がどれだけ完璧でないかをイメージしてみようか。
半分ぐらい完璧でなくていいかな。
残りの半分が完璧でない半分のかなりの部分を埋める力を持っている。
つまり、常に完璧でないと思うことで、不断の克己心が生まれるってことじゃないの」
   ----- 志茂田景樹
       (日本人、作家、1940年3月25日生まれ)


     IMG_7458

前回の続き、というわけではありませんが、またファーマーズマーケットで、新顔さんに出会いましたので。
紫色の葉っぱが珍しく、お店のお兄さんに聞いてみましたら、
「これは、Orach spinachと言うんだよ」
と教えてくれました。

生のまま食べてみましたら、ベビーほうれん草よりはやや固めで、塩味なのが面白く。
同じ屋台で買ったBorage flower、家にあったミント、スプラウト、そして、カリフラワーで作ったおかず味噌と一緒に、ライスペーパーでくるくる巻いて、生春巻にしていただきましたです。

第四回ゆんたくの時に、tamachanが持ってきてくれた生春巻がすごく美味しくて、一度やってみたかったのでありました。
食の師匠に、また感謝・感謝。

* * * * *

【レストラン】

IMG_6992

サンフランシスコのSightglassのコーヒーが、このお店でも飲めるんだよ、と日記に書いた日。
またSightglassのコーヒーがあるカフェを見つけたよ、3週間先に書くよ、と書いて、
早5週間が過ぎました。時間泥棒がいるんですね。(真顔)

frogfreakさんとHちゃんと、一緒にお茶しよう、となって。
ここのお店、なんか良さそう、というfrogfreakさんのリサーチを元に、皆で集合したのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-25 13:14 | Trackback | Comments(6)

持つもの全てを脱ぎ捨てて (後)

「泥沼にだって星は映るんだ」
   ----- 黒澤明
       (日本人、映画監督、1910年3月23日生まれ)


     IMG_7396

今年も出会えました、Fresh Garbanzo Beans
生のひよこ豆でございます。
春先の短い期間しかお目にかかれない、可愛らしい逸品です。

大豆に対する枝豆のようなもので、茹でたり、蒸したり、調理法は色々と。
ナマモノ好きな私(せめてエセローフーディストとか……)、このまましゃくしゃくと食べてしまうのも、大好きです。
沢山買えれば、Raw Hummusなど作ってみたいのですが。

春の野菜が、少しずつマーケットに出てきてますね。
先日は、Spring OnionGreen Garlicと会えました。
ほかにも、以下のものと会えたり、待ってたり。

 Stinging nettle
 Fava leaves
 Borage flower

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6982

素晴らしい写真展を堪能した後は。
お腹が空いたね、何か食べようね、となったのですが。

まだまだ時間もあることだし、のんびり館内を探索してから、と、まずはエレベーターに向かったのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-23 02:25 | Trackback | Comments(2)

持つもの全てを脱ぎ捨てて (前)

「実に多くの職人たちは、その名をとどめずこの世を去っていきます。
しかし彼らが親切にこしらえた品物の中に、彼らがこの世に活きていた意味が宿ります」
   ----- 柳宗悦
       (日本人、思想家、1889年3月21日生まれ)


ブリタニカ書籍版に幕 電子版に全面移行

すごくショックなニュースでございました……しみじみ、しみじみ、寂しいです。

幼い頃に家にあったのは、ブリタニカではなかったかもしれませんが、やはり数冊に渡る百科事典。
重たい本をよいしょ、と出して、ぱらりとページをめくれば、そこに広がる、未知の世界。
今でも、辞書や辞典を手にすると、そのわくわく感を覚えます。

IT時代で、ITの中心地にあって、尚且つお嬢に、電子辞書ではない、本の辞書を持たせていますのは。
こういう理由もありますが、それ以上に、何か調べた時に、ふと横にある別な言葉と説明が目に入り、そこからまた別な知識に飛び火していくという、あの楽しさを知ってほしかったから、でございます。
一つの言葉を調べようとしただけなのに、気がついたら1時間は経っていた、という、あのトリップの楽しさよ。そこらのドラッグなんて、目じゃございませんがな。(多分)

確かに今の自分は、何かわからないことがあれば、さっさとGoogleさんに聞いてしまうので。
この事態を招いた一人であると、潔く有罪を認めなくてはなりませんが。
そして、電子版になっても、きっとその中の言葉にそれぞれリンクが貼ってあることでしょうから、そこから別な言葉に飛ぶ、という行為は成り立つのではないかなー、とは思うのですが。

あの”紙”という媒体にのった、言葉と絵。
子供のうちは、それを自らの指と目で追っていくことで、過ごして欲しい。
電子版は、その後で十分間に合うから。

と思ってしまうのは、私がすでに化石レベルの旧人類になった、という証拠なのかもしれません。


ちなみに、電子書籍については、むしろ賛成派でございます。
もう入りきらないどころか、詰め込み過ぎて崩壊途中の本棚を見ながら、いっそ高速スキャナーを買って、「自炊」してしまおうか、と思うぐらい。

なんてところに、いつもお世話になっているシリコンバレー地方版さんが、こんな記事をのせてくださったのですよ。

1DollarScan / ブックスキャン サンノゼオフィス

こんなところでございますが、朗報をありがとうございます!(感謝)
電子書籍についての個人的グダグダは、機会があればまた。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6944

SFMOMAで開かれていた、Francesca Woodmanの写真展に行って参りました。
開催終了まであと2日というところで、お嬢の学校が休みになったので、2人でとくと鑑賞したですよ。
つまり、現在はすでに終了しております……

大好きなsamanthaさんのブログで教わって以来、行きたい、行きたいと思いつつ、結果、ぎりぎりになったという……なんだ、いつものことじゃないか。(あっさり)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-21 00:24 | Trackback | Comments(14)

その気配りに癒されて

「誰も称賛してくれる者がいなくても自分のことは自身で称えよ」
   ----- リチャード・バートン
       (イギリス人、探検家、1821年3月19日生まれ)


日本語で、「気」がつく言葉って、本当に「気」が関わることなんだなあ、と「気」づかされることが多いです。何を今更。

先日も、「気配り」とは「気」を配ること、という文を読みまして。
気配りができる人というのは、ご自分の良い「気」を、人に与えることのできる人という意味なんだ、と改めて思ったわけでございます。何を今頃。

人に何かをあげること、人と何かをシェアすることが下手な人、っていますよね。
そういう人は、人から何かを受け取ることも、苦手だったりしますよね。
自分が何かを出したくなくて抱え込む分、人が何かを差し出してくれる気持ちが、上手く理解できないのかも、なんて思ったり。

気配り、気遣い、気を利かせること。
それは、相手の気持ちを感じて、相手の立場になって考えられるからこそ、できること。
自分の気持ちだけを見つめていては、決してできませぬ。

大事な人を、元気=元の「気」に戻してあげられるように。
言葉でも態度でも、料理でも写真でも、何かにのせて「気」配りができたらいいなあ、と




願い続けて、ン十年でございます……(努力しなさい)

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_7027

月イチの楽しいゆんたく会も、第四回目になりました。
いつも会場とさせていただいているのはイクラちゃん宅だけど、日本からご家族がいらっしゃっている時だったので、今回は欠席&場所変更。
かんさんが、快くご自宅を提供してくださったのだよ。(感謝)

残念ながら、前回と同じく、NatsukoさんとYukieさんもご欠席……ぐすん。
でも、ゆかさんが、Winter Break中のお嬢ちゃまを連れて来てくれたりして、心の穴を埋めてもらったよ。
さあて、今回もお料理記録、張り切って列挙していくよーっ!

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-19 12:08 | Trackback | Comments(2)

震災復興支援チャリティセール、終了&結果報告

「人間は、自分が敗れたときこそ種々な教訓を得るものだ。
私は、勝った試合からはかつてなにものをも学び得たことはなかった」
   ----- ボビー・ジョーンズ
       (アメリカ人、ゴルファー、1902年3月17日生まれ)

* * * * *

【イベント】

charitysale1

3日連続でお知らせさせていただいた、チャリティーガレージ&フードセール
おかげさまをもちまして、無事終了致しました。

フードセール班・晴れ女の願いも虚しく、当日は雨模様。(しくしく)
準備の間は降らないでいてくれたので、商品が濡れることは避けられて、その点はありがたかったのですが。
開始から30分ほどの間、雨に見舞われ、その間は最もお客様が待ってくださっていた時間なので、本当に申し訳なく思いました……

翌日の今日、晴れた空を見て、これが昨日だったら、と地団駄を踏んだのですが。
外に出てみたら、まあ、なんと寒いこと。冷たい風が強く吹いていて、少しの間ですが、雹も降ったりして。
これが昨日だったら、立てたキャノピーが危なかったでありましょう。
やっぱり私達って天気運が良いのね、と、ちょーーぽじてぃぶシンキング。

ご報告の続きです
[PR]
by senrufan | 2012-03-17 11:12 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(14)

帯にも襷にも合う場所を

「楽しまなけりゃ馬鹿らしい。しかし、楽しむというのも、なかなか大変だよ」
   ----- 平岩弓枝
       (日本人、作家、1932年3月15日生まれ)


3月17日震災復興支援チャリティセールに関するお知らせ

3月17日(土) 9:00~ ガレージセール
        10:30~ フードセール開始
        13:00  終了

前回のせた写真おからチョコレートケーキは、スタッフのかんさんが、何度も試作を繰り返し、完成させたオリジナルレシピです。
乳製品と小麦粉は使ってませんが、卵を使用されているので、焼き立てはふわふわ・翌日はしっとりと、2回分楽しめるケーキで、スタッフ全員、大のお気に入り。

おからは、このエリアの老舗のお豆腐屋さん、サンノゼ豆腐で調達されているのですが。
なんと昨日、かんさんがおから購入の際、セールのチラシの掲示をお願いしたところ、
快く掲示を受けてくださっただけでなく、おから・豆腐・豆乳を、大量にどーん!と寄付してくださったのだそうですよ。
サンノゼ豆腐さま、本当にありがとうございました!

サンノゼ豆腐さんの温かいお心もこもったおからケーキは、チョコとブランデーの2種類が用意されています。
皆様にお求めいただれば嬉しいです。


     IMG_7237

ところで、セール時の会計机には、みかんがいっぱい置かれている予定です。
スタッフの自宅の庭で生った、薩摩みかんです。

張りのある皮をむき、一房口に入れると、きゅきゅっ、と酸っぱい、甘酸っぱい。種も、沢山入ってます。
ああ、ほんとはこういう味だったんだなあ、としみじみしてしまう、自然そのもののみかんです。

お好きなだけお持ち帰りいただきたいのですが、その際、そばにある募金箱に、何がしかのお心付けをいただければ幸いです。


さて、いよいよ明日が本番です。
フードスタッフ7人中、晴れ女3人が勝つか、雨女1人が勝つか、厳選勝負です。(違)
どうか多くの方々にお目にかかれますよう、スタッフ一同、心より願っております。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_6917

美味しい、美味しいビアパブを出て、もう一つの目的地へ向かったよ。
SFのコーヒーショップ探索の旅(今名づけた)、今度はRitual Coffeeへ。

Third Wave Coffeeブームで、現在SFの4大コーヒーと言われているのが、Blue Bottle、Four Barrel、Sightglass、そしてこちら、Ritual、なんだそうで。
2005年オープンなので、Four BarrelSightglassより先輩だね。
今ではグローサリーストアで豆も買えるし、Kioskや屋台も出ているのだけど、ここは本店(?)であるところの、Valencia St.に行ったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-15 04:45 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

遠くに在りて、近い場所

「人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」
   ----- アルベルト・アインシュタイン
       (ドイツ→アメリカ人、物理学者、1879年3月14日生まれ)


     IMG_7289

3月17日震災復興支援チャリティセールに関するお知らせ

3月17日(土) 9:00~ ガレージセール
        10:30~ フードセール開始
        13:00  終了

今回のフードセールは、商品リストをご覧いただければおわかりの通り、そうそうたるメンバーが勢ぞろい。
あの炭家/俺ん家さんが、オーガニック鶏の唐揚げを差し入れられて下さると聞いた日には、またもやスタッフでなければ(以下略)

お願いしたお友達の皆様も、快く引き受けてくだったし、
お知らせを見て、ご協力を申し出てくださった方々もいらっしゃって、
本当にスタッフ一同、嬉し涙の連続です。四方八方、足を向けて寝られません状態。

少しでも皆様への感謝の思いを表したくて、スタッフもそろって出品です。
マクロビアンやローフーディストが大半のメンバー、オーガニック材料を使いつつ、あれこれ試作しては、ミーティングのたびに試食と批評を繰り返し。
スイーツにパン、ご飯もの、お惣菜と、全ジャンル(?)にスタッフの商品が入ってます。
買っていただけたらいいね、喜んでいただけたら嬉しいね、と言いながら頑張ってます。


問題は、そういうメンバーなので、試食のたびに、こんな会話が繰り返されるんですよね。
「うん、私達にはちょうど良いけど、普通の人には薄味かなあ」
「もっと甘くしないと、一般の人には物足りないんじゃない?」

……ある意味、スタッフ以外の人に試食をお願いした方が良かったのでわ。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_6888

以前にゆみたちさんと、16th Streetを歩いていた時に見つけた、よさげなレストラン。
またこの辺りに来る日があったので、だったら、ぜひここでランチなど。
蕎麦花さんが合流してくれて(歓喜)、3人でいそいそ入店だ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-14 05:30 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(10)

そして日々は一歩ずつ

「日常の瑣事にいのちあれ 生活のくまぐまに緻密なる光彩あれ」
   ----- 高村光太郎
       (日本人、詩人、1883年3月13日生まれ)


     IMG_7294

3月17日震災復興支援チャリティセールに関するお知らせ

本日から3日間、連続日記アップの試み。
そして冒頭で、週末のチャリティーセールのお知らせを行う試み。
ねらうは、サブリミナル効果です。(おい)

3月17日(土) 9:00~ ガレージセール
        10:30~ フードセール開始
        13:00  終了

会場が屋外である為、雨天時は延期という予定で進めておりましたが。
天気予報で雨マークが燦然と輝いている今(くそう)、ここで諦めたら試合終了ですよ(by 安西先生)。

沢山の方々からの素晴らしい商品を、ぜひお届けしたく、雨天決行に変更いたしました。
雨の場合、足元が悪い中のご来場となってしまいますが、どうかお気をつけてお越しいただければ幸いです。

上記リンクにて、現時点での予定商品がご覧いただけます。
魅力的な方々の、魅力的な品々ばかりで、正直、これほどスタッフになったことを後悔することになるとは思いませなんだ……
スタッフでなければ、真っ先に並んで買うのにいいぃぃぃ!!!(地団駄)

マクロビ仲間が中心となったフードセールでは、動物性食品不使用や卵・小麦不使用といった商品も、色々と準備中でございます。
会場で用意させていただきます商品札にて、原材料一覧や、アレルゲン(卵、乳製品など)の有無が確認できるようになっております。

何かご質問があれば、どうぞご遠慮なくスタッフにお尋ねくださいませ。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_6853

冒頭が3日続けてセールの話なら、メインも3日続けてレストラン記録にしてやれー! みたいな。
わくわくさんとデートしたカフェが、なかなか良かったので、まずはそれから、だな。
カフェ自体が良かったのと、一緒に行ったわくわくさんとの時間が楽しかったのとで、互いの相乗効果というものは偉大だな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-03-13 05:23 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(12)