「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

背負う荷物は誰ゆえに

「軽い荷物にしてほしいと願ってはいけない。強い背中にしてほしいと願わなくてはならない」
    ----- フランクリン・ルーズベルト
        (アメリカ人、政治家・第32代大統領、1882年1月30日生まれ)


「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、誰がシロクマを責めますか」
          梨木香歩著「西の魔女が死んだ」より

いじめを受けて苦しんでいた主人公のまいに、おばあちゃまが言ってくれるこの言葉は、本当に胸に染みました。

ですが、この言葉を、素直に自分に言ってあげられない時があるのです。
逃げてない? 本当の問題から、目をそらしているだけじゃないと言い切れる?
楽になりたい、と思いながら、自分に問いかけてしまう時があるのです。

問題を直視せず、掘り下げることもせず。
それは、その時は楽になっても、結局先延ばししているだけで。
たとえば心の病の場合、治癒する為には、罹っていた時間の、倍の年数が必要なように。
先送りになればなるほど、問題は大きくなるばかり。

かと言って、それが本当に必要なことなのか。避けずに受けるべきものなのか。
まず考えるべきなのは、”避難”と”逃避”の間の線引き、だとしたら。

それは果たして、自分一人で判断できるものなのか、とも思い。
こういう時に相談できる友人がいることに、目を瞑って感謝して。
彼女達のことも背負えるだけの背中になりたい、と願うのです。


話は変わって、お嬢にルーズベルト(FDR)の言葉について話したところ。
彼女が忘れられないFDRの言葉とは、以下のものだそうですよ。
中学の修学旅行で行った、ワシントンD.C.にあるFranklin Delano Roosevelt Memorialに飾られた言葉です。

“I have seen war. I have seen war on land and sea. I have seen blood running from the wounded. I have seen men coughing out their gassed lungs. I have seen the dead in the mud. I have seen cities destroyed. I have seen 200 limping, exhausted men come out of line—the survivors of a regiment of 1,000 that went forward 48 hours before. I have seen children starving. I have seen the agony of mothers and wives. I hate war.”
          ― Franklin D. Roosevelt

* * * * *

【買い物】

IMG_6386

サンフランシスコで、「今、Missionエリアが熱い!」みたいに言われて、続々と新しいお店が建っているのは、エリア全体が再開発されているから、らしいのだな。
あのベーカリーあのカフェなど、好きなお店が何軒もミッションにあって、確かに何回も行きたくなるエリアであるのだな。

で、どうせなら、良い雑貨屋さんに会えればなあ、と思ったので。
Four Barrel Coffeeに行った時、ゆみたちさんにお付き合いいただいて、しばらくお散歩してみたよ。
一人でぶらぶらするのも好きだけど、大好きな人と一緒だと、もっと世界が輝いて見えるよね。(ぽっ)

以前のFilmoreHayesに引き続き、Valencia Streetの、ほんの一部(ここ重要)のお店の記録だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-30 10:04 | Trackback | Comments(18)

悪魔の黒さと、天使の清さ

「年代を超えた人のつながりをもっと強くして、知らないことやおもしろいこと、人間にとって大切なことに接するようにしないと、私たちの世代は子供たちの好奇心には追いつけません」
    ----- 小松左京
        (日本人、作家、1931年1月28日生まれ)

「何が問題か。私は逃げも隠れも謝りもしない」
    ----- ニコラ・サルコジ
        (フランス人、政治家、1955年1月28日生まれ)

「(夫婦げんかを一度もしたことがないという秘訣について)
簡単ですよ。そうなりそうになったら、すっと下がる。そこで一歩進もうとするからけんかになるわけで。そして、ある程度緊張感を持ってお互いを尊重する」
    ----- 三浦友和
        (日本人、俳優、1952年1月28日生まれ)

「イチロー君は記録、ボクは記憶」
「チャンスでしか打てないバッターと思われたい」
「自分で言うのもなんだけど結構人気者です」
「僕は常にオーラを出す練習をしている。きょう(のオーラ)は162%」
「今日はジャイアンツ戦だからね、4-5(4打数5安打)は打ちたい」
    ----- 新庄剛志
        (日本人、野球選手、1972年1月28日生まれ)


悦ちゃん、お誕生日おめでとうございます!!

* * * * *

【雑事】

IMG_6366

Blue Bottle Coffeeに始まって、RitualやFour Barrel、Sightglassが続いた、ベイエリアでの新しいコーヒーブーム。
これが、The Third Wave of Coffeeと呼ばれるものであることは、Sightglassで感動した後に知りました。

検索してみたら、Wikiにも説明があるぐらいの言葉だったのですね。
ほかにも関連記事を見つけましたので、よろしければご覧下さいませ。

Third Wave Coffee (Wiki)

Coffee's Third Wave

3rd Wave Coffee Roasting in the Bay Area


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-28 09:01 | Trackback | Comments(14)

人生に添える一味を

「感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ」
    ----- ウィルヘルム・フルトベングラー
        (ドイツ人、指揮者、1886年1月25日生まれ)


「辺境地帯に入ったらすぐにわかる……コーヒーがまずくなるからだ」
    ----- エドワード七世 (イギリス国王)

「成功したすべての女性の背後には……並々ならぬ量のコーヒーが存在している」
    ----- ステファニー・ピーロ (漫画家)

* * * * *

【レストラン】

IMG_6373

どうしようかと迷ったけれど、もう一軒のコーヒーハウス訪問記に続けよう。
前回のSightglassの先輩格、Four Barrel Coffeeに行ったのだ。
ricomameちゃんが作ってくれた道筋を、ゆみたちさんむらさきちゃんに付き合ってもらって(感謝!)、大事に辿って行ったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-25 07:31 | Trackback | Comments(12)

人生加減は匙次第

「迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。
後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい」
    ----- 星野仙一
        (日本人、プロ野球監督、1947年1月22日生まれ)


「まずいコーヒーは町で最も忌み嫌われる。
うまいコーヒーは町で最も褒め称えられる」
    ----- 1902年のコーヒー年鑑より

「人の人生をコーヒースプーンで測ることができるのであれば、コーヒー豆の品質には注意を払うべきである」
    ----- T.S.エリオット

* * * * *

【レストラン】

     IMG_6240

ベイエリアに、新しいコーヒーブームが来ている、というのは、薄ぼんやりと知ってはいたけれど。
ricomameちゃんから教わったのは、今、サンフランシスコの4大コーヒーと言われるブランドがあって、Blue BottleRitualFour Barrel、そしてSightglass、なんだって。

その中で一番新しいSightglassが、Sourceに近いので、ランチの後で行ってみませんか、と言ってくれたのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-22 01:34 | Trackback | Comments(16)

貴女と私の集う場所

「予知するために予見する。
予見するために観察する」
    ----- オーギュスト・コント
        (フランス人、哲学者、1798年1月19日生まれ)


前にも書きましたが、実はちゃんぽん言葉が苦手です。
日本語に英語を混ぜながらとか、日本語で話しているのに、いきなり英語に変えたりとか、
言ってることはわかっても、どうしても違和感がありまして。
バイリンガルなお嬢は、特に苦手感が強いようで、そういう話し方を見聞きすると、いまだに眉をしかめたり。まったくいい年して、大人気ないったら。(他人事)

なのでお嬢は、日本語の会話内で外来語を口にする時は、確実にカタカナ発音にするのですが。
井上ひさし氏によると、逆に確実に原語の発音で使った方が良い、と。
それは、その言葉は外来語であり、日本由来の言葉ではないということを自分でしっかり認識した上で、きれいな日本語を使う努力をしよう、ということなのですね。
そういう考え方もあるのだ、と目からウロコでございました。


先日久しぶりに、日本の情報雑誌を借りて読んだのですが。
ソリッドなハイテクマシン」
「大きな波が来たら、またパドルアウトしていくだけです」
「クルマのようにエンスーなものです」……

最後の「エンスー」が、お嬢も私もわからなくて、結局「エンスー 意味」でググって、ようやくわかった次第。
日本語って、悩ましい。

* * * * *

【レストラン】

IMG_6215

ベジィになって、だけど外食ではこだわらない、と公言しているが。
外でも美味しいベジ料理を体験できれば、それはやっぱり嬉しいし、一緒に行くノンベジィなお友達も楽しめる場所なら、更にありがたい。
なので、そういう意味で”誰でも安心して美味しい”レストランは、常に捜し求めてる。

正にその図であるところの、ノンベジなlizzycoさん&ricomameちゃんと、ベジなtamachan&私、という組み合わせでのお出かけに。
ricomameちゃんがぴったりのお店を教えてくれたので、大喜びで探訪することになったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-19 09:12 | Trackback | Comments(4)

境も壁もない場所で

「言い訳が得意な者に、他の事が得意であることは滅多にない」
    ----- ベンジャミン・フランクリン
        (アメリカ人、科学者・政治家、1706年1月17日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_6195

楽しい芸術鑑賞の後は、美味しいご飯探索で。
向かった先は、ドイツ料理のレストラン。アヤコさんが気に入られていたお店なので、ぜひぜひ行ってみたかったの。

何度も書いているように、ナンチャッテ英国好きに加えて、ドイツも色々好きなのだ。ドイツ料理も好きなのだ。
素朴でどっしり、温かく。オシャレさよりもぬくもりを大事にした雰囲気と味は、特に冬場に恋しくなるんだね。

行く直前に、たまたまRestaurant.comを見たら、なんとこちらのお店があるじゃないか。
ディスカウントクーポンを購入して、さてさて、どのメニューにしようか、と話しながら向かったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-17 10:12 | Trackback | Comments(12)

新芽が育つ土となれ

「物事に関心がなくなり、真面目さや憧れ、情熱、熱意などを、失いかけていることに少しでも気付いたら、これは、病気の前触れだと考えなければならない。
表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると、気付かなくてはならない」
    ----- アルベルト・シュバイツァー
        (フランス人、医師、1875年1月14日生まれ)


芸術について語るには。
「オリジナル」「模倣」の二語は、なかなかはずせない言葉かも、と思います。
それは、真作・贋作という意味での場合もありますし、最初にそのアイディアを生み出したのは誰か?という場合でも。

ただ、”~派”という分類に表れているように、その時々の流行や、大きなうねりがあるわけで。
その場合は、誰が始めたということは大事であっても、それをベースに次々と生み出される作品群があってこそ認められる、ということも無視できないのですよね。

考古学者の小林青樹氏によれば、
「模倣」とは、人と人との交流、意思疎通で成り立つ行為でもあり、そこにコミュニケーション不足が生じれば、「もどき」が生まれる、
のだそうです。

工房、ギルド、サロンなど、芸術家同士が集まる場において、影響を受け合い、切磋琢磨し、新しい形を生み出していく。
芸術家とは孤独なもの、というイメージが強いですが、実は全くの孤独から生まれるものなど、早々無いのではないかなあ。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6135

冬休みの間の芸術鑑賞は、ルネッサンス時代の画家達の作品で。
サンフランシスコのde Young Museumにて開催中の、「Masters of Venice」に行って参りました。

ウィーン美術史美術館から貸し出された、展示作品群。
ハプスブルグ家の収集品ときたら、西洋史オタクのお嬢の血が騒がないわけがありません。
旦那と私は、当の美術館には行ったことがあるのですけど、約20年前……覚えていなくて当たり前ですよネ!(Vサイン)

作品数は50点と、やや小規模な展覧会。
おかげで全部を見た後も、またお気に入りの絵を見に戻る余裕もあり、お客さんも少な目で、ゆったりと歩いて鑑賞することができましたですよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-14 12:26 | Trackback | Comments(4)

自分も、山も、動かして

「人が多く人を動かす秘訣は、無償の行為である」
    ----- 山岡荘八
        (日本人、作家、1907年1月11日生まれ)


今月も、11日が来ました。
東日本大震災から、10ヶ月目を数えます。

昨年5月に開催され、スタッフと参加者の皆様のご尽力により、多くの義援金を集められたイベント、Run for Japan USA
大変喜ばしいことに、3月11日に、第2回目が開催されるそうです。

まだ詳細はアナウンスされていませんが、震災から一年を迎えるこの日、どうか盛況なイベントとなりますように。
前回涙を飲んだ我が家、今度はぜひ参加させていただきたいと思っております。

Run For Japan USA 走ろう、日本のために。
 ・3月11日(日)
 ・Facebookのページはこちらです

東日本大震災の為のチャリティー@ベイエリア

* * * * *

【雑事】

IMG_5686

前回冒頭の誕生日の言葉は、スティーブン・ホーキング氏でした。
「人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。
そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ」

これを読んだ時、難病であるホーキング氏の悟りを垣間見たと思ったのですが、その後で、
彼ほどの頭脳の持ち主でも、能力的な意味でこういうことを感じた経験はあるんだろうか、
と、ふと考えたのですね。

そうしたら、なんともタイムリーなことに、以下のエントリーを読ませていただいたのです。

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった

原文は、Redditというサイトに投稿された高校生の文と、それへの返信です。

I'm not as smart as I thought I was

このタイトルと同じ言葉を、世界で一体何人の人が口にしてきたんだろうなあ。
そんなことを思ったら、少しだけ、つぶやいてみたくなったのです。

つまり、まーたぐっだぐだの戯言が続くということなので、以下は、ご承知の方だけお進みくださいますように。(ぺこり)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-11 08:58 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(6)

天まで響くはその歌の

「人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。
そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ」
    ----- スティーブン・ホーキング
        (イギリス人、物理学者、1942年1月8日生まれ)


     IMG_6320

七草粥の日でございましたね。
召し上がった方々は、一体世界で何人ぐらいおられるのでありましょうか。

我が家は1日遅れで、8日の夜に七草粥。7日に宴会があったので、それが終わってからと思いまして。
家にあるグリーンをかき集めて、なんとか7種類。
大根菜、水菜、ケール、チャード、ブロッコリーレイブ、それになぜかイラクサとスプラウト。
パープルケールとイタリアンパセリ、ディルがあったのですけど、お嬢から却下をくらいましたので、苦し紛れです。(ちっ)
こんないい加減でいいんか、と思ったら、ゆか師匠も同じようにやってらっしゃったので、無問題。

消化を良くする為に、玄米を炒って、10倍がゆに。
多めに作って、お粥の半分は、玄米甘酒にしてみましたぞ。


冬休みに入ってから、松の内が終わるまでの3週間弱、宴会と外食が多くてですね。
中日は極力粗食にしても追いつかず、口の中はボコボコに腫れ、唇も荒れ(胃腸が荒れてるサイン)、途中、久しぶりに胃痛を覚えた一日も。
そういう時の締めとして、疲れた身体を労わる為の七草粥というのは、理にかなって生まれてきた習慣なのだなあ、と思います。

それでも思い返しても、楽しい楽しい冬休みでございました。
後々辛いことになっても、こういう時は、どんな食べ物も美味しくて、どんなお酒も楽しくて。
お付き合いくださったお友達の皆様、本当にありがとうございました!!

旦那とお嬢も、ありがとねえ。
お嬢が進学で家を出る前に、もっともっと家族で遊ぼうね。(今年も教育不熱心)

* * * * *

【イベント】

IMG_5952

クリスマスシーズンには、せめて1つはコンサートに行きたいのです。
生の音楽を聴きたいのです。

今年ナニゲなしに選んだのは、男声コーラス。Chanticleerというグループです。
スタンフォード大学構内のMemorial Churchで行われる、ということも、大いに魅力があったのですね。
大好きなfrogfreakさんをお誘いして、2人でのんびり、夜のお出かけとなりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-08 04:18 | Trackback | Comments(10)

齧って、笑って、進もうよ

「僕は思想家になるよりも、目の前にいる子供たちに映画をつくってるということが一番大事だと思えたから、思想家になんかなりたくないですから。だいたい、僕が言ってるようなことは、もっと立派なお坊さんたちが遥か昔から言ってるんです」
    ----- 宮崎駿
        (日本人、アニメ映画監督、1941年1月5日生まれ)


        IMG_6084

地元ダウンタウンのチョコレートショップ、Monique's Chocolates
感じの良さと美味しさ、お手頃値段で、すっかり人気のお店になりました。

寒くなったところで、バージョンアップ登場したのが、Liquid Chocolate($3.50)。
ホワイト、ミルク、ダークなど、10種類ほどのチョコレートから1つ選んで、
混ぜる液体は、水、ノンファット、全乳、クリームなどに加えて、ヘーゼルナッツミルクとライスミルクのチョイスあり。
ご要望次第で、シナモンやミント、ラズベリーといったフレーバーも、オプションで加えられます。

今回お願いしたのは、San Francisco Blend(38%)のチョコ+ヘーゼルナッツミルクで。
とっても濃厚な甘さとコクが、くらくらするほど美味しゅうございました。これぞ、本格ホットチョコレート。

次々といろんなアイディアチョコを出しているこちら、今では、カスタムマークをつけたチョコレートの注文も受け付けているそうで。
サンプルとして並べられたチョコの中には、yahoo!などの企業や、地元高校のマークがついたものなどがありましたよ。
こおゆうのを作ってもらって、記念に配るのも良いですなあ。

* * * * *

【買い物】

IMG_6054

何度もひつこく主張するけど、チョコレートが大好きだ。
と言いながら、一般的なチョコレートで、食べられないものも結構出てきてね。
使ってある砂糖や添加物のせいか、味の好みもあるけど、痰が絡んだり舌が腫れたりという、身体の反応もあったりして。(しくしく)

そうなるにつれ、ますます好きになったのが、Raw Chocolate
ローカカオのくっきりとした味わいと、一種清々しい喉越し、ほろ苦い風味が最初から気に入って、新しい市販品を見るたびに買ってみるし、自分でも作ってみたりして。
好みでない市販品も多い中、少しずつお気に入りの商品も見つかって。
例えば、Righteously Rawのチョコレート、特にCaramel味は、お嬢と私の好物だよ。

で、ずっと前にネット記事で知って、トライしたいなー、と思っていたローチョコがあって。
でも、身近なお店では見つけられず、すっかり忘れていたところ。
いつも私のツボを的確に押してくれるわくわくさんが、なんとクリスマスプレゼントとして、それをくださったの。貴女は、絶対エスパーに違いない。(宇宙規模の愛)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2012-01-05 09:45 | Trackback | Comments(22)