<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

融和を図る才覚を

「風当たりが強いと感じた時は、飛行機が風と共に離陸するのではなく、風を受けながら離陸することを思い出しなさい」
   ----- ヘンリー・フォード
       (アメリカ人、実業家・フォード社創業者、1863年7月30日生まれ)


ノルウェー爆破・銃乱射、犠牲者の追悼式典行われる 容疑者は精神鑑定へ

海外ミステリーばかり読んでいる私ですが、中でも最近のお気に入りの作家は、ヘニング・マンケル氏
スウェーデン出身の作家なのですけど、作品の中で頻繁に、というか、ほぼ毎作出てくるのが、「北欧内で高まる移民排斥の動き」であったりするのです。

北欧はある意味、夢のような国、と憧れておりました。
高い税金負担であるものの、高福祉・育児支援・ハイレベルな教育など、ずっと以前に、先を見据えて始めたからこそ出来上がった素晴らしい社会システムは、理想にかなり近いものがあり。
寛容な移民の受け入れも、そういう国であるが故のことだ、と感服していたわけですね。

ところが、マンケル氏の作品の中で語られるのは、そういう移民に対しての悪感情の高まりや実際の攻撃、ネオナチの台頭など。
「北欧はいまや、昔のままの理想の国ではない」ということは、登場人物達が何度も実感させられ、戦慄と悲哀でもって受け入れなければならない事実として、描かれていることなのでございます。

尊敬するローフーディストの石ともさんが、
自分はこれだけやっているのに、あの人達はどうして、といった「不公平感」こそ、世の中を悪くする一番の元凶ではないか、
と述べられていらっしゃいましたが、人種間の軋轢は、本当にこういう理由が大きいと思います。

たとえその不公平感が、その人の怠慢・自分ではなく人のせいにする性質・隣の芝生の青さ・違いを違いとして受け入れられない狭量さ、などに由来するものであっても、欠片でも持っている人同士が集まれば、それはそのコミュニティー全体まで巻き込みかねない、大きな負の力になりえるわけで。
そして、そういう状態にある彼らの前に、適当なスケープゴートを据えれば、たちまちそこに向かって、その力を注いでしまう事態が起こります。
第一次大戦後のドイツが辿った流れは、何も国レベルで考えなくても、自分達のごく身近なところで、日常的に発生していることなのですね。


NHKで、「北欧スペシャル」というシリーズの放映が予定されていたので、実家の母に幾つか録画を頼んだのは、この事件が起きる前でありました。
サブタイトルが「しあわせの国から」と題されたこちらで、改めて北欧の良さ・北欧が成してきたことなどを見ることで、自分の中の”理想の国”を考え直すことができたら、と思っているところでございます。

* * * * *

【レストラン】

IMG_3851

さてさて、レストラン記録がたまってる。まあ、いつものことだけど。
どこも誰かと一緒に行った記録なので、思い返すだけで楽しくて、それで満足しちゃうんだよなー。と、言い訳。

そのうちの一軒、お店の写真を見て、あれ、どこかで見たような?と思われたらすごいです。
ずっと前に行ったレバノン料理のレストランが、そのままトルコを中心とした地中海料理のお店に変わっていたのだな。なので、壁にはまだ前の名前が残ってる。
Sarahさんとお嬢の3人で、連れ立ってランチに行ってきたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-30 10:26 | Trackback | Comments(2)

手を伸ばしたのは壁の先

「人間はな。人生という砥石で、ごしごしこすられなくちゃ、光るようにはならないんだ」
   ----- 山本有三
       (日本人、作家・政治家、1887年7月27日生まれ)

* * * * *

【舞台】

     IMG_3824

ミュージカル「Billy Elliot」を観に行って来ました。
先日、「Cats」を鑑賞した際、劇場でポスターを目にして、あ、これは絶対行かないと!とお嬢と誓い合ったんですな。なんともささやかな誓いだな。

2005年、ロンドンはウェストエンドで初演を迎えたこちらのミュージカル、元々は同タイトルの映画(邦題は「リトル・ダンサー」)を舞台化したものであることは、ご存知の方も多いかと。
ロンドンでの大ヒットをひっさげて乗り込んだニューヨークでは、なんとトニー賞を10部門も受賞するという快挙を成し遂げたそうですよ。
そして2011年の今年、とうとうサンフランシスコまでやって来てくれたのでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-27 10:53 | Trackback | Comments(14)

手を加えるラインをどこに引く

「飢餓線上の貧困者は生き甲斐のある生活をおくる。衣食住を求める闘争に従事することは、無用の感覚から自由になることでもある」
   ----- エリック・ホッファー
        (アメリカ人、哲学者、1902年7月25日生まれ)


McDonald’s® Announces Commitments to Offer Improved Nutrition Choices

本日、マクドナルドから発表されたニュースです。

Happy mealこと、子供向けのセットにフルーツを加え、フライドポテトの量を半分にして、カロリーと脂肪分を減らす、という内容。
もしくはポテトをやめて、フルーツを倍にしてもらうこともリクエストできるそう。
それ以外にも、カロリー・塩分・砂糖・飽和脂肪酸を減らしたメニューの提供を、2020年までに順次行っていく、とのこと。但し、具体的な計画については言及せず。

米国の健康志向の人々が最も槍玉に上げるのがマクドナルドですが、中でも子供向けメニューについては、将来的な刷り込みの意味からも、悪名が高いのです。
昨年はサンフランシスコにおいて、キッズミールのおもちゃのおまけを禁止する条例が出されるなど、じわじわと包囲網が築かれつつあるような。

それを感じたのか、ミッシェル・オバマ夫人の食生活改善キャンペーン(Let's Move!)に対して、当初は気の乗らない様子を見せていたマクドナルドが、このような発表をしたことは、将来的な保証はなくとも、とりあえずの一歩を踏み出した感がありますな。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3587

アイスクリームメーカーを買うまで、お気に入りだったアイス屋は、フローズンヨーグルトのあちらこちら、そして、ファーマーズマーケットのシャーベット屋さん。
特にシャーベットのScreamは、初めて行った頃より随分とフレーバーも増えて、今ではバークレーとオークランドにお店もできたのだ。
先日の暑い暑い日の午後、そのオークランド店の方に、るんさんSarahさんに連れて行ってもらったよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-25 12:15 | Trackback | Comments(4)

せめて差し出す手の数を

「宇宙と自分は、そもそも一体であり、当然の帰結として、人々は平等である。
天地同根、万物一体の道理を悟ることで、生死の問題を越え、与えられた責務を果し、正しい方法に従って、衆生済度の為に尽くす」
   ----- 山岡鉄舟
        (日本人、政治家、1836年7月23日生まれ)


     IMG_3967

ただ今、仕込み中の物体。
うーん、うまくいくかなあ。初めてなので、どきどきです。

* * * * *

【雑事】

IMG_3526

先日のFood Accessibilityの記事に、追加のような形になりますが。
ミッシェル・オバマ夫人がアナウンスしたことによりますと、
WalgreensWalmartSuperValueといった大手スーパーが、米国で”food deserts(食の砂漠)”と呼ばれるエリアに、1,500の店舗をオープンすることで合意したそうです。

詳しい経緯は、ホワイトハウス発信の食ブログ、OBAMA FOODORAMAをご覧下さいませ。

First Lady To Announce Project To Combat Food Deserts, With 1,500 Markets Across US

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-23 10:35 | Trackback | Comments(4)

夢の熱さに囲まれて(後)

「死ぬまで吸血鬼のように、色んなものを取り込んでいく。ものを食い、人と話し、多くを読む」
   ----- 緒形拳
       (日本人、俳優、1937年7月20日生まれ)


先日見かけた、メタリックグリーンのビートルのナンバープレート。
「EGS+HAM」

アメリカの親子だったら、ほぼ誰もが知ってるベストセラー、Dr. Seussの「Green Eggs and Ham」のもじりでありますね。
ちなみに、Gは1つだけだったの、ミスじゃないのだよ。>お嬢

Dr. Seussの本は、ストーリーというより、言葉の音とリズムで、言葉遊びを楽しめる本なのですが。
お嬢によれば、この本の作者が編集者と、50単語だけで本が書けるかどうかの賭けをした結果、出来上がった本だとか。
ほんとだ、Wikiに書いてあった。

内容はごくナンセンスというか、緑色をした目玉焼きを食べろ食べろと薦める、というもの。
こちらのプリスクールで、先生が本当にグリーンの目玉焼きを作って、皆に食べさせてくれたことがあるのですが、お嬢はいまだに、そのフードカラーの衝撃が忘れられないそうですよ。

* * * * *

【レストラン】

前回日記の続きです)

IMG_3554

こちらのLittle Green Cycloは、同じくオーガニック材料使用で、ベトナミーズ。
さすがSF、屋台でさえも、オーガニック&ローカルが多いな。つか、Off the Grid自体、ローカル&フレッシュを謳ってるみたいだしね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-20 10:26 | Trackback | Comments(4)

夢の熱さに囲まれて(前)

「勇者とは怖れを知らない人間ではない。怖れを克服する人間のことなのだ」
   ----- ネルソン・マンデラ
        (南アフリカ人、政治家、1918年7月18日生まれ)


なでしこジャパン話、続きます。

澤選手のあるコメント
 ~アメリカでは美談として流れているものの、何故か日本では報道や掲載されないのだ


なでしこジャパン、Twitterの1秒間のツイート数の世界記録を更新


またアメリカでの記録ですが、今回の試合のTV放映の視聴者数=13,458,000人というのは、
歴代サッカー試合放送のうち、史上第6位、
日中のケーブルTV放映のうち、史上第2位、
の記録だったそうですよ。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3539

ますます高まる、Street Food Truck人気。
たかが屋台メシ、と侮れない味とメニューを作り出して、屋台生まれの新料理ジャンルもあると思われるほど、なんつってな。
お店を持つのが料理人の夢としても、最初からそこに届く人は早々いないのであって。
屋台で修行・屋台で売上・屋台でお客を確保して、目指すは一国一城の主、なんちゃってな。

ストリートフードの場はすごく好きなのだけど、ベジィな身には、メニューが限られるのが残念。
だけど、そこを押しても行ってみたい。体調整えて、お祭り気分でゴー。
お嬢と連れ立って、Sarahさんご夫妻の背中に導かれて、念願だったOff the Gridに行ってきたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-18 14:35 | Trackback | Comments(4)

見つめる先は世界のみ

「ふたりの人間が愛し合うということは、お互いを見つめ合うことではなく、同じ方向を見ることだ」
   ----- ジンジャー・ロジャース
       (アメリカ人、女優、1911年7月16日生まれ)


女子W杯 なでしこジャパン 優勝 (ハイライト)


おめでとう、おめでとう、おめでとう!!!
とある方がツイッターでつぶやいていらっしゃいましたが、「これが漫画だったら、出来過ぎということで、編集者に却下されてしまうであろう」ほどのドラマでありましたね。(感涙だーだー)

こちらで観ていたTVでは、震災と結びつけて、被災者の為に頑張ったと解説をしてましたが。
確かにそれもあったと思いますが、それ以上にただサッカーが好きで好きで、ひたすらその為に努力を積み重ねてこられた結果だ、と思うのです。

アメリカもさすがに素晴らしく、何度も、もうダメだと思いました。
そのアメリカが、
「日本は決してあきらめなかった。そして勝利を掴んだのです。日本の人は皆、彼女達を本当に誇らしく思うでしょう」
と讃えてくれた言葉が、一番心に響いたのでございました。

* * * * *

【買い物】

     IMG_3831

重い話(当人比)の後は、ごくごく軽~い話が良い。
ということで、たまってる過去記録をすっ飛ばして、最近味わった日本のスナックの話だよ。

日本でちょーお馴染みのスナックといえば、かっぱえびせんにサッポロポテト、ポテトチップスにさやえんどう。
これ、ぜーんぶカルビーの商品だよね。あ、ポテトチップスは商品名じゃないけどね。
こちらアメリカはCalbeeから、現地向け商品が幾つか販売されていて、かっぱえびせんはShrimp Flavored Chipsだし、さやえんどうはSnapea Crispsとして、それぞれ結構なヒット商品であるらしい。

売られているのはスーパーやコンビニだったのだけど、このたび、海外初の直営店をオープン。
しかも嬉しいことに、サンフランシスコではないですか。
諸事情により、夏休みの間は週1でSFに行くお嬢と私、早速寄ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-16 13:42 | Trackback | Comments(8)

生まれる時の匙の色

「私の自画像はない。 絵の対象としては自分自身に興味がない。 むしろ他人、特に女性、そして他の色々な現象に興味が有るのだ」
   ----- グスタフ・クリムト
       (オーストリア人、画家、1862年7月14日生まれ)


結婚は「三高」から「三低」や「三手」へ

“低姿勢・低依存・低リスク”の「三低男」って実際どうなの?

いやー、知らなかったなー。
ところで今では、「家付き・カー付き・ババア抜き(次男)」、ってのはないんですかね。
うちの旦那、これだったんですけど。

* * * * *

【雑事】

IMG_3582

菜食中心になって、素材はできるだけ丸ごと食べたくて、オーガニックのものを中心に買うようになって。
個人の生活においての選択でありますが、それだけでなく、広く環境を考えた時にも、そちらの方が望ましい、と信じているのですけれど。

菜食は、金持ちの白人向けのものだ、とか。
そういう買い物ができるというのは、それだけの収入があって、そういう街に住めて、それだけの教育を受けることができたヤツ、と。
大なり小なりの軽蔑と嫉妬、そして、そういう選択をしない自分を攻撃されたかのような被害者意識も込めながら。
日本ならばともかく、こちら米国では、こういう見方が可能、というより、生活様式を云々する際、人種や育った環境を無視して言うことはできない、ということなのでありますね。

Food accessibility
相当する日本語が見つからず、どう訳すべきかわからなくて、お嬢に助けを求めたところ、
「食材選びの自由」
というのはどうか、と言われました。

どういう食材が身近にあるか。望む食材を手に入れる為には、どれだけの努力が必要か。
米国のフードガイドラインでも謳われているように、できるだけローカル産で、できるだけ取れ立てで、できるだけ残留農薬の少ないもの。
そういった食材を手に入れることができるかどうかは、米国の場合、多分に居住地に依存します。
そして、その居住地での食材の手に入れ易さ、及び品質は、土地の値段・治安・教育のレベル等が、そのまま反映されているのが現状。

こういった事実は自明のことと思っていたのですが、米国では意外と気づいていない人々が多いことを、Public Healthを専攻していらっしゃるSarahさんから教わりました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-14 14:13 | Trackback | Comments(6)

いつもその場は動いてる

「謙虚さは、人前では決して育たない美徳である」
   ----- ジョン・クインシー・アダムズ
       (アメリカ人、第6代米国大統領、1767年7月11日生まれ)


震災から4ヶ月。
久しぶりに、ベイエリアでのチャリティーのお知らせです。
・ Small Act for Japan's Gallery:~8月末
  ・古本、家具、子供用品などのオンライン販売

・ 第3回Hands in Harmony 
  ・7月16日(土) 午前10時~午後4時

・ JAZZ KATSU -Japan Relief Benefit- 
  ・8月27日(土) 午後2時~6時

開催してくださる皆様に、いつもながら心からの感謝を。
詳細は、こちらをご覧下さいませ。


そういえば原発とは、「トイレのないマンション」と言われるのですね。
全てリサイクルできて、CO2も出さない、究極のエコエネルギー、なんていう話を広めていた裏側で。
以下のサイトで詳しい説明を読みながら、出るのはため息ばかりです。

高レベル放射性廃棄物 -トイレなきマンション 

* * * * *

【買い物】

IMG_3522

さて、たこ焼き以外にも、盛り沢山なファーマーズマーケット。
前に来た時は、野菜や果物などの屋台がほとんどだったけど、食べ物屋台が結構増えてるね。それも、巷で人気の屋台も幾つかね。
昨今のストリートフード人気が、ここでもうかがえる。

11時ごろではまだ人も来てなくて、並ばずに買えるありがたさ。
この際、試してみたかったところで買ってみよう。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-11 10:34 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(4)

ねじり鉢巻の心意気

「人間にとって最も重要なことの多くが、論理的に説明できないということです」
   ----- 藤原正彦
       (日本人、数学者、1943年7月9日生まれ)


IMG_3823

ようやく、ようやく巡り会えました。4回目にして、ようやく……(言葉にならない)
Thorough Bread & PastryCaramel Napoleaonでございます。涙にむせぶ事情は、こちらにて。

クリームは想像より甘かったものの、滑らかさはなかなかであった上、パイ生地がさくさくで美味しくて。
その分、切るのに苦労はしましたが、薄い層が何層にもなって、このさくさく加減というのは立派だなー、と素人的に感動。
前回お嬢が気に入ったGrasshopperも相変わらず美味しかったし、機会があったら、また立ち寄りたいお店でございます。

* * * * *

【買い物】

IMG_3511

震災以来、こちらでもいろんな日本食レストランが、売上の一部を義援金に寄付してくださっていて、ありがたや~、とあちこちに手を合わせているのだが。
拝んでるだけではどうしようもないので、当然買いに行ったり、食べに行ったりと、楽しみながら協力させていただいて、再びありがたや~、と拝んでる。

サンフランシスコのフェリービルディング内にある、日系のお弁当&お惣菜のお店、DELICA過去訪問記事)。
バラエティ豊かなメニューが揃ってて、私も大好き、現地の人にも人気。最近は寿司バーもあるんだよ。
このDELICAさんがチャリティーの為に開いた屋台が、たこ焼き屋。
日本で屋台と言えば、の気概を込めた(大嘘)その名も、TAKOYANEN!
ここで、なんやねん・タコやねん、とかゆったらシラけるからゆーわないっと。(馬鹿)

DELICAと同じくフェリービルディングにあって、木曜のファーマーズマーケットに出店されているという。
フェリービルディングも久しく行ってないので、これは楽しみとばかりに、みかさんゆみたちさんとお出かけしてきたよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2011-07-09 11:22 | Trackback | Comments(8)