<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

幸せのために手をつなごう

「品性の美はすべての美中の最美なものである」
   ----- 国木田独歩
       (日本人、作家、1871年8月30日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_0823

知ったのは結構前なのだけど、なかなか行くチャンスがなかった店。
またもやNorthern California's farm-to-table cuisine系ではあるんだが、HPを見ている限り、通り一遍のお店じゃない、という感じがして、ずっと行ってみたかった場所。

家族でサンフランシスコに出かけることになった時、良い機会だから付き合って、と旦那とお嬢を引っ張って行ったのだ。
威嚇付き(シャーッ!)だったかもしれないが、まあ、いつものことだ。(家庭内常識)

ミッション地区は、SFの中では治安的にちょっと、な場所ではあるんだが。
かの有名ベーカリー・Tartineはあるし、街中のカラフルな壁画に目を奪われるしで、実はイコール、探索してみたいエリアでもあるんだな。
しかし今回車を停めた数m先には、男性が一人、道に転がっていらっしゃって、私達が車から降りた途端に、パトカーがそこに乗り付ける、というタイミング。……幸先良いと思いたい。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-30 12:06 | Trackback | Comments(8)

さては胡蝶の見る夢か

「君子は幅広く読書して、礼によって身を修めれば、道に迷うことはない」
   ----- 孔子
       (中国人、思想家、紀元前551年8月28日生まれ)


エキサイトブログでは現在、「アクセスアップ講座」というのを連載(?)でやっています。
ただ今アップされているのは、
「第2回 アクセスアップ講座:アクセスされやすい日記タイトルのつけ方」

■具体的な記事タイトルをつけよう!

例)
× 花火に行ったよ!
○ 隅田川花火大会に行ったよ!
「花火に行ったよ!」だと検索エンジンで「花火」で検索された方に見てもらうチャンスはありますが、「隅田川 花火」で検索された方には訪問チャンスを失う可能性があります。

■アクセスを誘う記事タイトルをつけよう!

例)今年の夏休み1番の思い出は?
「夏休み」など検索数の多い文言を盛り込みつつ、?で終わらせると、ついつい読んでしまいたくなるブログ記事になります。
具体的な「隅田川花火大会」などの具体的なキーワードは、記事中に入れるのは是非おこなってください。


……私の日記タイトル、史上最低見本の自信ある。

* * * * *

【映画】
b0059565_849812.jpg

映画「Inception」を観に行って来ました。
夏休みで日本から遊びに来てくれた、Rogiさん母娘と一緒に。(歓喜)

例によって例のごとく、何の下知識も持たない鑑賞だったのですが、今回は珍しくそれを後悔しましたですよ……
勿論、英語がわかんねええ、という不治の病もあったんですが、それ以上に、なんじゃあこらあ!! (by松田優作)と叫びたくなるほどの複雑怪奇っぷりの内容に、あとで入ったレストランで、娘達の解説を一から仰ぐ羽目になりましたです。うう、不甲斐ない母ちゃん達を許して。
こんなことなら、ネタバレ歓迎で色々漁ってから行けばよかったよー。

しかし娘達はさすがというか、全く白紙で行ったにも関わらず、すごく楽しんでいた模様。
お嬢は、友達から勧められていた通り面白かった、とご満悦。ちくそう。

続きの戯言(ネタバレあり、注意!)
[PR]
by senrufan | 2010-08-28 12:09 | Trackback | Comments(14)

七夕でなくとも海を越え

「本当に愛したいのだったら、許すことを学ばねばなりません」
   ----- マザー・テレサ
       (ユーゴスラビア人、社会活動家、1910年8月26日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_0827

またまたブログがご縁となった、素敵な出会いがあったのさ。
ベイを挟んで向かい側、イーストサイドにお住まいの、るんさんSarahさん。嬉しいことに、会いませんかとお声をかけていただいて。(うるうる)

だったら、忘れちゃいけない方がいらっしゃる。
お二方とオンラインで繋がるきっかけを作ってくださった、ベイエリアのカリスマブロガー、shinaさん。絶対お誘いしなければ。

shinaさんのご提案で、場所はshinaさんの地元であり、4人の中間地点のFoster City。
そこにある人気のタイレストランで、初めてのデートが叶ったの。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-26 07:47 | Trackback(1) | Comments(8)

その命に罪はないけれど

「私は常に思っている。人生は旅である。我等は忽然として無窮より生まれ、忽然として無窮のおくに往ってしまう」
   ----- 若山牧水
       (日本人、歌人、1885年8月24日生まれ)

* * * * *

【時事】

     frameIMG_0850

アメリカでは今月に入って、大規模な卵のリコール騒ぎがありました。
アイオワ州のWright County Egg、Hillandaleという2つの業者が出荷した卵から、サルモネラ菌に汚染されたものが発見され、現在までで5億個の卵を回収する、という事態になっています。
レストランや家庭での食中毒、更には入院する人まで出ていらっしゃる模様。

私自身は食中毒の経験はないのですが、友人で数人体験者がいて、それがどれほど苦しいものか、話としては知っており。(「いっそ殺してくれー!って思ったよ」)
今回のニュースを聞いただけで、動悸・息切れ・揉み手・うろうろ歩きという症状を発しました。いや、全く役立たず。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-24 13:04 | Trackback | Comments(8)

選んだ縁は感謝と共に

「どの試合にもクライマックスがある。それは勝ちの瞬間である。気をつけてないと、その瞬間を見逃し、最高のチャンスを逃してしまう」
   ----- ピーター・トムソン
       (オーストラリア人、ゴルファー、1929年8月23日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_0769

シェフになる為に勉強中のakiumiさんが、学校のお仲間から聞いたというカフェ。
お話を聞くだに、大変魅力的なコンセプト。
場所がバークレーということで、イーストベイ繋がりのVivianさんもお誘いして、3人でお出かけしたのだな。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-23 13:01 | Trackback(1) | Comments(12)

君は僕の王様だ (後)

「怒った時は口を開くまでに10数えなさい。激怒している時は100数えなさい」
   ----- トーマス・ジェファソン
       (アメリカ人、第3代大統領、1762年8月21日生まれ)

* * * * *

【家庭内事情】

     IMG_0620

ロイを預かった翌朝から、1日2~3回の散歩生活。
最近外のウォーキングはさぼっていたのだけど、ロイのおかげで、その心地よさを思い出す。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-21 11:08 | Trackback | Comments(2)

君は僕の王様だ (前)

「この世にはお金をたくさん持っている人がいる。そして、豊かな人がいる」
   ----- ココ・シャネル
       (フランス人、デザイナー、1883年8月19日生まれ)

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_0529

あのね、ママのお友達が、旅行に行く間、飼ってる犬を預かってくれる人を探してるんだけどね。
へえ、どのぐらい?
ん、5日間予定だって。
いいじゃん、うちで預からせてもらおうよ。ところで、どんな犬?
ミニチュアプードルで、確か名前はロイヤルだったはず。
ロイヤルって、Royal、それともLoyal

………え゛。


続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-19 12:58 | Trackback | Comments(10)

足を着ける場所を知っている

「ここの余白は狭すぎて書き記すことができない
       (フェルマーの最終定理についてのメモ)」
   ----- ピエール・ド・フェルマー
       (フランス人、数学者、1601年8月17日生まれ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_0714

地元のダウンタウンを散策していた時。
急にとある方向に引力を感じて、そちらに目を向けてみたら、ガラスのドアの新しいお店がそこに。
ドアに書かれた、”Chocolates”の白い文字。突発引力の原因はこれだった。(膝ポン)

それからしばらくして、お嬢の友達の誕生日プレゼント購入の為に訪れて。
お店の感じもとても良く、コンセプトも気に入ったので、今度は私達用ということで、お嬢と2人で行ってみたのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-17 11:21 | Trackback | Comments(10)

心と身体の眼をもって

「成功や失敗は知的能力というよりは精神的な態度で決まる」
   ----- ウォルター・スコット卿
       (スコットランド人、作家、1771年8月15日生まれ)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_0802

夏休みの芸術鑑賞。というわけでもないんですが。(じゃあ言うな)
待望の、サンフランシスコのde Young Museumで開催中の印象派展に、家族で行ってまいりました。
芸術の都・パリはオルセー美術館から、あの名作やその傑作が、海を渡ってはるばるやって来てくれたのでありますよ。

オルセー美術館創立以来の大改築工事(2011年4月にリニューアルオープンの予定)に合わせて、来年1月頃まで同館の所蔵品は、米国・日本・オースラリアの順に、期間限定で展示される、という催し。
フランスのサルコジ大統領をして、
「これらの絵画がまとめてフランスを離れることは二度とない」
と言わしめた展覧会。
日本では、東京の国立新美術館での開催(5月26日~8月16日)で、TVで特集が組まれるなど、随分と話題になったようですね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-15 13:16 | Trackback | Comments(4)

それは取捨選択とは呼べなくて

「僕は最後まで手を尽くした」
   ----- アーネスト・シートン
       (イギリス人、動物学者・作家、1860年8月14日生まれ)

* * * * *

【買い物】

     IMG_0370

ジューサーといえば、にんじんジュース。(思い込み)
うちが買うのは、ファーマーズマーケットで売ってる、葉付きにんじんの束。1束で4~5本かな。

これでどのぐらい搾れるか、カスはどれぐらい出るのかな。
ジューサーに入れやすいよう、細めに切ったにんじん、4本分。日本のにんじんだと、2本分ぐらいの見当か。
ウィーンウィーンと回るジューサーに、次から次へと入れてくよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-08-14 09:17 | Trackback | Comments(10)