<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

始点も終点も我に在り

「人生の最も重要な疑問に答えを出せる人は自分しかいない」
   ----- ジョン・ファウルズ
        (イギリス人、作家、1926年3月31日生まれ)


朝から、みかしゃんにだまされてガーン、な状態です。(しくしく)(思いっきし期待したのだ)


前回、「ホリスティックではイーストが」と書いたのは、まきりん♪さんからうかがった話だったのですけど。
あれから少し調べたら、”イーストコネクション”というものを教わったのですよ。

砂糖のとり過ぎはアレルギーを悪化させる!

こちらの記事によれば、
イーストコネクションとは、慢性カンジダ過敏症のことで、
腸管内にカンジダの仲間が異常に増えて起こす病気

なんだそうですよー。
なんだ、結局はお前かい、カンジダ。そしてどっちにしても、大好物は糖類なんだね、カンジダ。

ローフードや生菜食について知るにつれ、腸の健康がいかに大事か、日々学ばせていただいているわけですが。
自分も暴食した時、手足にアトピーのような症状が出たりしたので、アレルギーは腸と大いに関係がある、と思っているところ。
ベストセラーとなった「病気を治す生き方」の著者・新谷弘美先生も、腸の健康の重要さを説いていらっしゃいましたよね。

米国ではそのものずばり、「The Yeast Connection」という本がありまして。
それと連動する形でのサイトが、↓です。

The Yeast Connection

ゆっくり目を通してみたいのですが、本も読んでみたいのですが。
なんで英語なんだろうこれ……かといって、アラビア語でも困るけど。

* * * * *

【個人的事情】

さて、前回のカンジダから発展して、病気についての個人的つぶやき。
結局これも「またそれ?」という、ただの言葉の羅列ですねー、あははー。(乾笑)
なので、続きは本当に、謙遜じゃなく「タワゴト」なので、読む必要はありませぬぞ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-31 15:01 | Trackback | Comments(4)

ただそこに在る事象 (3)

「どんなに肥沃な土地でも、耕さなかったらトゲのある植物が生える。人の心も同じである」
   ----- アビラの聖テレサ
       (スペイン人、修道女、1515年3月28日生まれ)


個人的に、大変ショックなニュースを目にいたしました。

私が愛用している、AUBREY社の製品。
野生または有機栽培のハーブを使用し、植物療法に基づいて作り上げられた、天然成分のみの自然派化粧品。
石油系の合成化学成分は一切使用せず、防腐剤さえも天然成分使用。
色々試して、こちらのシャンプーがやっぱり一番合うようで、数年来愛用しているのでございます。(過去日記

だったのに、なんとそのシャンプーが、
石けんシャンプーから、合成界面活性剤使用シャンプーに変わってしまう
という話を聞いたのでございます。(背景に雷)


ただこれは、日本でまず先行発売、ということなので、米国内はまだ大丈夫らしいんですが。
今後は合界系にシフトしていく商品も予定されているとのことで、今から青くなってます。(いやだああああ)(なんでだああああ)

私のもう一つの住処・Whole Foods Marketにて、ただ今一部ヘアケア製品がセール中であるのを目にした時は、
これを売り切って、合界系に移行する予定か
と、またまた真っ青になりましたが。
現時点で、HPには何の知らせもないし、今しばらくは大丈夫、と信じたい。つか、信じさせてくれお願い……!(血走った目)

     DSCF2431


とりあえず、シャンプー&コンディショナー買いだめに走りました。
消費期限はいつまでだこれ。

* * * * *

【時事】

婦人科系の病気で悩んでいた頃、色々とその類の雑誌や記事を漁っていたのですが。
時々目にとまったのが、「カンジダ症」という病名でございました。

カンジダとはカビの一種で、人体に普通に生息しているものだそうですが。
たとえば疲労や生活の乱れにより、身体の免疫機能が落ちた時、体表や身体の内部で、感染症を引き起こすものなんですね。(説明はこちら
ぶっちゃけ、水虫の仲間と思っていいのかなー。(身も蓋も)

私も小さい頃は皮膚が弱く、炎症もたびたび起こしていたこと。幼馴染が、カンジダ症で治療に苦労したこと。父が一時、水虫に悩んでいたこと。(……)
こんな経緯から、「カンジダ」というのは、なかなかに忘れがたい名前であったのでございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-28 14:30 | Trackback | Comments(12)

外柔内剛も良いけれど

「何が起ころうとも、良心だけは失うのはよそう」
   ----- ムスティスラフ・レオポリドヴィチ・ロストロポーヴィチ
       (ロシア人、チェリスト・指揮者、1927年3月27日生まれ)

* * * * *

【お菓子】

     DSCF2398

今までロースイーツで使っていたオイルはといえば、ココナッツオイル。
ココナッツバターもむちゃうまなので、こちらを使ったりもしてたんだ。
じゃあ、あえてカカオバターを使う理由はなに?というギモンに対しては。

大事な点は、溶ける温度の違い、なんだって。
ココナッツオイルは24℃、ココナッツバターは30℃、カカオバターは36℃が融点、という目安になっている。
なので、ロースイーツに使った場合、
ココナッツオイル使用のものは、冷蔵・冷凍保存がデフォルトだけど、
カカオバター使用のものは、常温に置いておいても大丈夫(真夏以外)、という違いが出てくるんだそうな。

加えて、当たり前だけど、ココナッツバターはココナッツの、カカオバターはカカオの味と香りなので。
自分がどういうスイーツを作りたいかで、使い分けしていきたいものだよね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-27 14:09 | Trackback | Comments(10)

価値判断の基準とは

「暗闇というものはない。見ることができないだけなのだ」
   ----- マルコム・マゲリッジ
       (アメリカ人、作家、1903年3月24日生まれ)


DSCF2274

行きつけのグローサリーストアで、パン粉のコーナーを見ていました。

こちらでパン粉は、Breadcrumbsという名前なのですが。
その中でも、「Panko(Japanese style breadcrumbs)」と名づけられたものが増えてきていて、全粒粉や、ハーブを混ぜたイタリアンスタイルのものなど、バラエティに富んでてよろしいのでございますよ。


そして、ある製品の裏表示を読んだお嬢が、吹きました。

「Panko, meaning child of bread, is a light and crispy crumb」
(”パンの子”という意味を持つPankoは、軽くてかりっとしたクランブルです)


ち・がーーう!!!(ちゃぶ台ひっくり返ーし!)

* * * * *

【買い物】

本当はバレンタインに作りたかった、新しいロースイーツ。
言い訳していた、「間に合わなかったとある材料」が、とうとう手元に来てくれて。
狂喜乱舞、でも平常心・平常心。(すーはー)(深呼吸)
商品と一緒に送ってくださったレシピから、2品作ってみたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-24 14:15 | Trackback | Comments(6)

上げる錨があることを

「すべての道にはそれぞれ目的がある」
   ----- ジーン・オリバー
        (アメリカ人、野球選手、1935年3月22日生まれ)



エキサイトさんのメンテナンス、無事終了の模様。
定期メンテナンス、いつもありがとうございます。(感謝)

終了記念というわけではないですが、その間、つらつらと書いたもの。
号外、ごうがーい。みたいな感じで、呟きをひとつ。

* * * * *

【時事】

オバマ医療改革 悩める超大国の『変革』

オバマ大統領陣頭指揮の下、米国の医療改革法案が、とうとう可決となりました。
尊敬するchiblitsさんが、2回に渡って、大変わかりやすい記事を書いてくださっていますので、興味のある方にはぜひ読んでいただきたいのでございます。
皆様のコメントも刺激的で、学ぶところがてんこ盛り。

 アメリカの医療保険改革案に思うこと
 遂にアメリカの医療保険改革案が可決されました

正直、今回の可決は、入り口どころか、ドアノブに手を伸ばしたぐらいのところ、ということはわかってます。
反対意見も強力な上、国民の意識が今のままでは、早々に頓挫する可能性も大きく、不安なんてどころではありません。

それでも、保険が今のままではだめだ、ということ。
国民全員が安心して医者に行けることが、健全な国の条件の一つであること。
これをとっかかりとして、そういう意識が少しでも広まって欲しい。

ひいては、まずは予防が大切であること。
健康の面からも生活費からも、生活を少しずつ見直すこと。
一人でも多く、そう考える人が増えてくれれば、と願うのです。


私自身もコーフンのあまり、chiblitsさんの記事にコメントさせていただいたのですが。
それを書いて初めて、自分がなぜこれにこだわっていたのかが漠然とわかったので、自分のところにも残しておこうと思い立ったのでした。ええ、相変わらず遅すぎです。

ということで、以下はまたもや、ダラダラ駄文の繰言ですので、ここでお帰りになること猛推奨。
ささっ、そのままchiblitsさんブログに飛んで行かれませ。ぜひぜひ、ほらほら、ずずいと。(背中を押しながら)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-22 16:33 | Trackback | Comments(6)

年相応の視野を持ち

「自分の選択肢を探し、その中から最上のものを選び、チャレンジせよ」
   ----- パット・ライリー
       (アメリカ人、バスケットボールコーチ、1945年3月20日生まれ)


先週、2日間に渡り、お嬢が高校で受けた試験があります。
現在Sophomore(高2)に在籍する生徒全員が受けるテストで、名称CAHSEE
California High School Exit Examの略であり、カリフォルニア州の高校の卒業試験でございます。
加州在住の高校生は、規定の内容(必要単位の取得など)に加えて、これに合格しないと、高校卒業と認められないのですね。
ちなみにこれはカリフォルニアに限った話ではなく、数十州が独自の試験をそれぞれ課しています。

試験は、英語(読解・作文)と数学なのですが、英語はともかく、数学は大変簡単だという定評がございまして。
噂にたがわず、当日、お嬢達にオオウケした数学の問題がこちらです。

「n=12とします。
では、-nはいくつでしょう?」


と、笑っていられる側はいいのですが。
それでも毎年、州で20%以上の子は合格できず、中卒扱いで社会に出るか、働きながらまた卒業資格合格を目指すか、の道が待っています。

高校まで義務教育で、学費もタダ、という米国ですが、こういう話を聞くたび、家庭環境の差・貧富の格差・意識の違い等々を、目の前につきつけられるのです。

* * * * *

【時事】

お嬢の学校で、自殺者が数人出てしまったことについては、何度か書いてまいりました。

TV番組で、Dr. Phil's Showというのがありまして。って、私は全然見てないのですけど。(TV見られない体質)
オプラ・ウィンフリーのショーと同様に、一般の人が参加して、彼らの抱える問題について語る形式の番組です。

先日この番組に、うちの市の高校生達が出演して、彼らが抱えるストレスについて語ったのでございます。

子供の自殺については、後追いする子が続くことを危惧して、大々的に報道はしない、と決めている国や機関も多いのに。
こちらでは、最初から学校名が出てしまっていたことを考えると、そのあたりの気遣いはなかったのか、それとも精一杯抑えた形だったのか、真相はわからないまま。
それが続いて、州外にまで伝わって、カルト教団が来たと思えば、今度はとうとう全国規模のTVまで。なんだかなあ、まったくなあ。

が、ティーン側の言葉を聞くという意味では、貴重な機会であったことは事実。
個人的感想はさておいて、記録は残しておきたいと思うのです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-20 10:49 | Trackback | Comments(12)

青い鳥の羽は飛ぶための

「数学を理解するとは、数学という現象を<数覚>という感覚で<見る>ことである。」
   ----- 小平邦彦
       (日本人、数学者、1915年3月16日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

     DSCF1031

恐れ多くも、私が勝手に”ベジ友”認定させていただいている、ありすさん
彼女から随分前に薦められた、2軒のベジタリアン・レストランがあったんだ。

1軒は、サンフランシスコにあるMillennium。去年の誕生日に訪れたのだけど、期待以上に美味しくて、とても幸せな時間を過ごさせてもらったのだな。
もう1軒も行かずばなるまい、と鼻息荒くしていたのだが、場所がNapaという遠方の地の為、そう簡単に踏み切れず。
そうこうしているうちに、なんとそのレストランが、ミシュランで一つ星をゲットしたというではないか。行きたい気持ちと鼻息は、ここで一気に倍増する。

家族の腰を上げさせる為には、やはりイベントにからめるしか。
ということで、今年の私の誕生日に、とゴーインに決めたんだよ。予約も私がしたんだよ。
……予約時のコメントに、「誕生日です」とこそっと付け加えたのは、寂しんぼの虫がしたことさ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-16 12:37 | Trackback | Comments(33)

天動説の信奉者

「成功者になろうとするのではなく、価値ある人になることを目指しましょう」
   ----- アルバート・アインシュタイン
       (スイス・ドイツ系アメリカ人、物理学者、1879年3月14日生まれ)

* * * * *

【イベント】

P1010134

先日、San Francisco Symphonyのコンサートに行ってまいりました。えーと、つい1ヶ月ほど前の先日でございますが。(……)

秋に聴いたベルリン・フィルの余韻がまだ残っていて、正直、他のオケはあまり聴く気になっていなかったのですが。
Charles Dutoit指揮で、Holstの「The Planets(惑星)」という、魅惑のプログラムだったのでございますよ。
「惑星」はお嬢が好きというのと、私がデュトワを聴きたかったことに加えて、近くの市まで来てくれる日があったので、だったら行ってみるか、と予約したのであります。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-14 13:16 | Trackback | Comments(0)

願いを唱える、その前に

「希望のない状況はない。人がその状況について希望を失うだけである」
   ----- クレア・ブーズ・ルース
       (アメリカ人、脚本家・作家・外交官、1905年3月10日生まれ)

* * * * *

【個人的事情】

IMGP2219

前回日記で、余談として書こうとしながら、果たせなかった話とは。
授乳中のお母さん方に、乳製品は控えた方がいい、というアドバイスがありますが。
少なくとも私個人については、それは当たってた、という話でございます。

マクロビオティックで、動物食品はあまり摂らないように薦めるのは、身体にたまりやすい→粘性が高まる・詰まる、という傾向があるからですが。
中でも女性が乳製品を摂る場合、子宮や卵巣、乳房といった女性系の器官にたまりやすく、婦人科系の病気にかかりやすくなる、と言われております。

あ、男性の方で、こちらをご覧になっている方はいらっしゃいませんよね?
以下は婦人科系の話になりますので、最初にお断りしておくです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-10 13:15 | Trackback | Comments(18)

ただそこに在る事象 (2)

「大人は事実に関することではまあまあ正しいことを言う。事実の認識よりも高い能力は想像力だが、悲しいかな、大人はこの能力が十分でない」
   ----- ケネス・グレーアム
       (スコットランド人、作家、1859年3月8日生まれ)


アカデミー賞の授賞式がありましたね。
史上最高の興行収入を更新中の「アバター」が、ノミネート作品中、売上最低額の「ハート・ロッカー」に負けた、ということで、大いにメディアを沸かせてくれましたですね。

今年のアカデミー賞は、ノミネート作品を全く見てなかったこともあって(くっそおおおお)、ほとんど注目してなかったのですが。
たまたま当日読んだ本が、映画評論家が主人公のミステリーで、その中にこんなセリフがあったのですよ。

「ハリウッドはずっと俺たちをガキ扱いしている。連中はそうやって荒稼ぎする---俺たちが大人の現実よりお伽話のファンタジーを選ぶように仕向けるんだ。で、俺たちは大喜びで従う。人生はその方がずっと楽だから。
奇跡のダイエットを信じる方が毎日のエクササイズと正しい食事より楽だからね。宝くじに当たると信じる方が、生活のためにあくせく働いて、請求書を支払期限までに払うより楽だ、お伽話のロマンスを夢見る方が、責任と支え合いと信頼に基づく本当の関係に取り組むより楽だ。
だから俺たちはそう信じる。そうやって責任を逃れる。自分の人生にいっさい責任を負わなくてよくなるんだ」
   ----- デイヴィッド・ハンドラー著 「ダーク・サンライズ」より


ワシントンとハリウッドは同一だ。ハリウッドの現実逃避が、現代アメリカ政治と文化に致命的な影響を及ぼしているのだ。
というのが、主人公の主張でありました。

熟考、選択、実行、責任。キーワードは変わらず、です。

* * * * *

【時事】

子宮頸がん、というガンがありますね。
説明はWikiをご覧いただくとして、先日母が送ってくれた新聞記事の中に、このガンを予防する為のワクチンが、日本で認可された、というものがあったのです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2010-03-08 10:08 | Trackback | Comments(8)