「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

試行錯誤の道行は (後)

Halloween
Birthday of Chiang Kai-Shek (Taiwan)
National UNICEF Day


日系ストアで、みりんを買いました。

アルコール分が入ってるから、と、身分証の提示を求められました。



キッチンドランカーになった気分です。


* * * * *

【アクティビティ】

さくさく書いて、終わらせよう。
瀬戸蔵記録の続きです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-31 05:35 | Trackback | Comments(4)

試行錯誤の道行は (前)

Establishment of Independence (Czech Republic)
Ochi Day (Greece, Cyprus)


焼き物の市、瀬戸。
それに因んで、クイズです。

Q:陶器(とうき)と磁器(じき)の違いはなに?

答えは末尾にて。

* * * * *

【アクティビティ】

名古屋に加えて、尾張瀬戸。来訪にあたって、frogfreakさんから色々観光案内をいただきました。(大感謝)
博物館が充実してて、あちこち行きたいところいっぱいで。
面白いところだと、徳川美術館なんてのも。織田・豊臣・徳川が全員尾張出身だということに、ようやく気づいた無教養。

行きたいところは両手にいっぱい、しかし費やせる時間は約1日。
厳選した2箇所で奮闘です。

あ、もう何回となく繰り返しておりますが、以下は全くの個人的覚書なので、つまらないことウケアイ云々かんぬんいつもと同文。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-28 07:41 | Trackback | Comments(4)

出会いは異なもの・味なもの

National Day (Austria)
Labor Day (New Zealand)


友人から回ってきた情報です。
このエリアにお住まいのお母様方で、シュタイナー教育に興味をお持ちの方へ、講演会のお知らせです。


Developing Capacities for Reading,
Writing and Arithmetic

in children from birth through grade school
with
Dr. Susan Johnson, M.D.
Behavioral and Developmental Pediatrician


(詳細はこちらをご覧ください)


会場となる学校は、シュタイナー教育を実践していて、私の友人がお子さんを通わせています。別な友人がオープンハウスにおじゃましたところ、学校のすばらしさに大変感銘を受けた、という場所でもあり。
今回の講演会でお話し下さるドクターは、このエリアのシュタイナー学校関係者から、絶大な信頼を寄せられているそうです。


シュタイナー教育のアカデミックなアプローチは、実に独特。
文字は、絵とお話から始まって。算数は、数感覚の養成を基礎に。
シュタイナーに興味を持って色々調べていた頃、その緻密さと合理性に、何度も唸ったものでした。

結局お嬢には公教育を選択し、それを後悔はしておりませんが。
15歳まで育った過程において、シュタイナーが唱えた人間学は、やはり理にかなったものである、と思わされること度々。
だからこそ、あの時Waldorf shoolを選んでいたら、という気持ちを捨て切ることは、未だにできないままでございます。


興味のある方、お時間がおありでしたら、どうぞごゆるりとお出かけくださいませ。

* * * * *

【買い物】

マクロビランチで元気倍増、いよいよ目的地である、尾張瀬戸駅へ向かったよ。
地名でわかる方もいらっしゃると思うが、こちらは瀬戸物の発祥地、であるのだね。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-26 14:28 | Trackback | Comments(2)

立ち返る場所はそこに在る

Taiwan Retrocession Day (Taiwan)
Summer Time ends (Switerland, U.K.)


短い日本滞在でありましたが、合間をぬって一泊二日で出かけた先は、初めての名古屋でございます。
第2子出産の為に里帰りされていた、frogfreakさんに会うのが第一目的であったのです。

ご実家におじゃまして、この世に誕生してわずか1ヶ月の、ぴかぴか天使にお目にかかってきましたですよ。


     DSCF1362

ママの手の中にすっぽりと入ってしまう彼は、まだまだ甘いミルクの香り。
ふにゃふにゃと泣く、その声でさえ、呼び起こすのはひたすら懐かしさ。お嬢もこんな頃があったんだよなあ、としみじみしちゃったり。

あの頃は私も精一杯で、泣き喚く彼女にどうしようもなく、
「そんなに泣くなら里に帰れー!」
などと、自分のお腹に押し付けてみたこともありましたっけ。(遠い目)


もう一人の天使=私の隠し子は、英語で言うところのTeriible Twoの真っ最中。すっかり女王様と化して、ご家族の皆様を下僕として従えてるとか。(わはは)
でも、そんな彼女も愛しくて、顔が崩れきってしまう私は、ほんとにダメダメです……こんなんで彼女達が帰国後、無事ベビーシッターを再開できるんでしょうかアタシ。(でもめろめろ)

* * * * *

【レストラン】

お嬢と2人で実家を出て、のぞみに乗って名古屋まで。
いいねえ、新幹線、座席もゆったりで。飛行機のエコノミー席も、もこれぐらいならかなり楽なんだけど。(ビンボー)

名古屋は全く初めて。すごく都会で、交通も便利。
frogfreakさんとの約束は午後なので、まずは早めのランチと行こう。楽しみにしてたマクロビカフェなのだ。
せっかくの名古屋なのに、味噌カツでもひつまぶしでも小倉トーストでもないんか、とのツッコミは軽くスルー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-24 09:46 | Trackback | Comments(4)

食の養生は仁術の

新型インフルエンザだけ気にしていたら、お嬢の友達の中で、2人が最近発症したもの。
英語名はWalking Pneumonia、日本語ではマイコプラズマ肺炎です。
思わぬ伏兵でありました。皆様のところには訪れませんように。(祈)


さて、このエリアでの新型インフルエンザのワクチン接種ですが、予想通りに(おい)入荷が遅れましたね。
日本では始まったようですが、皆様受けてらっしゃるのかなあ、どうかなあ。
ちなみに私自身は、接種しない方向で。季節性のワクチンも、ここ数年受けておりません。
現在、旦那とお嬢には受けてもらうべきかを迷っているところでございます。

ワクチン接種は、賛否両論・喧々囂々。どちらの言い分を聞いても、すぐに心が揺れ動くド素人。
ただ私は、
今まで接種した時、必ず体調を崩して発熱したこと、
今回のワクチンは、副作用その他に対するデータが十分でないこと、
日本と違って、人の密集する狭い空間にいることはほとんどないこと、
菜食になって、ますます病気知らずでいること、
大変お気楽・ノーテンキなヒキコモリ生活であること、
を理由に、受けない予定です。ええ、ゴクツブシが最大の理由です。(恥)

しかし、旦那とお嬢は私と違って、毎日大勢の人と接して、それなりの空間に長時間いるわけで。
仕事に勉強にと忙しい身だし、睡眠不足だし。
でも、睡眠不足だからこそ、下手に化学的なものを体内に入れて、かえって具合が悪くなったらどうしよう、とか。

議論はともかく確実なのは、自然治癒力を高めるのが一番、ということだけで。
免疫力を高めるべく、食事に気をつけて、運動をして。
わかっているけど、日々のあれこれに追われてしまってできないから。
どれも、一朝一夕ではできないことだから。
だからワクチンという、ある意味即効手段に対して、皆の心が動くのでございますよね。

ここで、
「私が作る食事を食べてる限り、うちの家族は大丈夫!」
なんて胸を叩ける、カリスマ主婦だったら良いのですが……!(泣き伏すしか)(役立たずでごめんよおぉ)


とりあえず、私がますます目指すものは、
冷え性改善・健康な腸・正しい骨格
でございます。
もう、痩身に関してはあきらめた……(遠い目)

* * * * *

【レストラン】

楽しく青空市場を巡った後は、とある下町を目指したの。
お嬢も私もぜひ行きたいと思っていた、マクロビオティックの甘味処に行くんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-22 10:47 | Trackback | Comments(10)

当然という言葉は程遠く

Kenyatta Day (Kenya)


「劣等感をもつのは、自分がそれを承知するからだ」
                  ----- エレノア・ルーズヴェルト


お嬢の高校で、自殺者が2人出たところまでは書きましたが。
先日、とうとう4人目が出てしまいました。
場所は全て、同じ踏切です。


色々言いたいことが山のようにあるのですが。
一体どう表現したらいいのか、今はまだまとめられないままなのです。

* * * * *

【旅行】

大使館での面接、無事終了。
旦那はそこから柴刈りに仕事に、私達はとあるイベントに。右と左にお別れだ。

目指したのは、代々木公園。
オリンピックの東京招致でがんばってるけど、ここは昔の東京オリンピック開催場所だったんだよー、なんてお嬢に話しながら駅から出れば、おや、なんだか交通整理の最中。
なにかと思えば、正にその東京招致に向けての、応援パレードが行われるとこだった。
赤シャツを着たスタッフの人達が、歩行者整理でがんばってた。

人ごみを抜けて目指した場所は、代々木公園のけやき並木。
アースデイマーケット、と名づけられた、東京朝市が開かれてるのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-20 12:17 | Trackback | Comments(6)

旅路でまとう香りとは

さて、ようやく日本滞在記のマネゴトなどを始めてみようかと。
実際に行ったのは9月下旬だから、帰宅してからもう20日もたってるんだネ!(満面の笑み)

でも今回の旅は短かったので、それほど書くことはない、と思っているんですがどうでしょう。(聞くな)
メイン渡航目的は、新しいビザ取得の為、でございましたのでね。

あ、ここでさらりと書いておきますが、うちの旦那、数ヶ月前に転職したのであります。
新しい会社では、新しいビザ。日本でないと面接・申請ができません。しかも、ビザ有効開始日(10月1日)より10日前から新ビザで入国、でないといけません。
と、会社の人事に言われたので、お嬢に学校を休ませて、なんとも中途半端な時期での里帰り、と相成ったのであります。
そう、こんなに長くアメリカにいるのに、いまだに我が家は、グリーンカード保持者じゃないのです……ほら、あと2年、と言い続けてきたもので。(虚)

旦那は勿論、私のような暇人もダイジョブですが、わりをくったのは、なんといってもお嬢です。
お母様方は良くおわかりと思いますが、ハイスクールを休むというのは、至極大変なワザでございまして。
普段でも毎日出される宿題の量がハンパない上(当家比)、テストもごく頻繁。テスト・宿題・普段の態度、それぞれに逐一ポイントがついて、総合で成績がはじき出されるもので、欠ければ欠けるほど、成績はドツボにはまります。

まだ幸いなことに、今回休んだうち、2日は学校休みの日が重なってはいたのですが、それでもトータル5日の欠席。
休み前には、欠席届を校長に出し、サインをもらった上、担任教師全員に更にサインと許可をもらい、受けられるテストは先に受け。
トランクにクソ重たいテキスト類を入れて来日し、日本でも毎日学校のWebをチェックして、日々の宿題を確認し、済ませられるところは済ませておくように。
戻った翌日から学校で、宿題のリカバリーとテストのメイクアップを山ほど抱えながら、時差ボケと戦いつつの疲労の数日。
なんて努力をしましたよ。お嬢がね。

なんつって、日本滞在中の彼女は、ブックオフや雑貨屋の誘惑に、ごろごろと身を委ねておったりもしましたがな。(にやり)


大使館での面接は、今度は家族3人で。
前回の時と大して変わりないので、今回は割愛。
新しいビザを貼ったパスポートは、中1日で手元に届きました。

旅行記をどこから始めようか、と問えば、まずは行きの飛行機のことあたりから。

* * * * *

【旅行】

今回の飛行機、お嬢と私は、American Airlineのマイレージを使ったの。
ここから日本となると、サンフランシスコからの直行便利用が一般なのだけど、アメリカンはなくて、コードシェアしているJAL利用。
しかし、JALはすでにいっぱい、次に楽なバンクーバー経由もいっぱいだったので。
泣く泣く、第3の手である、ロスアンゼルス経由となったのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-18 10:04 | Trackback | Comments(12)

向日葵ヴィンテージ開店のお知らせ

b0059565_8453079.jpg


私が大ファンのNYのブロガー、よっちゃんさん
”さん”はつけないで、と度々おっしゃられているものの、どうしてもつけてしまいます……(もじもじ)

フード・コーディネーター、フォトグラファー、ジャーナリスト、フォト・エッセイスト。
自然食料理学校のシェフ・トレーニング・プログラムを修了された後、ローフードレストランで研修を受け、今では食・情報・文・写真と、その才能を余すところなく発揮されていらっしゃいます。
2008年にご本を出版されて、今では「スローライフ研究家」とも。

そんなよっちゃんさんが今度始められたのは、NY発のオンラインショップ。
アメリカの1940~80年代を中心とした、ヴィンテージ・コスチューム・ジュエリーとアメリカン雑貨のセレクトショップです。
ブログにお知らせがアップされてから、早速ショップにおじゃましてみましたが、正に垂涎モノの品ぞろえ、でございますよ。(うっとり)


        15674738_o2

ファッションにはとんと疎いワタクシですが、アンティークやヴィンテージアクセサリーを見るのは大好きです。
あの、どこかセピアがかった風合い、ライトに煌く石。手にとって、背景にあるものを想像しながら、ぬくもりが移っていく一時になごみます。

ヴィンテージであるということは、すでに製造されていない品と巡り合うこともあるわけで。
人だけでなく、アクセサリーや雑貨にもある”出会い”。それが、向日葵ヴィンテージの中で起こる場合は、稀少性という価値が加わります。


     15675354

本物を使わずに、本物以上に豪華に、本物を超えた美しさを極める。
そんな主義の下、宝石じゃなくラインストーンを、金じゃなくメッキを使用したアクセサリーを、本物に負けない地位にまで引き上げたのは、彼のココ・シャネルです。
日本では夏に公開された映画「Coco Chanel」、そして現在アメリカで公開中の「Coco before Chanel」。伝説のデザイナーの生涯と、彼女が作り上げた美を知ることができたら、また新しいヴィンテージアクセサリーとの出会いが待っているかもしれません。


     15672017


日本のお客様向けに、円表示になっていますが、アメリカ国内からの注文も無問題。
クレジットカード(PayPal経由)だけでなく、チェック(小切手)も受け付けて下さるそう。

会員限定のポイントサービスもやってらっしゃって、買い物額の100円ごとに、1ポイントが加算。
1ポイント=1円として、次回以降の買い物に利用できるそうですが

現在、グランドオープニング・キャンペーン実施中で、
10月31日まで、初ショッピング+会員登録していただいた方に、もれなく500ポイントをプレゼント
しかも、お買い上げの際に、備考欄に「VIVA向日葵」と書いて下されば10%OFF、という大サービス。(歓喜)

まずはショップに行かれて、よっちゃんさんの手による、美しい商品の華麗な写真の数々をご覧になってくださいまし。
あああ、なんで世の中には、使っても使っても中身がなくならない財布がないんでしょう……別に、クレジットカードじゃなきゃダメ、なんてわがままは言わないのに。
と、おじゃまするたびに、ため息ばかりのワタクシです。


向日葵ヴィンテージ
   (写真は全てサイトからお借りしました)
[PR]
by senrufan | 2009-10-15 08:26 | Trackback | Comments(0)

きほんのきの字は、気持ちの気

Our Lady Aparecida (Brazil)
Discovery Day (Bahamas)
Americas' Day (Uruguay)
Columbus Day (U.S.A.)
Thanksgiving (Canada)
Health and Sports Day (体育の日)(Japan)


前回に引き続き、また漢字ネタ。

読み方は完全当て字でも、漢字の意味から、なるほどー、と思わず膝ポンなものが幾つかありますよね。
樹懶 なまけもの (樹:樹木、懶:なまける、おこたる)
とか、
仙人掌 さぼてん
なんかも、あははと笑っちゃいましたが。

個人的に、これ↓にかなうものは、今のところありません。




猫糞 ねこばば

* * * * *

【アクティビティ】

P1000891

首の骨、背骨、腰の骨。身体で大事なのは、内臓や血液だけじゃない。
そんな私が今、何か習い事をするとしたら、やりたいのは合気道とヨガ、なんてことを以前に書いたっけ。

合気道はともかく、ヨガは身近で沢山クラスがあるので、さっさと始められるんだろうけど。
逆に種類が多すぎて、どれを選んで良いのかわからない。

しかし、相変わらずの引き寄せの法則か、マクロビ仲間のpyonさんが見つけた、耳寄りなヨガクラスのお話を聞いたのであった。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-12 16:02 | Trackback | Comments(8)

身体と心に刷り込む記憶

Simchas Torah (Jewish)


暴風雨が予想される為、予定していた明日のデートが延期になりましたが、皆様お元気ですか。(棒読み)

漢字クイズとまいりましょう。
以下の漢字は、どう読むのでしょうか。
① 弥撤
② 蕃瓜樹
③ 膃肭臍
④ 蝦虎魚
⑤ 紅娘

答えは末尾にて。

* * * * *

【買い物】

DSCF1476

日本で買ってきたもの、第二段。
念願だった「木枕」、でございます。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2009-10-11 10:20 | Trackback | Comments(10)