「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

尽きず溢れる思いをこめて

b0059565_13172368.jpg


いつの間にやら、日が過ぎて。
いつの間にやら、日本に来ております。

今年最後の続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-24 13:15

緑と合うのはどんな色

仏名会、日本初飛行の日
羽柴秀吉が大政大臣となり、豊臣姓を受ける(1586年)
第一次憲政擁護運動が始まる(1912年)
インドシナ戦争が始まる(1946年)


b0059565_110953.jpg

日本のネットで、ヤーコンという名を良く見かけるようになったのは、去年から? 一昨年だっけ?
こちらでも売り始めてくれないかなー、と思っているのですが、まだ青果売り場では見たことはありません。
でもですね、加工品は出回り始めたのですよ。

初めて試して以来、私とお嬢のお気に入りとなった、Yacon Chips
乾燥させたドライヤーコンなんですが、しんなりとした中に、しゃきっとした歯応えもあり、甘酸っぱくて美味しいのです。

他には、甘味料として、Yacon Syrupの瓶が。
ローフードのレシピブックで名前を見かけたので、アガベと同様、加熱してない甘味料、なのかなあ。


早く生のヤーコンにもお目にかかって、ひとかじりしてみたいものだ、と思ってます。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1164455.jpg

ローフード、と言えば、なんとなくグルメの料理が浮かぶようになったけど。
大事な基本は、生野菜。生野菜と言えば、サラダだろう。
しかし、サラダバー、というのと、ローフードレストラン、というのとでは、違うイメージが浮かんでしまうのは、単に私の思い込み?

ローフードでなくていいから、美味しいサラダが沢山置いてあるところはあるかなあ。
なんて思っていたら、なんと地元のダウンタウンで見つけたよ。
友達に付き合ってもらって、グリーンを詰め込みに行ってきた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-19 10:57 | Trackback(1) | Comments(6)

それを回り道と思うなら

飛行機の日
蓮華王院(三十三間堂)が完成(1164年)
ライト兄弟が動力機の初飛行に成功(1903年)
衆議院議員の選挙法改正案が公布(1945年)


ウザきもの。黒く、小さく、うごめくもの。

秋から冬になって、雨季に入るカリフォルニア。私の苦手な季節でございます。
それは、寒いとか暗いとかしもやけとか、色々と理由はあるのですが。
中でも大きな理由の一つが、あの黒くて憎いヤツラのせい。
その名を、、と申します。

ここ1週間、連日どっかこっかで軍団に遭遇しては、掃除機と殺虫剤で迎え撃ち。
昨夜は食糧庫の天井から入り込みやがりまして、延々と棚の中に軍隊闊歩。
食べ物にたかるならわかるんですが、なんでパン用の霧吹き器にむらがる必要があるんだ、ええおい(怒怒怒)


築7~80年の家が普通のこの市では、皆さん、大層アリには悩まされているご様子。
きっと我が家も、取り壊したら、天井から壁から、真っ黒に埋め尽くされている気がします。

* * * * *

【イベント】
b0059565_108684.jpg

友達からの嬉しいお誘いで、行ってきたのは、ピアノのチャリティーコンサート。
ママ友達4人で連れ立って、うきうきと夜のお出かけだよ。

夜の大人だけのお出かけも久しぶりだけど、ピアノコンサートときたら、一体何十年ぶり。
しかも、一緒に行った友達がすごいんだよ。一人は元ピアニスト、一人はボランティアやコーラスの伴奏で活躍中、残る一人も、本格的に先生について習ってる。
私ですか? えーとえーと、一応十数年習ってはいたのですが、今では演奏どころか、ヘ音記号の楽譜さえ読めません……だって、管楽器にはいらなかったんだもん……

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-17 10:06 | Trackback | Comments(6)

大きな輪の内に在る

権利章典の日、観光バス記念日
榎本武揚らが蝦夷地を占領し、五稜郭を本営とする(1868年)
GHQが国家と神道の分離を指令(1945年)
婦人参政権などを含む選挙法改正案が成立(1945年)


b0059565_1451886.jpg

私が日本語を教えているのは、韓国人の素敵なおばさまです。
すんごいお金持ちなのに、全然気どらなくて、いつもいろんなプレゼントをくださって。
勉強熱心で、学位も3つぐらい持っていらっしゃって、彼女とのレッスンは、いつもあっという間に過ぎてしまうほど、楽しく充実してるのです。

多才な人の例にもれず、お料理上手でもいらっしゃる彼女から、先日いただいた手作りキムチの美味しかったことといったら。
白菜3個分(といっても、日本の白菜よりぐっと小さい)もくださったのに、お嬢と私で、すでに2個半平らげてしまいました。
極甘党だった私が、キムチを食べられるようになったのは、ほんの2年ほど前から。それから口にしたキムチの中で一番、と思うほどの幸せです。


そんな彼女から聞いた話。
彼女は毎年、旦那様にクリスマスカードを渡すそうですが、旦那様ときたら、ちらっと見て、そのままぽいっ。
なので彼女は、それをこっそり拾っては、翌年にそれをまた渡す、ということを繰り返したそうなんですよ。

とうとうある年、
「あれ、このカード、どっかで見たことがあるような……」
と言われたので、その次の年には新しいカードに変更。
それまでに、すでに16年が経過していたそうですよ。


新しいカードに変えて、今年は4年目になるとのこと。果たして次は、何年後に気づかれるやら。
「全く、韓国と日本の男はねー!」
と、朗らかに笑ってらっしゃいました。
いやもう、全くその通り。うちの旦那なんぞ、私がばっさり髪切ったって、カケラも気づかないもんなー。

* * * * *

【個人的事情】

さて、いい加減カタをつけたい「食の呟き」。だったらやめればいいのだが、ここまでくるとやめられない。(ちょっと涙)
ということで、またまた以下は大変マニアックな世界になっておりますので、一般のお客様(…)は、ここまでで引き返されますよう、切にお願い申し上げます。

続きのまにあっくな戯言中の戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-15 14:04 | Trackback | Comments(12)

その源は一つだけ

正月事始め、聖ルチアの日、双子の日、ビタミンの日
中江兆民が死去、遺言により翌日、わが国初の「告別式」が行われる(1901年)
市川房枝らが婦人参政権獲得期成同盟を結成(1924年)
日本軍が南京を占領(1937年)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_14432116.jpg

「ほぼローフード生活」が終わった翌日が、2回目のマクロビオティックの料理教室の日。なんとグッドタイミング。
朝食こそナチュハイだったが、この時間はどっぷりマクロビだ。身が引き締まる思いだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-13 14:51 | Trackback | Comments(10)

ミクロの単位の諸行無常

ユニセフ創立記念日、100円玉記念日、胃腸の日
平将門が上野・下野を制圧、新皇と称す(939年)
イギリスで名誉革命起きる(1688年)
ドイツ、イタリアがアメリカに宣戦布告(1941年)

* * * * *

【個人的事情】

実行した「ほぼローフード生活」は、ほんの3日間。
なので、身体の変化などについて語ろうとしたら、その2ヶ月前ぐらいからの、「朝は生ジュース+果物」生活をも含んだ変化について、ということだ。
それなら、ローフード生活、というより、ローフード&ナチュラル・ハイジーン生活、と言った方がいいのかもしれないね。せめて気分ぐらいはね(殴)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-11 13:13 | Trackback | Comments(10)

差し出したいのは感謝の思い

障害者の日、漱石忌
平治の乱(1159年)
徳川慶喜が将軍辞職し、王政復古の大号令(1867年)
GHQが日本の農地改革を指令(1945年)


b0059565_11311628.jpg

地元ダウンタウンに、UNICEFのショップがあります。
普段は、子供へのギフトを買いたい時などにのぞくのですが、12月には必ず1回訪問しては、翌年のカレンダーやカードを買うようにしています。

店内には、インターナショナルな色彩の手工芸品、本、アクセサリーなどが置いてありまして。
この季節だと、オーナメント類がテーブルを一つ占めています。

別に、「寄付しなきゃ!」と肩肘を張りたいわけではなく。
こちらが欲しいものがあって、更にささやかな貢献もできる、という特典が付いてくると思えば、それだけでほんわりと温かくなれるので。

ギフトや寄付、ボランティア、というものは。
贈られる方は勿論のこと、贈る側も受けとれる何かがあるのだ、ということを。
何度も繰り返し思わせてくれるホリディシーズンは、一年でも大好きな時期なのです。

* * * * *

【雑事】

そんな、「贈る喜び」を貴女にも。
カリフォルニアはベイエリアで、一人でも多くの人にクリスマスを楽しんでもらう為、寄付やボランティアを募集しているところを、以下に列挙させていただきます。
興味のある方は、貼ってあるリンクからご訪問のほど。

って、リンクが間違ってたらどうしよう。(真っ青)(可能性高すぎ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-09 11:30 | Trackback | Comments(2)

視点と立場の差はあれど

空寒く冬となる、神戸開港記念日、クリスマスツリーの日、国際民間航空デー
日本初のラグビー国際試合(1901年)
東海地方の大地震と大津波で死者998人(1944年)
ローマ教王パウルス6世と東方教会総主教アテナゴラスが911年ぶりに和解(1965年)


旦那が金曜に、7週間ぶりに帰宅しました。また少々お太りになられた様子。(余計なことを)

帰るなり、お嬢の壊れたPCの修理&再インストールにとりかかり。
その後は、バッテリーが切れて動かなくなっていた、旦那の車の修理に挑みまして。

ボンネットを開けてみたら、んまあ、バッテリーの接続部分に、びっちりと広がった腐食物。
それを取り除き、私の車と繋いでチャージして、動かして、でもエンジンを切ったら元の木阿弥だったんで、翌日朝から2人で長距離ドライブに出かけて、再チャージを試みて。

しかし、それでもやはりだめだったので、結局バッテリーチャージャーと部品を購入し、さらに翌日に復活させました。3日がかりのプロジェクト。


帰るなり大活躍の、我が家専属の電気屋さん。あ、あれこれの書類にもサインしてもらわねば。
そして火曜には、また日本に向かって旅立つ彼、でありました。
今年中に、もう1回会えるかなー。(シャレにならん)

* * * * *

【料理】

引き続き、今度はアメリカのレシピブック2冊から。
それなりの数を作ったのだけど、写真をあまり残してなく。
サラダ系が多かったので、写真に撮るほどでもないかなー、なんて思ってね。そして後で悔いるんだ……

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-07 14:45 | Trackback | Comments(12)

美味を支える知識とは

国際ボランティアデー、バミューダトライアングルの日、モーツァルト忌
東京府が日暮里に初の公設質屋を開設(1919年)
セントラル野球連盟結成(1949年)
米空母が、日本近海で水爆を搭載した攻撃機を落とす(1965年)


b0059565_841685.jpg

先日作った栗の渋皮煮。それを使ったモンブランを作りました。

土台が豆腐ベースのマフィンで、砕いた渋皮煮を混ぜ込んで。
上にはナッツ入りの豆腐クリームをのせて、上にさつま芋・豆腐・メープルシロップなどで作ったクリームを搾り出したバージョンです。すごいな、総合豆腐率(造語)。


私が作ったものはことごとく、とても人様には見せられないものばかりだったのですが(まあいつものことだ)、お嬢が作ったのがなかなかきれいだったので、ここでサラシモノにしてみましょう。(違)

親がなくても、もとい、我が家の場合は、親があっても子は育つ。
たとえ血が繋がっていようとも、たとえ血液型が一緒であっても(…)、やっぱり別の人間なんだなあ、と妙に感心したりして。

* * * * *

【料理】

さて、自宅でやってみよう、ローフード。
その為には、レシピがなくてはならないよ。

そこで入手したのは、3冊の本。
1冊は日本の、2冊はアメリカの。どの本も、それぞれの傾向があって面白い。
そして、手をかえ品をかえ、色々作ってみたけれど。やっぱり、というか、レシピ通りで一番私達の口に合ったのは、日本の本であったんだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-05 08:03 | Trackback | Comments(14)

踏み出す一歩を向ける先

橘始めて黄ばむ、奴隷制度廃止国際デー、安全カミソリの日
京都の醍醐寺で五重塔の落慶供養が行われる(952年)
ナポレオン・ボナパルトの戴冠式(1804年)
シカゴ大学構内で世界初の原子炉が運転された(1942年)


流行語大賞に「アラフォー」「グ~!」

年末のお楽しみ、「2008ユーキャン新語・流行語大賞」にて、大賞に選ばれた「アラフォー」
最初に聞いた時は、なんのこっちゃ、と思いましたが、わかってみれば、なんとも日本らしい造語でありますな。

しかし気になるのは、この「アラフォー」って、
正確には一体、何歳から何歳までが想定内?
ということなんですが。

40歳前後、ということならば、37~43歳ぐらい?
や、そう見せかけて、実は38・39歳という、40歳前が暗黙の了解ですか?
それ次第で、私の立場が決まるというもので(殴)


女子大生パワーに始まり、OLから結婚、おしゃれ母子まで、新しい流行を創り出してきたこの世代。
50歳前後になったら、今度は「アラフィー」を流行らせられるでしょうか。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_13555932.jpg

11月最終週の後半は、感謝祭の連休だったんだ。
しかし、旦那は本宅(=日本)に行ったきり、1ヵ月半もご無沙汰中。家族メインのイベントと思えば、人様との約束もできないまま。

お嬢と2人、のんびり家で過ごそうね、ということになったんだけど。
でも、何かあったら楽しいよね、と話したら、お嬢からのリクエストが、
「2~3日でいいから、できるだけローフードだけで過ごしてみたい
とのことだったのだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-12-02 13:32 | Trackback | Comments(16)