「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

まめまめしく足を運べば

教育基本法・学校教育法公布の日、普通選挙法成立の日、エッフェル塔の日
第1次モロッコ事件(1905年)
日本赤軍派が日航よど号をハイジャック(1970年)


読書ブログ更新 : 「一覧、など」

ほんっっっっっとーーーーーーに、久しぶりに、更新しました。なんと5ヶ月ぶり、だそうですよ。(動揺のあまり、他人事)

しかも中身は、ただのタイトルの羅列、ときてます。最低です。


どーも最近、本の感想を書くだけの気力がありません。
ただの日記のこちらでさえ、逃げに逃げて、最後はヤケクソ、という書き方になってます。

まあこれも、更年期ってヤツの症状かと。(ええっ!?)

* * * * *

【買い物】
b0059565_8253152.jpg

先日の、ファーマーズマーケットでの収穫。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-31 08:22 | Trackback | Comments(8)

溢れたものの入れ物は

八百屋お七の日、マリモの日
オランダが東インド会社を設立(1602年)
日本初の労働法、工場法が公布(1911年)
普通選挙法案が成立(1925年)


Earth Hour

地球温暖化に対して、何らかの行動を起こして、強い意志を示そうという試みの一つが、本日アメリカで行われました。

「3月29日午後8時より1時間、電気を使用しない」

学校、アパート、企業体がこのアクションをとることにより、そのグループに所属する人々全てに、メッセージが行き渡り。
ひいては各人の意識の高まり、温暖化についての議論の開始、次なるステップへの目覚め。そういったものへの波及効果を願ったもの。



ちなみに我が家でも、お嬢がやりました。

10分しかもたなかった上、その間、自分のPCをつけたままでした。



あ、本人情報が入りました。
正確には7分ぐらいだったそうです。

* * * * *

【アクティビティ】

Asian Art Museumについて、少しだけ補足など。
お気に入りの美術館なので、ちょっと宣伝もしたいなー、なんて思ったりしたのです。(もじもじ)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-29 14:59 | Trackback | Comments(4)

扉を開けたら溢れたものは

仏壇の日、さくらの日
NHKが有線によるテレビ実験放送を公開(1939年)
フルシチョフがソ連首相に就任(1958年)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_13174821.jpg

先日、知り合いの韓国のおばさまから、サンフランシスコのAsian Art Museumの割引券をいただきまして。(歓喜)
今週はお嬢が春休みである上、ちょうど先月から、見たい!と思っていた展示の真っ最中。
なので、これはラッキー、とばかりに、券をしっかり握り締めて、2人でSFまで行ってきたのでありました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-27 13:15 | Trackback | Comments(9)

白く輝く笑顔の為に

世界結核デー、ホスピタリティ・デー、マネキン記念日
源平の壇ノ浦の戦いで平氏が滅亡(1185年)
度量衡法を公布(1891年)


今日ラジオで聞いたトリビア。
「女性誌でアンケートをとったところ、10人の女性のうち、8人が答えました。

   日中、絶対つけない化粧品orアクセサリーは、(   ) 」

答えはいつのもごとく、末尾にて~。

* * * * *

【雑事】
b0059565_3531947.jpg

6ヶ月ごとの、歯の定期健診&クリーニング。
今日はいつもやってくれる歯科衛生士さん(なのか?)ではなく、先生(女医さん)直々のクリーニングとチェックアップを受けたのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-24 03:52 | Trackback | Comments(18)

好きという気持ちが原動力

世界水の日、放送記念日
西蝦夷地を松前藩から幕府直轄領とする(1807年)
東京放送局の仮スタジオからわが国初のラジオ放送(1925年)


今日見かけた車のステッカー。
「My country invaded Iraq.
All I got was this expensive gas」

同士よ……!

* * * * *

【ベーカリー】

Zuni Cafeを出て、その足で向かったのは、やはりSFでメジャーなパティスリー&レストラン。
元々はケーキで人気が出て、それからレストランも始めた、というところ、らしい。(予習ゼロ)

もうランチは食べてしまったし、行ったところで料理は試せないのだけど、せっかく近くまで来たんだから。何かケーキでも買って帰って、スイーツの味見というのも良いだろう。
などと言いながら、実はここ最近、市販のケーキに全く食指が動かないのはなぜなんだ……(屈辱らしい)(元ジャンキーのプライド)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-22 07:27 | Trackback | Comments(8)

それでも押さえておきたい箇所は

春分の日、彼岸、太陽の日
ナポレオンがエルバ島を脱出してパリ到着(1815年)
東京国立博物館と上野動物園がオープン(1882年)


You are what you eat (あなたはあなたの食べたもの)
英語のことわざの一つですが、マクロビオティックに興味を持ち始めて、ますます噛みしめるようになった言葉です。


ネットで、こんな記事を目にしました。
「ルドルフ・シェーンハイマーが行った研究。ネズミを使って、今、食べた食べ物がどこへ行くかを調べた実験です。
アイソトープという技術により、食べ物の分子一つ一つに色の目印をつけ、それをネズミに食べさせました。
すると食べ物の分子は、ネズミの尻尾、目の中、骨、心臓、肝臓な どあらゆるところに散らばってそこにとどまったのです。
一方、ネズミの体重は1gも変わりませんでした。

これはこういうことです。
今、食べた食べ物 の分子は体の一部に取り込まれ、体の一部になった。
そして同時に、それまで体を構成していた分子は分解されてからだの外へ排泄されてしまった、ということです。
実は、分子レベルで見ると私たち生物の体は、絶え間ない分解と合成の真っ只中にあるのです。
今、私たちを形作っている分子は半年か一年後にはもうここにはなく、すべて食べ物の分子と置き換わってしまうのです」
                                (解説委員室より、抜粋)


血液の中の血漿は、10日で。
血液全体は、3ヶ月で。
そして全身の細胞は、7年で入れ替わる、と言われています。

今、自分が口にするものが、次の瞬間に、自分の新しい細胞に変わっていく。
今の自分を変えたいと願っている人は、まずは食べ物を変えてみるところから始めてみる、というやり方もあると思うのです。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1415293.jpg

サンフランシスコにある、とあるカフェ。グルメ情報などで良く名前を見かけるところ。
グルメ情報といえば、私が拝むのはやまばとさん。嬉しいことに、彼女も行きたいと思っていた場所、とのことだったので、手に手を取り合って行って来たよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-20 13:58 | Trackback | Comments(14)

その緑色が春を呼び

明治村開村記念日、精霊の日
ベルリンで暴動、3月革命(1848年)
パリ市民が蜂起。パリ・コミューンの発端(1871年)
ソ連がヴォスホート2号で人類初の宇宙遊泳(1965年)


文豪ゲーテが、晩年にこのようなことを言っていたそうです。
「年をとればとるほど、人の失敗を非難したり、笑うことができなくなる。
なぜなら、どんな他人の失敗も、自分もしたことがある失敗か、しそうになったことがある失敗ばかりだ」

こういう風な年のとり方ができる人というのは、ある意味賢い人だなあ、と思うです。
中には年をとればとるほど、頑固に自分のやり方にしがみついて、周りに攻撃的になる人も確かにいるわけなのですから。

数多の失敗から学び、より客観的な視点を広げていけるなら。
そしてその分、人の気持ちを思いやることができるようになるのなら。
年をとることはむしろ、私にとって喜ばしいことなのです。



そうでないから、年々落ち込むのでございます……(泣き崩れる)

* * * * *

【料理】

春。 春。
喜びの歌が聞こえる。 旅立ちの歌が聞こえる。



とは、私の小学校の卒業式で、皆で一言ずつ繋げて暗唱した詩の、頭出しの部分だった。
ほんとーーーに、こおゆう、どうでもいいことばかりを覚えているのはナゼなんだ。ちなみに、ベートーベンの交響曲6番「田園」にのせての暗唱だった、ってもうヤメナサイ。

何はともあれ、そんな感じで(どんな感じだ)、今月作った春のお寿司など。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-18 12:40 | Trackback | Comments(15)

甘く、優しく、穏やかに (その3)

彼岸入、漫画週刊誌の日、セント・パトリックデー
石山本願寺顕如が織田信長に降伏する(1580年)
イタリア王国の成立を宣言(1861年)


夕方、とあるダウンタウンを車で通っていた時、とってもにぎやかにはしゃいでいる、大量の人の群れを見かけました。

どこかに緑のものを身につけ、アイリッシュ・パブの前で騒いでいた彼ら。
歌を歌って写真を撮って、肩を組んで満面の笑顔。
アイルランドの祝日、セント・パトリックデーのお祝いの一コマであったようです。

* * * * *

【雑事】

[砂糖を摂り過ぎないようにするための10の方法]

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-17 13:23 | Trackback | Comments(14)

実は、で始まる言葉たち

涅槃会、万国博デー、靴の日、世界消費者権利デー
マゼランがフィリピンに到達(1521年)
ロマノフ王朝が滅亡、ロシア2月革命成立(1917年)
共産党員1600余人を検挙、3・15事件(1928年)


友達が、三善英史さんについての記事を送ってきてくれました。

昔の紅白などで、歌も聴いて、顔も見たこともあるはずなんですが、きれいさっぱり忘れてて、写真を見ながら、「こんな顔だったっけ…」とつぶやいたりしちゃいました。
なので当然、彼の”ゲイ説”なども全く知らなかったわけなんですが。
ともかく、バイセクシュアル告白に続き、カツラ告白もされた、ということですな。
でもって、どうやら好意的に受け入れられた感じっぽい。

随分と日本もオープンになったよなあ、というのが最初の感想なんですが。
次に沸き起こるのが、それがどこまで真に「オープン」なのか?というささやかな危惧心だったりして。

そこのところ、日本に住んでないせいもあるのでしょうが、私には掴みきれないことなのです。

* * * * *

【個人的事情】
b0059565_11563793.jpg

お嬢が学校で所属する特別クラス、6年から始めて3年目。ここまで一緒に残った子達とは、お互いすっかり気心も知れた仲。
しかし今では、皆と一緒に過ごすランチタイムがいささか苦痛だというので、おやまあなんで、と理由を聞いてみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-15 11:55 | Trackback | Comments(16)

手にしたと思った貴重品

漁業法記念日、青函トンネル開業記念日、サンドイッチデー
英国の天文学者ハーシェルが天王星を発見(1781年)
西郷隆盛と勝海舟が江戸城の無血開城に合意(1868年)
ウィーンで3月革命、メッテルニヒが退陣(1948年)


地球温暖化、及び石油依存への対策として、エタノールなどのバイオ燃料が注目されておりますが。
すでに色々と問題点が指摘されており、すんなりと有効手段にはならない模様で、思わず眉間にシワが寄ってしまいます。

新しいところでは、先月、米国プリンストン大学が発表した研究報告。
・バイオ作物(トウモロコシやサトウキビ)を栽培する為に、未耕作地を開拓すれば、長い間、大気から分離されていた二酸化炭素が空気中に放出される

・熱帯雨林や泥炭地、サバンナなどをバイオ作物の耕作地に転換すれば、バイオ燃料で削減できる化石燃料が排出する二酸化炭素の、17倍から420倍の炭酸ガスを放出することになる

・さらに農薬と、窒素ベースの化学肥料の流出は、汚染の拡大と水路の無酸素状態につながるかもしれない

・バイオ作物の増産は世界の食糧供給を圧迫し、加工食品と主食の価格を押し上げる

・石油価格が高止まりすれば、この価格上昇で最も痛手を受けるのは、食糧不足に苦しみ、石油を輸入している国々の人々である

……とっても目の前が暗くなる思い。

これだけ進んでしまった温暖化を、一朝一夕で修復できるような、安価で有効なカンフル剤を期待してはいけないので。
とりあえず、自分レベルでできることを、とは日々考えて実行するしかないのですが。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1395930.jpg

グルメで情報通の方から、お薦めと言われたレストラン。
以前教わった2軒も大当たりだったので、こちらも一刻も早く試したいと、友人2人を誘って行ってきたよ。

なんでもこのレストラン、オーナーが替わったり、シェフが替わったりしているわりに、常に一定以上のレベルを維持しているというお店らしく。そうなるには、誰か重鎮のようなスタッフがいるのか、それとも交代要員の質の見極めが上手いのか。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2008-03-13 13:07 | Trackback | Comments(13)