「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

歯車の噛み合う地点では

Anniversary of the World Summit for Children


少し前に、おからについての日記@涙混じり、を書きましたが。
その後、ここを読んでいる唯一の身内、実家の父からメールが来たのであります。

「おからには数々の恨みがあります。
敗戦・終戦直後に白米の代わりに飢えをしのぐ為、頻繁に買いに行かされ、みじめさとシンドさで、おからはこの世から消えてしまえ!と当時は思ったものです」

当時の思い出から、さつまいももかぼちゃも嫌いなままの父。それ以上に嫌いなものがおからであったということを、初めて知りました。
戦後60年以上たって、戦争体験を語り始めた人々が増えてきているとは耳にしておりましたが、まさかこんな身近に、ここまで恨みを抱えていた人間がいたとは露とも思わず。
娘として父の気持ちを考えると、心ならずも涙がはらはらと頬を伝い

とはならないんですな、我が家の場合。


だってそういう理由がなくたって、元々すううんんごい偏食なんだ、あの人。
その上に焼肉・ラーメン毎日でもOKなジャンキーでなあ。70歳過ぎてもそれってどうよ。(ため息)
むしろそんな丈夫な身体を作ってくれたのは、おからのおかげなんじゃないですか、父上。

とりあえず彼としては、
「おからから”お”の字を剥奪したい」
という望みを抱いているようですから、一応ここに記しておくです。親孝行と呼んで下さい(誰が)



戦中世代の父が、ここまで恨みを抱えている傍らで、もうすぐ100歳の祖母(父の母ですな)は何の好き嫌いもなく、私の倍量の食事を元気に平らげておるそうですよ。
「明日のために!」と言いながら。(もう泣くしか)

* * * * *

【料理】
旦那が1月から新しい会社に移って以来、カリフォルニアに滞在した期間は、トータルでも4分の1もない、と思う。
こういう状態なので、今年に入ってから家族行事がほとんどないのは勿論のこと、他のご家族とのお付き合いも絶えているんだな。だって予定が立てられないから、お誘いをすることも受けることもできないの。泣けてくる、ああ泣けてくる。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-30 12:34 | Trackback | Comments(21)

とこしえに我らが心にあって

Boqueron Battle Day (Paraguay)


お嬢の社会の宿題で、アメリカ&メキシコの地図を作成せよ、というのが出ました。
それもただの地図ではなく、ボード状のものの上に、「小麦粉と水と塩で粘土を作って、それで立体的な地図を」というものでありまして。

はっと気づいた時には、我が家のオーガニック小麦粉と高価な(当社比)セルティック・シー・ソルトを使われていて、思わず悲鳴を上げた一幕もあったのでございます。ああ、まだ涙が止まらない。

小学校ならともかく、中学でこのような宿題が出たのは本当に久々のこと。粘土アート命の彼女は、小麦粉粘土で器用に山脈や湖を形作り、生き生きと課題に取り組みます。
作りながら、
「ママー、自分で地形を作るのってすっごく楽しい!」
と言うので、そうであろう、そうでなくば、と思って微笑んで頷き、その場を離れました。

しかしその後で耳にした、彼女の言葉と高笑い。
「ふはははは、I am God!!

彼女が危険領域に踏み込む前に、早く終わってくれと必死で祈ってます。

* * * * *

【映画】
b0059565_1215371.jpg

映画「The Prisoner of Zenda」を観に行って来ました。たまに訪れるオールドムービー専門館にて、1937年製作のモノクロ映画です。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-29 11:55 | Trackback | Comments(9)

大海の中の一粒に

French Community Holiday (Belgium)
Succot (Jewish)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12421125.jpg

愛しのkiyoちゃんと一緒に、遠足に行ったんだ。またもやベーカリー探索の旅で、今度はOaklandにね。
SFツアーと同様に、またまた優秀なナビと一緒で、しかも共に楽しんでくれる人と一緒で、私は本当に恵まれてるよ。(幸)

などと言いつつ、ベーカリーについての日記はまた後日。
というのは、何せ3軒も周ってどっさり買い込んできたので(…)、まだ全部を味わってないのだな。
なのでその前に、もう一つのお目当てだったレストランについてだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-27 12:41 | Trackback | Comments(12)

満ちて欠けての波に乗り

【ゲーム】
大好きNONOさんから教わりました。
「あなたは戦国武将でいうと誰?」ゲームですー。(どんどん)(ぱふぱふ)

こちらに飛んで、幾つかの質問(四択)に順に答えていって、最後にボタンをクリックすると出てくる仕組みなのですが。
この質問が、なんといいますか、未婚の若者向けでございまして。「親に手伝えと言われたら何をする?」とかがあるのですよ。
思わず学生時代に気分を戻して、ウキウキと答えてしまいました。でも実際は、ほんとーーに家事を手伝わない、大層親不孝な子だったことを白状します……


ちなみに私の答え、
「あなたのは豊臣秀吉に似ています」
でありましたよ、NONOさ~ん。”武力”が低いんだって、わはは。

* * * * *

【お菓子】
b0059565_1311076.jpg

えーと、別に悪魔の印とか、黒米の日の丸弁当とかじゃないのだよ。
今晩の満月の写真なの。私のカメラじゃ、ここまでのズームが精一杯……(唇を噛んで俯く)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-26 12:59 | Trackback | Comments(18)

親切と呼ぶにはあまりにも

Mid-Autumn Moon Festival (China,Vietnam)
Chu-Sok (Korea)


ここから一番近いジャパンタウンに、日系の豆腐屋さんがあります。
こちらのスーパーでもいろんな種類の豆腐が買えますが、ここでは昔ながらの作り方、といっても良く知らないのですけど(殴)、をしているのではという評判で、美味しく優しい味の豆腐です。
お店でも買えるし、数軒の日系マーケットにも卸しているしで、手軽に買えるありがたさ。

しかしなんと悲しいことに、このお店で先日ボヤが出まして。現在休業中で、再開がいつになるのか、まだわからない状態。
ここで我が家的に痛いのが、豆腐はともかく、時々欲しくなるおからでございます。

たま~に行っていた、チャイニーズの豆腐屋さん。ベジタリアンの惣菜や食材が色々買える店。
ここでおからが3ポンド(1.5kg弱)で$2.49で買えるというので、試しに行ってみました。前にお昼頃に買いに行ったら、すでに売り切れだったので、今回は朝方に。


おからを頼むと、お店のおばさん、奥に行きました。
メキシカンの男の人が出てきて、袋に入ったほかほか温かいおからを、にっこり笑って手渡してくれました。


す ん ご く 重 い んですけど。


おっかしーなー、1.5kgも耐えられないのかこの細腕、ってありえねえ。ほんとにこれ3ポンド?
なんて頭の周りに??マークを飛ばしつつ、お勘定は$2.49だったので、いいことにして帰宅。

帰ってから料理に使う分だけ取り分けて、後は小分けにして冷凍しようと、一旦全体量を計ることにしたのですが。重すぎて、キッチン計りでは計測不可。
この際なので、体重計にのせてみたら。



総量、4kg。




行商に。 出ようかな。
むかあしの豆腐屋みたいにさ。 笛吹いたりしちゃってさ。

うふふ。 あはは。

* * * * *

【料理・お菓子】
おからをのせた体重計が示した数字を見て、しばし壊れていた自分。それこそ頭の中は、豆腐並みに真っ白さ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-25 12:19 | Trackback | Comments(16)

不滅の存在に近づくものは

Independence Day (Bulgaria)
Yom Kippur (Jewish)

* * * * *

【家庭内事情】
旦那がようやく戻ってきたので、ずっと待ちぼうけをくらわせていた、お嬢の誕生日祝いに行けることになりました。
彼女の希望で、サンフランシスコにあるミュージアム、METREONでの展示会。
ルネッサンス期の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ展でございます。

「ダ・ヴィンチ・コード」を読んで以来、すっかり彼のファンになったお嬢は、この展示会のことを聞いた時から、行きたい行きたいと目を輝かせ。
誕生日だろうが何だろうが、ほんとに物をねだることのない彼女に、じゃあちょうどいいから誕生日祝いを兼ねて行こう、などと話していたのが先月のこと。5日が誕生日なので、その週末の7日か8日に、などと話していたのですが。

旦那が本宅(=日本)の方を選びやがりまして。
しかも3回も日程を延期しやがりまして。

どんどん延びていくのがかわいそうで、私と2人で行こうかともちかけたのですが、「パパもきっと見たいだろうから」と断られ。とにかくじりじりと待っていたのでございます。


ようやく彼が別宅(=我が家)にやって来たので、これを逃せばまたいつになるやらわからない。早速行ってまいりましたですよ。
待望の展示会で、お嬢は夢心地であちこちと歩き回り、オーディオ解説を熱心に聴き、私に色々と背景を説明し。画家としてのダ・ヴィンチが一番好きな彼女、絵画コーナーでは根を生やしたように立ち尽くして見ておりました。

出口の売店で買った、ダ・ヴィンチについての本。ようやくあげられた、13歳の誕生日プレゼントでございました。

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_12314713.jpg

準備に10年という歳月をかけ、世界でも類を見ないほどのスケールで構成された展示会。
それがこの「Da Vinci an Exhibition of Genius」です。
RYP Australia Major Projectsと、The Italian Anthropos Associationのコラボによって実現されました。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-22 12:26 | Trackback | Comments(14)

食と生活という環境

最近の新聞記事の中では、
イメルダ・マルコス元大統領夫人が、膝の痛みから入院していた病院より退院し、これからは矯正用の靴を履くようにと医師に言われ、
「これで堂々と靴を買うことができるわ」とコメントした
というのが面白うございましたな。
ちなみに医師は、「体重も減らすように」とも言っていたのですが、それはスルーされたのでしょうかね。


あと、ますますテロ対策が厳しくなり、更に時間がかかるようになった空の交通事情について。
夏休みのピークである7月には、全米各社で30%の便が遅れたという記録を残し、これは統計を始めた1995年以来、最低の7月記録だったそうです。

この経験を踏まえ、各航空会社では、次のピーク、つまり感謝祭の頃に備えて、乗客の怒りを和らげる為の様々な対策を打ち出す模様。

 主要路線で常に空席を確保することで、非常時のキャンセルや遅延に備える。
 セルフサービスのKIOSKを増やすことで、予約変更の乗客が列に並ばないですむようにする。
 スペアの航空機を常備し、キャンセル時に備える。
 携帯などからオンライン・チェッキングできるようにする。
 従業員の就業時間を延ばす。

各社、色々と対策をアナウンスしておりますが、「どうせリップサービスだ」との冷めた見方もあり。
飛行機がバス代わりの米国では、混雑も混乱も、日本の比ではありませんので、常連客にはさぞかしストレスの溜まることと思います。



そんな常連さんの一人、うちの旦那、今日からまたカリフォルニアに滞在です。
今度は3週間ほどいる予定だそう。

……長いじゃないか。(暴言)(だって先月は4日しかいなかったのに)

* * * * *

【パン作り】
パン教室の新学期スタート。って、別に学校じゃないんだけど。
でもでもほら、一人帰国してしまったからさ……(涙をこらえる)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-20 02:30 | Trackback | Comments(8)

ほんの些細な断片が

Army Day (Chile)


b0059565_14223379.jpg
この時期、スーパーの店頭に並ぶ、大好きな果物2種。
Thompson grapeと、Italian prune plumです。

どちらも店で見かける期間は、それほど長くないのですが、その分凝縮されたごとくに、甘い甘い果物。
こちらもこの間に、とばかりに、せきたてられるように買っては、しみじみ味わってしまうのでありました。


* * * * *

【お菓子】

知った時から、心惹かれてやみませんでした。
そちらに行ってはいけないと。せめて中身を知るまではと。
とどめようとしても叶わないまま、いつも心のどこかに在りました。

まさか、あんなところで出会ってしまうなんて。まるで私の心を見透かしたごとくに、そこに居て。
思わず足を止めた時。震えながら手を伸ばした時。あの時、確かに周りの時間は止まっていたと思うのです。

出会ってしまったのだから、仕方がない。それは、拙い言い訳と知っていて。
ただただ私があなたに、どうしようもなく惹かれてしまった。全てはあの日にあったのです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-19 14:13 | Trackback | Comments(10)

技術だけでは基盤にならず

Independence Day (Chile)


パスポートの更新に行ってまいりました。
10年用パスポート、米国で2回目の更新です。……なんでだ!!(何かに気づいたらしい)

このエリアだと、サンフランシスコにある日本領事館に行って手続き、というのが手順なのですが。
ただでさえ恐ろしいSFの、それもダウンタウンにある領事館。
ふんふんダウンタウンね、自分で運転して、申し込んで、しばらく後に取りに行って、って行けるわけがないだろう!(逆ギレ)
という私のようなチキンには、このエリアまで大使館員の方々が出張して来てくださるという、大変ありがたいサービスが、3ヶ月に1度ほどあるのですな。それも一度来てくれて、2~3週間後にまた来てくれるので、自分の都合次第で両方サンノゼで済ませたり、どちらかだけをSFで行ったりと、大変融通のきいたありがたいサービスでございます。

代理申請はともかく、本人申請は面倒もなく。写真を2枚と古いパスポートを持参して、当日その場で書類を記入して提出すればOK。
それなりに混んでいるのでしばらくは待ちますが、長くても2~30分程度。SFまで行く手間を考えれば、お茶の子さいさいってなもんですな。


こういうところを訪れると、各人の在米事情などが垣間見られて、なかなか興味深くもあります。

b0059565_12274366.jpgb0059565_12275573.jpg

* * * * *

【ベーカリー】
領事館には行かないけれど。美味しいもののためなら行くんだ。
そんなサンフランシスコと私の関係。(……)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-18 12:24 | Trackback | Comments(18)

どこかで誰かが見つけてる

Independence Day (Mexico)


読書ブログ更新 : 「憑神」

浅田次郎さんといえば、義理・人情・ヤクザの世界。お涙頂戴が上手いったら。
日本独特のクサさが苦手で、国内小説を避けてきたのに、なぜか浅田氏の小説は読んでしまうのです。

敬愛するusayamamaさんのブログで、感想を目にして以来、読みたいな~と思っていたこの本。なんともタイムリーに友人から借りることができ、一気に読んでしまいました。当然最後は涙と鼻水。くそう、また泣かされちまったぜ……!

日本では映画化もされたのですね。

* * * * *

【買い物】
普段食料品の買出しに行くストアは、メインで3軒。
どこもオーガニック商品が多い店で、勿論オーガニックを選んで買う。なので、数年前までの安売り商品をねらって買出ししていた頃より、食費は高くついている……にしてもかかりすぎじゃないのかうち、肉を買わなくなったのになんでだ(ぶつぶつ)(やりくり下手と呼んで下さい)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-09-16 12:34 | Trackback | Comments(11)