「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

百人の歓声

Independence Day (Dominica Republic)


世界の認知症患者、2030年には4,400万人に

少年老い易く学成り難し。
歳月人を待たず。
光陰矢の如し。
Life is short and time is swift.

そういう教訓が伝えられてきた世界の一員としては、なんだかなあ、と思うわけです。

* * * * *

【料理】
b0059565_12142532.jpg

お嬢と2人だと、どうにもご飯が減らない。1合でも2日はいける。
だけど圧力鍋で炊いた2合の玄米、せっかくおいしいうちに少しでも食べるべく、混ぜご飯を考える。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-27 12:13 | Trackback | Comments(9)

それも一つの自衛策

読書ブログ更新 : 「小鼠 ニューヨークを侵略」


読みたい本が山盛りで、読んでも読んでも追いつけません。考えてみれば嬉しい悲鳴。
しかしこんな暇人の私でさえ、せいぜい1日1~2冊ペースだというのに、あの超ご多忙だった米原万里さんは、1日7冊ペースだったそうです。読書家&速読家であられることが、あの膨大な知識量の背景か。

世の読書家と言われる方々は、一体どのぐらいのペースで読まれているんでしょうね。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12254768.jpg

友人のところに、会社の後輩が1歳のお子様連れで遊びに来ていて、10日間過ごした後、今日帰られた。
見送りの後、そのまま私と一緒にランチをば。ほとんど家でご飯だったというし、見るからに疲れがたまってる。じゃあ何か力のつくものをと思ったら、この10日ですっかり太ったので、とにかくカロリーの少ないものが良いと言う。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-26 12:24 | Trackback | Comments(8)

腹を括ったその後に

National Day (Kuwait)


読書ブログ更新 : 「手紙と秘密」


2007年アカデミー賞発表。
あっちへ行ったりこっちの用事を済ませたりしながら、TVを観ました。つまみ鑑賞。

スコセッシ監督、待望の受賞に拍手。いまだ現役のピーター・オトゥールの姿にほろり。やっぱり「The Queen」観たいなあ。などなど、胸をよぎるもの色々。
それにしてもここのところ、ほんとに映画を観てない自分を実感して、ため息しきり。TVででもいいから、少しずつ観ていきたいとは思っているのだけど。

ところで、「An Inconvenient Truth」で長編ドキュメンタリー賞を受賞したアル・ゴア氏。
彼が大統領選挙戦を戦っている時、友人のアメリカ人が、
「彼は昔、ほんとーーーにハンサムだったのよ! でも今の彼は何!? あんなにsquareになっちゃって!
と嘆いていたのを思い出しました。環境もいいですが、どうか健康にも気を配られんことを。

* * * * *

【家庭内事情】
現在住んでいる家は、2002年の夏から借りている。
大家さんは、アメリカ人の老ご夫婦。一応間に不動産屋のおばさんが仲介しているのだけど、アポは忘れるし、言ったことはやらないし、の当てにならないことこの上ない人なので、大家さんがまめにケアしてくれて、とてもありがたかったのだ。
お嬢の学校に徒歩5分という場所で、幾つか欠点はあるものの、今の学校を卒業するまでの最低1年半、それ以降もできたら継続で借りたいと思ってた。
大家さんも幸い我々を気に入ってくれているらしく、電話をかけてきては「まだ帰国しないよね?」と聞かれてた。あと数年いることになったと報告する時を楽しみにしてたのだ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-25 12:39 | Trackback | Comments(15)

来るも帰るも

Independence Day (Estonia)
Flag Day (Mexico)


テレフォン、テレビ、テレパシー。
「テレ」とは、ギリシア語で「遠い」という意味だそう。

* * * * *

【家庭内事情】
16日に来てくれた日本の母が、本日の昼の便で日本に帰っていった。またお嬢と二人きりになるんだなあと、セキュリティゲートから姿が見えなくなった途端に実感した。
母がこちらから帰る見送りのたび、必ず涙をこぼしていたお嬢。今日はその目は潤まなかったが、小さい体がさらに肩を落としていた。

ゲートから駐車場までの距離を、なんとなく二人で手を繋いで歩いた。
「仲良くするのよ!」との母の言葉を裏切って、歩き始めて2分でケンカした。


ほんの一週間で、イベントも大きな外出も何もなく、ただ日常の一部としていてくれた母。
記録代わりにつれづれに、思い出すままに振り返ってみた風景を。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-23 10:29 | Trackback | Comments(10)

胸に吸い込む祝福の

New Year (Chinese, Korean, Vietnamese)


容貌(かたち)より 気質が継ぐる 母娘孫(はは こ まご)
そんなことを実感しつつ。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_7484260.jpg

母が来た週末がちょうどチャイニーズ・ニューイヤー。旧歴で正月を祝うのだね。
最近友人とふらっと行くようになった、ごく近所の中華料理店(上海)。聞いてみたら「お祝いの特別料理がある」というので、じゃあ母とお嬢と3人で楽しむか、と予約を入れておいたんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-18 07:48 | Trackback | Comments(12)

想像という名の範囲を超えて

National Flag Day (Canada)


私のごくごく身近にお住まいで、ここをご覧の方々へ。

我が家にある本、大人向けのものだけ、第一次リストができました。
ご希望の方にはファイルを添付したメールを送りますので、ご連絡下さいませ。
かなりジャンルが偏っておりますが、もし読んでごらんになりたい本があれば、これ幸い。

* * * * *

【パン作り】
b0059565_11293388.jpgb0059565_11294229.jpg

今月のパン教室。待望のフィグ・ド・カンパーニュドーナツだよー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-15 11:25 | Trackback | Comments(15)

A Girl Holiday

St. Valentine's Day


お嬢から聞いた英語。
emo[imou] : emotionalの略
  例 : 「You're so emo!」(あなたってほんとに感情的ね!)

彼女が初めてこの言葉を耳にした時、
「え、いもねーちゃん!?」
と思ったそうです。
思い当たる節があるようですね。(微笑)

* * * * *

【お菓子】
b0059565_1252552.jpg

2月14日? 聖バレンタインが処刑された日だよね。
バレンタインと聞いて、そんなことを思い浮かべる情緒未発達な若者がいる我が家ではあるが、私的にはなんとなくお菓子でお祝いしたくなる日。
というか、要はチョコレートの日、と思っちゃってるから、そんな気分になるんだよね。お菓子業界から表彰されてもいいんじゃないの、この思い込み。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-14 12:03 | Trackback | Comments(8)

疲れて休んで労って

Lincoln's Birthday (U.S.A.)


読書ブログ更新 : 「九死に一生ハンター稼業」


お嬢の学校のポトラック。
久々に鶏肉を買って、下ごしらえでまずは黄色い脂肪を取り除きながら、

 自分の身体の中も、こんな感じで脂肪がついているんかな

 じゃあこうやってぐいぐいと取り除けたらいいのにな

なんてことしか考えてませんでした。そんな自分がとっても嫌。(さめざめ)

* * * * *

【家庭内事情】
b0059565_13322062.jpg

お嬢が発熱。ミドルスクールに入って、初めての病欠。つか病欠自体、2年ぶり? 3年ぶり?

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-12 13:19 | Trackback | Comments(10)

あくまで甘い誘惑に

National Foundation Day (Japan)(建国記念日)


お嬢の通う日本語補習校。来月の17日が卒業式です。

子供の服も大変悩ましいところですが、親の着る服もまた問題。何せ、ジーンズ以外の服をほとんど持ってないというテイタラクの自分。
アメリカの学校ならそれもアリなのですが、日本の学校はそうもいかないようで、誠に頭が痛いです。ああ頭痛が痛い。

とりあえず、日本から持ってきていたン年前のスーツを引っ張り出し。昨年10月に着た時は問題なかったので、まあこれでも良いであろうと納得し。どのブラウスやスカーフと組み合わせようかと考えながら、試着してみたならば。


スカートのジッパーが 上 が り ま せ ん 。


期限はあと1ヶ月です。(蒼白)

* * * * *

【買い物】
b0059565_710553.jpg

先日カレーの作り方を教わった先輩に、またまたおいしいインドのお菓子をいただいた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-11 07:07 | Trackback | Comments(6)

金と銀の糸の網

St. Maroon's Day (Lebanon)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12214641.jpg

おいしいものを食べるのは嬉しい。美しいものを眺めるのは喜び。友人とのおしゃべりは癒し。
じゃあこの3つが合わされば、最強以外のナニモノでもないじゃないか。

なんて思いながら今日うきうきと出かけたのは、新しくできた日本食レストラン。
京風でおいしいとの評判のそこに、友達の美女2人と一緒に行ったんだよー。行ったんだよー。(繰り返して強調する試み)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2007-02-09 12:21 | Trackback | Comments(10)