<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

語られる情景の裏の裏

知り合いが、革製品で有名なCOACHのお得意様になっているらしく、この時期お得意様セールで25%オフで買える為、欲しいものがあったら、と声をかけてくれた。アウトレットじゃなく正規品で割引というのが嬉しいよね。

それとほぼ同時に、別の知り合いからもらったメール。
大変なイケ面で資産家の息子と付き合っている彼女、この数ヶ月でコーチのバッグを60個ももらったそうだ。


そっちから横流ししてもらった方が安いんじゃなかろうか。

* * * * *

【読書】
b0059565_16192588.jpgb0059565_16193562.jpg
1ヶ月毎日書き続けられるぐらい、読書感想がたまってる……
なので、まとめられるものはまとめちまえということで、ディヴィッド&リー・エディングス著の魔術師ベルガラスシリーズ全3巻・女魔術師ポルガラシリーズ全3巻を読む。「ベルガリアード物語」(全5巻)のサイドストーリー。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-30 16:18 | Trackback | Comments(0)

It brings back the old memories

【買い物】
b0059565_1303259.jpg

友人2人と韓国レストランに行った。その後、隣にあるこれまた韓国ベーカリーでお茶をしようとしたら、一人が「じゃあ一緒に食べようよ」と言って、紙袋を車から取ってきた。
中にあったのは焼き芋だった。

聞いたら、近くにある韓国系スーパーの前に屋台が出てるというじゃないか。数年ぶりに出会った焼き芋に大騒ぎをした私らは、早速現地に行ったんだよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-29 12:59 | Trackback | Comments(2)

強くなくとも光があれば

悪魔のように黒く
地獄のように熱く
天使のように純で
まるで恋のように甘い
フランスの政治家で美食家のタレーランによる、コーヒーの詩。

トルココーヒーとは、小さなデミタスカップに入った、どろりと濃く、甘く苦い黒い液体。上澄みを飲んだ後、残った粉で占いができるぐらい。
今まで2~3回飲んだことがあるけれど、今日飲んだものにはカルダモンが入ってた。
スパイス一杯のチャイティーも好きだけど、意外とスパイスとコーヒーも合うもんだなあ。

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_1236506.jpg

友人に教わって、ビーズの指環を作ってみたよ。

去年、彼女が参加したクラフトフェア。プリザーブドフラワーがメインの出品だったのだけど、そのそばでひっそりと売っていたのがこの形の指環達。数色あった中から、迷った末にパープルのを買った。全て買い占める財力はなかったのでな。(くっ…)

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-27 12:35 | Trackback | Comments(6)

指折り数えて

【イベント】
b0059565_12265341.jpg

旦那が午前中に出張から戻ってきて、感謝祭連休の最終日にようやくお祝いできたよ。

去年我が家で焼いたチキン、今年は友人宅で一緒に焼く。昼から一緒に買出しに行って、キッチンでレシピがのってる文庫本に目をやりつつ、あれやこれやとチキンの下ごしらえ。
ちゃんとレシピの形でまとめておけば良いものを、エッセイそのままの形で作ろうとしたので、幾つか見落としそうになっては慌てるというテイタラク。

ベーコンを貼り付けてじっくりと焼いたチキン。いい焦げ色がついたところで、切り分けて再び軽く焼く。
鍋ごとオーブンに入れて、同時に炊いたジャスミンライス。グレーヴィに浸って柔らかく煮込まれたマシュルームと小玉ねぎ。付け合せはこの2種類。

友人がメンバーになっているワイナリーから送られてくる赤ワインで乾杯して、その後、我が家で夏に仕込んだプラム酒の初お披露目。梅酒のようにとろりと甘く、でも梅酒よりまろやかな。

他にも蟹のパスタやチキンスフレ、私が持参したのは雑穀米サラダ。デザートはフルーツとアイスにバルサミコをかけて。

最後はゲームで盛り上がって、やはり若者達には勝てないことを自覚して、楽しい楽しい一夜は名残惜しく終了。
こんな時間があとどれぐらい持てるのかと、口には出さない不安を隠して。
また明日から、平常運転開始だね。
[PR]
by senrufan | 2006-11-26 12:26 | Trackback | Comments(0)

茶褐色を癒しとして

ラブホテル 中国語では 色情旅館 

字余り。
……すみません、今日読んだ本で知ったのでつい。

* * * * *

【料理】
b0059565_14243293.jpg

親子でパイ製作。それぞれに。

ミートパイを作ってみたいとお嬢が言い出した。
それじゃパイ生地までは大変だから(私が)、冷凍パイシートを使うとして。具は自分流に作ってみたらどうだろう。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-25 14:23 | Trackback | Comments(2)

流れる月日が落とすもの

After Thanksgiving Day、というと血が騒ぐ人もいるらしい。
あちらこちらで感謝祭の大セールだからね。朝5時には人が並び始めるんだよね。

確かに安く買えるけど、買わなければもっと安くあがるじゃん。
と思うのは、根性なしのビンボー人。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1249772.jpg

一度行って、なぜかすごく気に入ってしまったビアード・パパのシュークリーム。サンフランシスコまで週変わりの味を求めて、3~4回行っちゃった。
しかしやはりSFは遠く。車ならもっと楽なのだけど、ダウンタウンの運転に自信がなく。一通りの味を体験して、最近はご無沙汰してたよ。

そしたら嬉しいことに、2日前に近くの市に支店がオープン。最初は8月だったところが大変アメリカ。お嬢と2人で行ってみた。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-24 12:48 | Trackback | Comments(8)

それもまたいつか過ぎて

【イベント】
b0059565_1155720.jpg

住んでいる市には、かの有名なスタンフォード大学というのがあらせられまして。
レベルも高いが学費は更に全米トップクラス、フル奨学金を手に入れるには、オリンピック級のアスリートでもなければ大変困難。そんなお金持ちで優秀な大学です。

感謝祭というのは、家族が集う祝日。この期間は大学寮の学生も自宅に帰る人がほとんどなれど、留学生はそうもいかず。
そんな彼らの為にイベントを、ということで、今日はThanksgiving Music and Supper Evening(Thanksgiving Soiree)という催しが、スタンフォード大学内のInternational Centerで開かれた。パンプキンパイ、ホリディドリンクなどと一緒に、音楽を楽しみましょうというイベントだな。
この中の日本人レディースのコーラスに、本日参加してきたわけです。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-22 11:05 | Trackback | Comments(6)

抜いて抜かれて包まれて

Thanksgiving Day(感謝祭)の連休がやってくる。
23日がThanksgiving当日、24日がAfter Thanksgivingで、そのまま土・日と続くんだ。

お嬢は22日~26日が連休。
旦那は23日~26日が日本出張。

なんてこったい。

* * * * *

【料理】
b0059565_15224286.jpg

春巻の皮が安かったので、今晩は春巻@マクロビ風。
月森紀子さんのレシピから、丸麦と野菜の春巻だよ。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-21 15:22 | Trackback | Comments(6)

人情を由来として

寿司屋では、通っぽい言葉を使うお客さんを嫌がる、という話は良く聞いていましたが。こういう理由もあるとはとんと存じ上げませんでした。上前淳一郎氏の「読むクスリ」から。

あがり(お茶)、むらさき(醤油)。両方、花柳界から来た言葉。女郎屋にあがるとお茶が出たことからと、昔の醤油はむらさきがかった色だったから、ということ。

寿司だねをネタというのは、芸能界でやるような逆さ言葉。

ゲソ(いかの足)。脱いだ履物の意味の下足が縮まった。

ギョク(卵)。玉子、と書いた下半分の省略形。

シャリ(飯)。米粒が仏陀の遺骨を意味する舎利に似ているから。

ガリ(しょうが)。噛む時の音をそのままとったもので、ガリガリにやせるようで響きが悪い。

総じて、食べ物に使うには無神経、もしくは縁起が悪いということらしいです。ふむふむ、てっきり通ぶるのが嫌なのかと。
良いものは残して、新しい良いものも作って。そんな感じでひとつ。

* * * * *

【読書】
b0059565_12514652.jpg畠中恵著「ぬしさまへ」を読む。「しゃばけ」に続く2作目は短編集。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-20 12:50 | Trackback | Comments(4)

育むための時間

"The captain bites his tongue until it bleeds"

米海軍で生まれた言葉。
艦長は血の出るまで舌を噛む。すなわち、慣れない部下は下手くそで、思うように舵が切れず、艦長はつい口を出して教えてしまいたくなるが、それでは本人のためにならない。失敗しながら学ばせるために、口をつぐんでじっと耐えている。

これは子育てにも当然繋がる言葉だなあと、本日の日本語補習校の個人面談にて思ったことでした。

* * * * *

【料理】
b0059565_12145030.jpg

鍋物が食べたいなー、と。
でも買い物に行くのはめんどくさいので、家にあるもので何か。

続きの戯言
[PR]
by senrufan | 2006-11-18 12:14 | Trackback | Comments(6)