<   2005年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

Everglades National Park

フロリダ半島南部にあるエバーグレーズ国立公園。大湿原と言われていますが、実は広大な浅い川であり、一枚の巨大な水のシートだそうです。1979年に世界遺産にも指定されています。
公園内はFlamiingoの南部、Shark Valleyの北部、Gulf Coastの北西部と、大きく3つに分けられ、園内のビジターセンターは5つ。

今回、公園内の4つのツアーに参加しました。いつもはトレッキング優先なのですが、公園の性質上、ボートやトラムの移動が必要と思われたので。
公園ゲートをくぐってすぐのErnest F. Coe Visitor Centerからスタートし、最初はレンジャーによるトレイルを歩きながらのツアー。いきなりワニの唸り声で出迎えられ、それから沢山の水鳥達。短い距離ながら見られた動物はアリゲーターワニ、カメ、ヘビウ(Anhinga)、キツツキ(Red woodpecker)など多数。自称・Bird loverのお嬢は大興奮しておりました。
b0059565_553782.jpgb0059565_555395.jpg

b0059565_56710.jpgb0059565_561943.jpg


続いてFlamingo Visitor Centerに移動、2つのボートツアーに連続参加。最初はFlorida Bayを周るツアーで、運が良ければBottle nose dolphinが見られるとのことでしたが、運は無く。延々と続くKeys(サンゴ礁の島々)や水鳥を眺めました。
b0059565_513298.jpgb0059565_5131380.jpg


その次は園内のWhitewater Bayを縦に往復するツアー。両側が見事なマングローブの林で、規模としては世界で2番目だそう。クロコダイルワニが数匹見られ、「絶対落ちないように」とレンジャーが繰り返し注意していました。インディアンが昔、矢に塗る為に使った毒の実がなる木などがマングローブの中に。
b0059565_535812.jpgb0059565_5352123.jpg


b0059565_5175239.jpgb0059565_518678.jpg


翌日はShark Valley Visitor Centerより、トラムツアーに。はるかに続くSaw grassの湿原、亜熱帯だからこそ育つというSlash pineの雄大な風景の中、水際や空に見られる鳥達。所々にあるアリゲーターホールは、ワニが卵を孵化させる為に作ったもの。見られた鳥はGreat white heron、Blue heron、Brown pelican、Stork、Osprey、Snail kite……あああ名前が覚えきれない。
b0059565_524259.jpgb0059565_5392759.jpg

b0059565_5233540.jpgb0059565_5241533.jpg


さて、各ツアーのレンジャーさんが一貫して力説したのが、「現在エバーグレーズがいかに危機に瀕しているか」でした。1日辺り900人という割合で増え続けるフロリダの人口、大勢の観光客により、水の需要が急増した結果、1930年代には265,000あった鳥の巣が、90%以上も減って18,500となってしまった現在。湿原自体の規模も5分の1以下になっています。
いかにWater Managementを成し遂げるかで湿原が生き残る確率が決まります。要素は4つ、水質・水量・タイミング・分配。エバーグレーズを救う為の委員会は様々なプランを練り、州政府もそれを援助しようとしているのですが、決定的な対策は未だ見つからず、専門家と政府側が対立している状況だそうです。

b0059565_5263443.jpgトラムツアーの時、レンジャーの方が車から降りて水を瓶にくみ、水草を少し取り、全員に回してくれました。水は少しだけ色づいていたものの透明で、水草は鼻を近づけても何の臭いもありませんでした。「ここはswampじゃなくmarshなんです」との言葉通りのエバーグレーズ、この水質と水量が保たれなければ、いかにここの動植物の生態が変わってしまうかということは想像に難くありません。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-31 04:57 | Trackback | Comments(2)

Kennedy Space Center

ディズニーワールドで有名なオーランド(Orlando)という市の東の海側、Cape Canaveralという岬にあるNASA(米航空宇宙局)。人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号が打ち上げられた場所であり、宇宙への玄関口として有名なケネディ・スペースセンターです。

まずはチケットを買ってVisitor Complexへ。施設内はバスツアーで巡ることになっているので、そのままバスに乗り込みます。バス内ではビデオによる説明が流れ、更にそのビデオに一々突っ込みを入れる運転手さん。「僕はこれで給料もらってるからね」とおっしゃってました。
バスは2施設に停車するので、そこで降りて見学。最初はLC-39(Observation Gantry)。展望台があり、そこに上がると遠方にある打ち上げ台が2箇所、そしてセンターの360度の景色が見られます。ロケットのエンジンが中心部に据えられていました。

b0059565_12565410.jpgb0059565_1257636.jpg


b0059565_12573784.jpgb0059565_1258739.jpg


次はApollo/Saturn Ⅴ Center。バスから降りるとFiring Roomを模した建物があり、その中のシアターで発射時の様子を疑似体験。隣に行くと、そこには全長363フィートのサターンロケットが端から端まで展示されていて圧巻。自由の女神像の2.5倍だそう。

b0059565_13265424.jpgb0059565_1327682.jpg


Visitor Complexに戻って、幾つかあるアトラクションの内、IMAXシアターで、映画「The Dream is Alive」を観て。初めてアポロが月に行くまでの歴史や、スペースシャトル内での生活の様子など、大変面白かったです。栄光の影に隠れた幾つかの悲劇に胸を痛めつつ、犠牲を越えての宇宙の映像は、生で見たら如何なるものかと思う美しさでした。

ロボットの展示やギフトショップなど、そんなこんなであっという間に時刻は5時。そのままエバーグレーズまで数時間かけて移動しなくてはならないので、涙をのんでそこまでで終了。
チケットは2種類あり、私達が今回購入したStandard Admissionの他、Maximum Access Admissionというのがあり、それだと更に別施設であるAstronaut Hall of Fameに入場でき、フライトシュミレーションが体験できるとか。すっっっごく行きたかったですが時間に負けました(唇を震わせながら)。センターに丸一日以上滞在できる方、ぜひ体験なさってみて下さい。
b0059565_13144065.jpgb0059565_131454100.jpg


こんな最新施設の周りは、実はMerritt Island Wildlife Refugeという自然保護地区で野生動物が観察できるところであり、トレイルもあります。残念ながらバスで通り過ぎるだけでしたが、途中8フィートあるという白頭ワシ(米国鳥)の巣が見られました。水鳥も多く、バードウォッチングが楽しめるそうです。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-30 12:48 | Trackback | Comments(7)

予定は予定

お嬢の春休みを利用したフロリダ旅行。旅程は以下の通りで。ちなみに、現地とカリフォルニアとの時差は3時間。
3/29 : サンフランシスコ 午前7時発 → マイアミ 午後3時半着
       レンタカーにて、マイアミからオーランドに移動。オーランド泊。
3/30 : ケネディ・スペースセンター
      車でフロリダシティまで移動。フロリダシティ泊。
3/31 : エバーグレーズ国立公園
4/1  : エバーグレーズ国立公園
      車でキーウェストまで移動。キーウェスト泊。
4/2  : キーウェスト観光
      車でマイアミまで移動。マイアミ泊。
4/3  : マイアミ 午前6時半発 → サンフランシスコ 午前11時半着

初日の今日は、朝5時に家を出て空港へ。直行便にてマイアミ国際空港まで。外に出た途端、むっとした熱気。そうだった、東側の夏は日本の夏と似てるのだよね。周囲にはこれでもかと立ち並ぶパームツリー。カリフォルニアで見慣れたものなれど種類が違うらしく、背は低めで太く、たわわに実がなっているものも沢山。

b0059565_13335234.jpgレンタカーに乗って空港を出たのはいいものの、ちょうどラッシュ時にあたってしまい、カープール車線さえカタツムリ並の混雑ぶり。げんなりと運転している間、空中に何かが少しずつ現れた。宣伝なのか趣味なのかはわからないが、飛行機が描いたものは加算式。
 「U+GOD=(^_^)」。

有料道路に乗って、ようやくオーランドのホテルに着いたのは約5時間後。時差のおかげで眠くはなくとも、時計が示す時刻はしっかり夜。そうして続く早起きの日々。(超朝苦手人間)
b0059565_1332742.jpgb0059565_13322392.jpg


[PR]
by senrufan | 2005-03-29 13:30 | Trackback | Comments(3)

人としての器

現地校も今週春休み。朝から嬉々として本を読みまくるお嬢。

チョコチップスコーンを焼く。大川雅子さんのレシピより。
b0059565_12424261.jpg

1.薄力粉100g、アーモンドパウダー100g、ベーキングパウダー大さじ1、塩小さじ1/4を混ぜ、無塩バター100gをすりつぶすように混ぜ込み、サラサラの状態にする。
2.チョコチップ1/2カップを加えて混ぜる。
3.牛乳100~130ccを用意し、様子を見つつ少しずつ加えながら生地をまとめる。
4.好みのやり方でスコーンを形作って、200度のオーブンで約20分焼く。

休みの日などによく作るスコーン、フードプロセッサーのおかげで随分と仕上がりまでが早くなった。と言いつつ、あの指でバターをrubするのが実は好きなので、時々は手でも作ってみる。
焼き上がった内、半分は明日からの旅行に、残り半分は今日から鳥を預かってもらうお宅に、ささやかなお礼として。

池波正太郎著「剣客商売(一)」を読む。「鬼平犯科帳」と並んで有名な池波氏の代表作でありながら、まだ読んだことがなかったという未熟者。
緩やかな川の流れの中に、時たま投げ込まれる石とそれが招く波紋。過ぎ去った後、またいつもと同じ小川に戻る。ひたすらに淡々とした日常の断片も、剣士という人間が送るには、決して凡庸ではありえない。
剣聖と言われんばかりの名手でありながら、あくまで粋で掴み所のない秋山小兵衛と、真面目一筋な息子・大治郎。そんな剣士親子が江戸時代中期・田沼意次の時世、人知れず活躍するのだが、例え権力者が絡もうとも、それはひたすら小さな世界に過ぎない。権力争いの世の中で、そんな姿勢を自然と貫けるところに、彼らの剣士としての核がある。久々に読んだ時代物だがとにかく面白くてたまらず、早急に続きが読みたくて、今日数冊続きを買ってきてしまったぐらい。

主人公の秋山小兵衛、私の理想の男性像の一人に加えさせていただきました。彼にとっては名誉でも何でもないことですが、素敵だったのでどうしようもなく。
そんな私の学生時代からの憧れの人は植木等氏です。ハリー・ポッターのダンブルドア校長も慕ってやみません。私の辞書にない言葉は沢山ありますが、「面食い」もその1つです。

明日から5泊6日でフロリダに行ってまいります。皆様にとっても楽しい一週間でありますように。
[PR]
by senrufan | 2005-03-28 12:40 | Trackback | Comments(7)

現状にも穴があけば

ピンポンという音にドアを開けたら、お向かいのおばあちゃま。お嬢にイースターのプレゼントを持ってきて下さった。お嬢もいそいそと用意しておいたブラウニーとカードを。
クリスマスやバレンタインの時に、必ずお嬢への贈り物を持ってきてくれる優しいおばあちゃま。去年90歳になられて、まだ病院のボランティアを現役でやってらっしゃるという素敵な方です。

旦那がやはり昨日の疲れで風邪気味になり、日中寝込んでいたので、私が芝生の穴あけを初めてやってみる。来週末は旅行でいないし、もういい加減やっておかないと。

前の家に住んでいた時、お隣の旦那様が大層庭仕事にまめな方で、雨季の終わり頃になると、うちに声をかけてくれては一緒に芝生の穴あけ→肥料蒔きをやっていたものだった。「雨が多い時の方が地面が柔らかくて開けやすいし、肥料は蒔いた後にたっぷり水をやらなきゃいけないので、雨だとちょうどいいんだよ」と言いながら、スプレッダーでもって肥料をバラバラと。そのおかげか、あの家の芝生は年々丈夫になり、最後の方は雑草もほとんど生える余地もないぐらい密だった。
この家に移ってガーデナー付ということに甘えてたら、前庭はどんどん雑草に侵食されてしまい、それも手で抜くのは到底無理な種類のもので。大家が芝生をはりかえると言っていたので待っていたら、早1年以上が過ぎていた。もうあまりいることもないかもしれないけど、やはり気分のいい眺めではないので、少しばかりの努力はしよう。

穴をあけた後、除草剤が混ざった肥料をまく。まき終わって家に入った途端、雨が降り始めたので、おおグッドタイミングと胸をなでおろす。ガレージにしまう前に肥料の袋を改めて読んでみたら、思わず目を見開くディレクションが。

 「24時間以内に雨が降りそうな時はまかないように」

……見なかったということで。

全くの自由な一日を満喫したお嬢。先日図書館から借りてきた大量の本を片っ端から読みふけり、その合間にろう粘土の作品を2つ仕上げる。
1つ目はSolar System。太陽系の惑星+ロケット。4×6cmの箱の中に。
b0059565_3232441.jpg

2つ目はサーカス。高さ10cm。下の部分にのっている人形はそれぞれ1~2cmの大きさ。
b0059565_7171685.jpgb0059565_7173285.jpg



戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-27 03:16 | Trackback | Comments(0)

Happy Easter!

b0059565_12192497.jpg

[PR]
by senrufan | 2005-03-27 01:18 | Trackback | Comments(0)

うまい話には裏がある

この週末が真剣に本当に最後のスキーのチャンス。おまけに補修校もないから土・日フルに使えるし。ということで、毎日天気予報を睨んでいたのだが。
土曜は何とか雨から曇りに変わったものの、何回チェックしても日曜は雨・雪。タイヤチェーンなどの手間は極力省きたいので、天気が悪ければ行かない。これ不文律。

ということで、旦那とお嬢の二人、今日日帰りで行くことに。毎日2時3時帰宅の旦那にはさすがに土曜の早起きはつらいので、この際のんびりと出発し、安いアフタヌーンチケットでもって夜まで滑り、深夜帰宅かもしくは泊まりというプランで。
私は残念なことに日本語のレッスンがあるし、インコも誰か世話しなきゃいけないし、同行は無理。大変なママっ子であるお嬢は相当渋っていたが、四の五の言っていられない。今年最後なんだから楽しんでくるように。気をつけてねー。

送り出した途端に、喜びのあまり踊りだす私がいました。

午後から滑るんだから、早くても6時まではいるだろうし夕飯も食べてくるだろうし、どうしたって帰宅は11時は過ぎるよね。もしかして泊まってくるかもしれないよね。この広大な自由時間をどうしようと、レッスンの間も顔がにやけてしまって一体どうしたら。
などと言っていても、レッスンが終わって食料品の買出しなどしていたら、もう2時。夕飯の支度がないので、のんびり本を読んだり刺繍をしたりしてました。

そんなところにかかってきた電話。時刻は4時半。

 「4時クローズだったからもう出てきたよ。結局2時間半のスキーに$52払ったよ」

話 が 違 う 。

せめてもの抵抗で、夕食はママと一緒にと騒ぐお嬢を黙らせて、外で食べてくるように旦那に頼み、一気に残り少なくなった自由時間を、なぜか必死に体操したり、明日のイースターの為のお菓子を焼いたりして過ごしました。そして9時半ごろに帰ってきてから、私にひっつき虫状態のお嬢。これも代償。来年はもうちょっとスキーに行けるといいね。
[PR]
by senrufan | 2005-03-26 04:40 | Trackback | Comments(0)

まだ開花前の

朝から友人宅に集合して、Heritage Potluckの下準備を続ける。来週から学校が春休みなので、今日はAdjusted Dayで子供達が早く帰ってくる。時間は短いがやることは沢山あるのだ。
b0059565_7534260.jpg使う材料は割り箸、ワイヤー、ストロー、ビーズ、シール、そして折り紙。思いっきりおしゃべりに花を咲かせつつも、手だけは必死に動かして。
鋭い美的センスにより、少しの折り紙の歪みも許したくない発案者のお母さん。それに対して、「いーじゃんどーせ子供達の遊び用だしー」とあっさりギブアップする私。この差の積み重ねが人生を分けるのだな。

ということで、風車の一部。かざぐるま。こんなのを250個分用意する。

夕方、日本から帰ってきたばかりの友人から電話をもらい、母子顔を揃えての外食と相成りました。カリフォルニア暮らしが長い彼女にとって、ご実家の新潟はさぞかしつらかったことと。
新潟では桜はまだで見られず、こちらに帰ってきたらこっちはすでに葉桜で、と悔しがっていました。
b0059565_7544078.jpgそんな彼女の前で、私は今日新しい桜をもらいました。ハートの形を5つ丁寧に書いてくれた4歳のお嬢様の作品です。
名前にも桜を持つ、まだまだつぼみの彼女です。
[PR]
by senrufan | 2005-03-25 07:52 | Trackback | Comments(0)

大は小を兼ねるのか

旦那が昨日、日本から持ち帰った本に、朝から溺れてみる。しかし出張が急だったので、いつものようにオンラインで買っておくことができず、今回はかなり少量(当社比)。でもここで不平を言うわけにもいくまい。

b0059565_730725.jpg友人2人とランチ。ダウンタウンにあるThe CheeseCake Factoryです。2人とも行ったことがないというので、そこに決まりました。確かにいつもかなり混んでいるので、早めに行かないと難しいのだよな。
店内はかなり広く、天井も高く、ゴージャスでファンシーな作りです。メニューも何ページもあるほど豊富で、3人であーでもないこーでもないとウェートレスさんを追い返すこと2回。

おしゃべりに夢中になって料理の写真を撮るのを忘れてしまったのですが(涙)、ここはとにかく一皿のボリュームが特大。Spicy Chicken Chipotle Pastaを一皿と、小さめということでLunch Pizza & Saladを一皿頼んで3人でシェアしたのですが、それでも最後余ったぐらい。ここの料理、私達の3人前で考えねば。
デザートにDulce de Leche Caramelと、Kahlua Cocoa Coffeeのチーズケーキを1個ずつ持ち帰りにして、友人の家にそのままなだれ込みでお茶に。いやー。濃いケーキと山盛りのクリームで、これは何かの攻撃かと思うばかりの甘さでした。一口目はおいしかったですが。

そんな風に集まったのは、決してランチが目的ではなく。同じ小学校の日本人のお母さん3人で、来月学校で行われるHeritage Potluck Partyに出す、日本人ブースの催し物の相談で。
多民族強調型のこのパーティ、今年で4回目になるが、日本人家族は折り紙のブースを担当する。今年は1人のお母さんが日本で仕入れてくれた風車を作ることに。ケーキの甘さをコーヒーで流しながら、材料や手順の相談、下準備の開始。

戯言
[PR]
by senrufan | 2005-03-24 07:20 | Trackback | Comments(2)

まずはオトモダチから

フードプロセッサー君と親しくなりたいの……との乙女な思いをこめて、しばらく幾つかのレシピを試してみようと。以前に買った有元葉子さんのレシピブックから、今日はチーズブレッドを作ってみました。
b0059565_283363.jpgレシピではパルミジャーノチーズだったのだけど、たまたまうちにパラノチーズがあったので、彼に決めて。100g分を適当な大きさに切って、プロセッサーで粉状にします。その後、バター50g、卵3個、小麦粉150g、ベーキングパウダー小さじ11/2を次々入れて回していくだけ。あっという間にできた生地を型に入れ、200度のオーブンで25分焼けば出来上がり。
外側サクサクで中はぱふっとしたチーズブレッド。砂糖を一切入れてないので甘くなく、お菓子というよりは朝食用にと思っていたら、お嬢が瞬く間に3切れたいらげました。返したまえ。

宮部みゆき著「パーフェクト・ブルー」を読む。今頃?と笑われそうですが。(もじもじ) 最近彼女の本にはまっているという友人夫妻が貸してくれたもの。
ミステリーばっかり読んでいる自分だが、なぜか日本人作家のミステリーが苦手で、あまり読んでいない。宮部みゆきも「模倣犯」を読んだことがあるだけだが、ちょうど猟奇殺人だの心理分析官だのがマスコミでブームで、そのわりに有効な意見が聞けなくてやれやれと思っていた頃だった。
そんな中、彼女は登場人物の一人の口を借りて、自分の意見や視点をきちんと打ち出していて、随分すっきりと読み終えた覚えがある。

さて、そんな彼女の処女長編の本書。まずは設定が面白く明るい。探偵事務所の犬の一人称で書くことで、登場人物それぞれが身近な味わいで描かれている。一つでは終わらない事件、一つずつ皮を剥いていくたびに見えてくる全貌。扱う事件の野球のように、それぞれのポジションにふさわしい人物が配置され、コンビプレーや敵対行動。野球が一人ではできないゲームであるように、事件も人と人が関わり合うからこそ起こりうる。
「模倣犯」と同様、今回も最後にポンと手を打ちたくなるようなセリフがあった。それに賛同するかどうかは読者次第であるが、作者の言いたいことを明確に出す、その姿勢にまず好感を持たずにいられない。
[PR]
by senrufan | 2005-03-23 02:02 | Trackback | Comments(2)