その選択の根拠を問えば

OLの日、ハイビジョンの日、女性に対する暴力廃絶のための国際デー
第一回共同募金開始(1947年)
新宿西口広場完成(1966年)
作家の三島由紀夫、割腹自殺(1970年)


フランス国王・ルイ16世。の役をいいことに、好き放題やってたお嬢。
とうとう革命&処刑の日、が来たのですが。

皆がわくわくしながら歴史のクラスに行ってみれば、先生があっさり、

「あ、時間がないから省略する

ええええええええええええ


クラス内は、さぞブーイングの暴風雨であっただろう、と思ったら。
お嬢によれば、ブーイングをした人は一部で、半分以上の人間は、

思いっきり恨みをこめた視線で、お嬢とマリー・アントワネットの方を睨んだ

らしいです。


いっそ、ばっさりやってくれたら、遺恨を残さずにすんだものを……!(ぶるぶる)



しばらくの間、背後に気をつけなさい、と彼女に言い聞かせる母でありました。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_195350.jpg

地元ダウンタウンのメインストリートに、ヴィーガンカフェがオープンした。




8月にここで開かれた、アートフェスティバル
お嬢と一緒に屋台をひやかしながら、ぶらぶらと歩いていたら、
「いらっしゃい、いらっしゃい!」
と、アートブースから離れた側から、呼ばわる声。
とあるお店の前に出ていた、小さな机。上には、ミニサイズの食べ物サンプルがずらり。前に座るは、中国系のおばちゃま3人。

背後にあるファストフードのお店を指差しながら、
「今度このお店がなくなって、私達のお店ができるのよ! ベジタリアンのお店よ、ぜひ来てね!」
ほほぉ、チャイニーズ系のベジですか。つまり、素食ってヤツですか。
そしてサンプルは、素食で多用される大豆たんぱくを使ったおかずで、なかなかうまかった。

チャイニーズベジについては、その後でとあることを聞いて、別な方面での好奇心もつのっていて。
いつできるかなー、と楽しみにしていたところ、オープンしたらしいことを友人から聞いて、友達2人と一緒に行ってきてみたんだな。


b0059565_1132595.jpg

なんとなく中国風の外装を予想していたら、なんかハイカラ(死語)な外見で。内装も明るく、シンプルな銀色。しかし、どことな~くセンスが、やっぱりチャイナっぽいような。
ちなみに、Organic Vegan Cafe、と謳い文句がついている。
中国とオーガニック。……妙に合わない気がしてしまうのは私だけか。(偏見の告白)

レジ横のガラスケースの中には、おかずが数種類とデザート類。マフィンやクッキーも並んでる。
どれにしようか3人で相談して、あれやこれやと頼んでみる。サイドディッシュ付きメニューを選べば、品数も倍増だ。

b0059565_114390.jpg

StarterのFresh Spring Rollsから。
中身はRice noodles、Basil、Soy protein、Carrot & Greens。付いてたソースは、Sweet & spicy dipping sauceで、Crushed peanutsがぱらぱらね。
うん、まずは普通のお味だね。

b0059565_1143655.jpg
b0059565_115049.jpg

Entreeから3つ選んだうち、これはShepherds Pie
英国料理のシェパーズパイは、羊の挽肉を使うけど。ヴィーガンバーションのこれは、Soy crumbles with eggplants、carrots and onions、ときたもんだ。
その上からは、Mashed potatoがお約束。
やっぱり使われていた大豆たんぱく、歯応えがとっても肉っぽく、トータルでなかなか美味しいぞ。

サイドにつけてもらったのは、今日のスープで17 beans soup
ほんとに17種類も具が入ってるのかどうかは不明なれど、美味しいミネストローネで満足。


b0059565_1153062.jpg
b0059565_1154574.jpg

Guru's Curryは、なぜこおゆう名なのかは置いといて。
中身はSoy protein、PotatoとTomato、となっているが、玉ねぎもグリンピースも入ってるよ。使用スパイスは、Green cardamomにCumin、Cloveなんだって。
Organic brown rice添え。

これぞ大豆たんぱくの本領発揮というか、知らない人なら、これを肉と思って食べるだろう。ヴィーガン食は初めてという友達2人も、驚きつつも気に入ってくれてたよ。
マイルドかと思えば、後から結構辛さがクるカレーで、インド風ではなく和風なところが嬉しいじゃないか。

サイドにつけたPotato saladも、柔らかめのマヨネーズが良かったです。

b0059565_116146.jpg

どーん!と音がしそうなボリュームの、7 Seas Rice。これでレギュラーサイズというんだから、ラージサイズはどのくらいなんだ。
Organic brown riceに、Roasted pine nuts、Nori、Bell pepper、Greens、CucumberにSesame seeds。この全体を、Harmonious lemon sauceで和えてあるんだよ。
大好きなケールがたっぷりで、箸がどんどん進んじゃう。
かなりSushiっぽい味がしたので、ソースはベジマヨネーズ系、ではないかなあ。


全体として、なかなかうまかった。ヴィーガン初めての友達にも気に入ってもらえて、ほっとしたよ。
オーガニック材料使用ということと、量と味を考えて、値段的にもこんなものじゃないかな、と。

精進料理や素食は、いわゆる”もどき食”が多いこともあるし、ちょっと別物の菜食なのだけど。
ファストフードではないが、それなりの手軽さでオーガニック・ヴィーガンのお惣菜が買えるので、地元民の私としては歓迎だ。

運ばれてきた品々は、持ち帰りでないに関わらず、紙製の器に入ってるものが多かった。
おかげで、余ったものを持ち帰るに当って、あえて箱を頼まなくても、蓋だけもらえばOKなものもあって、このあたりはエコで嬉しいね。
フォークやスプーンも、リサイクルのプラスチック。


実はこの1週間後ぐらいに、お嬢とも行ってみたの。
その時は、唯一のローフードのRaw Fettuccineとか、デザートのケーキやフランを試したよ。

フェットチーネに見立てたCelery rootのスパイラルスライスが、やたらと長いままだったんで、食べるのにはちと苦労など。
フランはかなり甘かったけど、豆腐ベースとは思えない濃厚さが良かったよ。

b0059565_1164071.jpg
b0059565_1165443.jpg


その時にメニューや看板を見ながら、お嬢がぽつり。

「英語の間違い、多すぎだ……」


Loving Hut
165 University Avenue
Palo Alto, CA 94301
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで、このお店に行く前に、マクロ仲間から教わったことがあって。
チャイニーズベジのお店に行くと、目につくものがある、という。

それはね。

とある教祖様のお姿

であるのだよ。


その女性教祖様、尊いお名前は、The Supreme Master Ching Hai、とおっしゃる。
ベトナムに生まれ、ヒマラヤで悟りを開き、観音法門のメディテーションを通して、世界平和に尽くしていらっしゃる、とのこと。
音楽や詩、ファッションにまで幅広い才能を持つ教祖様が唱える中に、「菜食主義」があるんだね。
よって、彼女の信者となる人々は、当然ベジタリアンになるわけだ。

マスターチンハイ教(?)との結びつきを堂々と謳っているベジタリアンレストランチェーンもあるのだけど。
こちらのお店では、一見特に言ってないようで、実は店内にある大画面LCDTVでは、ずっとマスターの番組を流しっぱなし、であったりするんだな。

食器類がリサイクル品であることなども、こちらの教義によるものっぽく。
おかげでヴィーガン料理が食べられて、地球にも優しいとなれば、私的には問題はないんだな。
勧誘されたり壷を売りつけられたりしたらたまんないけど、そうでないなら、気にしなければいいことだしー。(節操なし)

b0059565_1173537.jpg

マスターチンハイについては、以下のWebサイトでどうぞ、です。
と言いながら、私はまだほとんど読んでないんですが(殴)


スプリームマスター チンハイ インターナショナルアソシエーション ジャパン
Supreme Master Ching Hai(Wikipedia)
[PR]
by senrufan | 2008-11-25 01:08 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9945090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-11-28 03:30
私、ローフードオンリーになってしまうとちょっと苦手かなぁという先入観があるのですが(すみません、、、)、こういう系統のお店なら行ってみたいです。ほんと、チャイニーズベジーって不思議な組み合わせですね。大豆たんぱくって食べたことないなぁ。。でもすごく食べてみたい。鶏胸肉のようで美味しそう。最近 Whole Foods で見かける Tofurky という商品、あれみたいなものでしょうか。もうひとつ気になってるのが Tempe。どう調理していいやらわからず未だに手がでませんが・・・。

国王問題。学校の先生よ、そんな消化不良を起こすようなトライアル授業を実施してていいのか、、、
Commented by すれっぢ at 2008-11-28 12:26 x
う~ん、中華でもベジタリアン・・・以前お呼ばれした台湾の方が
そうで、鍋料理だったのですが全て「もどき」でした。まあそれなりには
美味しかったのですが。やっぱり、個人的にはイマイチかな。

そういえばベジ料理の大家!!精進料理があんまり出てこないのは
なんでですかね~。歴史も長いし技術も確立されているのに。
あ、宗教絡みだからか??カリスマ精進料理人が出てくれば一発で
人気出ると思うんだけど。(笑)
Commented by マミィ at 2008-11-28 16:06 x
「チャイニーズ系ベジ」と読んだだけで、そこから先は「怪しい」という先入観が頭にびたっと貼り付いてしまって。いつもは食い入る様に眺める写真からもちょっと引き気味だったりして(←偏見の塊告白)

Loving HutのHPを見たらBe Veg, Go Greenって。そんなんで通じちゃうの?(笑)

国王、アントワネット、ご無事でなにより(爆笑)
Commented by Miyuki at 2008-11-29 05:55 x
*shinaさん
チャイニーズとベジの組み合わせ自体はそれほど不思議ではないと思っているのですけど。仏教国だし。だけど、チャイニーズとオーガニックの組み合わせが違和感ありありなのは私だけでしょうか。大豆たんぱく自体は味がないので、いろんな料理に使えて美味しいですよ~。歯応えがとても肉っぽいので、揚げたらそれこそ鶏カラそっくし。Tofurkyは味がついてる加工品なので、その味が好みであればいいですね。テンペはそれこそ検索すれば、沢山レシピが出てきますよ~。

や、ほんとに処刑は実行してほしかったです。ギロチンの場での演技の練習までさせたのに。(真顔)
Commented by Miyuki at 2008-11-29 06:00 x
*すれっぢさん
うん、「もどき」にするから、本物と比べて物足りないという感情が出てきちゃうんですよね。最初から、それを使った美味しいものを作ればいいのにね~。でも精進料理のルーツは、一般食の置き換えだからなあ……

精進料理ね、ベジブームにのったのか、日本でも少しずつ広がってる様子があるですよ。お寺が堂内にカフェを作って、そこで精進料理のレストランをやってるとか、お坊さんが精進弁当を作って販売してるとか、出てきてるみたいです。でも彼らの目的は、そおゆう食べ物を通して、仏教をもっと一般の人に広めたい、お寺を身近なものにしたい、というところがあるから、やっぱりベジタリアンとは一線を画しちゃいますね~。料理自体はとっても共通してるんですが!
Commented by Miyuki at 2008-11-29 06:02 x
*マミィさん
あはは、偏見同志、頼もしいですー! いやほんと、なんでこんなに疑いが先に立ってしまうのか。オーガニックって、肥料はなに使ってるんだ? 堆肥か?とか(爆)

Be Veg、Go Green、はい、通じますね。シンプルでまことに良いですね(笑) まるで香港イングリッシュのようだ。

生き延びてしまった国王の、今後の身の振り方が気になりますな。
Commented by kNachu at 2008-11-30 15:26
何と偶然!!実は私も友人とSFのノースビーチ界隈に出来た同じ店に先日行ったのですよ!!近々載せるつもりでした。メニューは少ないけれどお店の人も親切で、、、。サンノゼのヴェジタリアンハウスの姉妹店です。私が行った店と大分メニュー構成も違いそうです。そのうち載せてみます!また時間のあるときに書きます!Happy Thanksgiving!Miyukiさん!!
Commented by Miyuki at 2008-12-01 00:50 x
*Nachuさん
実は昨日、サンフランシスコの方に、そちらにもできたと聞いたところだったのですー! さすがNachuさん、もう行かれてましたか! メニュー違いますか、だったらそちらにも行ってみたいなあ。ぜひお時間のある時に、レポお願い致します~。
Nachuさんにも、Happy Thanksgiving!でございますvv


<< Get Organic! (1) これも確かに本物の >>