これも確かに本物の

世界テレビデー、歌舞伎座開業記念日、インターネット記念日
第一回早慶対抗野球試合(1903年)
第一期長島巨人軍監督誕生(1974年)


お嬢はただ今、学校の世界史のクラスで、フランス革命について習っているところでございます。(オスカルー)(アンドレー)

聞くだにユニークな教え方をされる先生、今回はクラスの全員を三つの身分、つまり聖職者・貴族・平民に分けて、シミュレーションをしながら学ぶ、というやり方をとっていて。
その中でお嬢が割り当てられたのは、なんとルイ16世。国王なんでございますよ。

指示によれば、授業中は、その身分にふさわしい行動をとって良い、ということで。
つまり平民は必死こいて勉強し、貴族はいばって命令し。国王とマリー・アントワネットは、それこそやりたい放題・し放題。

で、国王役のお嬢は、何をしていたかというと。
ふんぞりかえって好きな本を読み、外を眺めたり、ニヤニヤしながら教室内を歩き回っては、苦労している皆をマン・ウォッチング。
そして誰かと目が合うと、思いっきりニッコリして、

「ハ~イ♪」

と手を振ったりしたそうな。
当然、相手には殺意が沸き起こったものと思われます。

そんなこんなで、リアルに感情の高まりを経験しながら、当時の事情について学んでいくという体験型学習。


国王の処刑は、来週です。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_0122518.jpg

お嬢も私も、すっかり気に入ってしまったローフード・レストラン、Café Gratitude
実はWorld Veg Festivalの時、ブースで10%割引のクーポンを、2枚もらっていてね。
今まで行ったバークレーの店以外に、サンフランシスコにも2軒あり。お嬢のお休みの多い今月、ちょうどいいから探検を兼ねて、1軒で1枚ずつ使ってこよう、と彼女と相談したんだな。




b0059565_0133515.jpg
b0059565_0134785.jpg

まずはそのうちの1軒。メインストリートから離れた、ちょっと寂れたようなところにある。
中に入ってみたら、バークレーの店よりぐっと狭く。しかしインテリアと店員さんの服装は、相変わらず元気の良い感じ。


さて、楽しみなオーダータイム。ああもう、どれにしようかと、2人で身もだえ状態だ。
お嬢が絶対はずせないスムージーと、初めてのローフードのスープなど。さあ、今日はどんな味と会えるかな、とわくわくさせてくれるところが、このお店の好きなとこ。

b0059565_0194027.jpg

最初に来たのはスムージー。I AM LUSCIOUSという名の、Raw Cacao Smoothie
中身は、Hazelnut milk、Figs、Dates、Raw cacaoとVanillaだよ。

まず感じるのが、作りたてのナッツミルクの美味しさ。これを知ってしまうと、市販のものは買えなくなる。
それに、いちじくとデーツの甘味がね。カカオのほろ苦い味がね。

b0059565_0144150.jpg

初トライのスープはこんなもの。I AM DIVINEは、Fiery Carrot Avocado Soup
Carrot、Avocado、MintにBasil、Jalapenoも入ってる。

これが美味しい、すっごく美味しい。甘いにんじんベースに、ぴりっと辛いアクセント。
アボカドのコクとミントの爽やかさに、ハーブの心地良い香り。

b0059565_014595.jpg

アボカドをもう一つ、というわけではないが、次に来たのはStuffed Avocado。メニューの名前は、I AM VIVACIOUS
Sun dried tomatoとSunflower seeds、Onion、Chilesに、勿論Avocado。Cilantroもたっぷり入ってる。
それを詰めた上から、Cashew sour creamをこんもりと。

混然となめらかな詰め物は、シアントローの味が一番強烈で。ナッツベースのクリームの新鮮な旨さが加わって、残ったアボカドの皮の底の底まで、必死にすくいたくなる誘惑。(耐えました)(人前だったし)

b0059565_0151891.jpg

穀類も食べたいので、丼物も頼んだよ。Macrobiotic Bowlにふさわしく、I AM WHOLEと名乗ってる。
玄米かSteamed Bhutanese red riceか選べたので、ここは赤米でいきましょう。
上にのるのは、Shredded kale、Sea vegetables、自家製Kim cheeとSprouts。かかってるタレは、Garlic-tahini sauce、でもって、上からTeriyaki Almonds。

b0059565_0153553.jpg

ベジフェスでも似たものを食べたけど、あの時はキヌアだったよね。赤米も変わらず美味しいよ。
スプラウトやケールのしゃきしゃき感、ひじきのほんのり磯の香り。キムチの辛さが、ところどころで舌を引き締める。
クリーミーソースが、好みからすると多すぎだったけど、お味の方は問題なし。


そして今回の一番のお目当ては、はっきり・きっぱり、デザートなの。
今まで行ったローフードの店や、ファーマーズマーケットの屋台などで、必ず1つは試してみたローフードのデザート。どれもこれも、濃厚でコクがあって美味しくて。そこら辺のヘタなケーキなどより、私達にはずっと満足で。
食べた後の、身体の中を”流れる”感じ。いっぱい食べても身体が軽い。残るのは口の中の美味しさの余韻と、身体と心の満足感。

お嬢が悩んだ末に、アイスクリームを頼んだよ。これはお店で食べるとして、持ち帰りのケーキも1つお願いしよう。

b0059565_016095.jpg

チョコレートクッキーで挟まれた、Chocolate Ice Cream Sandwich
クッキーはAlmonds、Dates、Cacaoがベースで、アイスはAlmond milkとCashew nutsから。

これも初めてだった、ローフードのアイス。やっぱり美味しさに驚いた。
口にした時はしっかりコクがあるのに、さあっ、と溶けて流れていくような、このさっぱり感はなんだろう。乳製品のアイスとは勿論、フローズンヨーグルトともまた違う。
作りたてのナッツミルクの美味しさが、そのままアイスに残ってる。

外側のクッキーは、デーツたっぷりの、濃厚な甘さ。これだけで食べるなら少量で十分だけど、さっぱりアイスと一緒なので、かえってアクセントになって良い。

またまた大満足した私達、更にローのトリュフや雑貨も買い込んで、10%引きに感謝しながら、お店を後にしたんだよ。
もう1軒のレストランに行くのが、今から楽しみでたまらない。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_0163721.jpg

帰ってからおやつに食べたのは、I AM AWAKEING。ローのKey Lime Pie
クラストは、Macadamia nutsとPecanで、フィリングは、AvocadoとCoconut milkに、当たり前だけどLime juice。
上のメレンゲは、なんとIrish mossという海草と、Coconut milk・Coconut meatがベースなんだって。

何も言わずに食べさせられたら、これがローフードだとわかる人はそんなに多くない、と思うんだ。それぐらい、本物と比べても引けをとらない、しっかりした味と食感の。
あまりの満足に目をつぶりながら、一口一口を味わって。
ヴィーガンスイーツは、普通食の人には当たり外れがあるけれど。ローフードスイーツは、もしかしてより受け入れやすいか、とも考えたり。


ローフードはナッツが多いので、カロリーもいくら低めとはいえ、それなりのものかと最初は思っていたんだが。
この前、ファーマーズマーケットのローフードの屋台で買った、チョコレートタルト。やっぱりアボカドベースのチョコレートクリームたっぷりで。サイズもちゃんとアメリカン。
パッケージの後ろを見たら、ローフードの食べ物で初めて見た、カロリー表示。

86Calだった。

普通のチョコレートタルトだったら、このぐらいの一切れで400はいくと思うので、この数字には驚いたのなんのって。


初めて食べた時は、ここまで好きになるとは思わなかったローフード。
ローカロリーで、栄養も酵素もたっぷり摂れて、沢山食べても身体が軽い。
味の好みと身体が合えば、いいことが待ってるローフード。

しかし、普通の食事やスイーツを心ゆくまで食べた後の、どっしりとしたあの体感。
それを満足感とするなら、ローフードではきっと物足りない。自分自身、それが恋しい時がある。
反面、ローを先に食べてから、加熱食を食べようとすると、重くて入らない時もある。

ローフードやナチュラルハイジーンについて、色々知りたいこと満載。マクロビとの共存についても、無い頭をちょっとひねってる。(無駄な抵抗)
しかし、なにをどう頭で考えようとも、結局は「身体の声」を聞くしかなく。朝の生ジュースや果物から始まって、昼・夕食にもローフードを入れてみて、ただ今、人体実験中。まだ完全に寒くならない前に、少しでも何かを掴めれば。

それぞれの良さと、それぞれの味わいと。舌で感じるものだけじゃなく、食べる前から後にかけての、身体と心が味わうものも全てひっくるめて、自分がその時、本当に欲しいものを選べるようになるといい。


Café Gratitude
2400 Harrison Street
San Francisco, CA 94110
[PR]
by senrufan | 2008-11-21 00:07 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9922939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nikkeilife at 2008-11-24 04:25
素晴らしいですね〜素材の色が生き生きしているのが良いですよね。アイスクリームサンドまであるなんて、羨ましい!しかし「私は官能的」って面白い。そう注文するMiyukiさん母子を見たかった。(笑)

フランス革命シミュレーション、面白いですね。やはり身で体験しないと分からない事もありますからね。60年代にJane Elliottさんが行われた青い目と茶色い目に分けたクラスの実験を知ったときは衝撃受けました。人種差別行動があんなに早く、本能的に現れるなんて。

お嬢さん、大女優になれますよ。(笑)処刑の場面、ビデオなんかで録画出来たら良いですね。
Commented by Miyuki at 2008-11-24 11:12 x
*アヤコさん
素材の色、確かにそうですね! だから余計に目に鮮やかに写るんですね。メニュー名は、恥ずかしくてあまり言えないので(笑)、「これ」と指差しで頼んだりするのですが、そうするとウェイトレスさんが「OK、I AM ~ね!」と元気良く繰り返してくれちゃったりします。

なんと、その実験の話は知りませんでした! 早速調べてみました、ありがとうございます! 実は娘が今、同性愛の差別についてのエッセイを書いているのですが、対策としては幾つかあっても、究極には「差別意識を持たないような教育を徹底する」「そして今いる差別主義者が全員死ぬのを待つ」しかない、という結論になる、とニガワライしてましたです。

処刑場面、私もビデオをリクエストしてるんですがー。誰か同級生にワイロを贈ろうかしら(真顔)
Commented by ありす at 2008-11-24 15:24 x
Cafe Gratitudeのココナッツクリームパイは私の中で世界一ぐらいに美味しいデザートです! ここのへーゼルミルクのラテも最高でした! 

さて、国王処刑の来週はどうなるんでしょうか?! これで、また、マリー・アントワネット役が男の子だったりしたり、なんて実にベイエリアっぽそうなんですが・・・?!
Commented by るしあママ at 2008-11-24 16:41 x
Miyukiさん、こんにちは~
歴史の授業、ユニークですね。 

カフェのおいしいレポートどうもありがとうございます。ますますお店に行ってみたいな~食べてみたいな~とPCの前でよだれをたらしています。

材料も書いてくださっているのでレシピのヒントになるので助かります。チョコレートスムージーはちょうどローカカオがあるので試しに作ってみようと思いました。
Commented by peartree22 at 2008-11-24 17:24
歴史の授業、面白そうですねぇ。そうそう、マリーアントワネットは男の子なのかしら?宝塚ファンの私は頭の中に音楽が♪日本の宝塚の映像を見せたらアメリカの子どもたちはなんというかしら???
革命、処刑とどういう風に授業が進められるのか、ぜひまた教えてください!
世界史を選択したのに(あ、日本史もというドツボ選択者です。でも歴史好きなんですもん!)、覚えるばかりでがっかりした高校時代。こうした授業だったらどんなに楽しかったことでしょう! アメリカ追従の日本、なぜ学校の授業を真似しないかなぁ?(受験体制が違うからでしょうけれど)

ローフード。Miyukiさんの文章にかかると、さらに美味しさが何倍にも伝わってきます。ぜひ案内お願いいたしますね!!!
Commented by usayamama at 2008-11-24 18:16
みゆきざん、お久しぶりです。大変ご無沙汰しておりました。お元気でしたか?
フランス革命の学習、実にユニークですね。今年は私も勉強
していたので、勉強方法について色々と考えさせられました。
処刑がどうなるのかかなり気になります。
Commented by マミィ at 2008-11-25 02:51 x
いちじく、デーツ、カカオ、アーモンド、アボガドなどなど、あぁぁぁ、なんて美味しそうなんだ!自分の大好物ばかりが登場するので、もう写真にかぶりつきで。いいな、いいな、Miyukiさん母娘。楽しいだろうな、しかも割引券付きだもの(笑)

人体実験がどうなるのか、とても楽しみであります。処刑の方も気になりますねぇ。
Commented by Miyuki at 2008-11-25 13:50 x
*ありすさん
ココナッツクリームパイですね、よっしゃー!(燃) 教えてくださってありがとうございますvv おまけにヘーゼルのミルクのラテ……想像しただけでモンゼツもの。次回の訪問時は、デザートを3~4種類買おうか、と燃えている母子なので、アドバイス、ほんとに嬉しいです!

マリー・アントワネットが男の子だったら。そっかー、なんでそうしなかったんだろう先生。残念ながら(?)女の子だったみたいです。はっ! もしかして、お嬢と男と思い込んでいる?(シャレにならん)
Commented by Miyuki at 2008-11-25 13:54 x
*るしあママさん
私達の時代にもこんな授業があったら、もっと楽しかったでしょうねえ。

ね、ね、来たくなったでしょ、でしょ? 全てるしあママさんをこちらに呼び寄せるための撒き餌です、なんつって(笑) でも、それぐらいこちらに来ていただきたいです~。

ほんとはこんなことを公けの場で書いちゃいけないのでしょうけど、日本語だからいいや(爆) 実はこのカフェのレシピブックを買って、毎日うっとりと眺めているので、欲しいレシピがあったらおっしゃってくださいまし。メールでお送りいたしまする♪
Commented by Miyuki at 2008-11-25 14:01 x
*ちゃんさま
マリー・アントワネットは、うちの娘より背の高い女の子だそうです(笑) 宝塚、見せてみたいですね~! オタク文化並みに萌えが広がるかも(わくわく)
続きは、彼女から聞き出したらご報告しますね~。
私も、こんな授業を受けたかったです! 歴史を暗記物科目に限定しちゃうから、知識を持たない子が増えちゃうんですよね。面白くなくて。日本も日々改善されるといいですね~。

こちらに来られたら、ちゃんさまは私に拉致される予定です。でもって、一緒に食い倒れツアー!(めらめら)
Commented by ayumin_moo at 2008-11-25 17:02
うわぁ、サンフランシスコのお店に行かれたんですね~。バークレーのお店とはだいぶ雰囲気が違いそうですね。窓があって明るそう。(バークレーの怪しい雰囲気も好きですが)
私は、Stuffed Avocadoでお願いします。すっごく美味しそう♪カシューサワークリームって、どんな味なのでしょうか。最近、お肌のために毎朝アボカドを食べるようにしているのでずが、いつもレモンと塩だけ。レパートリーを増やしたいなぁ。
デザートも美味しそう!しかもヘルシーとは、申し分ないですね。アイスも美味しそうだけど、キーライムパイ、食べてみたいです~。私も次回行ったら絶対買おうっと。

では、国王によろしくお伝えください。(笑)
Commented at 2008-11-25 21:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2008-11-25 23:01 x
ネットが3日前から絶不調で、ぶちぶち切れまくり、レスの途中で途切れてしまいました……私の血管も切れまくりです。
気を取り直して、

*usayamamaさん
コメントを拝見した時、マジで嬉しさで絶句しました。お会いしたかったです……!!(言葉にならない)
お勉強、本当にお疲れさまです~。勉強方法は、真面目に考えるだけの価値ある問題ですよね。ついつい昔のままの詰め込み型でいきそうですが、本当はもっと効率の良い、今の年齢向けのものがあるのでは、とも思ったり。
Commented by Miyuki at 2008-11-25 23:03 x
*マミィさん
うふふ、先日のマミィさん宅の、愛らしいうずらちゃんにも負けない鮮やかさでしょ? そなんです、私も材料自体が大好きなものばかりなので、それが合わさって美味しくないわけがないのです!

人体実験、なかなか快調です♪ が、私の身体は鈍くていかんです……誰かもっと敏感な人に試してみたい。
Commented by Miyuki at 2008-11-25 23:10 x
*ayuminさん
そなのです、行ってきたのです~。ayuminさんとの思い出のカフェ、なんつって。バークレーの半分以下の広さでしたが、これもなかなか良かったです♪
カシューサワークリームは、ねっとりとコクのある酸っぱさ、じゃだめかなー(表現力がない) 毎朝アボカド、いいですねー! 私は潰して、みじん切りにした玉ねぎと混ぜて、レモンと塩を加えて、簡単グァカモレにして、トマトにのせて食べたりしてます。
ローフードデザートは、ぜひお試し下さい! 濃厚なので、甘いものがそれほどお好きでないayuminさんにはどうかわからないけど、さっぱり後味は保証します。

国王は、本日処刑の場(=学校)に向かう予定です。
Commented by senrufan at 2008-11-25 23:12
*鍵コメさま
もっちろん、喜んで承りますとも! 後ほどメールさせていただきますね♪


<< その選択の根拠を問えば 時代が生み出すものがある(下) >>