足を運ぶには理由がある

ウーマンリブの日、いい石の日、パチンコの日
浜口雄幸首相、暗殺される(1930年)
関門橋が開通、全長1.067メートル(1973年)
プロ野球選手の労働組合を正式に認定、会長は中畑清(1985年)


巴里の空の下、オムレツのにおいは流れる。
とは、石井好子さんの、ロングセラーの料理本のタイトルですが。

はて、オムレツの名前はどんな意味?と思って調べてみたら。
フランス語の「homme(男性)」と、「leste(すばしっこい)」が合わさって、「Omelette(オムレット)」になったそうですね。
卵をささっと割りほぐし、手早く焼いてひっくり返し、形を整えて出来上がり。熟練男性シェフの手際が、目の前に浮かんでくるようです。

しかし、そんな単純な料理でありながら、実はこれほど難しい料理もない、ということは、ご存知の方も多いはず。
オムレツ、玉子(卵)焼き、薄焼き卵に厚焼き卵。家庭料理の定番のようですが、ヘッポコ主婦の私は、いまだ満足のいくものが出来た試しがありません……だからヴィーガンになった、わけではないんですがね。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1483031.jpg

以前にfrogfreakさんと行って、お気に入りの場所入りを果たした、地元ダウンタウンのカフェ
お嬢が未訪問だったので、週末のブランチに、2人でふらっと行ってみたよ。
などと言い訳しても、目的は私の朝食探検であることは、ミエミエってもんだろう。




9時過ぎに着いたら、店の8割は埋まってた。どこでも、週末ブランチは混むもんだ。
メニューを見たら、11時までの朝食メニューもあるけれど、通常メニューもオーダーできる模様。
お嬢はレギュラーメニューのサンドイッチを、私は朝食ラインナップから、オムレツを選んだよ。

b0059565_1495375.jpg

これがお嬢のサンドイッチ。珍しくベジではなく、Pate Sandwichというチョイス。
cornichon(きゅうりのピクルスだそうです)と一緒に、Truffle Mousse pateが、こんがりと焼いたバゲットにはさんであるの。

まずこのバゲットが、軽くて美味しいのに驚いた。薄い外側がさくさくと、中身はふんわり柔らかく。
ハード系ではない、お手軽バゲットで、時間がたつと美味しくなくなるんだろうとは思うけれど、焼き立てはとっても食べやすい。
アレだね、ベトナムサンドイッチのお店のバゲットと同類かと。
ムースも全然クセも臭味もなくて、味が優しくてうまうまだ。

b0059565_1502050.jpg

私が頼んだのは、Avocado、Onion、Chedder & Bell Peppers Omelette
玉ねぎと赤ピーマンはオムレツの中に、上から溶けたチェダーに、アボカドのスライスのせ。添えてあるいちごとオレンジが嬉しい。

これもね、チェダーだから濃い目の味を覚悟してたんだけど、とってもマイルドなお味でね。
むしろ、味が足りないと思う人がいるのでは、と思うぐらい。
おかげでアボカドのまったりした食感とか、しゃくしゃく玉ねぎやピーマンの甘味、そんなものがじんわり沁みてくる。

b0059565_1505568.jpg加えて、軽くて美味しいバゲットのてんこ盛り添え、ときたもんだから、お嬢が喜んだのなんのって。2人でたちまち食べ尽くしちゃった。
こういうバゲットだったら、つけるスプレッドは選ばないと。
美味しいバターなら、むしろ受けとめる力がなくて、バゲットが負けてしまう気がするの。


カウンター横のガラスケースの中には、クロワッサンやペストリー、フルーツパフェやフルーツ盛り。サイドディッシュの野菜メニューも豊富に揃ってる。
レジのお姉さんがとても感じ良いのも、このお店が好きな理由の一つ。

料理も雰囲気も穏やかで。下手に飾ったり、手を加えすぎることなく。押し付けないで、そのままで。
おしゃれなカフェも良いけれど、自分が定番とするカフェの良さは、そんなところにあると思う。

b0059565_151175.jpg

Café Epi
405 University Avenue
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2008-11-14 01:45 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9884796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2008-11-17 03:44 x
定番になりそうなカフェですね♪
Pate Sandiwichは、ほんとベトナムサンドに似てますね。
挟んであるのがトリュフのパテなんて珍しい。
トリュフって、あまり好きな素材ではないのですが、クセが無いのなら是非食べてみたいです~♪
オムレツも優しい感じの味が、写真から想像できます~♪
Commented by マミィ at 2008-11-17 04:12 x
カルフォルニアを襲う火事のニュースを見て震え上がって心配していましたが、ブログ更新を見て安心しました。

今夜は夫のオムレツを食べたところです。奇遇ですねぇ。
オムレツという言葉の起源、面白いですね。夫に「知っていた?」と胸を張って教えてあげたら、笑いながら「弱虫な男性のことを『オムレツ』と呼ぶんだよ」と反対に教えられました。美味しいオムレツが褒め言葉にならないなんて残念!

他には、フランスの諺に「卵を割らねばオムレツは作れぬ」というのがあり、「成功には多少の犠牲はつきもの」という意味だそうですよ。いろいろと面白いですね。
Commented by すれっぢ at 2008-11-17 10:22 x
オムレツ、フランス風のは難しいですよね~。まずはよ~く油の
なじんだちょうどいいサイズのフライパンが必要ですね~。
あとバターの量。プロが作るの見てたらひ~!!ってなるくらい入れて
ますね。北米のは・・・・カチカチにやいて、畳んで半分になってる
だけ。まあ簡略化ってことで。(笑)

出汁巻き卵も京都の料理屋さんが作るような出汁の配合で、なおかつ
焦げ目も付けずにまとまってて、ちゃんと巻いてある・・・・職人芸だと
おもます。

どこにでもあるけど、奥が深い料理。それが卵料理ではないかと。
Commented by peartree22 at 2008-11-17 11:07
あー、瞬間移動したいぃ!(笑)。
実はこの週末、久しぶりに外食(しかも珍しく昼も夜も)したのですが、特に夜は玉砕しまして(まぁ、まだ自分の体の声に耳を済ませられなかった自分が悪かったんですけれど)。
何度でも通いたくなる店、まだ発掘できてません・・・。いえ、もうここ(鹿児島)ではかなり諦めてます・・・。故郷なんですけれどねぇ・・・。

実は夫が卵好きなのでよくオムレツも卵焼きも目玉焼きも作るんですけれど、やっぱりこれは!という出来にはなかなかならないですよねぇ。
まぁ、アメリカにいたころは褒められてましたけれど。なんせ、外で食べると火が通り過ぎてますから(笑)。
いつもプレーンが多いんですが(要は具を包んだりする技術がない)、こうして混ぜ込むのもいいですね。卵料理があまり好きでない私はこちらが好みです。サンドイッチの具としてもいいかも。
お嬢さんが頼んだサンドイッチは野菜が美味しそうなのにも目が行きました。やはりこうしてみると、日本よりアメリカの方が野菜を食べてますよね。

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-11-17 14:00
ここは夫も大変気に入ってくれたので、再訪しそうです。次はアボガドオムレツだな。(あ、でも、朝食のみ?)

この一見普通に見えるバゲット、そんなに美味しかったんですかぁ!ベトナムサンドと同じ感じだなんて。くぅ、夫に一口食べさせてもらえばよかったぁ。まことにお恥ずかしいのですが・・・Truffle Mousse ってなんでしょう・・・?トリュフというと、高級キノコのトリュフか、チョコレートのトリュフしか思い浮かばないのですが、どちらもサンドイッチに挟まっているとは考えがたく。
Commented by Miyuki at 2008-11-17 14:22 x
*Chicoさん
はい、常連目指してがんばります、なんつって(笑)
ね、ベトナムサンドに似てるでしょ! パテ自体は何が材料なのか分からなかったのですけど、ハムか何かかなあ。しょっぱすぎず、んまかったです♪
Chicoさんなら、オムレツもお手のものですよね。もしかして料理学校で、基礎コースで鍛えられた、とかありませんでしたか。(興味津々)
Commented by Miyuki at 2008-11-17 14:26 x
*マミィさん
おお、ご心配いただいてありがとうございます! さすがマイ・女神さま。一応600kmぐらいは離れているとはいえ、胸が痛いニュースですよぉ。

えええ、オムレツがそんな意味に!? おもしろいっ! しかしなじょしてそうなるのでしょう?? そしてフィさん製オムレツは、具はなんだったのかなあ♪

卵にまつわる諺も、食王国のフランスならではの感じでいいなあvv 言葉は違っても、述べている教訓は同じ諺が各国に散らばっていて、これまた興味が尽きない世界であります。
Commented by Miyuki at 2008-11-17 14:35 x
*すれっぢさん
そうそう、まずはオムレツ専用フライパンから、ですもんね~。それで他の料理は絶対作らない。バター、そんなに大量なんですか、ひえええ。北米は、うーむ。しかし、「世界一の朝食を作る男」として有名なbill'sのビル・グレンジャーは? って、あの人はオーストラリア人でした。

卵料理、正におっしゃる通りですね。それだけで、その人の腕前がわかってしまいかねない。中華でいうと、チャーハンのような。(ほんとか)
Commented by Miyuki at 2008-11-17 14:43 x
*ちゃんさま
瞬間移動してきてほしいーっ!!
お店の当たり外れ、ありますよねえ(涙) それでも日本ですから、平均値は高いのでしょうけれど、自分の好みに合わなければ意味がないですもんね。でもお時間のある時、少しずつ遠くに足を運ばれてみられれば、いつか穴場を発見されるかも! でもそれ以前に、ちゃんさまご飯が一番、に賭けます(笑)

おお、卵名人ちゃんさま! それだけ作られているなら、きっとかなりの腕前とみましたぞ。私も、それほど卵が好きなわけではないので、野菜が沢山入ってると嬉しい派です♪
食べる野菜の量、アメリカはどうなんでしょうね~。そんな国別比較調査があったら面白いのに! でも一つ言えるのは、アメリカはたとえ野菜をある程度食べたとしても、それで得られるミネラルと酵素を、砂糖とたんぱく質の消費で使い切ってしまうパターンが多いような気がします~。
Commented by Miyuki at 2008-11-17 14:47 x
*shinaさん
ご主人様が気に入ってくださったのは嬉しいですねえ。朝食メニューは11時までありますので、ブランチか早めのランチでいかがでしょうか♪

旦那様のを一口もらわなかったなんて、美しいご夫婦像。お嬢と私なんて、お互いに絶対分け合う、どころか見苦しく取り合いします(笑) このトリュフは、きのこのトリュフだと思います~。トリュフといってもピンキリですし、結構レストランメニューでは良く見かけるので。このテのトリュフの瓶詰めか何かを発見したら、日本へのお土産にしたい私です。「そう、あのトリュフよ、おほほほ」みたいに!(殴)
Commented by mame-honey at 2008-11-18 03:08 x
オムレツの写真、やばすぎる~。
卵のふわふわ感とアボカドのグリーンが最高に美味しそうです。
オムレツ好きな私としては是非とも行かねば!
朝から、お腹がすいてきました、、。
Commented by Miyuki at 2008-11-18 10:19 x
*mame-honeyさん
うふふ、なかなかのお味でした♪ オムレツ、お好きですか! どこか美味しいオムレツのお店があったら教えて下さい~。私も、普段は卵は食べないのですが、おいしい朝食をイメージすると、どうしてもオムレツが出てきちゃうんですよ(笑)
Commented by ayumin_moo at 2008-11-18 15:49
Miyukiさんお気に入りのカフェ、行ってみたいと思いつつ、まだ願いがかなっていません。でも、最近自転車でPaloAltoに出没する技を覚えたので、近いうちになんとか!

野菜たっぷりのオムレツ、私も大好きです。写真から野菜の甘みが伝わってきます。彩りも良くてとっても美味しそう♪さすがお嬢様、トリュフのパテとは大人びた選択ですね!挟んでいるバゲットも美味しそうで、こちらもぜひ食べてみたいです~。

自分のお気に入りのカフェが見つかるって、すばらしいことですよね。ほっとできる場所、私も見つけたいです。
Commented by Miyuki at 2008-11-19 13:31 x
*ayuminさん
そうでした、自転車で来られているんですよね! いつかお時間のある時に、ぜひお声をかけて下さい。一緒にこのカフェに行きましょう♪

ね、プレーンオムレツも美味しいですが、野菜の味がこたえられませんよね~。トリュフのパテ、何を思ったんだか知りませんが(笑)、とにかくきのこ好きであることは確かですな。バゲットは、天然酵母パンのどっしり・みっちりに慣れた身には、新鮮な風味でございましたよ。時々食べたくなる軽さ、ってヤツでした。

ayuminさんも、自転車に乗って、あちこちカフェを探検してみてくださいまし~。地元密着のお店って、やっぱりほっとできますよねvv


<< 時代が生み出すものがある(上) Dietary Path >>