その細胞を作るのは

レントゲンの日、いい歯の日、八ヶ岳の日
ドイツの学者レントゲン、X線を発見(1895年)
南極予備観測隊、観測船「宋谷」で出発(1956年)
民主党のジョン・F・ケネディ、米35代大統領に(1960年)

* * * * *

【レストラン】

お嬢の親友のお母さん達は、嬉しいことに私の友人でもある。
先日そのうちの一人から、マクロビについて知りたいから教えてほしい、という、ありがたいというか分不相応というか、そんなメールを受け取って。
じゃあ、直接会っておしゃべりしよう、本も数冊抱えていくよ、ということになったのだ。

彼女はずっと南に住んでて、私はぐっと北寄りで。中間地点として選んだショッピングモール、さて、どのレストランにしようかね。
彼女のリクエストで、「できたら、マクロビに則ったレストランとかがあれば」と言われたのだけど、残念ながらこちらにはなく。
その代わり、カリフォルニア料理の店で、オーガニック・地元産素材を使ってる、というところがあったので、そこに決めたよ。「身土不二」は、マクロビの大事な法則だもんね。



b0059565_11332414.jpg

このエリアに住んでいらっしゃって、このお店に来たことのある方は多いのではないかと。
人気の高級ショッピングモールの、メインストリートの真ん中近く。これだけ絶好のロケーションで、しかも入りやすい雰囲気。
かく言う私も、1回来たことがあったなあ。あれは3~4年前だったか。(……)(高級な場所とは無縁の生活)

b0059565_11335740.jpg

その時と店構えは変わってなくて、明るくて広々とした内装はそのまま。席も、前とほぼ同じところに案内される。
メニューを開いて、何をオーダーしようか考える。
彼女が一品、私が一品選んで、それぞれシェアして食べようね。


b0059565_1134985.jpg

彼女チョイスは、Flatbreadsメニューより、'French Onion' Chicken
肉でもいい?と気にしてくれたけど、おお、いいともさ、こおゆう時は食べるんだよ~。

薄いブレッドの上に、Smoked ChickenとBaconをのせて、Caramelized Onion Pureeをかけて、Gruyere CheeseとScallionsをまぶして焼いてある。
久しぶりの肉は悪くなかったし、玉ねぎのピューレも濃すぎず良かったよ。
しかし如何せん、下の生地が固くてね。ナイフで切りながらおしゃべりしてたんだが、なかなか切れずに、しゃべる言葉も力み気味。

b0059565_11343813.jpg

私チョイスは、はい、ベジメニューです。Autumn Vegetablesなる品を。
可愛いBaby Squash、分厚いPortobello Mushroom、マリネされたBlue Lake Beansに、Mozzarellaを巻いたEggplant。真ん中にどーん!とあるのは、Chickpea Pureeとなっていたが、要はHummusと同じもの。

程好い歯応えを残した野菜たちを食べながら、彼女が、野菜料理も美味しくなったねえ、と言ったんだ。
そういえばそうだね、私達がこちらに来た頃は、アメリカンレストランで食べる野菜は、クタクタの茹で過ぎか、生のままか、どちらかが多かったもんだよね。

それがどんどん進化して。カリフォルニア料理と名をうてるだけの、立派な料理の一ジャンルに。
先人の努力は勿論、後に続くシェフ達の努力の積み重ねで、ここまで進化したんだね。

電化製品は全然進化しないアメリカ、なのにねえ。


彼女に数冊の、日本語のマクロビの本を渡したけれど。彼女が助けたいのは、義理のお母様@アメリカ人なので、アメリカマクロビをも色々調べた方が良いだろう。

血液の病気で、いろんな症状に苦しんでいらっしゃること、話を聞くだけで胸が痛くなったけど。
それでも、食生活を変えよう、とはならないことが、とても不思議で仕方がない、ということも打ち明けられた。

栄養のあるものを摂らなきゃいけないから、と、朝こそ野菜ジュースを飲むようになったものの、昼はホットドックなどを召し上がっているらしく。うん、それは心配になるよねえ。

このエリアの子供達を見ていて、これだけ教育レベルの高い親が揃う場所であっても、食育は全く別物らしい、とは何度も思い知らされたこと、であるけれど。


Village California Bistro and Wine Bar
378 Santana Row, #1035
San Jose, CA 95128
[PR]
by senrufan | 2008-11-08 11:29 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9845490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nikkeilife at 2008-11-11 01:37
Miyukiさん、おはようございます!昨日東海岸から帰り今日から平常勤務です。

アメリカ人の食育のなさはやはり気になりますよね。実は義母はガン闘病者なので比較的に食べるものに気をつけてはいるものの、チーズパフやチョコなどのスナックフードが大好きみたいで結構食べてます。野菜もロスやSFとその近辺はまだ良いですがそこをちょっと離れると、くたくたに煮て色あせたインゲン豆やニンジンなどですからね。

連邦政府でも幼児肥満率は問題になっているんですが学校内からソーダ販売機を無くす位しかやってませんからね。この不景気の中、義務教育の内に食育を取り入れるなんてことは程遠いと思いますが。Chez Panisseのウォーターズ氏がローカルの学校地区でやっていることなどがもっと広まることを願ってます。
Commented by mame-honey at 2008-11-11 09:55 x
本当に不思議ですよね、アメリカ人の食育、、、。このエリアの人たちはミルクやヨーグルトのファットやお肉のファットは気にするけれど、、基本の食事の取り方がおかしいですよね。私は、ミルクなど乳製品は普通にWholeが好きなので、WFなどで白い目を感じながら買い物してます。お野菜の美味しい調理法がもっと浸透していくと良いのですけどねえ、、。↓の三日月、、最近はミニの方がサクサクかも、、と思いそちらを購入することが多いです。いつか、Tartineの三日月も食べたいな~!
Commented by peartree22 at 2008-11-11 11:55
アメリカ生活でびっくりしたことのひとつに、小さな子どもがハイキングに炭酸飲料を持っていたこととか、小学校の給食のメニューがハンバーガー、ホットドッグ、ピザと3交代であることとか・・・。
それを思うと、日本の給食は実に贅沢ですよね。学校にもよりますが、甥っ子の学校給食(私の母校でもあります)は、同じメニューはその月には出ませんし、五目御飯とかも出ますから(ご飯も必ず麦や何らかの雑穀が入っているそうです)、美味しそうだなぁと思います。好き嫌いの多い甥っ子ですが、給食は他のお友達の手前ちゃんと食べるそうなので、親も安心してます。
でも逆に朝食抜きの子ども、増えているそうです。コンビニのお弁当を遠足に持ってくる子どもとかもいるらしく、先生をしている友人はすごく気を遣うと言っていました。鹿児島のような田舎でもそうですから、”食育”を声高に唱えなければならなくなった時代も哀しい気がします。
かくいう私も偉そうには言えませんが。子どもの味覚は親である私が鍵を握っているともっと自覚しなくては・・・。
Commented by すれっぢ at 2008-11-11 12:44 x
あの~食べたのこれだけでしょうか?ちょっといくらなんでも足りないの
では??と、胃袋サイズの差もあるとは思うのですが・・・
また全然関係ないこと書いてます。
Commented by Miyuki at 2008-11-11 13:04 x
*アヤコさん
お帰りなさーい、お疲れ様でした! その後、体調はいかがでしょうか?

お義母さまもですか、それは大変だあ(涙) でもほんとに、昔から好きだったものはなかなかやめられないですよねえ。そういう意味でも、子供の頃の食育って大きいなあ、と思うのです。色あせインゲン、それそれ! アメリカに来てから、何度お目にかかったことか。

政府主導の栄養会議では、「日本の伝統食が理想的だ」「肉・乳製品はあまりとらない方がいい」という結論が何度も出てるのですが、それが公けになったところで、誰も知らない・気にしない。この無関心度の高さはどうやったら?と驚くぐらいですもんね。健康オタクが多いのに、その関心がサプリや運動ばかりに向いているのは、勿体無いと思うんですけどね~。ウォーターズさん、そういうことをやられているんですか! 私もそれには大いに期待したいです♪
Commented by Miyuki at 2008-11-11 13:09 x
*mame-honeyさん
そですよね、ノンファットのバターやミルクを入れてるショッピングカートに、巨大サイズのケーキを一緒にほりこんでますもんね……それとも、日本人の栄養へのこだわりが強すぎるんでしょうか。実は私も、乳製品を摂るなら、Wholeのものを選びますよ~。加工品を多く摂るより、本物を少量の方が好きなのです。
Tartineもお薦めです! よろしければぜひ一度お試しを。mameさんのご感想が聞きたいです~。
Commented by Miyuki at 2008-11-11 13:15 x
*ちゃんさま
わあ、それありましたねえ! 私もプリスクールで最初に度肝を抜かれたのが、皆のランチとスナックでした。おまけに、残したものを平気で子供の目の前で捨てるし(怒) いろんな意味で、日本人にはついていけないものがあります。
日本の給食、すんばらしい~~~。私の時代とは大違い。そして影で、それだけの人達の努力があるんでしょうねえ。そういえば給食は、偏食な子が好き嫌いをなくす良いきっかけになることも多いようですね♪
コンビニ弁当を遠足ですか、うーん、働いているお母さんで仕方がないこともあるんでしょうけど。朝食抜きについては、ちと最近ローフードの観点から認めるべきこともあると思っているので、それはともかく。将来その子がどういう食生活を選ぶかは、やっぱり半分は家庭での食事にかかっているわけで。私も責任を感じます。……と言いつつ、大したことはやってません……(殴)
Commented by Miyuki at 2008-11-11 13:21 x
*すれっぢさん
それどころか、これでも残して持ち帰りしました(笑) フラットブレッド、結構大きかったのですよ~。そういえばシアトルでディナーをご一緒させていただいた時、私の食べきれなかった分を食べてくださいましたよね!
Commented by kNachu at 2008-11-12 15:32
秋の味覚、美味しそうな野菜たちですね。お皿の盛り方も参考になりました。自分では中々出来ないのですが、、、。Miyukiさんもマクロが本格的になって来ていますね!!私ももっと勉強せねば。最近?ずっと?自己流です。お肉こそ長い間口にはしていませんが、陰陽とかめちゃくちゃです。何となく意識はしつつも、その反面、実はがちがちになるのもいやなのです。やっぱり楽しく、健康に!ですよね。
Commented by Miyuki at 2008-11-13 11:30 x
*Nachuさん
野菜は季節を感じられる分、一層美味しくいただける気がしますね! Nachuさんの盛り付けには、いつも感心させられておるですよ~♪
いえいえ、私はマクロビの入口手前10mのところでうろうろしているばっかりで……(涙) 陰陽は、何冊本を読んでもわからないし! 望診は全然覚えられないし! でもそう、おっしゃってくださってる通り、何よりもまずは楽しく! それが一番ですものねvv って、私のバアイ、負け惜しみにしか聞こえないのはなぜだろう……


<< 発する光は幾筋も 探し求めた三日月は >>