素材と過程は同じでも

ニュースパニックデー、香りの記念日、初恋の日
ロンドン島で火災(1841年)
教育勅語発布(1890年)
シュバイツアーにノーベル平和賞(1953年)


かる~い、軽い、質問です。
「あなたはDihydrogen monoxideについて、どう思いますか?」

あ、わからなくても、調べちゃだめですよ。無心で、最初に思ったことを言って下さいね。

あとは末尾にて。

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_10183851.jpg

ネットを通じて知り合った、貴重なマクロビ仲間達。
リーダーのpyonさんが、またまた楽しい企画を立てて、皆を誘ってくれたのだ。

それはね、ハロウィン・マクロビ・ポトラックパーティ。しかも課題付き。
その課題とはなんぞや、というと、
ブラックオレンジを主に使った、マクロビオティックまたはベジタリアン仕様のお料理持参」
ということであったのだ。

最初に話を聞いた時から、作りたいものがいっぱいで。あれこれ考えるのが楽しくて。
ましてや他の皆さんの持ってこられるものは、一体どんなものだろう。食い気、だけじゃなく、わくわく気分が最高潮に盛り上がって、とうとうその日がやってきた。




参加予定は、大人7名+お子さん数名。
ところが残念なことに、2組が風邪で不参加。そうだ、今は危険な季節の変わり目だったのだ(涙)

でも、持参の素晴しいお料理が次々と並んでいくうちに、わあ、きゃあ、すご~い、という歓声は高くなるばかり。
そして待望の、「いただきまーす!!」

並んだお料理、全てを記録。作った方のお名前も出したいのだけど、許可をもらうのを忘れてた……(バカアホマヌケ)
自分が持っていったものはまた別として、まずはすんばらしいあれこれを。

b0059565_13565055.jpg

まずは主食からいきましょう。
これがなくちゃ始まらないよ、玄米&黒米のおにぎり。どうしてこう、見事な三角形なの。(うっとり)

b0059565_13571376.jpg

揚げ湯葉海苔をたっぷり盛ったご飯。
湯葉は噛みしめると、じゅわ~っ、と出てくる、生姜と醤油の和風味。これに海苔が加わって、香りも味もたまらない。

b0059565_135811.jpg

前菜は、まずは柿の梅酢和え。酢は、人によって得意なものと苦手なものがあるけれど、梅酢は比較的受け入れやすいもの。
甘い旬の柿が、柔らかくほんのりの甘味に落ち着いたよ。

b0059565_13582642.jpg

甘酸っぱさでは負けないよ、人参サラダも絶品だ。
元々甘い人参に、玉ねぎ入りのフレンチドレッシングがさっぱりで、気づいたら山盛り食べていた。

b0059565_13585159.jpg

たんぱく質には、豆が欠かせない。
レンティルとにんじんの煮物は、隠れてたこんにゃくのおかげで、歯応えの差も楽しめるようになっててね。味付けは塩だけなので、豆そのものの味が美味しくて。

b0059565_1359264.jpg

そして日本が誇る豆製品は、やはり納豆で。それをグレードアップさせたこちらは、Black beansの自家製納豆だ。
玄米ご飯も用意してくれて、丼一杯食べたい幸せ。

b0059565_13595627.jpg

かぼちゃの豆腐タルトは、見た目も豪華で、味わいは更に。
お子さんが小麦アレルギーなので、Barley flourで作ったというクラストは、とっても軽くてさくさくで。
焼き立てのフィリングは、かぼちゃの濃厚さと豆腐のクリーミーさがあわさって、すごく本格的。野菜もたっぷりで、栄養満点。
勿体無くて一口ずつ、拝むようにして食べちゃった。


b0059565_1403181.jpg

デザートもてんこ盛り。
自家製酵母の米粉の蒸しパンは、黒胡麻入りの渋い顔。
ふんわりなんだけど、もっちりで、これ1個で十分な食べ応え。

b0059565_141532.jpg

こちらも同じく、自家製酵母のぶどうパン。ここまで美味しいのをいただくと、もう市販のパンは、めったなものは買えないなあ、とつくづく思うよ。

b0059565_1414870.jpg

あらめと人参入りのスコーン。月森紀子さんのレシピで、私も一度作ってみたいと思っていたものだったので、それが味わえて嬉しいったら。
スコーンといえばさっくりを想像するけど、これがまた私の大好物の、みっちりとした噛みしめ系。

b0059565_1422576.jpg

フルーツ焼きも絶品だよ。中には、洋梨・りんご・レーズンなどが入ってて、上からはかぼちゃベースのクリームがけ。
豪華な生ケーキも素晴しいけど、毎日食べたいのはこおゆうもの。自然で優しい、穏やかな。

b0059565_143472.jpg

そして特に人気だったのが、かぼちゃのようかん
するするっ、と喉越しも軽やかに。鮮やかなかぼちゃの色も、眼服・至福の一品なり。


もう、ここまでですでに、お腹いっぱい・胸いっぱい。幸せすぎて、言葉も出ない。って、しゃべりまくってたけど。(反省)
マクロビご飯というだけで嬉しいのに、好意を持ってる人が作ってくれたものは、これだけ身体が喜ぶんだなあ。

この数ヶ月、ちょっと色々続いたことで、食生活が荒れがちになっていて。でも、それは自分だけのことにとどめて、家族の分の食事は、きちんと作っていたつもり、だったのだが。

この時間だけで、随分と癒されたように思うのは。
作ってくれた仲間達への、感謝や好意があるのは勿論のこととしても、自分自身が作るご飯に、それだけのエネルギーがなくなっていたこの頃、を実感する。
たとえ形は整えていても、私の作る食事から、お嬢や旦那に与えられたものは、果たしてどれだけあったのか。


そんなヘタレな私が作ったものは、また後ほど記録をば。

* * * * *

さて、冒頭の質問のDihydrogen monoxideとは、
こんなややこしい顔しちゃって、実は単なる
でございます。

私の答えは、
「へ? なにそれ??」
でありました……どうせ無知無教養。


ちなみに、とある米大学で、学生50人に聞いたところ、

「禁止すべきだ」が43人、
「わかりません」が6人。

ただ1人だけが、
「水じゃん!」
と言ったそうですよ。

さすが、ハッタリ王国のアメリカならでは。
[PR]
by senrufan | 2008-10-30 10:19 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9792870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nikkeilife at 2008-11-01 22:10
うわあ~いいな~全部ものすごく美味しそう!皆マクロビの事知り尽くしているようなメニューですね。黒豆で納豆が出来るとは!納豆大好きなのでものすごく食べてみたいです。作ったら主人にものすごく嫌な顔されるのは目に見えるけど。デザートも自然な甘味でもたれなく食べれるから良いですね。

Dihydrogen Monoxideの話、面白いですね。私も、えーと水素が二つで、酸素が一つ、アレ?何か間違った?と思っちゃいました。H2Oって良く聞くんですが使う人、元素が解ってないんですね。大丈夫か、アメリカ。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-11-02 01:20
つぶろぐでハロウィン・ポットラックパーティと書かれていたのを見てから、この記事が上がるのを楽しみに楽しみにしていましたー☆食のことを人一倍考える方々の経験と手で作り出されたオレンジと黒の食事たち。どれだけ満腹に食べても罪悪感を感じなくてすみそうです。(その腹黒さ、間違ってるから、、、怒)にんじんスコーン、くぅぅぅ!!!「マクロビ」という言葉に縛られなくても、こういう体に優しいお料理を少しずつ取り入れていきたいと、じーんと感じました。
Commented by すれっぢ at 2008-11-02 08:42 x
季節がら、最後のかぼちゃの羊羹がひじょ~に気になりました。
こちらのパンプキンパイ、シナモンとナツメグ入れすぎ(笑)
あれじゃあ~パンプキンの風味が無いぞ~~!!。で
かぼちゃの甘さと風味が生きてそうなこの一品は是非試してみたい
です。
Commented by Miyuki at 2008-11-02 11:04 x
*アヤコさん
そうなんです、皆さん、ほんとに色々詳しくて、いつもとっても勉強させてもらってます! 黒豆納豆、容器ごとさらってきたかったです(マジ) 大粒なのがまた美味しくてvv デザートは正にNon-Guiltyシリーズでした(笑)

おおっ、さすがアヤコさん! 私は水素も酸素もまーったく思い浮かばなかった大バカモンです。ローカルな人の知識テストは面白い結果の連続なんで、いつ聞いても面白いですよね~!(笑)
Commented by Miyuki at 2008-11-02 11:08 x
*shinaさん
えへ、やっぱりこおゆう行事モノは、タイムリーじゃないといけないんで、他の記事を幾つもすっ飛ばしてのアップでした(笑) つか、自慢したかったのです~♪ そう、罪悪感なんてゼロですよ、ゼロ。むしろ身体の為にもっとーっ!みたいな! もちろん身体の為を考えたお料理の数々なのですが、それ以上に何より美味しいから、というのが伝わってくるのが、また嬉しかったのでありますvv
Commented by Miyuki at 2008-11-02 11:10 x
*すれっぢさん
このようかん、ほんとーーーーーに美味でございましたよー♪ つるりん、と滑らかでねえvv 確かにこちら製のパンプキンパイはなかなかのお味ですが、すれっぢさん宅にはお菓子名人がいらっしゃるではないですか! ぜひぜひ日本人好みの、優しいかぼちゃスイーツを作ってもらって下さいませ。あ、ようかんも!
Commented by ayumin_moo at 2008-11-02 15:46
これは素敵なパーティーですね!オレンジと黒という課題が面白いです。2色でもこんなにバラエティ豊かになるんですね〜。栄養バランスも良さそう!かぼちゃ料理って甘みが強くて苦手な時があるのですが、マクロビをされている方が作ったら、素材の甘さ味を生かして作られるのでしょうね。
作り手のエネルギー、本当に味に表れますよね。手を抜いた日は味に面倒臭さが表れてしまい、はっとさせられる時があります。用心、用心。。。
でも、Miyukiさんの愛情はしっかり伝わっていますとも!たとえ心が乱れていても、根底に愛があれば伝わるのだと思います。私の手抜き料理は別として。。。
Commented by Miyuki at 2008-11-03 11:17 x
*ayuminさん
素敵でしょー! もー、めいっぱい自慢しちゃいますよ♪ 色味はなかなか地味ですが(笑)、中身はとっても豪華です。かぼちゃの甘味は、最近市販品の甘さ漬けになってた私には、かえってとっても優しかったのです。ほんと、いかんなー、と改めて反省。5秒だけ(殴)
エネルギーのこと、身体がクリアな時ほど良く感じますよね。ayuminさんが感じられるのは、それだけ普段からいい食事をされてる証拠ですよ。愛情、はね、えーと、娘に言ったら目をむいて爆笑されそうです。なんせ、手抜きはしない時でも、愛情抜きは良くありますからねえ、うんうん。
Commented by kNachu at 2008-11-05 02:46
待っていました!!これが拝見したかったのです。本当に素晴らしいですね。映像を拝見しただけで自分も良いエネルギーを頂いたような。皆さんの思い入れがひしひしと伝わりました。SFでやったら、これだけ人が集まるかな~。お料理教室をされている友人と催したら楽しいかも。昔アメリカの田舎に住んでいた頃によくこういう事をしていた事を懐かしく思い出しました。ブログに載せているくせに、いざとなったら私も何を作っていいかわからなくなりそ~な。
Commented by senrufan at 2008-11-05 08:33
*Nachuさん
はいっ、私もこれを一番見ていただきたかったのです! すごいでしょ~vv ぜひ皆さんからのエネルギーをお受け取り下さいませ。こちらの皆さんも、川瀬先生のお料理教室仲間でもあるのですよ。もしそちらで開催されたら、どうかブログでのアップをぜひよろしくお願いしますっ! Nachuさんの作られるものなら、絶対一見どころか百見の価値あり。(真顔)
そういえば昨日、ブログで拝見したかぼちゃ・スパイス・チーズケーキを作らせていただいたのですが、これがもう、激うま。娘と取り合いで、あっという間になくなりました。いつも素敵なレシピ、本当にありがとうございますvv


<< 理想の形と現実は 留まる時間は一瞬で >>