「ほっ」と。キャンペーン

探して、試して、選択して

国連デー、暗黒の木曜日、世界開発情報の日
フランスの三色旗制定(1790年)
熊本で神風連の乱(1876年)
太平洋戦争レイテ沖海戦(1944年)

* * * * *

【レストラン】

お嬢の学校休みを利用して、また2人でRainbow Groceryを襲撃した。またまたpyonさんからいただいた、20%offのクーポンを握り締め。(大感謝)
これがないと、ただでさえオソロシイ我が家のエンゲル係数が、考えたくもないことになるんでなー。

買った買った、あれも見た、これも良かったと、幸せいっぱいになった後は(家計簿をつけるまではね…)、身体も幸せいっぱいにしようと、Nachuさんに教わったローフードカフェに繰り出したよ。(ありがとうございます!)




b0059565_9284794.jpg

Golden Gate Parkから、それほど遠くないところ。ほとんど住宅地の様相で、お店などはちらほらとしかないところで。
どちらかというと閑散としたエリアの角に、明るい外見の店がある。明るさのわりに、太陽の陽射しにぼかされてか、なぜか風景に溶け込んでいるような。

b0059565_929584.jpg

中に入ると、これまたなんとも独得のインテリア。アジアと中近東とアフリカが混じっているような。
今まで行った・のぞいたローフードのお店って、内装や店員さんの服装が、そういうテイストで共通しているように思えるのだけど。ベジタリアンの人に、ヒッピー風のファッションが多いと同様に。
人や物を外見で判断するな、とは、自分に言い聞かせていることの一つであるけれど、ある種の外見を好む人達に、ある種の趣味や性格が共通する傾向があることは否めない。

と、脱線する前に、まずはオーダーを決めなくては。
ざっくり分けて、メニューはジュース&スムージーヴィーガン・フードローフードの3種類。それにBreakfast MenuやHot Drinkが数種類。
お嬢がスムージーとローフード、私もローフードから、それぞれ1つずつ選んだよ。


b0059565_930195.jpg

まずはスムージー。テーブルのすぐ横がオープンキッチンなので、やっている作業が良く見える。
業務用と思われるデカいジューサーが数台あって、それに唯一の店員のお姉さんが、次々とフルーツや野菜を投入しては、たちまちたまっていく鮮やかなジュース達。
お嬢の頼んだRain Forestは、出来たてオレンジジュースをベースに、açaiとブルーベリーとバナナのミックス。
スーパーフルーツとして名高いアサイベリーは、すっかり市場に定着した感があるね。

b0059565_9303749.jpg

そして、これもお嬢のチョイスで、Tortilla Wrap($12.00)。
Flax tortillaに巻かれているのは、cilantro、lime、sunflower pate、onion、avocado。Side Saladは、Sprouted lentilsに、グリーンのベルペッパー、トマト、ケール、きゅうり、紫玉ねぎ。ほんのりオイルのドレッシング。

b0059565_931557.jpg

軽く歯応えのあるラップに、しゃきしゃき玉ねぎがアクセントのパテ。ライムの酸味と程好い塩味が美味しいの。
アボカドがパテにクリーミーさを加えていて、シアントローも嫌味なく。あ、でもお嬢は苦手だけど。
サイドサラダが結構な量あったのは良かったけれど、もう少しこのラップが多かったら、もっと嬉しかったかな。(欲張り思考)

b0059565_931316.jpg

そして、私の頼んだNori Wrap($9.00)。
Sunflowerで作ったcheeseと、千切りにしたcarrot・celery・daikonを、Sun-dried nori sheetで海苔巻きに。添えられているのは、Wasabi&sesame seedsのソースだよ。

これがまた美味しいったら。今まで食べたローフードメニューの中でも、特に海苔との組み合わせのものが気に入ってる。
しかしローフードであるが故に、天日干しであることが重要で。市販の機械干しでは、ローフードの調理規定に反してしまうから。

その海苔に巻かれた、新鮮そのものといった感じのにんじんやセロリ、大根が。ナッツチーズの塩味と合わさると、ほんとに美味しくてたまらない。
ワサビソースもコクのある味噌風味で、これもとても良かったけれど、素材本来の甘さが嬉しくて、半分以上はソースなしでそのまま味わった。


ローフード体験も少しずつ増えてきて。ムズカシイことはちょっと忘れて、素直にどう感じているか、というと。
とにかく、身体が「軽い」こと。ローフードを心ゆくまで食べてみた後のこの軽さは、うーん、どう言えばいいんだろう。なんというか、「身体の中に滞らない」感覚。そんな体感があるんだよ。

ローフード、もしくはナチュラルハイジーンを始めると、体重がとんとんと落ちていく人が多いとは、良く耳にすることで。特に、体脂肪が落ちるらしい。
そして、お通じが良くなることは、これも大事な特徴の一つであって。
勿論、どんなものでも食べ過ぎてはいけないので、適量で食べている分には、という大事な但し書き付だけど。

ローフードをしっかり食べると、生野菜や果物が、たんぱく質や炭水化物に比べて、いかに消化が楽なものか、ということを身体で感じられて。
普通食を、普段からかなりの量を食べていたら、むしろ物足りなさばかりを味わうかもしれないが、身体の声が聞こえる食生活を営んでいる人であれば、その「軽さ」は更に実感できるのではないかなあ。


で、ふと思ったのが、子供にもローフードやナチュハイが良い場合があるんじゃないか、と。
成長期だからと、たんぱく質の量や質が気になりがちで、ベジやヴィーガンに誘導するのはためらうけれど、その前に身体の機能の観点から。

子供は大人に比べて、消化器官が未成熟なので、お通じがうまくいかなかったり、栄養分が十分に吸収できなかったり、ということがあるからね。
特にアトピーに苦しむ子には、実は消化機能が未発達であることが原因の場合があるので、そういう子の中には、生野菜やフルーツが何らかの助けになる場合があるんじゃないかなあ、とふと思ったのだ。
自分に合うものを選ぶ本能を、まだ自然に持っている幼い頃は、効果の判断もしやすいし。

幼児ではなくてティーンエイジャーだけど、お嬢にはなかなか良いようで。
昼・夜はマクロビベースの食事だけれど、朝は生ジュースと果物にしている現在、午前中の身体が軽くて快適、と言っている。
高校生になって、宿題の量が増えて、ますます夜寝るのが遅くなった今は、午前中を「排出」時間に当てることが、体調を整えるためにうまく機能しているのかも。

憧れのるしあままさんブログで、8歳のお嬢さんの変化を教えていただくたびに。もしお嬢を最初から、マクロビなりナチュハイなりを意識して育てていたら、と考えずにはいられない。
仮にそうしていたのであれば、それはそれで大きな葛藤と悩みを抱えていた、とは思うのだけど。
それでも、どこかの誰かには、きっと効果のある食生活、と思える今は、お子さんの食生活を真剣に考えていらっしゃるお母さん達に向かって、こんな選択肢もありますよ、と差し出してみたいのだ。
自分の時には、気づかなかった・出来なかった・考えるべきだったこと、と感じるから。

こんなやり方もあるんだね。
こんなチョイスも可能なんだね。
決め付けないで、偏らないで、幅があることを喜ぶのも、いいんじゃないかと思うんだ。


Judahlicious
3906 Judah Street
San Francisco, CA 94122
[PR]
by senrufan | 2008-10-24 09:32 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9757330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2008-10-27 09:27
Miyukiさん、こんにちは~ 

あれ、わたしの名前が、、、憧れ・・・だなんてなんだか照れちゃいます。マクロビやナチュハイじゃなくても愛一杯で育てていけばきっとこどもはそこから沢山のものを受け取ってくれるのではないかな~とも思います。 

とはいえ、確かにアトピーやアレルギーがある子たちは内臓が弱かったり、小さい子どもは消化器官が未発達なので、負担を与えない食べ方にして内臓器官がしっかりしてくれば、きっといろいろ変わってくるかな~とわたしも思ったりしています。 また、そのときに関わる両親のエネルギー(気とかオーラ)でも大きく変わっていくと思っています。小さい時は繊細で純粋なので非常に親のエネルギーの影響を受けているからです。 心と身体、スピリチュアルなこの3つのバランスと食がうまく融合されていくとすばらいものになっていくのでしょうね。

それにしてもローフードのお店って、いろいろあるんですね~
サンフランシスコ周辺は多い印象を受けます。
こちらのお店もおいしそう~ 行ってみたい場所がどんどん増えています。こうやって行ける場所があっていいですね~



Commented by Miyuki at 2008-10-27 13:17 x
*るしあままさん
えへへ、すみません、いつもこうやってぽんぽんと憧れや尊敬の気持ちを出してしまうのです~。個人日記だから正直でいいんだ、という甘えが(笑)

おっしゃる通り、子供の頃の親からの影響って、想像以上のものだったりしますよね。同時に、子供の強さもすばらしいものがあるので、親も教わることが沢山あって、今更ながらですが、もっとあの頃に色々やりたかった!と思ったり。喜びも後悔も、子育てを通して、味わうことは盛り沢山ですね♪

そうなんです、ローフードのお店、少しずつ増えてるんですよ~。今日もファーマーズマーケットで、新しいローフードのお店に寄ってきました。その分、メニューの目新しさに驚くことも減ってきましたが、それだけ定着してきた証拠かも、と思うと嬉しいですvv
Commented by kNachu at 2008-10-28 05:18
Miyukiさん、おかげさまで栗型のチョコを載せさせて頂きました。ありがとうございます。こちらの記事のカフェはどうでしたか?私はやっぱりカフェグラティチュードの方が好きです。レインボーも我が家には欠かせない存在です。もしかしたらすれ違っていたりして?20%引きクーポンは助かりますよね!しかももう年内は今月限りとなると、、、私も行かなくちゃ!!
Commented by Miyuki at 2008-10-28 12:35 x
*Nachuさん
おお、のせられたのですか、それはソッコーでおうかがいしなくては!(わくわく)
こちらも美味しかったですよ~♪ 確かにグラティチュードの方がバリエーションに富んでて良いですが、こちらの気軽なメニューも捨てがたいです。
レインボーは、もっと近かったら!と地団駄を踏みたくなるほど、いいお店ですね~。近かったら、それこそNachuさんにお付き合いいただいて、一緒にお買い物したいです。(真顔) あ、そですね、20%オフは今月まで! ううう、じゃあ次回訪問は来年……(くらっ)
Commented by iloveapples at 2008-11-18 00:20
このローフードの様なナチュラル思考からはほど遠い私の食生活ですが、それでも結婚式前はダイエットとして全てのお菓子を果物に代えてみました。そしたら体重が落ちる落ちる!果物も糖分は多いはずですが、それでもお菓子に比べたらよっぽど低カロリー&満足感があるものなんだな、と思いました。最も、式後は長続きしませんでしたが。。。笑
Commented by Miyuki at 2008-11-18 10:18 x
*iloveapplesさん
おお、果物にされて効果があったですか! そうですよね、お菓子などの「空カロリー(カロリーのみの栄養なし)」のものを摂ると、身体はかえってクレーヴィングになる上、消化の為にミネラルを使っちゃいますもんね。比べて果物は、栄養も一緒に摂れるから。しかし、果物に変えただけでそれだけ効果があったということは、iloveapplesさんの身体が若い!ということです♪


<< そこもまた過ぎ行く一点の 未来世代の言葉より >>