研いで、澄ます、べきものは

水始めて涸る、登山の日
山田長政、徳川幕府から通商貿易の許可証、朱印状を許される(1629年)
日本武道館開館(1964年)
東西ドイツ統一(1990年)


[フードファディズム(food faddism)]
「食べものや栄養が健康と病気に与える影響を過大に信じること、科学が立証した事実に関係なく何らかの食べものや栄養が与える影響を過大評価することである。科学が立証したことよりもその影響を信じ固執していることである。
対象となりやすいものは、健康に好影響をもたらしそうな食品、有害性が疑わしい食品をはじめとして、ダイエット食品、健康食品、ミネラルウォーターなど様々である」
                     --------- Wikipediaより冒頭抜粋


「あるある」の納豆捏造問題の記憶がまだ新しい現在、日本では今度は、バナナが品薄だそうですね。

数限りなく林立する健康法がありますが。やはり、自分の身体で一定期間試してみないことには、何とも言えないわけでして。
しかし試してみたところで、身体の声をちゃんと聞けるかどうか。
身体の声が聞こえる身体になっているかどうか。

自身による人体実験は良いのですが(良いのか)、実はこれが一番の壁かなあ、と思うのです。

* * * * *

【レストラン】

以前から気になっていた、ナチュラル・ハイジーン。この夏から興味を持ち始めた、ローフード
両方とも、キーワードは「酵素」です。

とりあえず、ネットで少しずついろんな情報を漁ったり、本を探したりは始めたものの。これも調べれば調べるほど(というほど調べてないが)、異論・反論も見つかるもの。
日本でベストセラーとなった、新谷弘実氏の「病気にならない生き方」のミラクルエンザイム論だって、医療界などからはガンガン反論が上がっている模様だし。
それを言うならマクロビオティックだって、嫌悪派やアンチ派はいくらだっているわけだ。



ローフードについて知った時も、最初はアンチ派の人のブログからだった。「理論はわかるけど、はっきり言って美味しくない」という感想だった、と思ったぞ。
しかし初挑戦のQue seRaw seRawは十分美味しかったし、次のCafe Gratitudeも、とても気に入って。
思うに、身体がヴィーガン食に慣れてから試したのも、良かったのではないかな。だって家族でCafe Gratitudeに行ったら、お嬢はすごく気に入って、旦那は再訪を拒んだしな。(くそう)

ならば同志同士で行こう、ということで。お嬢と共に、近所で見つけたローフードカフェへ、週末ブランチに繰り出してみたのだよ。

b0059565_1139397.jpg

検索してたら偶然見つかったそのカフェは、カフェはカフェでも、スポーツジムの中のカフェ。
会員でなくてもOK、となっていたので、恐る恐る入ってみたら、カフェというよりコーナーで。
両側と後ろをカリアゲ・てっぺんの髪の毛でポニーテールという、センス溢れるヘアスタイルのお姉さんが、にこやかに応対してくれたのだ。

b0059565_10415342.jpg

ローフードではドリンクも楽しみの一つ。
お嬢はChoco Maca Malt
生のカカオとアーモンドミルク、ブラジルナッツ、デーツにマカ。
私はGinger Rawgers。だって名前が嬉しいし。(かのジンジャー・ロジャースですよ)(単純)
クコの実にラズベリー、マンゴー、バナナ、オレンジ、ジンジャーにミント。

お嬢のはコクのある外見に反して、爽やか系の甘味が美味しくて。
私のはミントのさっぱりフレーバーに、生姜のぴりっとした刺激も味わえる、美味しいミックスジュースだね。

b0059565_10423731.jpg

食事の方は、まずは私が頼んだFiesta Quinoa Toss
蒸したボリビア産のキヌアの上に、サルサ、人参、ガカモレ、オリーブ、pepitas(かぼちゃの種)をどかどかとのっけて、更にカシューナッツのサワークリーム、シアントロー、赤ピーマンソースがかかってる。

良く混ぜても、バラバラに食べても、とっても美味しいメキシカン。ちゃんとしたメキシカンはほとんど食べたことないくせして、なぜかローフードのメキシカン。
大好きなキヌアが美味しいのは勿論のこと、サルサもナッツソースも、とにかくフレッシュ。口の中でも、身体の中に入った後でも、クドさの欠片もない感じ。
野菜という素材だけで作れば、こんなにもさっぱりのメキシカン。

b0059565_1043747.jpg

お嬢が選んだのは、No-Fish Tacos
どういう皮で包んでくるのかと思いきや、なんとロメインレタスの葉。その上に、ローフード流の”サーモン”とガカモレ、サルサ、やはりカシューナッツのサワークリーム、シアントローが大量に。

サーモンは何で作ってる? にんじんとナッツが入ってることはわかるんだが。あとはセロリや赤ピーマン?
何にせよ、これもあっさりすっきりと食べられる。しゃくしゃくと歯応えの良いレタスの、瑞々しい味がまず舌にきて、その後に、コクがあるのにくどくない具の味が。
シアントロー嫌いなお嬢は辛そうだったが、そうやっていくうちに慣れていくものさ、人間って。(いきなり説教)

b0059565_1043382.jpg

デザートも試してみよう。ガラスケースに並べられてた、Chocolate Creme Pie
くるみで作ったクラストに、アボカドとカカオのフィリング、そしてヤングココナッツのクリーム付。

このローフードのアボカドフィリングは、外でも食べたし、自分でも作ってみたけれど、ほんとにねっとりと濃厚で。でも、アボカド風味なんて全然なく。
濃厚さのわりに後味はすっきりなので、ヘタな乳製品ベースより、量も沢山食べられる。
アボカドは脂肪分が多いから、と敬遠する人もいるけれど。各種栄養素が豊富な上に、脂肪分解酵素であるリパーゼも備えてる、って知ってるんかな。自然の力ってすごいよなあ。

b0059565_11401267.jpg

ローフードを食べるたびに、おうちごはんの味ではなく、おそとごはんだとは思うけど。
それでもしっかり感じる身体の軽さと、何を食べても大丈夫という安心感。両方揃えば、嬉しい食事でないわけがないのだね。

こちらではオーダーしたものは、お皿ではなく、持ち帰り用のパックに入って運ばれてきたので、長く滞在する場所というより、ジムで運動した人が、ぱっと食事を買い求めるという場所でもあるのかな。
ジムで推奨する食事。そう考えると勇気が出る。(なぜだ)
ローフードが食べたい時に、遠くまで行かないですむという意味でも、このカフェの存在はありがたい。
b0059565_11404795.jpg


Cafe Soulstice
440 Portage Avenue
Palo Alto, CA 94306
(Inside the Equinox Fitness Club)
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ブランチということもあって、私にしてはかなりの量を食べたのだが。
ローフード体験するうちに改めて実感したのが、生野菜・生果物というものの消化の良さ。お腹いっぱいに食べたところで、しばらくすれば楽になる。
それはすぐ空腹になる、という意味ではなく。だって身体はしっかり満足してるから、すっきりした後でも、何かを食べたくなる衝動は起こらない。

ローフードやナチュラル・ハイジーンでは、果物や野菜の生食を薦めるだけでなく、食べ物の組み合わせをも考えるべきだ、と指導する。
消化の過程で必要になる「酵素」を、なるべく沢山摂取する為に、生で、もしくは摂氏48度以下の調理したものを食べるようにするべき、という理論なんだが、これには食べ合わせも考慮しなければならない、と。

例えば、

 ・果物は空腹時に、単体で食べる
 ・たんぱく質(肉、魚、乳製品など)とでんぷん(ご飯、パン、芋など)は一緒に食べない
 ・たんぱく質と野菜、またはでんぷんと野菜を一緒に食べる


などが挙げられる。
これは全て、「いかに効率良く、身体に負担をかけずに消化するか」ということを主眼に置いている。

なので、生野菜や果物は、食べるなら食前、もしくは食事の一番最初に食べるんだって。これらは一番消化が早いし(目安30分~1時間)、まず酵素を摂り入れられるから。
そして、その後でたんぱく質や炭水化物を食べよう、と。消化に時間のかかる肉類など(目安3~4時間)と一緒に摂ると、そちらの方に消化酵素が回されて、栄養が十分に吸収されないまま、体内で腐ってしまってガス化するそうな。
こおゆう話を聞くと、そうか、以前の食事で「お腹いっぱあい、苦し~~」となっていたのは、動物性の食べ物の重さだったのだなあ、としみじみ思っちゃうよね。


ただね、やっぱり反論はあるわけで。そりゃそうだ、目の前で腹をかっさばいて、酵素の働きを見られるわけじゃないし。
実際、マクロビはできるだけ加熱食を薦めているので、ローフードには賛成しない立場にあるわけだ。

んじゃどうすればいいべ、となれば、ここはやはり自分の身体に聞くしかなく。たとえ万人が認める健康法であっても、自分に合わなきゃどうしようもないことで。
それこそ、マクロビの大事な理念の一つ、「NON CREDO(ノン・クレド)」。全てを妄信しないで、自分で考え、決めること。フードファディズムに陥らないで。
そして言い換えればこれは、「結果に対して、自分で責任をとる」という意味であることを、決して忘れちゃいけないね。


お嬢はどうやら、朝食は液体食や果物の方が、今のところは身体がいい感じ、とわかったので、彼女向けの朝食を変えるにあたって、私も便乗して人体実験。今週から、朝は出来たてフレッシュジュースと果物、というメニューにしてみている。
寒くなってきたことだし、はたしてどこまで続けるかわからないけれど、まあ当分の間はいいだろう。
私の食習慣からすると、あまり効果は見込めないかも、という不安はあるのだけど。(詳細省略)

しかし、私が50%以上、ローフードやナチュラルハイジーン化することはあるまいな。
だって食べ合わせを考えたら、モロにたんぱく質+でんぷんの、大好物の納豆ご飯が食べられない、ということになるもんな。(結局は食い気負け)
[PR]
by senrufan | 2008-10-03 10:35 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9628356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2008-10-05 15:51
アボカド大好きの私、でも、サラダやグァカモレにしか変身させられない私。(変身してない)今回のローフードはツボです~♪キヌアのお料理も、タコスも彩りや食感が良くて美味しそう。そして、チョコレートケーキ!これは試してみたいなぁ。濃厚だけど後味すっきり、しかも栄養満点なんて、どれをとっても嬉しいところばかり♪

そして、そう、食べ物についてどの意見を信じるか、これは結局自分の体に聞かないとわからないんですよね。お嬢様のように、これを食べると体の調子が良い、というのがわかるようになると、自然と必要なものを選べるようになるのだろうなぁと思います。そのためにも、いつでも体の声を聞ける状態にしておくことが必要ですね。
今の私は、たまに聞こえるけど、たまに聞こえなかったり、聞こえても聞こえないフリをしたり。。。(苦笑)
Commented by マミィ at 2008-10-05 17:40 x
いやぁ、いいな~、魅力的だ、このローフード・カフェ。何がって、
「両側と後ろをカリアゲ・てっぺんの髪の毛でポニーテールという、センス溢れるヘアスタイルのお姉さん」が。このお姉さんに会いに行くだけで充分面白そうなのに、その上、こんなに美味しそうな「さっぱりメキシカン」が食べられるとは!和食のローファットというと色味が悪いというイメージがあるのだけれど、メキシカンは相変わらずカラフルで見た目も魅力的。

己の体の声を聞く・・・これは本当に反省すべきテーマでありまして。日頃そのつぶやきを無視しているので、体が大声で悲鳴を上げてから気付くという有様。これではいかんですね。
Commented by relax124 at 2008-10-06 02:52
食べあわせ、納得です。お腹が空いてると、野菜よりもメインのお肉をガツガツ食べて、後半ものすごく苦しい思いをしてました。体の声。疲れたときの体の声は良く’聞こえて、甘いものだけはちゃんと食べてます。私も納豆ご飯は何があっても死守したいです。それにしても、Miyukiさんのレポートは、とっても分かりやすく、魅力的です。全部食べたくなっちゃいます。
Commented by Miyuki at 2008-10-06 11:10 x
*ayuminさん
私もアボカド大好きです~! んでもって、私もそのまま食べるのがほとんどだったので、スイーツに使うというアイディアにはやられました。一度試していただきたいっ。ayuminさんだったら簡単に作れちゃうし。

ayuminさんがすごいなあと思うのが、「声が聞こえる」に加えて、「落ち着いて向き合う」ことができるところですよ。うちの小娘、欲しい!という声が聞こえたら、それを前にしてガマンがきかずにがっつくんですよね……どんないいものでも、食べ過ぎたらアウトなんだってばよ~~(涙) でもその親の私にいたっては、聞こえても聞こえないフリ、が一番多いかも。(目をそらしながら)
Commented by Miyuki at 2008-10-06 11:13 x
*マミィさん
うんうん、このお姉さんの写真を隠し撮りしとけばよかったと後悔しましたよ。それに加えて、各縁メガネ、だったかな。いやあ、見応えありました。確かにローフードは欧米生まれだけあって、見た目の華やかさもポイントですね~♪

私なんぞ、身体が悲鳴を上げてても更に突き進む悪食、なんてこともやってるですよ、はっはっは。やっぱりね、身体を健康に保つためには、まずは精神が健康でなければいけないんすよね……(ため息)
Commented by Miyuki at 2008-10-06 11:17 x
*relax124さん
そうそう、メインは食べないと!というのがありますよね。私も肉や魚は食べなくても平気なのですが、甘いものがやめられなくて困ってます~(涙) 納豆ご飯、賛同していただけますか! あれぞ日本が末永く受け継いでいくべき食文化ですよね(きっぱり)
私のレポは、ほんとーーに個人的な感想オンリーで、全く当てにならないのですが(殴)、興味を持たれたら、一度トライしてみてくださいませ♪
Commented by うーら at 2008-10-06 16:05 x
Miyukiさ〜ん♪|ω・`)チラッ
お久しぶりでーす!

今日のローフードの話題、いいですね〜。
うちの側にもローフードカフェがあったのに潰れちゃったのです。
カナシーイ。
このアボカドのスイーツは絶対いけますよね!
わたしもアボカドの生チョコ出してますが、ほんとにレアっぽかったですもん(笑)
ケーキか、、、それもいいなぁ☆
本場アメリカのローフード、とっても食べてみたいです。

それと。。。きのうは嬉しいコメントに感激しちゃいました。
わざわざ。。。あぁ。うれしい〜!
何より嬉しかったのはずっと見てくださってたってこと♪
じわーん。。。
カリフォルニアに飛んで行きたいくらい嬉しかったです♪
本、気に入ってくださったみたいでホッとしました〜。
本当に本当にありがとうございます!
またお気軽に遊びにきてくださいね〜♪
Commented by Miyuki at 2008-10-07 12:51 x
*うーらさん
きゃあ、お忙しいのにコメントありがとうございまーす!!

日本はまだローフードはハシリの段階なのかしら。美味しいからもっと増えてくれればいいんですけどねえ。
はい、うーらさんが大好きなだけあって、アボカドって大したもんですね! 確かにレアの味わいですよね~♪ ほんとに、こちらに来て食べ歩きしていただきたいです。そしたら天才うーらさん、きっとすごいレシピを色々開発されるハズですもんvv

もー、お世辞でもなんでもなく日参させていただいてますし、レシピもお世話になりっぱなしなので、ほんとにうーらさんには足を向けて寝られません! そしてあんなに素敵なレシピブックを出してくださって、何万回もお礼を申し上げたいです。大人気のうーらさんブログには、なかなかコメントも残す勇気がないのですが、いつでも海の彼方から応援させていただきますので!
あ、皆さんもぜひこちらのご本を。一家に一冊、必見です。(真剣)
「うーらのオーガニックレシピ手帖 」(エンターブレインムック) (ムック)
思いっきりお薦めです♪
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-10-08 06:58
聞かない地名だなぁと思ったら、 California Ave のもう少し先でしたか。ジムに併設されてるカフェのご飯だと、なんとなく安心していっぱい食べてもいいんじゃない?と私も大きな勘違い。

ローフードはそういう消化の良さがあるんですね。Miyuki さんはご自分の体で実験・・・もとい体験されてるから説得力があります。私も皆さんのおっしゃるように、己の体の声を聞けない・・・。お腹が空いてないのについつい甘いものに手が出たり、やっぱりカロリーに支配されっぱなしで。精神力の弱さですね。どうしたもんかいな。。
Commented by Miyuki at 2008-10-08 12:53 x
*shinaさん
はい、California Ave.より、更にうち寄り。ジムに応援されてるというのは、まったく大きな安心感。>虎の威

満腹なのに甘いものが欲しくなるのも、ちゃんと理由があるのです。それもまた身体の声ですよ。決して精神力とかの話じゃありませぬ。マクロビを10年以上続けてる方でも、時にはドカ食いもされるし、タバコを吸われたりもします。一生付き合っていく体ですもん、長い長い目で、あれこれ失敗も成功もして、ずっと一緒に楽しく歩いていけたらいいじゃないですか、ね♪ 何より、食べることは幸せなこと! それをいつも味わっていきたいですねvv
Commented by 酵素は・・・ at 2008-10-08 22:24 x
ローフードはいいと思いますが、酵素の働きについては懐疑的です。
酵素はご存じのとおり基本的にタンパク質の一種で、生体物質の代謝に関与している触媒のようなものです。タンパク質同様に、酸や熱で不活性になります。摂取後、強力な酸性の胃酸により分解、消化されるます。
Commented by Miyuki at 2008-10-09 12:38 x
*酵素は…さん(笑)
コメントありがとうございます! そうですね、色々サイトを拝見しましたが、酵素賛成派と反対派と、それぞれに説得力のある説明をのせられてて、科学知識のカケラもない私はオタオタしてしまいました(笑) でも「加熱で不活性」というのは当っているのですね。
Commented by frogfreak at 2008-10-11 15:26 x
前回のローフードもおいしかったですね。初体験+意外なおいしさでした。ぜひぜひここも行ってみたい!近所になった暁には連れて行ってくださいませ。
Commented by senrufan at 2008-10-11 22:36
*frogfreakさん
はい、こちらこそお誘いしたいです! ヘタな調味料を使ってないので、小さいお子さんにもダイジョブかも。あ、でもナッツが入ってないやつを選ばないといけないか。
Commented by iloveapples at 2008-10-17 16:33
へえーーー、あのジムにこんなカフェが併設されているんですね。今度行ってみよう!ドリンクが美味しそうです〜!
Commented by senrufan at 2008-10-18 11:17
*iloveapplesさん
おお、このジムをご存知でしたか! もしよろしければお試し下さい。ドリンクいっぱいで、運動の後には最高だと思うです~♪


<< 百読は一体験に如かずして 神無月・孟冬・神去月 >>