近すぎては見えないものを (その1)

函館夜景の日、左利きの日、女神ヘカテに捧げる日
足利尊氏、征夷大将軍に(1338年)
アメリカ海軍天文台が、火星の衛星を発見(1877年)
前畑秀子が日本女性で初めてオリンピックで金メダルを獲得(1936年)


母が日本から電話をくれました。
メイン話題は、「北島が100m平泳ぎ、世界新で優勝したよ!」という大歓喜の即時報告だったのですが。(ありがとう!)

その時に、先日9日ほど我が家に滞在して後、帰宅してから、の話になりまして。
母はこちらには何回も来てくれているので、買い物もてきぱきと必要なものだけ、特に観光も必要なし、アウトレットはいらないわ、という大変慣れた滞在で。
お嬢がその間、毎日夕方からスイミングがあったこともあって、ゆっくり近場を周ったり、家でのんびり過ごしたり。食事も夕食は全て我が家で、という生活だったのですね。

元々少食で痩せ型の母なのですが。
ちょうど帰宅後すぐに、主治医の健康診断があったそうで。

体重が1.5kg減って、
130ぐらいあった血圧が100に下がっていた、


という結果を得たそうです。

その後本屋で、早速マクロビオティックの本を1冊購入した、との報告も受けました。
そして中身を読んで、父@焼肉とラーメン命・野菜嫌いには無理だ……!と頭を抱えたとか。(とほほ)


しかし以前の旦那のエピソードといい、ほんとに何かウチでできるんじゃなかろうか。
痩身教室。 健康施設。 断食道場。

と言いたいところですが、肝心のお嬢と私はちっとも痩せないので、やっぱり看板を出すことは到底できない模様。(くそう)

* * * * *

【アクティビティ】

そんな感じで、母との遠出といえば、せいぜいサンフランシスコとバークレーぐらい、というのんびりぶりでございましたが。それでもせっかくの母との時間、近場でどこかないかなあ、と思いまして。
思いついたのが地元にある、Stanford Universityの見学、でございました。




車で10分もかからない程度の近所にいながら、実はほとんど足を踏み入れたことがなく。
先日のお嬢のサマーキャンプとかで、単発的に訪れたのみだったので、私自身、一度ツアーに行ってみたいと思っていたのです。

調べたところ、歩いてキャンパスのメインサイトを周るという無料ツアーが、1日2回催行されていることがわかりました。
が、約1時間のこのツアー、母は、
「それだけの時間、英語ばっかり聞いて歩くのはつらい」
と言うし、お嬢は、
興味ない
ときっぱり言いやがりまして。(ぎりぎり)(ハンカチを噛む)

ならばと出した別の案は、やはり大学構内にある、Hoover Towerというところの見学。
こちらは時間内であれば、いつでも自分の好きな時に昇ることができる、というものだったので、これを目当てにキャンパスに向かったのであります。


b0059565_12341979.jpg

この塔が建てられたのは1941年、スタンフォード大学の50周年に当ります。
スタンフォード大学の第一期の卒業生であり、第31代米国大統領をつとめた、Herbert Clark Hoover。彼が創立したHoover Institution(スタンフォード内にあります)の一部として、フーヴァーの業績を讃えて名付けられました。

b0059565_12354830.jpg

入口のドアを開ければ、正面に受付。その後ろに、展望台へ行く為のエレベーターがあります。
こちらの受付は学生がやっているようで、こちらでチケットを購入すると、他の学生と交替してから、見学者をエレベーターに乗せてガイドしてくれる、というやり方になっています。

全体の高さ285フィート(86.87メートル)、展望台はそれよりやや下にあります。
エレベーターを降りると、目の前にあるのは巨大なカリヨン。その周囲をぐるっと囲む壁に、四方八方を見渡せる窓があるのです。

情けないことに高所恐怖症の持病があるワタクシ、ちょっと腰が引けつつ、それでも窓からのぞいてみましたよ。広い、なんて言葉じゃ足りないほどの、ちょー広大なキャンパスを。
アメリカの大学は、ハーバードぐらいしか見学したことがないのですが、さすがこちらは全米一の学費の大学だけあって、ハーバードの面積の3倍は軽くあります。ちなみに、私の母校の15倍はあります。(当てずっぽう)

b0059565_12362941.jpg

こちらが塔の玄関側。正面に見えるのが、Visitor Information Serviceのある、Memorial Auditoriumです。

b0059565_12365047.jpg

こちらはキャンパスのMain Quad。見学ツアーのコースに組み込まれています。

b0059565_1238269.jpg
b0059565_12381313.jpg

その他、どの方面を見渡しても、視界内いっぱいに散らばるレンガ色の屋根。この屋根があるところ、全てスタンフォードの施設です。
さすが全米屈指の広さを誇るキャンパス、大きさは8,180エーカー(33.1平方キロメートル)。甲子園球場約830個分だそうですよ。(くらくら)


b0059565_12385967.jpg

塔の真ん中にあるcarillon。下部はピアノに似た鍵盤楽器ですが、上を見上げれば、大小あわせて多数の鐘が吊り下げられています。その数、83個とか。
b0059565_12405756.jpg

ベルギーのthe Belgian-American Education Foundationから贈られた、この壮大な楽器。一番大きな鐘に刻まれているという言葉が、横のプレートに書かれていました。
「For Peace Alone Do I Ring (ただ平和の為だけに、私は鳴る)」
毎週水曜の夜と、スタンフォードでの特別行事の際に、カリヨン奏者が演奏するとのこと。どんな曲かと聞いてみたら、古今東西の名曲の時もあれば、ビートルズの時もある、とガイドの学生が笑いながら教えてくれました。
b0059565_12411516.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*

展望台での見学を済ませた後は、受付の両側に設けられた、フーヴァー夫妻のメモリアルルームに足を踏み入れてみました。

なぜハーバート・フーヴァーだけの展示じゃないのか。
それは、妻のLou Henry Hooverもスタンフォードの卒業生であり、在学中にハーバートと出会い、結婚するに至ったという経緯があるからです。
共に地質学部の学生で、ルーが唯一の女学生として入学、ハーバートはその時、4年生に在籍していました。

結婚後に中国に渡り、ハーバートは建築業に、ルーは様々な慈善事業に従事します。
この時以来、ルーが惹かれて集めるようになった、中国の青磁器のコレクションの一部が、この部屋で公開されています。

中国以降、オーストラリアやビルマにも渡り、1929年に大統領に就任するまでの年月は、正に苦難と冒険の日々だった模様。
フーヴァー夫妻の詳細な生涯については、塔に隣接しているHerbert Hoover Memorial Exhibit Pavolionにて知ることができ、また見学ツアーも用意されています。
こちらのメモリアルルームでは、彼らが集めた陶磁器やベルギー・レースのコレクション、残した業績の簡易概略、ポスター類などを見ることができます。
b0059565_1245163.jpg


フーヴァーの名は、市内の小学校などにも冠されており、改めて彼とこの市との関わりを再考するに至りました。
いつか時間のある時に、メモリアル・パビリオンの方も見学したいと考えているところです。


次回は、スタンフォードのアートセンター編をば。


Stanford University
Stanford, CA 94305
[PR]
by senrufan | 2008-08-11 12:26 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/9284208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さく at 2008-08-13 13:22 x
たしかにここって、建物なんかも素晴らしいよね。
2−3回行った事はあるんだけど、来たばかりの頃にね。
今は用があったらそこにしか行かないから、
キャンパスなんか見ないけれど。

それにしてもスタンフォードの敷地は本当、無駄に広い。
これだけの土地、もっと有効に使えないのか?というくらい、
草ぼーぼーの場所もいっぱいあるしね。
Commented by すれっぢ at 2008-08-13 22:21 x
キャンパスの広さ、調和の取れた綺麗さ・・・さすがですね。
その維持費は全部学費にはねかえると(笑)アメリカでも裕福な家庭か、
よっぽど優秀でスカラーシップをいっぱいもらえるような人しか行けない
学校なのでしょうか?

フーバーさん、最初に思ったのがフーバーダム、そしてフーバーの
掃除機・・・すいません。フーバーダムは完成時は違う名前で後で
改称したそうで。知らなかった~。
Commented by やまばと at 2008-08-14 06:46 x
このところ、ちょっぴり体型を気にしだした様子なうちの子を、
栄えある一期生として受け入れをお願いしたいと思っていたのですが…。
(@痩身教室。 健康施設。 断食道場。) by 他力本願な母
Commented by Miyuki at 2008-08-14 08:20 x
*さくさん
うん、それぞれ独立した建物になってて、見応えや歴史のあるものも幾つもあるよね~。ホールと名のつく建物だけで、一体いくつあるんじゃい!?って感じ(笑)

無駄に広い、確かになあ。でもいつ行っても、あちこち工事中ばかりだから、まだまだ建設予定のがたくさんあるのかもしれないね。
記念モノだけじゃなく、なんか公に使えるものが増えてくれればいいね。
Commented by Miyuki at 2008-08-14 08:24 x
*すれっぢさん
さすがとしか言いようがないですね~。なんせ学費が年間4~5万ドルですから(爆) おっしゃる通り、お金持ちか、才能で奨学金。この2択。つまり、我が家には縁がないという(あああああ)

いやいや、その通りですよ、フーバーダム! あれを思い浮かべられるところ、やはりカナダのお人でいらっしゃる。まさか建築業でがんばってたとは、無知な私は知りませんでした。ま、いつものことです(殴)
Commented by Miyuki at 2008-08-14 08:31 x
*やまばとさん
いえいえ、大事なやまばとさんの、大事なお嬢さまをお預かりすることなど、とてもとても! どうせなら全然知らない人で、私が全く良心の呵責を感じることなく、涙を見せられても動じることなく、粗食・威嚇に徹することのできる人が、実験台としては望ましく。
って、犯罪じゃんこれーっ!
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-08-14 15:17
左利きの日。日本人は右利きが普通だから小さい頃に強制的に右利きに直すけれど、欧米ではそんな不自然なことはしないから、日本に比べて左利き人口が多いと聞いたことがあります。女神ヘカテって・・・どなたでしょう(汗)

Miyuki さんとお嬢様が痩せていないという発言は世の女性の大反感をかいますよー(笑)健康的に痩せて、体脂肪も減って。体重は無理やり落とせるけれど体脂肪はどうしても落ちない哀れな(懲りない)人種にとっては大変尊敬すべき食生活です。


※本題すっとばして前半だけのコメントで大変申し訳ありません。。
Commented by ayumin_moo at 2008-08-14 15:29
観光ガイドのように詳細、かつわかりやすい解説、ありがとうございます!
本当に、立ちくらみしそうなほど素晴らしい眺めですね。
甲子園球場約830個分って、まったく想像できません。

先日、母達が訪米したときにスタンフォード大学に行ってみたのですが、なんとその日は卒業式!黒い服をマントと帽子を身に着けた卒業生たちでごったがえしておりました。集まる車の高級なことったら。。。
高所好きなので、今度ぜひタワーに上ってみたいと思います♪
Commented by frogfreak at 2008-08-15 03:49
ちらりとチャペルだけしか見たことがないのですが、本当にすごいですね~。益々興味津々!チビには収入が低い家庭向きの奨学金で入学してもらわなければっ!(荒息)お嬢様は興味ない?うーん、じゃぁ、今のうちから洗脳しないといけないかしら?冗談半分希望半分(笑)
チャペルを見たときに結婚式をやっていたの。素敵でしたぁ~
またやりたくなるような・・・。うーん、流石にそれは出来ないから、チビに期待!って親は子供に期待を募らせるんですね。いかん、いかん。
Commented by Miyuki at 2008-08-15 23:32 x
*shinaさん
うん、欧米は左利き多いですね。で、左利き用の道具も沢山そろってるから、特に不自由もないんですよね。日本はそのあたりのフォローも遅れてるからなあ……でも無理に矯正したら吃音になる可能性が高いことが言われ始めてから、だいぶ変わってきたような。ヘカテはお産の神様です~。

や、本人的には色々あるのですよ。>体型 私は食べたい時には食べて、平気な時は食べないで、と開き直るようになったので、体型的にはともかく、精神的には面白い時期に入りました。と、言い訳してみる(笑) でもお年頃の娘にとっては、なかなか……ふぅ。
Commented by Miyuki at 2008-08-15 23:34 x
*ayuminさん
私もスタンフォードに入るたび、なんつーデカいとこじゃ!とわななないておりましたが、まさかあれほどデカいとは、上から見てようやく実感がわいた次第です。

卒業式の時だったんですか~! もしかしてゲストスピーカーのオプラ・ウィンフリーを見ませんでしたか? あの黒いガウンの下は、意外とアロハシャツと短パンだったりするんですよ。で、足元はビーサン(笑)
高い所が大丈夫とはうらやますぃ~~。ぜひ行ってみて!
Commented by Miyuki at 2008-08-15 23:38 x
*frogfreakさん
おおっ、興味ありますか? じゃあ今度ツアーに行きませんか? ただ今同行者募集中です(笑)
うちの娘なんぞには到底無理ですが、そうだ、ベビちゃんという希望があったんだわ~!(きらきら☆) ぜひ今から洗脳を。「地元が一番よ!」とか言っちゃって!
結婚式を見られたのはラッキーでしたねえvv はい、私も見るとまたやりたくなります。今度はああしてこおして、とプランも色々。相手はこの際いなくてもいいんですが(おいっ!)
Commented by frogfreak at 2008-08-18 16:21
MIYUKIsan
是非是非、一緒に行きましょう!チビの将来の母校を見ておかなければ!下見下見!夏休みが終わるまで難しいですよね。終わったら、また遊んでください。チビも大きくなりましたよ。
Commented by Miyuki at 2008-08-19 09:24 x
*frogfreakさん
やったー、frogfreakさんゲットー!(ガッツポーズ) ベビちゃんにもとっても会いたかったのです~、嬉しいなあvv
ではでは、これは屋外で約50分というツアーなので、もう少し涼しくなったら決行しましょう! お声をかけさせていただきますので、その節はどうぞよろしくお願いしますです♪


<< 近すぎては見えないものを (その2) 母国は舌にも心にも >>