価値観の相違

8月が終わってしまう……また肉体だけ、1か月分年をとってしまった。

朝から銀行。貯金をもっと利率のいいものに預け替えに。
もっと賢く運用するために、ファイナンシャルアドバイザーのアポをとって相談することを勧められる。
流暢な勧誘文句をへーへーと聞き流し、目的だけ果たして出る。だって運用するような財産ないもんよー。
ちなみに日本のシティバンクって、1億円以上の顧客じゃないと相手にしないと言ってるそうですよ。

友人の食器の買い物につきあって、その後食事に。
欧米人と日本人の”sorry”という言葉に対する意識の差について、今更ながらに花が咲く。
要は、ほんとーーに謝らないよねこっちの人、って話。そう思わされるエピソードにお互い事欠かない。
その分、真剣に謝られた時のsorryの重みが違うんだ。

近くの病院で、自殺未遂を起こした19歳の女性が、友人に付き添われて行ったところ逃亡し、昏睡の老人のいる病室にナイフを持って立てこもった。
説得途中で人質の女性の容態が急変しため、警察が突入。
犯人がナイフを振り上げるそぶりを見せたため、犯人の腹部へ発砲、犯人と人質を保護、終結。
したんだけど。

付き添った友人のコメントがすごい。
自殺志向が明らかな女性に対して、病院がガードをつけるなどの対応をしていればあのような事件には至らなかった、病院側に責任があると主張しているわけ。
なんでも人のせいにしちゃう悪米文化の一例をまた見たよ。
昏睡状態だったおばあさんまで、傍にいながら彼女を説得しなかったとか言って訴えられちゃったりして。
[PR]
by senrufan | 2004-08-31 15:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/923303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 馴れていく体 掘り返すこと >>