海よりも深く

下腹の水ぶくれが治らず、超ローライズのジーンズしかはけなくて不自由。

朝の電話で、私の大ボケが発覚。
友達が学校でParent Day(子供禁止)なので、そこの子を預かって、その後一緒に食事という予定があったのだが、私はてっきり来週だと思い込んでいたら、なんと今日だった。
今日は日本で友達が夏コミに参加するので、ずうずうしくいっぱい買い物を頼んでしまっていて、せめて何かあった時にすぐ連絡がとれるよう、夕方からPCの前で待機するはずだったのに。
慌ててごめんなさいメールを入れた私に、あくまで彼女は優しくて、思わず涙ぐんでしまったよ。
彼女にはあまりに恩がありすぎて、足を向けて寝られない、なんていう言葉じゃ足りなくて、もうハイヒールで背中を踏みつけにされて踵でぐりぐりと穴を掘られて思いっきり蹴り飛ばされて星になっても全然構わない。

やっちゃった。お嬢の食器を割っちゃった。
赤ちゃんの頃からセットで使っているピーターラビットのボウル(fromうちの母)。
このシリーズも最初は色々とあったのに、あれが割れ、これが欠け、今ではもう皿3枚と欠けたカップだけ。
電子レンジに入れようとして、お嬢の目の前で手をすべらせて見事にガシャーンと。
謝る私に、「私も今まで色々割っちゃったし、いいよいいよ」とフォローしてくれたお嬢。
でもその後で、ゴミ箱に入ったかけらを見ながらこっそり涙ぐんでいたのを知っている。

うーわー もーーごーめーんーー

お嬢はとにかく馴染んだ物と別れるのが超苦手で、以前車を買い換えた時も、「Are you excited?」とニコニコする車屋さんを無視して古い車のそばにたたずみ、「今まで本当にありがとう、元気でね…」と泣きながらお別れしていたものだった。
そんな君の前でやってしまった私が大バカだ。本当にすまん。

落ち込んだところにクシャミが1回。
1にほめられ2に憎まれ、3に惚れられ4風邪を引く。
誰かにほめられてるのかもしれないエヘ、と自分を慰めてみる。その後で思いっきり萎れてしまおう。

お嬢、11本目の歯を自ら抜く。
抜けかけで血の味がして嫌だから抜いてと言われたのだが、ペンチじゃひっかからないしと逃げ腰の私に業を煮やした彼女、フロスを歯に巻きドアノブに巻きつけてバーンと閉めるという大技にでた。
一発で抜けました。
なんかもう、子供の成長ってすごい。と、こんなところで実感していいものか。
[PR]
by senrufan | 2004-08-12 14:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/923167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< メディアとの接触 狭間の温度 >>