旅の本

毎日かなり遅くまで出歩いていたので、本が読めたのは飛行機の中での2冊のみ。

ポール・ギャリコの「トマシーナ」
ギャリコは、子供の頃に読んだハリスおばさんシリーズが大好きなわりに、他の本は1冊しか読んだことがなかった。
でもこの前TVで「3回生まれ変わったトマシーナ」という古い映画がやっていて、それを見る前に原作を読みたくて入手したもの。
大人の為の、とても良質な童話であり小説。父の葛藤と子供の主張と猫のプライドが、ラストに一気に一点に向かって進んでいく力がすごかった。

ジョン・ファーマンの「とびきり愉快なイギリス史」
うーん、失敗したかも。歴史は大好きで、こぼれ話となるともっと好きなので、ロンドンに行く前にちょっとと思ってよく確かめもせずに買ってしまったのだけど、なー。
ユーモラスに語るのはいいんだが、芯はしっかり語ってくれないと。

蛇足で、「ワンピース」の34巻。ロンドン日系書店で8/7に見つけたもの。
えー、日本発売8/4のものがもう並んでる! カリフォルニアだと8月末なのに!
うわどうしよーむちゃくちゃ欲しい、でも輸送費の分かな、すんげー高いじゃんこれ、これじゃ円に直すと3倍近くないか?(汗)
などという葛藤を3分ほど繰り広げ。
……買ってしまいました。いい年して…!(唇を噛み締め俯きつつ)
[PR]
by senrufan | 2004-08-03 14:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/923136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ヴェルサイユの呪い 雑感走り書き >>