忘れてなかった

鳩尾が い゛た゛い゛。
体が覚えてるこの痛み。一時期私を嵐のように苦しめまた消えるようにいなくなってしまったあなたが残したあの記憶は私の底にって要は子宮内膜症の痛みなんだが。

卵巣摘出手術の時に、実は結構な程度の子宮内膜症もあったとわかり、緩和の為に生理の回数を減らすべく、ピルを常用するようになったんだよな。
それがわかった後、「すごく痛かったはずなのに」と、ドクターはまるで私が神経のない子のように、慈愛をたたえた目でご覧になりましたね。(微笑)
妊娠する前は確かに患ってたけど、妊娠後全く痛くなくなって、ほんとに自覚症状なかったんだよー。
だからそれ、10年前の痕跡だと思う。んだけど。

その時の症状として、発熱と体を折り曲げなければ耐えられないほどの腹痛があったのだが、それとすごく良く似た痛みなんだよなあこれ。
久々に味わったけど、すぐに体が思い出したよ。
明日、朝からお出かけなんだよな。頼むよう、消えてくれよう。
[PR]
by senrufan | 2004-09-15 12:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/890909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 肩を落として 年中行事 >>