引き出されるのは本来の

京都府開庁記念日、朗読の日、桜桃忌(太宰の日)
初の元号「大化」制定(645年)
日米修好通商条約調印(1858年)


恐らく、曽野綾子さんの本で読んだエピソード、ではないかと思うのですが。

そろって身体障害者で、寝たきりの状態にある夫婦。
彼らの間に生まれた子供は、1歳すぎにして、自分のオムツが汚れると、替えのオムツを手に持って、寝ている親のところまで行って、替えてもらうんだそうです。

それに対して曽野さんは、
子供のやる事にあれこれと手を出しては、先回りしてやってしまう親が増えている。
本来子供というものは、これだけの能力を持つものなのに、それを存分に引き出そうとしないのは、逆の意味での幼児虐待ではないか。
という主旨のことを述べておられたのですね。うろ覚えで申し訳ないのですが。

子供が一人で生きていけるように。一人前の大人として、自立していけるように。
自立、という言葉は、人に寄りかかって生きることを意味しません。
それが親の責任、と考える私には、このエピソードは心に残るものの一つでございます。



なんでこのことを思い出したか、というと。


お嬢が、日本語学校の国語の授業の話をしてて、
ほとんどの子が電子辞書を持っているのに、お嬢は重たい国語辞典を毎回持参してて、
それも私が、「特に子供の頃は、辞書は本であるべき。引き方をしっかり身につけるのが大事」と言って、決して電子辞書は使わせないので、みんなが羨ましいなー、と常々思ってて、
でも先日、先生がある言葉を皆に辞書で引かせて、
お嬢は1~2分で見つけたのに、皆は10分ぐらいもかかってたらしく、
それを聞いた私が、
ほら見ろ、母ちゃんが正しかっただろう、しかしそんなんでいいのか今の子供達、
とえらそうにのたまってたら、

「それも、何でも一人でやれって、私がママにほったらかしにされているという証拠だよね」

と言ったので。



怒りが頂点を突き抜けたあまり、上のエピソードを思い出した、というわけだったのでございました。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_11523950.jpg

地元市ダウンタウンのお店を、できるなら全て訪れてみたい。
そんなささやかな(バカげてるとも言う)野望に、協力してくれている友人達。
彼女達の温情にすがりながら、先日行ったとあるイタリアンレストラン。地元評価は上々のわりに、まだ行ったことがなかったんだな。




b0059565_1211828.jpg
b0059565_11541224.jpg

ダウンタウンにあるホテルの一角を占める店。そのせいか、造りがL字型になってるところ。
片側がレストラン、もう片側がバーやベーカリー、なのか? 真ん中に位置する厨房内の、ピカピカに光る銅の鍋類がまぶしいよ。


席に案内された後、水を運んできたウェイターさんの英語に、皆で目を白黒。すんごい訛(イタリアの?)で、何度も聞き返しちゃったり。
担当ウェイターさんも結構な訛だったけど、こちらはなんとか理解の範疇。お薦めを色々聞いて、皆で注文を考えた。

うーむ、いつも以上に迷ったのは、これというベジタリアンメニューがなかったこと。サラダだけなんてつまらないし。
一応ウェイターさんに聞いてみたが、きっぱりと「2つぐらいしかないね」と言われてしまってしくしくしく。

えいや、と頼んだのは、結局パニーニサンドでした(……)

b0059565_1155425.jpg

Panino con Gamberi
全粒粉のくるみ入りブレッドに、えび、玉ねぎ、にんじん、アボカド、トマトをはさんである。マヨネーズで和えてある。
ここはパンもなかなか、と聞いていたのだけど、うん、確かに悪くないかも。

b0059565_1155278.jpg

マヨネーズの濃さが心配だったが、意外とあっさり・少な目で、えびと野菜の味が十分感じられ。
もっちりパンと一緒にぐぐっと噛みしめて味わえば、どっしりと身体に入っていく。食べ応えありの一品は$9.95。


他の皆は、パスタ2種類と魚料理(seabass)。
麺の茹で具合が固めで嬉しい。もっとも一人によると、固すぎて閉口したこともあったそうだけど。
具の味もしっかり、しょっぱすぎず辛すぎず、程好いところでまとめてあって、このエリアのイタリアンの中では、上位の方なんじゃないかなー、なんて勝手に思ったり。
や、最近イタリアンは無沙汰してるから、無責任に言ってます。しかし、どれも美味しかったよー。これ、ほんと。

b0059565_11554774.jpgb0059565_11555755.jpg
b0059565_1156514.jpg


運転手の私以外は、グラスワインも頼んだよ。そして一口ずつ飲ませてもらっちゃった、えへへ。
サービスも悪くないし、お店もとてもきれいだし、雰囲気と味と合わせれば、更に得点高いかな。
デザートの見本が入口に並べてあって、どれも美味しそうだったし、ベーカリーのエリアもあるんだよ。

ここは朝食もやっている。しかも、私のターゲットタイムの午前7時から。
今度は朝に会いましょう。受付のお姉さんのそばを通る時、心の中でつぶやいちゃったりしてな。(聞いてないよ)

b0059565_11565862.jpg


Il Fornaio Cucina Italiana
520 Cowper Street
(at the Garden Court Hotel)
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2008-06-19 11:50 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8846933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2008-06-21 13:40
お!ここは先日おっしゃっていたお店ですね!
実は、こちらに来てイタリアンレストランに行ったことがありません。(恥)
朝食はどんなメニューなのでしょう。興味津々です♪

子育て方法に関して、深く納得です。世には様々な意見がありますが、私もある方から聞いた「子供は自ら育ち方を知っている。親はいざというときに補正すればよい」という考えを信じています。と、まだ子供もいない私が言ったところで現実味はありませんが。。。Miyukiさんはやっぱり師匠です!(だから、まだ入門許可を得てないって)
Commented by peartree22 at 2008-06-21 15:25
あー、私も電子辞書より本の辞書派です。先日高校生の姪っ子と話をしてびっくりしたばかり。特まぁ、英語に関しては持ち歩きができるという点で在米時代は電子辞書も持っていましたけれど。
辞書の良さ(楽しさ)って、引いた語句のその脇に書いてある語句への寄り道にあると思っています。まぁ、私などは寄り道ばかりで、勉強がはかどらなかった者なので、あははは。
でも電子辞書より早いだなんて、お嬢さん、かっこいいー!
まぁ、いつかはお母様の教えをありがたく思うときってきますよ。絶対に。
(いや、きっともう心の中では感謝しているのでは?)

アメリカのパスタって延びたのが多いですものねぇ。でもナパでは幸いにもあまりはずれにあったことがありません。私はパンと一緒に出てくるオリーブオイルと唐辛子、ハーブ、バルサミコ酢をブレンドしたものが大好きで、最初の頃はそれだけでお腹いっぱいになっていたことがあります(笑)。お店によって味が違うんですよね。こちらのお店にもあったのでしょうか?

あー、外で美味しいイタリアン食べたいなぁ・・・・(涙目)。
蒸し暑くて料理する気をなくしています。
Commented by Miyuki at 2008-06-21 23:04 x
*ayuminさん
はい、その通りです~! 夏休み中に行けるかなあ。
ええっ、イタリアンまだですか! でもそれは幸いな面もあるかもです。私は逆にこちらに来た頃、外食はイタリアンがほとんどだったので、ある日突然「パスタ拒否症」になったことが。あれから随分美味しいイタリアンが増えたので、選んで良いところ行ってみて~、というより、いっそご一緒しませんか♪

おお、そのお言葉、深く納得です~。しかし私のようなちょー未熟者になると、これがなかなか難しく……ほっときすぎたり、口出ししすぎたり(涙)
え、私の方がayuminさんに入門するつもりでいたのですが?(さらっと) 天然酵母とかクラフトとかお菓子とか、いっぱいいっぱい!
Commented by Miyuki at 2008-06-21 23:09 x
*ちゃんさま
よかった、ちゃんさまが味方ならダイジョブvv 私も今ではもっぱら電子辞書ですが、それまで十分本に馴染んできてるので、問題ないと思うのですよね。馴染んでないうちに電子辞書、というのは反対なのでございます。
その理由、それそれ、その通りです~!>寄り道 あの楽しさ、本好き・雑学好きにはこたえられませんよね!
でもって、すすす、すみません、書き方を間違えましたね。この時は先生が学校の辞書を皆に配って、本で引かせたのですよ。本を引くことからしばし遠ざかっていた皆は、時間がかかってしまった、ということなのでございます~。こんなバカばっかりやってるので、いまだ彼女の尊敬を勝ち得た試しがございません……(くそおおおお)

はい、こちらのお店でも、最初はやっぱりパンとオリーブオイルその他でした。パンがプレーンやナッツ入りやグリッシーニなど、5種類ぐらいカゴに盛られてて、これも嬉しかったです♪
鹿児島、暑そうですねえええ(涙) こちらもたまたま熱波が来訪中なのですけど、一時的なものである上、ちゃんさま達のことを考えろ!とばかりに、必死で耐えます。
Commented by マミィ at 2008-06-22 00:30 x
>それを存分に引き出そうとしないのは、逆の意味での幼児虐待ではないか。

本当にそうですね、私もそう思います。
口や手出しをして、子供を助けてあげることは実に簡単、何でも自分でやらせてそれを見守る、そちらの方がずっとしんどいですよね。

実子に恵まれなかったのは女性として生まれたのに、とても残念。でも現在この「見守り子育て」に近いことをしていられるのは、やはり「ま、いいか、実の母じゃないも~ん。しらないも~ん。」と思い切り力を抜くことができるからのことなのでしょう。あの怪獣たちがもしも実子だったら・・・そりゃもう毎日ああしろ、こうしろ、それはだめ、あれはだめと超うるさい母であったと思います・・・ぞぞぞ。

夏休みのMiyukiさんの朝食レポート、今からとても楽しみであります。

Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-06-22 01:47
ちょうど昨日Palo Altoでこのレストランの前を通りかかり、Burlingame店しか知らなかったのでお!と新しい発見でした。雰囲気はとってもいいですよね。大人数で賑やかにおしゃべりしながら、お洒落な雰囲気の中で食事を頂く、まさにイタリアンなレストラン。Burlingame店は、入ってすぐに「本日のデザート」の現物がずらっと並べられてて、最初からデザートなしでオーダーできないマインドにさせられます(笑)朝食レポ、楽しみです。

子育てに対する考え方。またまたなるほど、、と感心するところ。私もどちらかというとほったらかしで育てられたクチですが、お嬢様と違い、我が強く我がままな人間に育ってしまいました。いざというときの補正。されなかったんでしょうね。Miyukiさんの補正術は素晴らしくうまくいっているんだろうと、尊敬の念。
Commented by Miyuki at 2008-06-22 10:05 x
*マミィさん
さっすが姉さま、良くわかってらっしゃいます! そなのです、じっと見守ることが一番難しいことなのです~~。未熟すぎてこれができない私は、でしゃばってしまうか、見ないことにしてほったらかすか、しかいまだにできてません……(ため息)

いえいえ、今「見守り子育て」ができてらっしゃるなら、実のお子さんであっても、マミィさんならきっとできてた、と思うです。子供を持つ・持たない、は、決して縦横の力関係で語られるべきものではなく。子供を持たなかったからこその、素敵な経験と豊かさを得ることができている方々を、何人も知っております。どんな人生を選択しようと、結局はその人生に対して、どれだけ前向きの姿勢でのぞめるかという、その人の力次第なのですよね。今のマミィさんは、きっと私なぞより、何倍も豊かなものを持ってらっしゃるですよ~vv

朝食レポ、実は私も楽しみなのです(笑) レポが、じゃなくて、行くのが!
Commented by Miyuki at 2008-06-22 10:12 x
*Shinaさん
おお、バーリンゲームにもあるですか~! どこかで見かけた名前とは思っていたのですが。そう、雰囲気いいですよね。明るくて賑やかで、でも平均以上の丁寧さ。私達が行った時は開店直後だったので、まだデザートが並べられてなかったのです。もしあったら、素通りできなかったかもしれませんね(笑)

あ、いかん、優しいshinaさんは好意的に見てくださってますが、アヤツはすんごおおおいいい我の強い自己中ですぞ! 自分の視点を崩そうとしない、人の意見を聞き入れない。↑のセリフのように、自分が見たいものしか見ないのでございます(怒) それを補正するどころか、同レベルでケンカしては、更に頑なにしている母のせいで、彼女の我の強さはとどまるところをしりません……っ!


<< 進む速度が心地良く それでも十分上に在る >>