引き寄せの法則

時の記念日、社会教育法施行記念日、歩行者天国の日
森永ミルクキャラメル発売、20粒10銭(1913年)
国立西洋美術館開館(1959年)
北陸トンネル開通(1962年)


平安時代の以前では、ハ(HA)行がなくて、パ(PA)行を使っていたんだそうです。
なので、

母(HAHA) → パパ(PAPA)

だったわけですねえ。



……なんかそれって、腹が立つのはなんででしょう。(母親のプライド)

* * * * *

【個人的事情】
b0059565_12442038.jpg

日常の記録の為。身近な友人への近況報告の為。そう思って、ひそひそと続けてきたこの日記。
思いがけず、これのおかげで、このエリアのマクロビ仲間ができたのだ。




マクロビ料理を作るようになったのは、結構前のことだけど。それ以来、ただレシピを見て作るだけ~、のゆるゆるモードだったので、とても「マクロビやってます」なんて言えないぐらいで。
それがようやく、理論も含めて詳しく知りたい、と思ってきたのは、ほんの数ヶ月前のこと。

まだまだほんの入口だけど、それでも本やネットで情報を漁り始めて、身体の中に少したまってきたら、それをどこかで吐き出したくなって。
でもマクロビに興味のない人に言うことではないし。わかってくれそうな人には言ってたけど(殴)
日記でずらずらと並べ立てるのも、もってのほかだし。小出しにはしてたけど(蹴)

勢い、お嬢との日常の中で、
「これは陽が強いから、食べない方がいいよ」とか、
「その鼻水は陰性の排出! お菓子の食べすぎ!」とか、ついつい口に出しちゃって。
お嬢には、「マイブームを押し付けるな」と嫌がられる始末。ううう、すまん、修行の足りない母ちゃんを許してくれ。

しかし、神は私をお見捨てにならず。求めよ、されば与えられん。
ほんとに思わぬところから、輝く救いの手が差し伸べられたのであったのだよ。


オンラインで特に制限なしに公開している分、いろんな人から見られる可能性のあるこの日記。しかしここに限り、見ている人は、日記上かメールでコメントをくれる友人達しかいないと思ってた。
ところがある日、ある方から、ある件で問い合わせをいただいて。更に、近隣の市にお住まいということもうかがって。
その優しくて丁寧なメールに感激して以来、こんなすっぽぬけ頭でも、その方のお名前はしっかり覚えていたんだね。

そして先日、またその方からいただいたメール。名前を拝見して、嬉しくてソッコーで読ませてもらったのだけど。
その中にはなんと、彼女が入っているマクロビサークルの集まりに来ないか、との、お誘いが含まれていたのだよ。


天から降って来る光のようなそのメールに、私が送った返信は、コーフンとカンゲキのあまり、目には見えない鼻血まみれだったことは間違いない。(ヤメナサイ)


オンラインで知り合った人と、実際にお会いするのは、とっても緊張することだけど。私の場合は、少なくとも日記から、かなりのアホバカマヌケであることはバレバレのはずなので。
そういう意味では、実物とのギャップもないので、安心して会えるのだけど、問題は年齢、にあるのだよ。
だってメンバーの方々、お子さんの年齢から察するに、私よりぐっと若い方ばかりと思われる。そんな中でこんな年寄りが、一体馴染んでいけるのか……(ちょーー不安)

背後に不安の黒雲、しかし目には希望をたたえ。そんな状態でお会いしたあの方、この方。
すごくすごくいい方ばかりで、私のほうがよっぽど年下のようで、たちまちのうちに私の黒雲をはらってくださったのだった。


そして今日は、初めての勉強会。
ボストンにあるマクロビオティックスクールで学ばれた方が、このサークルの代表をつとめてくださっているのだけど。彼女が時間をかけて学んだ貴重な内容を、私達に惜しみなくシェアしてくれるという、本当にありがたい機会なの。

マクロビに関しては、あっちをかじり、こっちをかじりで、全然系統立って勉強してない私には、彼女がまとめてくれた手書きのプリントが、なんとも大事でありがたく。
こちらでの食材を基本としてくれているので、毎日の実行もたやすいもの。
今まで疑問に思っていたことにも、きちんと答えをいただいて、ますます心は晴れ渡るばかり。
お手製のマクロビスイーツが、またなんと美味しいことか。


そして、たあくさん、話しちゃった。
あれもこれもそんなことも、他の人には、ほとんど打ち明けたことのなかったところまで。

ああ、私、マクロビについて、こんなに誰かと話したかったんだなあ。
今、色々と悩んでいること、こんなに誰かに聞いてほしかったんだなあ。

しみじみ、という言葉では足りないぐらいに、心の底から感じたんだよ。


趣味の範囲でやってることでは、自分一人で楽しめれば十分、と思っているけれど。
それでも誰かと一緒にやれば、それも向いている方向が同じ人であれば、その楽しみは何倍にも膨らむものだよね。
ましてや知識も経験も必要なものであれば、その円は広がれば広がるほど、中身が充実したものになっていく。

夏休みに入るので、しばらく活動はお休みになるけれど。
その間の私的夏休みの課題@2008年バージョンは、すでに決定、となりました。
[PR]
by senrufan | 2008-06-10 12:43 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8775553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆみたち at 2008-06-12 14:15 x
ね、本にしない?
Commented by マミィ at 2008-06-12 16:17 x
マクロビサークルでの美味しそうなお菓子、これは何だろう、どこにも書いていない、気になる、気になる・・・と写真に釘付けの朝(笑)
良いお仲間に出会えて良かったですねぇ。今後の展開がまたまた楽しみです。ゆみたちさんに同感、で、本にしない?
Commented by Miyuki at 2008-06-13 02:06 x
*ゆみたちさん
うん、ゆみさんがまず本を出してくれたら、その後で。(にっこり)
Commented by Miyuki at 2008-06-13 02:11 x
*マミィさん
おお、いかん、書いてなかった! これは「ひえと杏のケーキ」で、こちらのmilletとドライアプリコット、寒天を使った一品でございます。もーー絶品!
姉さまこそマジで作品集を出しませんか、その名もずばり、「ノルマンディーの雨と、日本の太陽の狭間より~ランプと額の協奏曲」。不肖、私めが、本音丸出し・絶賛てんこ盛りの推薦文を書かせていただきますっ!
Commented by frogfreak at 2008-06-13 02:41
同じ趣味、同じ考えを持つ人と知り合えて、それを共有できることって本当に嬉しいですよね。いい出会いがあってよかったですね。
私もブログを通してMIYUKIさんとお知り合いになれてよかったです。
ブログって素敵ですね。
ところで、お子さんの年齢から親の年齢の推定には無理がありますよ。私の周りの新米ママたちはMIYUKIさんとほぼ同じ年代の人ばかりなんだから。笑

母→PAPAだったんですか。それは面白いですね。
じゃ、HAHAもPAPAもMAMAも皆、母親を意味するんだ。それはすばらしい!
平城京はPEIJO-KYOだったんですね。笑
Commented by まきりん♪ at 2008-06-13 12:02 x
CAにはマクロビサークルがあるのですか!
バンクーバーまだしも、私が住んでいるあたりでは聞いたことない人ばかりだろうな~

食って嗜好を通り越して、人生哲学の域に入る気がします。
今後の更なるマクロビ生活の発展が楽しみですね。
Commented by Miyuki at 2008-06-13 12:55 x
*frogfreakさん
はい、ほんとに私は周りの人には恵まれてて……勿論その中には、frogfreakさんも燦然と輝いて入っていらっしゃいますぞ~vv
え、そおかな~(期待) でもそれはfrogfreakさんが優しいからだと思うです……やっぱ30代と40代の差はデカいっすよ、とほほ~。精神年齢の若さなら、絶対負けないのにっ。(小学校低学年レベル)

きゃー、またもや励まされましたー! もーもー、frogfreakさんの視点、大好きっ!! そうだ、全部母親だ! PEIJO-KYOもどんと来いっ!(爆笑)
Commented by Miyuki at 2008-06-13 12:57 x
*まきりんさん
CAというような大きなレベルではないですけどね(笑) や、こちらでもさすがにマクロビ人口は少ないですよ。ベジタリアンは多いから、そちらとジョインしても嬉しいですよね♪

人生哲学、つきつめるとそうなんでしょうね~。衣食住あっての生活ですものね。
Commented by peartree22 at 2008-06-16 13:21
わー、Miyukiさんが日々実践されているからこそ、引き寄せられたご縁ですね!
ますますMiyukiさんのマクロビ生活も深みと奥行きが生まれてくるでしょうね♪
ゆみたちさんの本もMiyukiさんの本も待ってマース♡
Commented by Miyuki at 2008-06-17 12:32 x
*ちゃんさま
それがですねえ、ここ1ヶ月ほど、あれやこれやで乱れきっているのです、私個人の食生活(涙) いい加減立ち直らないといけないのですが、これがなかなか~~。しかし、こんないいご縁をいただいて、そんなこと言ってられないですよね。夏休みの間に、なんとかしたいと思うですー。

ゆみさんのご本。想像しただけで、にまにましてしまいます~♪


<< Savor your youth 決め手は味と居心地と >>