ぽっかりと空いた心の中の

LAで3泊、我が家で2泊ご一緒した友人達は、今日朝早くに日本に向けて発った。
こんなに早く終わっていいものか。いや良くない。

色々なことがあって、そのどれもが楽しいことばかりでした。
素敵なお土産をいっぱいもらったのに、更に最後の夜にすんばらしいプレゼントもいただいてしまって、天井まで舞い上がって戻れないかと思った。
あのねあのね、直筆のスケッチをもらったのーー!! もうこれは代々受け継がれるべき宝です。
楽しい時間をくれて本当にありがとう。再会が待ち遠しくてなりません。

なんやかんやで昨夜は朝4時過ぎまでダベっていて、そのまま6時起きしたので、さすがに頭の中が切れかけの蛍光灯。
それでも今日はカレッジのボランティアがあるので、1時間の仮眠の後、日差しの中に身を投げるように家を出る。太陽の目覚め効果。
掃除したり電話したりで何とかお嬢の迎えまでは起きていたものの、家に帰って30分後には意識を失ってフェイドアウト。

夕方にうちの愛しい馬鹿息子達=インコを引き取って、今日はもうお休みだ。
[PR]
by senrufan | 2004-10-05 14:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/876703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さて日常の 選ばざるをえない >>