「ほっ」と。キャンペーン

続く願いの持つ力

お稽古の日、補聴器の日、唐招提寺開山忌
長門に14万の軍勢で蒙古襲来、弘安の役(1281年)
出羽の大地震で名勝・象潟が隆起し陸地に(1804年)
連合軍が北仏ノルマンディー上陸作戦を開始(1944年)


えーとえーとえーと、いい年してお恥ずかしいのですが。(もじもじ)

b0059565_1133465.jpg私の大好きな少年マンガ、尾田栄一郎氏の「ONE PIECE」
先日、とうとう50巻が発売となり、今日日本から帰宅した旦那が持ち帰ってくれました。
いぃやっほーーぃ、待ってたよーー!!(マンガを)

いくら、いつまでも精神年齢、もとい心は少女のまま、といっても、さすがに最近のマンガには、どーも手が伸びず。雑誌を読んでみても、面白いと思うものに出会う確率がぐんと低くなり。
結局、昔のお気に入りのマンガを何回も読み返すことがほとんどなのですよね。さすがに寄る年波には勝てません、よぼよぼ。

しかしその中で、この「ONE PIECE」は別格で。これは何度読んでも飽きることなく、新刊が出るたびに、更に惹きつけられていくばかり。
今回の50巻も、お嬢と奪い合いのようにして一気読み。またまた泣かせてもらいました。


本でもマンガでも、出会いのタイミング、というものがあって。このタイミングの良し悪しで、その本が自分にとってどういう存在になるかが、ほぼ決まることもあり。
一方、タイミングが合わずに面白くないと思っていた本を、数年たって読み返したら、いきなりツボにはまったりして。つくづく人も本も場所も、出会いだなあ、と思うです。

更に言えば、最初に読んだ時にとても気に入って、それから何度読み返そうが、何年経とうが、そのたびに魅力を感じる本、というのもあるのであって。そういう本やマンガに会えることは、貴重な親友をもう一人得るようなもの。
「ONE PIECE」がいつ終わるのか、これからどう展開していくのか、全く見当もつきませんが。
願わくば、終わった後も宝物、と言えるマンガであってほしいものでございます。


おまけで、こんなサイトを教わりました。
でもさすがに、二次元萌えの年齢は過ぎたなあ自分……(遠い目)

ワンピキャラからのプロポーズ

* * * * *

【レストラン】
b0059565_11265074.jpg

地中海とか、中近東とか。歴史も地理もわかってないくせに、このエリアの料理は大好きだ。
なので、その手のレストランを見かけると、理屈抜きで入りたくて仕方がない。(危険人物)



ところが、自宅から比較的近いレストラン。レバノン料理、となっていて、地元紙などでも良い評判ばかりを聞いていたのだけど、なぜか未訪問のまま。
他にも行きたい店が多すぎて、というのと、夜のベリーダンスショーが好評と聞いて、逆にオコチャマな私が行っていいのか、と考えたの、とか。(変人)

しかし、いつしか思いは届くもの。友人2人が付き合ってくれて、ランチタイムにとうとう入ってみることができたのだよ。持つべきものは良き友人。(感謝)


b0059565_1127676.jpg
b0059565_11271656.jpg

べりーだんす、という言葉から、勝手に賑やか・キラキラ・ちと暗め、を想像していたのだけど(ちょー単純)、昼間の店内は陽射しで明るく、マホガニーの内装が落ち着いた雰囲気を醸し出してるよ。
バーラウンジと、テーブルと。プライベートルームも色々対応できるらしい。

さてさて、何を選ぼうか。美味しそうなものばかりで、すんごく迷うよ。
しかし同行してくれたれでぃ達は、中近東料理はほとんど初めて、ということなので、ここはポピュラーなものを幾つか選んで、入門お試しコースだな。

b0059565_11275084.jpg

注文した料理を待つ間に、サーブされたピタパン&ディップ。
ここのピタパンは、上品バージョン。厚みがあって柔らかめ、ふんわりと膨らんだポケットパン。
そしてディップの美味しいこと。周りの白いクリーム状のものは、食べてみたら濃厚で酸っぱい。マヨネーズじゃないし、サワークリームでもない。
わからなくてウェイターさんに聞いたら、アレでしたよ、Middle eastern yoghurt。これと、真ん中のスパイスたっぷりオリーブオイルを混ぜて、ピタパンに挟んで食べると美味しいよー。

b0059565_11281847.jpg

いよいよ料理の登場だ。
まずは冷前菜から、Baba Ghannougeなるものを。焼き茄子と白胡麻のペーストだ。

Roasted Eggplant Spreadや、Eggplant Hummusなど。焼いた茄子が大好きで、時々こおゆうのを買うのだが。
ここのペーストはやっぱり違う。焼いてある、ということがはっきりとわかる香りと味。
ガーリック風味とざくろの甘味、全て混ぜて、ピタパンと一緒に頬張るよ。

b0059565_11285012.jpg

フレッシュな野菜が嬉しい中近東料理。Fayrouz Saladでたっぷり食べよう。
きゅうり・トマト・レタス・オリーブ、そしてフェタチーズ。これも定番でハズレがない。ファラフェルも付いててありがたい。

b0059565_11292970.jpg

メインの一つ、Lamb Bamieh。ラムとオクラのシチューだよ。
トマトソースで煮込まれたラムは柔らかく、臭味が全然ない。オクラは私達が買うのとは違う種類? かなり小さいものだったけど、これがまた適度な煮込み具合で、するりと食べちゃうよ。
見かけより穏やかな味付けで、ほんのり塩味、トマトの甘味。スープだけでも欲しいぐらい。

b0059565_1130657.jpg

メインのもう一品として、Veggie Combo。前菜と重なるメニューも入っているのだけど、クスクス添え、となっていたので、それが食べたい!と皆で意見が一致して。
ところが運ばれてきた大きなお皿には、クスクスはのってなかったよ……(愕然)

ポピュラーなもの、集めてみました、といった感じの一皿。タブーリにハマス、フェタチーズ、ドルマにファラフェル。
どれも美味しかったんだが、唯一の不満がファラフェルで。かなりしょっぱい上に、揚げ過ぎのせいか、しばらく前に揚げたからか、外側かなり固くてね。油っこさも感じてしまって、ちと残念なお味でした。


ようやく行けた、念願の一軒。好奇心は120%満足だ。それもこれも、付き合ってくれた貴方達のおかげだよー。(愛)
願わくば、これをきっかけに、地中海料理を好きになってくれたら嬉しいなあ。


Illusions Restaurant
260 California Avenue
Palo Alto, CA, 94306
[PR]
by senrufan | 2008-06-06 11:13 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8743890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2008-06-08 12:32
わー、未知との遭遇、レバノン料理。で、これはかなりぐぐっと惹かれるものがあります。あー、またもや”行きたいリスト”の上位変更です(笑)
ファラフェル、確かにこげちゃってますねぇ。うーん、ファラフェル好きとしてはとても残念ですが、他のお料理食べたさにやはりお腹がぐーー。
あー、ただ今お昼12時30分過ぎ。これらを見た後で、いったい何食べよ・・・(涙)。


Commented by Miyuki at 2008-06-08 23:28 x
*ちゃんさま
ね、ね、私も「レバノン?」と思ったのですが、馴染みのある料理が並んでいたので、ほっとしました(笑) 陸続きで料理も共通するあのエリア、ほんとは色々学べば、もっと深く味わえるのでしょうけれど。いかんせん、頭が悪すぎます……
ちゃんさまが何を召し上がるか? きっと私の普段の昼食の、3倍は豪華で栄養があるものと推測します。(真顔)
Commented by ayumin_moo at 2008-06-09 14:50
私もこのエリアの料理、大好きです♪先日は1人で地中海レストランのランチを食べてしまいました。何かものすごい引力を感じてしまって。

これはまた、美しいお料理たちですね!他のレバノン料理店へ行きましたが、そこより上品で品数も豊富そう。やっぱり場所の差でしょうか。。。
どれも気になりますが、焼き茄子と白胡麻のペーストが気になります~!
私も茄子のペーストをいくつか食べたことがありますが、まだ自分に合うものに出会ったことがないのです。また行きたいレストランが増えてしまいました。。。
Commented by マミィ at 2008-06-09 21:28 x
お互いの人生もある。
無理は言うつもりは無い。
ただ、ただ・・・・
『俺はマミィと結婚したい!もしこの想いを受け取ってくれるなら、この6月12日16時発ニューヨーク行きのチケットを持って空港に来て欲しい。』

・・・ワンピキャラ占い、やってみました。12日まであと3日しかないんで、準備が大変です。ところで、プロポーズの相手のルフィだったか、なんだか、コピーし忘れたので覚えていないのですが、今の生活を捨てるほどの色男でしょうか?どうぞ至急教えてください。
Commented by Miyuki at 2008-06-10 10:35 x
*ayuminさん
ayuminさんが一人でランチなんて、そんな、いけません! すごい人数にナンパされちゃうじゃないですか。そういう時は、エスコート役に私をお呼び下さいませ。(真顔)

そう、私ももっとカジュアルなものを想像してたのですが、かなり上品路線でしたね~。
焼き茄子、お好きですか、一緒だー♪ ここのは、炭火で焼いた?と思うほど、香りが濃厚でした。ぜひお試しあれ~!
Commented by Miyuki at 2008-06-10 10:39 x
*マミィさん
な、なんと具体的なプロポーズ! しかし一体誰なんだ?? 私がやった時は、悪役の犬顔妖怪でしたよ……
しかし、この口調からすると、サンジではないですよね。だったらやめた方がいいかと。(きっぱり) だって、サンジは料理も家事も得意だけど、あとのメンバーは誰をとっても、ご飯は作れないこと確実。レンアイはまずは胃袋から、でしょう!(テメエ理論)
Commented by マミィ at 2008-06-10 14:34 x
朝っぱらからもう一度やってみましたが(←暇人)、やはりルフィという名でしたぞ。え、そんなキャラ、居ないの?新種の詐欺?じゃ、荷造りは延期しましょう。

「レンアイはまずは胃袋から」理論に一票(笑)
Commented by Miyuki at 2008-06-11 09:59 x
*マミィさん
あ、ほんとにルフィだったんですか!? 彼はこのマンガの主人公で、将来、海賊王になる男です。脇役好きな私が、彼だけは別格で大好きで大好きで! ほんとに、こんな息子が欲しかったんですよ、アタシ!(力いっぱい)
でも結婚相手にはお勧めしません……すんごく苦労しそうだ……いろんな意味で。

ちなみに彼をオトすのは簡単です。何百人前と平らげられるほどの大食漢なんですわー。正に、胃袋から!(笑)


<< 決め手は味と居心地と 壁の向こうにあるものは >>