「ほっ」と。キャンペーン

数万キロを一瞬で

火葬禁止令廃止の日、キスの日、ラブレターの日
将軍・家綱が武家諸法度を改定、殉死を禁止(1663年)
ドイツ連邦共和国が正式に成立(1949年)


憧れみかさんブログで、怖いお母さん@中国人の話が語られていまして。
この手の話は、普段の自分の鬼母ぶりが思いっきり重なることもあって、とってもとっても身につまされてしまうのです。
ましてや子供の虐待話は、どんな時でも平静に受けとめることができないのです。

みかさんのいらっしゃる市は、中国人の割合がかなり高いことが特徴で。
教育熱心な中国人ががんばってくれたおかげで、学区レベルが高く、よって他の教育熱心なアジア系=韓国、インドなどの方々もどんどんと増え、今ではすっかり白人の方がマイノリティーと映る場所。よって、この手の話に遭遇する確率も高いのかもしれません。

自分が育ったように子供を育てる、というのは、どうしても否めない傾向で。
アジア系民族は、概して教育熱心なところがあるので、この手の光景は実はそれほど珍しくないことなのだ、とも考えるのですが。

この子はこれから、ずっとこういう環境で育っていくのかなあ、
大人になった時、どういう人になるのかなあ、
ご両親は、叱る時と同量の、愛情を示す時もあるのかなあ、

色々と、色々と切なくて、沢山のことを思います。


守られ、信じられ、受け継がれていく、価値観というもの。
それは家族という単位から始まり、友人、学校、企業、そして国家にいたるまで。
それを何かのきっかけで、「他人の目」で見つめることが可能になった時に、一体どう映るのでしょう。
「Ignorance is bliss, but it is just a time bomb (無知であることは幸福だ、しかしその状態は時限爆弾にすぎない)」
先日、お嬢から教わった言葉です。
ミャンマーや北朝鮮といった、独裁国家といわれる国と国民についての話をしている時でした。
いつか気づく時、目が開く時が来てしまったら、もう二度とその前の自分には戻れない。そうなった時以降の身を、果たして幸福と呼ぶことができるでしょうか。



今日も、たかだか服のことで私と大ゲンカして、
「ママはいつもそうやって意見を押し付ける! プレッシャーばっかり与える!」
と、自分は虐待被害者・他の親はいい人ばかり、と思い込んでるお嬢の目も、誰か開いてやってくれませんでしょうか。(怒怒怒)

* * * * *

【レストラン】

オンライン新聞を読んでいる時、ふと目にとまったレストラン・レビュー。
隣の市のレストランについてだったんだが、やたらとほめてあったんだよ。
それからやはり別な新聞でも目にする機会があって、そこでも「Hot place!」なんて、とっても持ち上げていて。だから私的「行ってみたいレストラン」リストの中では、トップクラスに入ってた。



そんな時に、嬉しいランチのお誘いが。
ブログをリンクさせていただいているshinaさんayuminさんという、若く美しく賢いお二人との逢瀬だって。どうやら夢じゃないらしい。(大歓喜)(ハレルヤ)
すっかり舞い上がった私@うんとオバサンは、思わずこのレストランでのランチを提案してしまったのだった。

どういうレストランかというと、アジアン・フュージョン、と言えばいいのかな。
アジア系レストランというと、ベトナム、インドネシア、マレーシアなどなど色々あるけれど、なんとこの店、「東南アジア全域」を網羅してるらしい。
それってもしかして、節操なしってことですか。などと暴言混じりの不安も抱きつつ、この場所を訪れてみたんだな。

b0059565_1121695.jpg

どこかハイテクっぽい外見の建物の、重厚感あるドアを押して入れば、そこは赤と黒と竹と仏像の入り混じった、なんともエキゾチックな雰囲気満載。
や、ほんとに並んでるんだよ、壁に仏像がずらーっ!と。彼らに見下ろされながら食べるとなれば、なんか背筋が伸びる思い。(単純)
バー部分とレストランエリアがあって、天井がすごく高いと思ったら、ロフトっぽい造りの2階部も。店内自体はそれほど広くないけど、集客数はそれなりにいけそうな。

b0059565_1143027.jpg

ランチメニューは、勿論単品でも色々あるのだけど、ここのセットメニューが面白いの。7種類あって、それぞれ東南アジアの国名がついてるんだよね。
例えば「Thai」だと、Red Beef Curry、「Malaysian」なら、Spicy Barbeque Chickenと、その国らしいメイン一品に、サラダ・副菜・ジャスミンライスに、チップスがついてくる。

どれもこれも美味しそうで、めちゃめちゃ迷ったー!
と言いたいところだが、ベジタリアンメニューは一種類のみで、必然的にそれを選ぶ私は、迷う必要がないのだった……

b0059565_1153629.jpg

そして、運ばれてきたのがこちら。メニュー名は「Laos」だよ。
メインはGrilled Marinated Tofu、それにOrak Arikという野菜炒めと、Green Papaya Saladが一皿に。

アマノジャクな私は、レビューがとてもいいと逆に警戒してしまうのだけど、こちらは前評判通りに旨かったー。
豆腐はさすがにそれほど手を加えてないけれど、グリーンパパイヤのサラダはしゃきしゃきで、ドレッシングも控え目でさっぱりだったし、炒めた野菜も歯応えが丁度良く。
強いて言えば、どうしてもこの手の料理らしく、油が多めの傾向にあるけれど、それをサラダとジャスミンライスが中和して、全体としてグッドバランス。お箸がついつい進みます。

b0059565_1163995.jpg

人気のほどを示すように、次から次へと入ってくるお客さん達。
単品で注文しているテーブルも沢山あって、
おお、あれは大好きなRotiじゃないか!
え、あの焼肉っぽいの、すごく美味しそう!
ちょっと、あのサラダみたいなの何?
などなど、人様の食事に大コーフン。欲張って対象国を広げた分だけ、バラエティ豊かな料理が揃ってる。

その国出身の人がここの料理を味わったら、どういう感想を持つのかな。そんな好奇心まで沸いてくる。
今度は数人で押しかけて、単品をどどーっと注文したい。目指せ、「たったの1時間弱で、東南アジア一周・食の旅」としゃれこもう。



でも、どうしてトーフセットがラオスなのか、それだけは謎のままでした……


Red Lantern
808 Winslow Street
Redwood City, CA 94063
[PR]
by senrufan | 2008-05-23 10:56 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8661726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2008-05-27 17:35
タイトル : No.470 神秘の赤に包まれたお味 Red Lante..
レッドウッドシティのダウンタウンはずれにある東南アジア料理のレストラン Red Lantern。2007年11月のオープン以来、様々なメディアで高い評価を得ている。(らしい。すべて連れて行ってくださった方からの貴重な口コミ情報。) 「アジアにおいて赤は幸運 Luck、幸福 Happiness、繁盛 Prosperity、富 Wealth のシンボル」というコンセプト通り、店内は思わず「うわぁ・・・」と声を上げてしまうような真っ赤な装飾。Santana Row にある Shino みた...... more
Commented by Chico at 2008-05-26 12:30 x
ここshinaさんのブログで拝見しました~♪
とてもお洒落な感じで、お料理も美味しそうですよね。
グリーンパパイヤ・サラダ、大好きなんですよ~。
それだけでも食べてみたい気がします。
豆腐とラオスの関係、私にもよく分かりません、、、。(笑)
Commented by マミィ at 2008-05-26 15:31 x
みかさんのブログにお邪魔しました。
中国人母・・・うん、わかる、怖いだろうな~、その30分は毎回憂鬱で長く感じるだろうな~と、みかさんのブログを読ませていただいて同情。

国籍で決め付けるのイケナイので中国人が全部とは言わないけれど、私の友達の中国人はやはり教育熱心できつくて怖い。特に中国語って、言葉の響きが威圧的なんだよね。そんな彼女たちがフランス語を話すと、思い切り中国語のイントネーションなので全部命令形に聞こえる!あれ、ほんとやめてほしい。

豆腐とラオス、笑えるね~。ご近所のミャンマーにすればいいのに。←time bomb
Commented by mikamika at 2008-05-26 23:06 x
一年ほど観察してきて思うには、あの育て方こそがあのお母さんにとっての愛情のかけ方なのではないかと。。。
あ、でもお料理は好きそう(時々手製の何かを持ってきていたり、他の人にレシピをあげているのを目撃)なので、そういう形で愛情表現しているのかもしれません。

お嬢、そういうお年頃なのでしょうね。うちもレオが反抗的態度の年頃に突入。通り過ぎることができるものだとユウで経験しているというのに、修行の足りない私は毎日、怒怒怒。
Commented by すれっぢ at 2008-05-27 06:46 x
ちょいと調べたとこによると、ラオスでは結構豆腐を食べるようですよ~。
こんなページが
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6214/mkids005.html

ところで、日本もモーラされてるのでしょうか~?どうも入ってなさそうですね。日本代表として・・・何入れて欲しいかな~。うーん、やっぱり
ひじきとか、おから・・・キンピラ(笑)
Commented by Miyuki at 2008-05-27 11:25 x
*Chicoさん
そなんです、shinaさんと行ったのですけど、こんなにアップする日に差があるというところがトンデモナイ(笑)
グリーンパパイヤ、美味しいですよね~♪ でもまだ実物に触ったことがないのです。ちょっと料理してみたい気もするのですが。
ね、どうして豆腐とラオスなんでしょう、と思ったら、↓に頼もしい方のカキコがありそうですよんvv
Commented by Miyuki at 2008-05-27 11:32 x
*マミィさん
そう、周りを見てても、ほんとに教育熱心。つか、私は「このエリアで一番教育不熱心な日本人」と言われたことがあるヤツなので、余計にそう感じるのかもしれませんが。でもまた子供が良くついていく子が多いんですよ~。「いい大学に行って、親を喜ばせたい」とか言ったり。だからこれもまた国の文化、と考えなきゃいけないとはわかってるんですがねえ……
そう、中国語、確かに響きが強く感じますね。でももしかして日本語もそうなのかなあ。

あ、ここのランチ、ミャンマーセットもあるです! エビの炒め物。これからエビを食べる時は、ミャンマーに祈りを捧げてからに(おい)
Commented by Miyuki at 2008-05-27 11:36 x
*みかしゃん
そうなんだよね、彼女達はこれこそが子供の幸せ、と思ってやってることだから、責めることはできないんだよねえ。その手料理話には慰められるな。なんというかね、教育熱心過剰はそれならそれで、終始一貫してれば意味がある、とは思うのね。親の姿勢に揺るぎがなくて、子供の為という信念がしっかりしてれば、子供も真っ直ぐにいけるだろうと。ただ、私はそういう価値観ではないので、どうしてもできないことだけど。

そうだった、レオ君不機嫌期突入だったね~。私も、いつか過ぎること、と思って、歯を食いしばったりするんだけど、5歳からずーーーっと待ってて、まだ過ぎる気配がありません……どうしたらいいですか、先輩っ!(泣き伏す)
Commented by Miyuki at 2008-05-27 11:40 x
*すれっぢさん
わあい、さすがすれっぢさん、ありがとうございます~~!! えへへ、実はすれっぢさん辺りが調べてくれないかなー、なんて思っていたのでした。どうですか、この信頼度!(いばる)

東南アジアということで、日本は入ってなかったですね。ほんと、日本セットだったらナンだろう。やっぱり刺身とか照り焼きになりそうだけど、自国民としてはひじき、おからは王道ですな。(きっぱり)
Commented by ayumin_moo at 2008-05-27 13:14
東南アジア料理、美味しかったですね!とっても素敵なレストランを紹介してくださって、ありがとうございます~♪
憧れのMiyukiさんにお会いしたことで興奮してしまい、気付いたらメインはそっちのけでパパイヤサラダばかり食べていた私です。(恥)私のエビ料理も美味しかったですよ~。でも、なぜメニュー名がバーミーズなのかはわかりません。もちろん、バーミーズ料理がどんなものかも知らず。。。今度、その他のメニューも試してみたいと思います。

教育方法、難しいですね。。。子供は手を掛けるほど良い方向へ育つとも限らないし、放任しすぎても曲がってしまうことがあるし。まだ子供のいない我が家、もし子供が生まれたら自分がどんな親になるのかと考えると、ちょっと不安になります。。。
Commented by frogfreak at 2008-05-27 13:47
噂を聞いて(ってMiyukiさんとShinaさんからね)、早速行ってきました。Redwood cityには、というか、Mid Penninsulaには珍しく洒落た内装で素敵ですね。ここは昨年の11月オープンで新しいんですね。redwood cityのダウンタウンも変わりつつあるなぁ~。
夜に行ったんですが、そうですねぇ。かなりキビシイ言い方をするとアメリカ風アレンジお洒落アジアン。straight cafeとかと同じ路線ですね。
本場な味を期待すると限りなくがっかりするけど、OPENMINDで行けばおいしい??
スパイシー海老がおいちかったです。
Commented by Miyuki at 2008-05-28 08:26 x
*ayuminさん
美味しかったですよね~! その節はお付き合いいただいて、本当にありがとうございましたvv おかげさまで念願の場所に行けましたです。ほんと、それぞれのメニューの理由、ちゃんと聞いてみたかったですね(笑)

いやいやご心配なく、私の中でayuminさんは、「いいお母さんに絶対なれる人」リストのトップクラスにいらっしゃいます。(勝手に) 色々考えてたら親なんてやってられないのですが、それなりに考えていかないと、その道は曲がっていきそうで。でも一番の基本=愛情があれば、きっと乗り越えていける、と信じていくしかないなあ。で、我が家はその基本が問題と(爆)
Commented by Miyuki at 2008-05-28 08:31 x
*frogfreakさん
おおっ、最も頼もしい方が夜の偵察を! ありがとうございます、嬉しいなー♪
Straight cafeと、ああっ、それ納得できるご意見! 確かに同路線ですなあ。でもやはり本場とは隔たりがあるというイメージ? じゃあ雑多に楽しみたい場合はこちらで、じっくり味わいたい場合は絞ったお店で、という形で行き分けていこう、てな感じかな。ここのダウンタウン自体も気になっているので、私もまた探検に行きたいですー。


<< 借りるべきは旬の勢い 森のきのこの王国で >>