本物、を名乗る資格

サンジョルディの日、世界図書・著作権デー、地ビールの日
尊攘派志士7人を斬殺、寺田屋事件(1862年)
仏パナマ運河会社を米が4,000万ドルで買収(1904年)
GHQが1ドル360円の単一レートを指令(1949年)


「余裕があったら欲しい電化製品」のうちの一つと思われるもの。それはエスプレッソマシン
と、余裕のない私は呟いてみるテスト。

しかしこのマシン、実は使い方次第で、全くエスプレッソの品質が違ってくるんだそうですね。
エスプレッソ一つとっても、品質を左右する要素、なんと40以上とか。
例えばマシンの汚れ、コーヒーの粉の量、粒子の大きさ、粉を押し固めた時の密度、その形、吸水量、水質、水圧、水温、抽出時間……あああ、きりがない。
これら以外にも、完璧なエスプレッソの抽出を阻もうとする要素は、およそ30とのこと。


コーヒー業界の調査によると、アメリカのコーヒー店のうち、エスプレッソマシンを正しく使いこなしているのは、全体のおよそ5%に過ぎないそうで。
つまり、全米で5%の店でしか、本物のエスプレッソを味わえない、ということなんですね。
まあこちらも、これぞ本物!なんて感動できるほど味がわかるわけではないというトンデモ客なので、どっちもどっちなんですが。

たかがコーヒー、されどコーヒー。どんなものでも”本物”は、遥か高みにあるようです。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_11295162.jpg

隣の市にある、モロッコ料理のレストラン。地中海料理大好きな私は、ずっと行ってみたいと思っていたのだけど、ランチなし・ディナーのみのところだったので、なかなか行く機会がなく。
ようやく久しぶりに家族外食しようか、となった時に、すかさず旦那とお嬢を、この店に誘導したんだよ。



b0059565_1130401.jpg

店内はそれほど広くない印象だけど、モノトーンの内装と、明るすぎない照明が良い感じ。
担当のウェイターさん、大層体格のよろしいおじさまで、メニューの説明が上手い上、食事の間中、何度も声をかけてくれて、それが押し付けがましくなく。ここでまず、かなり好感度高し。

b0059565_1131466.jpg

注文したものが来る前に、パンとディップをサーブされ。いきなりこのディップに惚れこんだ。
2種類あって、1つがひよこ豆(ガルバンゾー)、もう1つが茄子。両方ともスパイスが効いてて、豆の方がしっかり・みっちり、茄子の方はトロトロで、すんごく美味しい。
ガツガツと貪る私達に苦笑いしながら(そう見えた)、ウェイターさんが2回もパンのお代わりを運んでくれたよ。(恥)


b0059565_1132311.jpg

さて、タダ品を堪能した後は(……)、正規に注文した品々。
前菜の中から、旦那チョイスで、Sumac Lamb Kefta。ラムのミートボールに、茄子や山羊チーズを絡めた煮込み。
ラムはどうしても独得の匂いがあるけれど、これは大量のスパイスやソースのおかげか、それほど気にならず。

b0059565_1133048.jpg
b0059565_11331173.jpg

スープの中から、Hariraというひよこ豆・レンティル・トマトのモロッコスープ。豆好きなお嬢と私にオオウケ。
ただ煮込んでピューレにして、というのではなく、当然またいろんなスパイスが生きている。

サラダには、Brussel Sprout Salad。芽キャベツがメインで、これにシュレッドしたにんじん、カリカリにしたピタパンの細切り、チョリゾーのみじん切りを混ぜて、ヴィネガードレッシングで和えてある。
歯応えのバラエティと、ほどよく茹でられた芽キャベツの美味しいことったら。


そしてメインの2品は。
お嬢チョイスのVegetarian Risottoと、絶対頼みたかったタジン料理は、Cornish Hen Tagineを選んだよ。

b0059565_11344679.jpgタジンとは、北アフリカ及びモロッコの伝統的な鍋の名で、円錐形をした土鍋。
これを使って、水を使わずに、素材の水分で蒸し煮する。上蓋の背が高いので、蓋の中を蒸気が循環して蒸し上がる、という仕組みなんだね。

しかし、これがなかなか運ばれてこず。なのでちょっと心配していたら、ウェイターさんがテーブルに来て説明するには、すでに作ったのだけど、完璧主義のシェフが仕上がりに満足できず、今作りなおしているところだと。
「鶏を新しく育てるところからじゃないから、それは安心して!」
と、お茶目に、でもすまなさそうに謝ってくれて、ますますこちらの期待は募る。


b0059565_11351221.jpg

そしてとうとう来た時には、蓋をかぶせたタジンごと。
テーブルに置いて、ぱっと蓋を取ったら、大量の蒸気と、たまらなく食欲をそそる香りと、見事な出来栄えのチキンとクスクス。思わず歓声を上げちゃうよ。

一見したところ、クスクスとチキンが目立つけど、チキンの下には沢山の野菜。数種類の豆とズッキーニ、にんじん、蕪にアーティーチョーク。チキンの出汁で、すごく良い味に蒸しあがってる。
茹でてないので、歯応えも残ってて、もうとにかく全部美味しい、どれも美味しい。家族そろって、かきこむようにして食べる手が止まらない。

b0059565_1135473.jpg

リゾットの方も、グリーンピースにそら豆、アスパラといった春野菜が大量に入ってて。野菜がないとつらい私達には、どれも嬉しいことばかり。


大満足で、おなかもいっぱい。でもここまで料理が美味しいのなら、やっぱりデザートも試してみたいじゃないか。勇気を出して(?)チャレンジだ。
ウエィターさんに教わって、モロッコのトラディショナルなデザートを2種類ね。

b0059565_1137974.jpg
b0059565_11372031.jpg

Crispy Kataifi and Orange Blossom Mahalbiは、一皿で2つの味が楽しめる、お得な一品。
麺状のフィロを固めてシロップをかけた上に、アーモンドとバニラアイスがのったKataifiと、パンナコッタのようなMahalbiには、ドライヅルーツのコンポートと、オレンジブロッサムウォーターの風味付け。
中東や地中海のデザートというと、ついつい極甘の味を想像するけど、これはどちらもほどほどの甘さ。

もう一つはMedjool Date Cake
デーツだし、見かけからみっちり詰まったケーキを想像したら、これが意外とふわっとしてて驚いた。シナモンとクローブのスパイスを効かせて、ヘーゼルナッツがアクセント。
アングレーズソースが逆にあっさり風味を加えてて、周りに置かれたひよこ豆のローストは、これだけでスナックとして十分いける旨さだよ。


舌の肥えた友人数人から薦めてもらってたレストランだけあって、最初から最後まで全てに満足という、ありがたい一夜になりました。
これが”本物”のモロッコ料理、かどうかはわからないけれど。もしかして和食における、寿司とSushiのような関係かもしれないけれど。
料理の味とは、基本は自分との相性で決まるもの。本物かどうかより、自分が食べて美味しいかどうか、と思うから。

少し前から、ようやくランチも始めてくれた模様。手軽に行ける機会が増えて、嬉しい限り。


Zitune
325 Main Street
Los Altos, CA 94022
[PR]
by senrufan | 2008-04-23 11:28 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8474246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2008-05-04 13:40
タイトル : No.464 お洒落な街のモダンモロッコ料理 Zitun..
去年の夏、San Francisco Chronicle に ★★1/2 で取り上げられててずーっと気になっていたモロッコ料理レストラン Zitune (ゼトゥーン)。サンフランシスコやナパと違い、ペニンシュラやサウスベイで ★★1/2 が付けられるのは珍しいのだ。場所は、お洒落な Los Altos ダウンタウン。 オーナー兼シェフの Chafik Larobi 氏は Gary Danko でしばらくシェフを努めていたモロッコ出身の方。新聞記事を読んで心に残ったキーワードは、「プロフェ...... more
Commented by frogfreak at 2008-04-26 13:39
おお!もっろこ料理大好きです!ハリラには目がなく、タジンも好き好き!地中海料理っていう広いカテゴリーでのレストランは結構あっても、モロッコと限定したレストランって少ないですよね。
LOS ALTOS、流石にお洒落なお店ですね。ランチだったらチビつきでも大丈夫かなぁ。行ってみたい・・・・
Commented by peartree22 at 2008-04-26 14:35
たじん鍋は今日本でもちょっとしたブームでして。(モロッコ料理をまだ食べたことがない私は、道具フェチゆえに欲しくなりつつも諦めておりますが)サービスといい、料理といいすごくいいレストランですね。
お嬢さんが頼んだ春野菜たっぷりのリゾットが食べたいなぁ。
(うちのだんながリゾットはダメでして、なかなか注文できない品です)
ご家族そろっての外食もまた楽しいものであったことでしょう。
チキンとくすくすの料理なんて量からしたら、きっとお嬢さんとお二人では頼めなかったのでは?Miyukiさんの文章から家族そろっての食事の楽しさも伝わってきて、幸せな気分になりました♪
Commented by ayumin_moo at 2008-04-26 15:56
モロッコ料理、私も大好きなんです~♪
タジンもハリラもハモスも大好き!
ここ、絶対行きます!何としてでも!(興奮しすぎ)

一応、ちらっとだけモロッコへ行ったことがあり、タジンがとっても美味しくて感動したのですが、大量のオリーブ油がちょいと気になりました。こちらのお店はどれも野菜たっぷりで美味しそう!シェフのこだわりが、また信頼を深めますね。
今行きたいお店、ダントツ1位に輝きました~!(興奮さめやらぬ)
Commented by マミィ at 2008-04-26 16:47 x
ややや、凄い、繊細なんだねぇ、モロッコ料理って!田人・・・じゃない、タジンしか知らず、しかも本物は食べたことがないという情けなさ。あの面白い形をした器、色とりどりなものを売っているのをこちらでよく見かけまする。欲しいけど置き場所に困るんだよな~。
Commented by すれっぢ at 2008-04-26 22:31 x
モロッコで頭に浮かぶのが・・・カルーセル・・・じゃなくて(笑)
クスクス。ポットラックのパーティーなんかでよく見かけるの
ですが、まだ美味しいのに出会ったこと無し。作り方がやっぱり
違うんでしょうね~。米の質と、研ぎ方、水加減、炊き方みたいな
もんではないかと。

いや~、こういうエキゾチックな店があるのは羨ましいな~~
であります。どれも美味しいそー。ラム・・・食べたい
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-04-27 03:21
ここはぁぁぁぁ!!!
去年くらいに San Francisco Chronicle で紹介されてて、すんごくすんごく惹かれたのに、その情熱はどこへやら忘却の彼方へ飛んでいってしまってたレストランです。記事にもシェフのこだわりがとつとつと書かれていて、大変好感を持ったのを覚えています。小食な Miyuki さんとお嬢様がここまで感動して食べられたのなら、お味のほうも文句なしに最高なんでしょうね。私も現在断トツ1位に輝いてます!!!
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:05 x
*frogfreakさん
おお、さすが詳しい! ここ、ランチだったら絶対ベビちゃん連れでダイジョウブだと思います~。外テーブルもあるし。なんだったらご一緒させていただきたいっ! 私もここのランチを試してみたいのですよん♪
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:09 x
*ちゃんさま
えーっ、そうなのですか!>タジンブーム
や、ほんとに美味しかったし、元々蒸し野菜は大好きなので、私も今この鍋が欲しくて欲しくて。でも置き場所がない~~(涙)
なんと、旦那様はリゾットお嫌いなのですね。じゃあ、おじやとかも苦手?
そう、夜の外食は、旦那連れに限ります。私達2人じゃあまりに量が少なすぎて、種類が頼めないので、「胃袋」としての旦那が必要なんです。でもベジタリアンメニューのお嬢と、基本肉を注文の旦那で、ちょっと諍いもあるのですが……(ため息)
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:13 x
*ayuminさん
そでした、モロッコに行かれたことがあるのですよね~。あーん、ayuminさんとも、この店に行きたいなあ! 色々とその時のお話を聞きながら、一緒に味わいたいです~。
ダントツ1位ならば、じゃあ今度お会いする時の店、ここに変更、とも思ったのですが、どうせなら旦那様と一緒に行かれたいですよね。もし行かれたら、ぜひ感想を聞かせて下さいね~♪
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:14 x
*マミィさん
いやいや、私なぞ、タジンについても最近知ったばかりなりという情けなさ。フランスなら、ますます美味しいモロッコ料理が食べられそうですね~(ヨダレ) 私もこの鍋欲しいのです。すんごく欲しいのです。でも場所がないのです……(涙)
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:16 x
*すれっぢさん
確かに炊き方次第ですよね~、カルーセル……じゃなくてクスクス。
でも私、先日全粒粉のクスクスをテキトーに炊いて、蒸し野菜と混ぜたら、なかなかンマかったですよ。きっと下手にバターとかオイルを使うより、素材の出汁や旨味であっさりやればいいのかも、と思いました。
Commented by Miyuki at 2008-04-27 11:21 x
*shinaさん
そうそう、実は結構人気になりつつあるお店なのですね、ここ。いろんな人に、「ここは美味しい!」と聞いていたので、ずっと行ってみたかったのです。だから旦那を連れ出して、少しでも味わえるメニューを増やして、という作戦で!(笑) お嬢も私も、久しぶりに「苦し~~」というぐらいに食べまくりました。家に帰りついた後、車から降りてそのまま2人で夜のウォーキングをしましたよ~、たはは。
舌の肥えたshinaさんがどう思われるかはどきどきですが、機会があったらぜひ行ってみて下さいね!
Commented by frogfreak at 2008-04-27 11:54
MIYUKIさん
絶対、次、ここのランチ!(大興奮!)あ、シェパニーズの次ね。
Commented by senrufan at 2008-04-27 13:15
*frogfreakさん
わあい、大賛成!! 嬉しい嬉しい、また楽しみな予定が増えました~♪


<< 放蕩娘の帰宅 泡見るときぞ、命嬉しき >>