「ほっ」と。キャンペーン

それでも押さえておきたい箇所は

春分の日、彼岸、太陽の日
ナポレオンがエルバ島を脱出してパリ到着(1815年)
東京国立博物館と上野動物園がオープン(1882年)


You are what you eat (あなたはあなたの食べたもの)
英語のことわざの一つですが、マクロビオティックに興味を持ち始めて、ますます噛みしめるようになった言葉です。


ネットで、こんな記事を目にしました。
「ルドルフ・シェーンハイマーが行った研究。ネズミを使って、今、食べた食べ物がどこへ行くかを調べた実験です。
アイソトープという技術により、食べ物の分子一つ一つに色の目印をつけ、それをネズミに食べさせました。
すると食べ物の分子は、ネズミの尻尾、目の中、骨、心臓、肝臓な どあらゆるところに散らばってそこにとどまったのです。
一方、ネズミの体重は1gも変わりませんでした。

これはこういうことです。
今、食べた食べ物 の分子は体の一部に取り込まれ、体の一部になった。
そして同時に、それまで体を構成していた分子は分解されてからだの外へ排泄されてしまった、ということです。
実は、分子レベルで見ると私たち生物の体は、絶え間ない分解と合成の真っ只中にあるのです。
今、私たちを形作っている分子は半年か一年後にはもうここにはなく、すべて食べ物の分子と置き換わってしまうのです」
                                (解説委員室より、抜粋)


血液の中の血漿は、10日で。
血液全体は、3ヶ月で。
そして全身の細胞は、7年で入れ替わる、と言われています。

今、自分が口にするものが、次の瞬間に、自分の新しい細胞に変わっていく。
今の自分を変えたいと願っている人は、まずは食べ物を変えてみるところから始めてみる、というやり方もあると思うのです。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1415293.jpg

サンフランシスコにある、とあるカフェ。グルメ情報などで良く名前を見かけるところ。
グルメ情報といえば、私が拝むのはやまばとさん。嬉しいことに、彼女も行きたいと思っていた場所、とのことだったので、手に手を取り合って行って来たよ。




b0059565_1425251.jpg

サンフランシスコにしてはとても暖かな日で、おまけに路上に駐車スペースも見つけられて、すでにご機嫌でカフェに辿り着く。
中州のような場所に立っている店の前には、すでに開店を待っている人達が数人。黄色に踊る外観が、陽射しに鮮やかに映えている。

b0059565_1432554.jpg

入ってみたら、吹き抜けの広い広い店内の、美しくも心地よくもある空間が、上下左右に広がって。2階に案内されて、窓際の席に着く。
早速メニューを拝見だ。

b0059565_1435368.jpg

b0059565_1442157.jpg

Webなどで皆がイチオシなのは、チキンサラダ(2人用)らしいのだけど、値段が$45もする上、1時間かかるとの但し書き付き。
どんなものなのか、興味はすごくあるんだが、私達には到底食べきれまい。ここはメインじゃなくて、前菜に限ってのオーダーということにしよう。

料理が来るまでに、運ばれてきたパン。作り置きのものをそのままスライスしただけの、温かくもない状態で。
1階には見事な石焼き窯があるので、結構期待していただけに残念。
しかし料理は、さすがのものがありました。


b0059565_145996.jpg

まずは一品目、Frisee salad with oranges, avocado, scallions, creme fraiche, and coriander

生クリームベースのわりに、あっさり風味のドレッシング。これにフリゼの微かな苦味とオレンジの甘味が、バランス良く絡み合った一品。
アボカドのねっとり食感と、時々ぴりっと感じるネギの風味が、快いアクセント。

b0059565_1454891.jpg

続いてはオードブルの盛り合わせのような、House-cured anchovies with celery, Parmesan, and nicoise olives
自家製アンチョビ、というところに惹かれてオーダーしたもの。

アンチョビはたま~に、もんのすごくしょっぱいのに当ったりするけれど、これは自家製だけあって、塩も油加減も抑え気味。特に何かと合わせなくとも、このままで平気で食べられる。
それに黒胡椒が効いたチーズと、軽く熱を加えただけのセロリ。合わせて食べても、個別に食べても、それぞれの味が楽しめる。

b0059565_14105583.jpg

最後は2人で、「ここに来た甲斐があった」と意見が一致した一皿。Orecchiette with rapini, black lentils, onions, garlic, and hot pepper

確かに一皿で頼んだはずなのに、ウェイトレスさんが持ってきてくれたのは二皿で。確認したら、わざわざ分けてくれたそうで。にっこり笑顔の素敵なお姉さんに、思わず頭を下げてしまったよ。
でもどうやら、このお店では当たり前のことらしく、結構な数のお客さんが、そのサービスを受けていた。店員教育ができてるなあ。
しかしこの量で半量って……さすがにここはアメリカだ。(今更)

貝殻のような形のオレキエッテ。手作りかと思うような、もっちりした歯応えが嬉しいよ。
そして私の大好きなレンティルに加えて、季節物のブロッコリーの花。ガーリックと胡椒が強すぎず、的確な刺激だけをもたらしてくれる。あっさり目の塩味で、するすると食べ続けてしまいたい。
これは家でも作りたいなあ。オレキエッテ、全粒粉のはあるかなあ。


最後に、持ってきてもらったお勘定。チェックしてみたら、何やら見慣れないものがついているよ。
すみませーん、お姉さん、これはなんだか教えて下さい。

レシートにのっていたのは、「4% Health Surcharge」なるもの。
お姉さんの説明してくれたところでは、SFで数週間前に始まったもので、従業員の健康管理の為の費用らしい。
それが本当にその為に使ってもらえるならば、こちらは勿論文句なし。SFで始まったなら、いつかカリフォルニア全部に広まっていくかもしれないね。それはそれで、不安がないでもないけれど。


お店も素敵だったし、料理にも満足したけど、更に良かったのが、従業員のマナー。
知りたがりの私達は、忙しいウェイトレスさんを捕まえては色々聞いてしまったのだけど、嫌な顔一つもせずに、丁寧に答えてくれたんだ。
さらに店を出た後、やまばとさんがとあることで電話をしたそうで。そしたら、かなりつっこんだ質問だったにも関わらず、惜しみなく全て教えてくれたそう。

有名店が有名になったのは、やはりそれだけの理由がある、と、改めて教わった店でした。

b0059565_1474389.jpg
この後、私がやはり前から気になっていたお店に移動したので、次回はそちらの記録など。


Zuni Cafe
1658 Market Street
San Francisco, CA 94102

[PR]
by senrufan | 2008-03-20 13:58 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8221468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2008-03-23 15:11 x
Zuni Cafe、ずいぶん前にホームスティしていたときに、ルームメートが教えてくれたお店です。
とても素敵なカフェですね♪
サラダもメインも美味しそう。
私的に言えば、4%のチャージをのせるより、お料理とかの値段を少し上げる方がスマートだと思うんだけどなぁ、、、。
いずれにせよ、行ってみたいレストランの一つです。(っと、十年くらい言っているかも、、、。笑)
Commented by マミィ at 2008-03-23 18:06 x
You are what you eat...面白い諺があるんだね。ねずみの実験の話にせよ、血液や細胞の入れ替わりの話にせよ、単に食欲を満たすためではなく、ちゃんと考えて食べたり食べさせたりしないといけないなぁと実感させられたよ。ところで、暴飲暴食をしている多くのアメリカ人の方々、果たしてこの諺をちゃんとご存知なんでせうか?みんな、Miyukiさんのブログを読みなさい!

SFで始まったという従業員のためのチャージにびっくり。へぇ、思い切ったことをなさる。でもMiyukiさんの言うとおり、それが本当に従業員の健康管理のために使われるのなら、そしてそれがにこにこと気持ちよく対応してくれる従業員育成へとつながるのなら悪くないな~。それにしても美味しそうだねぇ・・・じゅる。
Commented by すれっぢ at 2008-03-24 00:45 x
$45のチキンサラダ・・・・う~!頭の中ではチキンまるごと
一羽が皿の上にサラダを敷いた状態・・・な訳ないな~(笑)どんなん
ですかねー気になる。

思い出のSF・・・北米のレストランで初めて勝手にサービスチャージ
(チップ?)を盛り込んだお勘定書きを受け取った場所です。もちろん
文句言って、削らせましたが。その4%システム・・・なんかうさん
臭いな~。
Commented by Miyuki at 2008-03-24 07:13 x
*Chicoさん
そうですか~、じゃあ結構長いお店なんですねえ。競争の激しいSFで長く続いているというのは、立派なものだー。
リンクした記事によれば、値段を上げると、それだけオーダーを控えられてしまって、ビジネスダウンになるから、という説明になってますね。でもこれはお客によりますからね~。
Commented by Miyuki at 2008-03-24 07:18 x
*マミィさん
面白いでしょ? 食は人となりを表す、ってとこでしょうか。同様に、「付き合う人で、その人がわかる」ということわざもあるんですよ(笑) でもこおゆうの、きっとあちこちの国にあるんだろうなあ。……で、変わらないのはなんでかなあ……(自らを殴りつつ)

そなんですよ、単価の安いレストランほど、働いても働いても、値段が安い分、チップも安く、気の毒に思うこともあるんですよね。だからこのお金が本当に有益に使われるなら、喜んで払うところなんですが、その保証がないのがツラいのでございます。
私も姉さまのレストランレポ、思い出すたび、じゅる……
Commented by Miyuki at 2008-03-24 07:20 x
*すれっぢさん
私も現物がとても気になるところでございます。>チキンサラダ
HPがずっと工事中なので、写真もないし。ぶーぶー。

あ、そのサービスチャージ勝手に上乗せ、たまにありますねえ。もしくはメニューの下の方に、ちっちゃい文字で「上乗せします」と書いてあったり(笑) 記事によると、1.25~4%まで、店によって色々みたいですね。でもそなんです、胡散臭さがどーしてもぬぐえない……
Commented by peartree22 at 2008-03-24 08:29
あー、ここは行きたいと思って行けなかったお店です。
在米中友人が日本から送ってくれた雑誌(ミセス)にSFとソノマが特集されていたのですが、そこに載ってまして。
今回Miyukiさんが選んだ「自家製のアンチョビ~」も「忘れずに注文したい」って書いてありますよー。
そのチキンは写真がこれ?と思うものが載ってますが、レンガ造りのオーブンでじっくり焼いたサラダというより、骨付きチキンの盛り合わせ!と言う感じです。上にハラハラとお野菜(紫色がかった青梗菜のような形の野菜)が申し訳なさそうな程度に載ってますよ(笑)。
シーザーサラダは”伝説”だそうです(笑)。

前後しますが、食べた物が細胞になるという話。面白いし、考えてみたら本当に怖いですね。やはり食べ物は体を作る。おろそかにしてはいけませんね。
Commented at 2008-03-24 22:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2008-03-25 07:22 x
*ちゃんさま
ほぉ、日本の雑誌にまで載っていたですか~! しかもミセスとは、渋いラインナップですな(笑) お薦めメニューにはからずも当ったのですね、うふふ、ご一緒させていただいたやまばとさんのおかげだなあ♪
骨付きチキン。そうきましたか、なるほど。思わずケンタッキーを想像してしまう……やはし大量なんでしょうねえ。そして皆さん、平気で平らげるんでしょうねえ(遠い目) さすがにそのサラダは無理にしても、今度はシーザーサラダにチャレンジしてみますか!

食べ物、おろそかにできないなあ、と思ったら、今度はのべつまくなしに考えてしまうようになってしまいました。どうにかしたいです、この単細胞な性格(涙)
Commented by senrufan at 2008-03-25 07:25
*非公開コメントさま
お言葉ありがとうございます~!(感謝)
はい、確かにそうは聞いていますが、ただ個人好みとして、テーブルに持ってきてくれる時には、ほんわかと温めてもらえたら……と願ってしまうのですよ~。ほかほかの熟成パン、大好きなのです♪
Commented by frogfreak at 2008-03-25 15:07
うん、ここんち、おいしかったと記憶します。
しかし、何が一番鮮明に覚えているかというと、ここのウェイターさん。
うちのダンナに色目使いまくり!
私の日本人の(一見わからない)ゲイのお友達と一緒に3人で行ったのですが、たぶん、アジア人同士でカップルだと思ったんでしょうね。うちのダンナがフリーにみえたみたいです。ものーーーーーすごくいい対応をしていただけました。
が。。。最後のほうには彼のターゲットは実は私の連れだとわかったようで、残念そうでした。はい、うちのダンナ、ゲイにもてます。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-03-25 16:10
このお店へは「シンプルなものをシンプルに食す」ことの有難さをそれほど実感していない頃だったので(と書くと何十年前だ?って感じですが、ほんの1年前くらいです、、、)噂のローストチキンもシーザーサラダも「うーん、普通」と思ったに過ぎませんでした。「シンプルなものをシンプルに食す」カリフォルニア料理の代表格。今行けばまた違った感動が得られるかなと、Miyuki さんのブログを拝見して思ったのでした。
Commented by Miyuki at 2008-03-26 12:25 x
*frgofreakさん
わはははーっっ、す、すみません、それはすごい体験談だわーっ!!(爆笑) いやあ、私のその現場にいたかったー! 一体どういうサービスを受けられたのでしょうか! 旦那様、ゲイにもてるってことは、とても男らしいタイプの方? それとも、見るからに優しそうな? さすがfrogfreakさんの旦那様だわ♪(と言っていいのかっ)
Commented by Miyuki at 2008-03-26 12:30 x
*shinaさん
shinaさんも行かれてたですか~。そして伝説と言われるシーザーサラダを!
そですね、こちらはメニューに目新しさや奇抜さはないようですが、その分の気持ちを、素材や料理の方に注いでますもんね。本来レストランのファンになるということは、リピートするということなんですよねー。私こそ、その点が全然だめ……いかんなあ、と日々思ってます。


<< 好きという気持ちが原動力 その緑色が春を呼び >>