「ほっ」と。キャンペーン

思えば近くに来たもんだ

夕刊紙の日、箱根用水貫通の日
旧円と新円の交換が始まる(1946年)
歌人・斉藤茂吉没(1953年)


さくさん関連ニュースが続きます。これも愛ゆえなのね、と生温かい目で見ていただければこれ快感(M体質)

グラフィックデザイナーの彼女が、お友達と作り上げた、「かぐやひめ」の紙芝居
彼女の周囲の友人一同、昨年の秋頃から待って待って待ち焦がれておりましたところ、とうとう発売になりました。ブラボー・ハラショー・ワンダホー!!

ご家庭では勿論のこと、学校や育児サークルでのストーリータイムにも最適なこの紙芝居。
一人でも多くの方のお手元に届くことを祈って、こんな僻地でも叫んでみます。
ご購入希望の方、ぜひこちらからお願い致します。(ぺこり)


数年前のことになりますが。
日本語補習校の運動会で、まだ学齢に達してない子供達の退屈が最高潮に達し、皆が困っていたところ。
紙芝居を手に颯爽と一人の方が現れて、たちまち読み聞かせの集まりと化し、子供達は大喜び。
見事にその場をおさめた後、名前を告げずに去っていかれたその方は、今年から日本語私立学校を作られ、先生として人気を博していらっしゃいます。


お話の力、というものは、本当にすごいものだなあ、としみじみ思います。
特に小さい子供にとっては、自分が生まれ出たこの「世界」を理解する為の、大事で貴重な手段の一つ。
昔話・御伽噺と呼ばれるものほど、その力が大きいもの。

お話の力をたっぷり身体に注がれて育った子供は、しっかりと地に足をつけて、まっすぐ上へ伸びていけるのです。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_8213017.jpg

隣の市のダウンタウンに、新しい店ができていて。
人気の和食レストランの隣にあることもあったんだが、その店の名前とロゴにすんごく見覚えがあって、目にしてからしばらく考えた。



ああ、あそこじゃないか、と思い出したのは、もっと北の方にあるベトナムレストラン
大学の大先輩に連れられて行ったところで、それまで知らなかった美味しいメニューを、あれこれと教わった店なんだな。
ベトナミーズといえばフォーとバミセリしか知らなかった私が、初めて体験した揚げ物や手巻き春巻などの3品。でもお値段がトータルで$24という安さ。こんなことまで覚えてる。(食欲の塊)

それから家族でも一回行って。でも何分遠いところなので、行きたいと思いつつ、そのまま数年ご無沙汰してた。
その店と、どう見ても同じ名前の同じロゴ。引っ越してきたのか、支店の一つか、とにかくこれは行かずばなるまい。
ということで、総勢5名で押しかけたよ。

b0059565_8215187.jpg

前に行った方の店は、見かけがいかにも「大衆食堂」的だったのだけど、こちらは随分とオシャレな感じ。
もしかして違った?とドキマギしながら聞いてみたら、やっぱり同じ店だった。
加えて、背中合わせのテーブルにいたのは、なんと愛しのさくさん一行だった。(やっほー)

メニューを見てみたら、あの日に教わった料理、ほとんど全部のってたよ。Chef's Specialのところとか。
5人だと沢山頼めて嬉しい。あれもこれも頼んじゃえ。
ウェイトレスさんもウェイターさんも、始終笑顔で色々教えてくれて、サービスの点はすでにハイレベル。


b0059565_8221753.jpg

まずは一品目のCrispy shrimp cake。思い出の品、第一弾。
ヤムイモとエビのかき揚げで、このまま食べても勿論いいし、ミントなどと一緒にレタスの葉に巻いて食べたら、もっといい。
熱々で持ってきてくれるので、揚げ物苦手な私にも、そのさくさく感がとても美味しく。更に柑橘風味のさっぱりとしたタレが、油っこさを流してくれるよ。

b0059565_8224827.jpg

それからお馴染み、Fresh spring rolls。レタスにモヤシ、ミント、エビとポーク。バミセリもたっぷり巻かれてる。
ソースはやっぱりピーナッツ。

b0059565_823127.jpg

メインは「シェフのお薦め」から3つ。
Stir-fried glass noodle with crab meat。春雨(?)はガラス製なのか。
蟹肉と玉ねぎ、それからこれは名前がわからない、ran(実際はnの鏡文字)ram leavesというグリーン。
ちょっとピリ辛、でもするするいける、誰かはビールが欲しくなる(ええっ)

b0059565_8233634.jpg

Pan-fried crispy rice noodle with seafood combination。これが思い出の品、第二弾。
揚げた米粉の麺と、エビ・ホタテ・カラマリ、そして野菜沢山と炒めたもの。
くどくなく、塩・胡椒をあっさりときかせた、野菜とシーフードの八宝菜風。ホタテがやわらかく、エビはぷりぷり。

b0059565_824187.jpg
麺はこんな感じで、きしめん状の麺を更に固めて揚げて、四角に切ったものが入ってる。
揚げてある歯応えは確かにするんだけど、おこげみたいに固くなくてちょうど良い。
とろりとしたあんが絡まってるよ。


最後は迷った末に選んだもの。
Sizzling platter of fillet Basa。Basaとは、養殖ナマズのことだって。

b0059565_8245940.jpg
b0059565_8335744.jpg

この二皿でワンセット。
ピリッとスパイシーな揚げたナマズが串にさしてあって、それが鉄製のお皿の上で、まだジュージューと音を立てていて。
もう一皿は、てんこ盛りになったレタスにミント、細かく切ったバミセリ。そして別皿にローストピーナッツと、生の玉ねぎの薄切り。
ナマズとネギ(baby dill?)、ミントや玉ねぎ、たっぷりレタスに巻いて、ちょっと辛めのタレにさっとつけて、がぶっとね。
あ、このタレ、大根の薄切りも入ってるね。


いっぱい食べて大満足。しかも値段は大体$5~8。一番高いものでも$14弱。
ベトナミーズは安くて、そして私達に十分に美味しいものが沢山。ああ、アジアの仲間だなあ、と思うんだ。

そして繰り返しになるけれど、ここはやっぱりサービスがいいよ。というか、お店の人達が皆いい人だ。
ランチタイムもたけなわになると、かなりのお客さんで大忙しの様子だが、それでも懸命に一人一人に気を配ろうとしている様子がうかがえて、好感度大。
お店の人かと思って、お茶のお代わりを頼んだら、快く持ってきてくれた男性は、なんとオーナーの方。他のお客さんと同席してのお食事タイムだったらしいのに、いやはや申し訳なかったのなんの。
でも嫌な顔一つせずに、さっと席を立ってカウンターに行かれたところ、思わず背中を拝んでしまったり。

b0059565_8273323.jpg

ところで思い出の品のもう一品は、手巻きの生春巻でね。
運ばれてくるのは、ぬるま湯を入れた丼、乾燥したままのライスペーパー、そして大盛り野菜と、例えばミートボール状になったポークとか。
ライスペーパーをお湯に浸して柔らかくして、お皿の上に広げて、各自好きな具を包んでくるくる巻く。そしてニョクマムベースのタレにつけて食べる、というやり方。

ミントやバジルを沢山入れた手巻きの生春巻は、すんばらしい新鮮さが嬉しい一品だったのだけど、ぱっと見たところ、この新しい店にはない様子。
品数としては、前の店よりぐっと絞ってあるので、まあ仕方がないのかな。あれが食べたかったら、また遠足してみようかね。


でも家に帰って、お嬢にどんな様子だったかを報告しながら、ぱっと思いついたんだけど。
だったら家でやればいいんじゃないか、この手巻き。
そうだそうだ、ひな祭りの日なんかいいんじゃない?
じゃあ具は何にしようか。ミントは絶対、大葉もいいね、今なら水菜もいいでしょ。玉ねぎ、にんじんと大根のなます、アボカド、照り焼きテンペとか……

すでに大盛り上がりの母子ですが、実はこの時点で、おひなさまはまだ飾られてもいないのでありました


Minh's Restaurant
246 Castro St
Mountain View, CA 94041
[PR]
by senrufan | 2008-02-25 08:17 | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8110994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2008-07-15 13:23
タイトル : No.504 柔らかい雰囲気にベトナムを感じる Minh..
マウンテンビューのメインストリート Castro St. に今年の頭にオープンした新しいベトナミーズレストラン Minh's Restaurant。日本食レストラン波浪(Nami Nami)のお隣さん。 いつもフォーを食べに行く小さなベトナミーズ屋とは違い、店内は広々、お洒落で落ち着いた空間。テーブルの間にも十分な余裕があって白いクロスが眩しい。もう1つ眩しいのは、対応してくれたお姉さんの笑顔。カワイイー♪ 3人で Appetizer から1品と Shef's ...... more
Commented by usayamama at 2008-03-01 09:20
こんにちは。ベトナム料理大好き♪
タイほど刺激的でなくて、少し優しいカンジの味で野菜も
たっぷりとくれば女子が嫌うはずはないですよね。
そう言えば、ベトナムはアジアで一番パンが美味しいと言う話を
聞いた事があります。
Commented by frogfreak at 2008-03-01 09:38
おしゃれなお店なのにお手ごろ価格っぽいですね。おいしそ~。
そうそう、usayamamaのおっしゃるとおり、ベトナムはパンが美味しいんですよ。というのも、フランス植民地だったためフランスパン文化が浸透しているからだそうです。
おひなさま、がんばって飾ってください。
我が家も初節句。とはいえ、ガラスのミニチュアとか色紙でごまかしますが・・・。

Commented by すれっぢ at 2008-03-01 12:41 x
旨そうですんね~。なまず・・・アメリカの南部でもたべますよね?
白身であっさりしてたような記憶が。実は食べたのはLAとSFの間の
なーんにもないI-5にあったデニーズ(笑)CAT FISHってなんだべ
と思って食べたら意外と旨かった。

ベトナミーズレストラン、チャイニーズより身体に良さそうな気がします
野菜かな~。
Commented by Miyuki at 2008-03-01 13:57 x
*usayamamaさん
こんにちは~! あは、うささんには、ついすりすりしたくなっちゃう♪
私も、タイも好きですが、ベトナムの方がより好みなのは、おっしゃる通りもっと味わいが穏やかだから、なんだと思います。そう、女子好み! もう私は女子の範疇には入りませんが!(ナキワライ)
確かに、ベトナムサンドイッチはとてもおいしゅうございますよ~vv
Commented by Miyuki at 2008-03-01 14:09 x
*frogfreakさん
そう、このお値段、大きなポイントであります。(力いっぱい)
ベトナムのあのフランスパン、お手頃で美味しいですよね~♪ 本格的ではない、庶民の味がほっとするというかね。
はい、頑張って飾りました~(笑) 初節句の頃の張り切りは一体どこに。ベビーちゃんはきっとミニチュアや色紙の方が、目に華やかで嬉しいんじゃないかなあvv

そしてふっふっふ、先ほどfrogfreakさん宅のレスを拝読してまいったところでございます。デートしましょう、しましょう、ぜひぜひお願いします~! 後でそちらに、ご連絡にうかがいますっ!
Commented by Miyuki at 2008-03-01 14:11 x
*すれっぢさん
最近は、結構あちこちで見るようになりましたね、ナマズ。そうそう、くせがなくてあっさりで、煮ても揚げても美味しいですよね~。しかしその詳細な記憶がすごいです。それほど印象的だったのですか! もしかして姿煮だったとか!(笑)

チャイニーズは、店によってはどうしても油っこさがね~。その点、ベトナムはさっぱりと新鮮でありがたいです。野菜、その通り!
Commented by まきりん♪ at 2008-03-01 14:58 x
手巻きの生春巻って発想は新鮮だな~
今度うちでもやってみたくなりました。
Commented by Chico at 2008-03-01 15:33 x
奇遇です~♪
実は、昨晩はうちも生春巻きでした~~。
うちのは貧乏野菜生春巻きなので、お肉や海老抜きでしたが、
いつもながら美味しかった~。(自画自賛、、、笑)
タレは、ベトナム人の親友直伝のニョクマムベースとピーナッツ・ホイズンの2種。たれが違うだけで同じ春巻きでも感じが変わってきますよね。
そして私もニョクマムベースのタレに一票です♪
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-03-02 01:26
ベトナミーズレストランはベイエリアにたくさんあるので、近場に美味しいところがあればそれでいいかと思いがちですが、アジア好きの Miyuki さんの思い出の場所とあれば俄然行ってみたくなりました!オーソドックスなメニューがどれも美味しそう。写真の明るさから、店内も光が差し込む明るいレストランなんでしょうね。ベトナムのパンが美味しいとは知りませんでした。どんな味なんだろう・・・?

ひな祭りにカラフル生春巻き!なんて素敵ー!うちで生春巻きは鬼門なのですよ。野菜でしょ。香草ハーブでしょ。薄味でしょ。。
Commented by Miyuki at 2008-03-02 11:05 x
*まきりんさん
やってみてくださ~い。お二人だったら、どんな具を用意されるのかなあ。
Commented by Miyuki at 2008-03-02 11:07 x
*Chicoさん
わー、そんな偶然までもが嬉しいファン心理♪ そりゃあChicoさんのお手製で、美味しくないわけがありませぬ。(きっぱり)
お国の方直伝のタレなんて、すんごく美味しそう! 市販のものもお手軽でいいですが、やっぱり自分で混ぜて作りたいですよね~♪
Commented by Miyuki at 2008-03-02 11:11 x
*shinaさん
そう、加州のアジア人の最大人口、確かベトナムでしたっけ? おかげでいっぱいレストランがあって嬉しい限り(笑) うん、ここ、明るくて良い場所でした。
ベトナム系ベーカリーはまだ体験してないのでわからないけど、ベトナムサンドイッチのお店だと、プレーンなフランスパンが売ってて、ばくばく食べられちゃうおいしさなのです♪ 但し値段並、ですが(笑)

あ、そうか、shinaさん宅ではだめなんだ……(汗) あんなに美味しいのに~、などとほざきつつ、私もつい最近、ようやくシアントローの美味しさがわかってきたかな?ぐらいなので、まだまだお子ちゃま族ですな。
Commented by ぱんな at 2008-03-03 02:42 x
ご無沙汰ですう、元気?この付近じゃあ、手巻き春巻きは食べられないと思ってた!さっそく行ってみますー。ところで、某私立学校は、以前補習校の先生をなさっていた方が作られたみたいよお(笑)。
Commented by Miyuki at 2008-03-03 12:45 x
*ぱんなさん
きゃああ、まるで以心伝心のようなタイミングのコメント、すっごく嬉しい! 呼ばれたのがわかった?(笑)
そう、ここ、二人で連れて行ってもらったあのベトナミーズだよ~vv でも残念だけど、あの手巻きはなかったの……揚げ物とかの方、食べてみて!
うん、存じておりまする。でもぱんなしゃんも、立派に創立メンバーの一人、とうかがっておるですよ♪
Commented by さく at 2008-03-03 14:55 x
ああん、こんなとこにいつの間に。
はづかしいわん。(クネクネ)
いやいや、宣伝有り難うございます。

この店、ほんと美味しかったー。
私は、このPan-fried crispy rice noodle with seafood combinationが特に気に入りました。
あの揚げたきしめんみたいなのがとーってもおいしくて、
これを食べにまた来ようとひそかに誓いました。

それにしてもほんと、奇遇でしたなあ、はっはっは。
Commented by Miyuki at 2008-03-04 13:12 x
*さくさん
うふふ、私はすでにオーダー済よお。あー、早く手元に来ないかな~♪

ね、この店、良かったよね! でもベトナムの人に言わせると、ここは「美味しいけど高い」店なんだそうだ。これでも高いんだー。

この奇遇を祝って、今度は一緒に来るしかないね。(きっぱり)


<< どこまでその腕を広げるか 郷に入れば変化して >>