「ほっ」と。キャンペーン

香辛料が加えるものは

抹茶の日、海苔の日
フランスがアメリカ合衆国を承認(1778年)
日本政府がロシアに国交断絶を通告(1904年)


b0059565_13182025.jpg

抹茶の日。その由来は、というと。
「愛知県の西尾市茶業振興協議会が西尾茶創業120年を記念して制定。 茶道で釜をかけて湯をわかす道具「風炉」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ」
なんだそうでございますよ。


昨日、私が昔から尊敬してやまないSくさんが、拙宅に遊びに来てくれまして。
裏千家を10年以上たしなむ彼女が、開封したての小山園の抹茶と茶せんを持参して、手ずから点ててくれたのでございまして。(ハレルヤ)
これをずうずうしくもお代わりまでして、しみじみといただいたのでございます。いいだろー。いいだろー。(ぢまんしまくり)(360度)

更にお手製のくるみ餅。餅粉に豆乳、殻から出し立て、というくるみ。加えて我が家に気を使ってくれたのか、甜菜糖と米飴で甘味付け。
とろりと柔らかく、きなこ風味が嬉しい、優しさ満開の味でございました。


ああ、早く春が来てほしいですねえ。(ずずーっ)(抹茶大好き)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_13541368.jpg

近所に住む友人が、TVのレストラン情報で見たという店に行きたいと。何料理かと思えば、インド料理だと。
おいおい、キミはインド料理はすぐお腹を下すと言ってなかったか。それでも行きたくなるようなところだった? ふむ、それは楽しみじゃないか。



地元市のダウンダウン、メインストリートから少々脇道に入ったところ。ここの目ぼしい店はほとんど行ったかなー、と思いきや、まだまだこんなところがあったんだね。

b0059565_1355130.jpg

中に入ってみたら、おお、広い&色々鮮やか。
ひょい、と壁を見たら、貼り紙に並ぶ文字。なになに、
San Francisco Chronicle's Top 100 Bay Area Restaurants for 2007
Wave Magazine's Top 10 Silicon Valley Restaurant 2007
Michelin Recommended San Francisco Restaurant 2007
Wine Spectator Award of Excellence 2007

……ちょっと。なんですかここ。もしかしてすんごい有名ですか。
地元民人気リストには全然上がってこないから知らなかったよ。私のカッコ、こんなんで良かったんですか。(ジーンズにほぼノーメーク)(ここじゃなくても悪かろう)


席に案内されて、メニューを見る。うーむ、ランチでこのお値段。
しかし内容がすごそうな。とてもインドとは思えない。ちょっとエスニックスタイルなフレンチ、という方がしっくりくるぞ。
サラダから一品、メインから二品。これでシェアすることにしよう。


ちょっと脇道に逸れるけど、料理が運ばれてくるのを待つ間、彼女と話したのは、実はダイエットとかダイエットとかの話だったりするんだな。とても食事前の話題じゃない。

先日彼女がうちに来た時、我が家の体重・体脂肪・内臓脂肪・身体年齢計にのって。毎日ジムでハードに運動しまくって、体力自慢のナイスバディを自負していた彼女は、それですんごいショックを受けたのであり。
しかしそこでめげないのがさすが。まずは怒涛の勢いで栄養・ダイエット知識を漁り、即行で始めた食事制限。3週間で5kg落としたんだって。
元々スタイル抜群・お腹なんて真っ平らだったのが、更に磨きがかかって、美しいよー、かっこいいよー、と惚れ惚れする。

そなんだよね、運動だけで痩せようというのは無理なんだ。プロのアスリートでもない限り。
やっぱり食事、食べ物。これしかないんだよねえ……
お互いにお薦めダイエット情報サイトや本などについて、しゃべりまくって盛り上がってる真っ最中に、おもむろに運ばれてきたのが、一皿目のサラダなり。

b0059565_1356467.jpg

日本の梨の薄切り、レッドオニオン、モッツァレラチーズとモシェ(だよな)に、更にキャラメライズされたマカダミアナッツ。これらがちょっと甘酸っぱいドレッシングで和えてあるのだが。

えとね、美味しいの。とっても美味しいんだけどね。
この梨とチーズが、しゃきしゃきと半解凍状態でなければもっと良かったんだけど。

b0059565_13564784.jpg

もしかして、普段は滅多にオーダーされないのか? だから冷凍保存してた?
それにしてもなあ、うーんうーん。全体の味も組み合わせも良いだけに、かなり残念なポイント。つか、基本でしょうこれ。


b0059565_13571080.jpg

そしてメインの二品。
まずは冬野菜のシチュー、豆腐入りというベジタリアン向けのもの。
ジュエルヤム、にんじん、マッシュルーム、オニオン、スクウォッシュなどがごろごろ入ってて、ブラウンシチューはスパイスがたっぷり。

コクがあるけど、決してしつこくないまろやかさで、スパイスが身体を温めてくれるようで、これはとっても美味しいよ。さっきで凍った分を取り返せるよ。(ちょっと涙)
野菜には蓮根も入ってて、根菜好きにはたまりません。最近ローカルスーパーでもLotus RootやWhite turnip(蕪)を見かけるようになってきて、喜んでいる矢先です。
彼女も、レシピ知りたい!と絶賛してた。そだよね、特にインドとかになると、何を入れたらこういう味になるのかわからないんだよねえ。

b0059565_13573691.jpg

そしてもう一品。一目見て思わず言っちゃった。
「……貝?
いや、メニュー名はラビオリです。たとえどんなに見かけが「角を出した貝」であっても。

彼女は彼女で、
「……これ一皿で、1,800キロカロリーはあるよね
やめてくれよ、一口も食べられなくなるじゃないか。(はっきりと涙目)

これはパニール(Paneer)とほうれん草、それにトマトが、クミン風味のボロネーズソースと共に、パイに包まれているんだけど。
確かにすんごいカロリーだろうが、これまた実に美味しいこと。
複雑なスパイスが絶妙に蕩け合っていて、ひたすら柔らかく煮込んだ中身に、さくっとしたパイが歯応えを加えて。中に大きく転がっているパニールが、またむっちりと厚みを出して。

普段あっさり・味なしのものを食べてる私には、久しぶりのコクが身体に沁みてくる。
……ついでにカロリーも沁みてくる気が沸き起こり、おかげで適当なところでフォークを置けました。

b0059565_1358063.jpg角部分、じゃない、ぐんと長いホワイトアスパラは、こちらの予想を裏切って、大層固い歯応えで。
一体どうやって育てれば、ここまでコシのあるホワイトアスパラになるんだ。

添えられたナンは、軽やかに油で焼いてあって、これまた上等。
外側さくさく・中はもっちりで、シチューやソースに良く合うよ。

ダイエットしてなければねー! と二人でため息をつきながら、デザートは諦める。
でも同時に、やっぱりかなりのコクであることは間違いなく、そろそろさっぱりお茶が欲しいので、良い潮時であったかも。
お会計は少々高めであっても、それだけの内容のランチだったから、十分納得して払えるよ。

ワインテイスティングのイベントも、時々やっている模様です。


Mantra
632 Emerson Street
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2008-02-06 13:52 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8031035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2008-02-09 13:39 x
う~ん、見るからに高そ~~~!!インド料理となると、理解の
範疇を超えてしまって、何がどうなって、こうなるのか??って
感じですよね。

バンクーバーは大インド人人口があるので、レストランもわんさか
あるのですが、この町には一軒。潰れる前にいかないと・・・(笑)
Commented by peartree22 at 2008-02-09 17:09
辛い物大好きなのですが、アメリカでは一度だけ。地元のダウンタウンでできたばかりのインド料理店にて。ランチだったこともあり、バイキング形式でしたから、日本で食べる内容とあまり変わらなかった記憶が(笑)。
こちらのレストランはインド料理というよりもCAキュイジーヌ風インド料理という感じですね。
それにしても抹茶に手作りの胡桃餅なんて、日本より日本。抹茶の日だなんて、初めて知りました。抹茶点てられるようになりたい・・・と思って早十数年・・・あう。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-02-09 18:13
はりゃー、私も知りません、このレストラン。Palo Alto ならアンテナ張っていたい場所なのに。インド料理は概してカロリー高しですよね。ベジタリアン = 痩せるなんて妄想で、油や炭水化物を取りまくれば当然太る。でも、止められない止まらない、インドのスパイス料理。

私も Miyuki さんちにお伺いして、素晴らしい(もとい驚愕の)数値がたたき出される体重計に乗ってみたいです。そして、すんごいショックを受けて、真剣にダイエットに励みたい。。女性は皆、どんなに「あなたはそれ以上痩せなくていい」と言われても、結局自己満足なんですよね、ダイエットって。
Commented by しいら at 2008-02-09 22:29 x
こちとら最近たべたインド料理は3回続けてバイキング形式のランチだい。
東京・甲府・沼津と所は違えど、なぜか皆880円なのね~。
沼津の店が一番美味しかったけど・・・
みゆきしゃんのこの写真見たら凹んだわ~~~。
やっぱ格が違うよね880円とは(汗)
Commented by Miyuki at 2008-02-10 10:58 x
*すれっぢさん
そうそう、私もどういうスパイスを入れればどういう効果・味か、まーーーったくわかりません!ので、習う気もなく(殴)
バンクーバー、カレーの国の人が多いですか~。どこも強いなあ、アジアパワー(笑) じゃあせめて地元を応援しないといけませんな、すれっぢさん宅。
Commented by Miyuki at 2008-02-10 11:01 x
*ちゃんさま
私もインドというと、バフェスタイルしか行ったことがなくてねえ。しかもオイルたっぷりなんで、ついつい敬遠してしまって。こんなの初めてでした。その表現、ズバリですわあ♪>CAキュイジーヌ風
日本にいた頃、周りでお茶をやってる友達はいなかったのに、こちらにきたら、私以外みんな心得のある人ばかりで、大慌てでございましたよ。海外在住って、こういう点が面白いですよね~(笑)
Commented by Miyuki at 2008-02-10 11:05 x
*shinaさん
そなんですよ、私も一度だけこちらでインドの人に習ったのですが、とにかく使う油がハンパじゃないっ! 日本だと「大さじ2」とかのところ、あちらは「なべ底から2cm」ですもんねー。でも作ってみてわかったのですが、それぐらい入れないと美味しくないんですね、あの手の料理。ベジタリアン妄想を見事に打ち砕いてくれました(笑)

おお、いらせられませ、そして試されなされ、恐怖の体重計! ちなみに彼女はこの後、日本から最新式の、身体パーツごとの脂肪量・身体年齢などが出るヤツ@2万円を取り寄せましたよ……今度は私がそれにのって阿鼻叫喚の予定です。今から蒼白。
うん、結局は、自分の基準値に照らしてどうか、ですからね~。わかるわかる。だからこそ逆に、成功した時の満足感も自分だけのものですよん♪
Commented by Miyuki at 2008-02-10 11:07 x
*しいらさん
いやいや、こちらも大抵のインドのランチは、バイキング形式で$7.99とかですから、同じ値段ですよー。んでもって、私はそれしか体験したことなかったですよー(笑)
まあ、もう行くことはないでしょう、うん。
Commented by ayumin_moo at 2008-02-11 07:42
すてき~♪とても洗練されていてインド料理とは思えません。(インド料理に失礼な)
クミン風味のボロネーズソース、想像しただけでにんまりしてしまいました。(笑)
お写真がどれも素敵で、色鮮やかなお料理にうっとり。。。

アダルトスクールで知り合ったインド人女性から、フレッシュなお肉(チキンやラム)を売っているインド食材店を教えてもらいました。ますますインド熱があがりそう♪
でも、最近ジャンキーな生活がたたって脂肪率増加中。(涙)真剣にジムに通おうか検討しておりまする。。。
Commented by Miyuki at 2008-02-11 11:43 x
*ayuminさん
あはは、でも私もそう思ったですー!>洗練
いやほんとに美味しかったですよ~♪ スパイスに詳しいayuminさんなら、きっともっともっと楽しめることと思います。ぜひぜひ行ってみて~。そしてもっと素敵な写真を撮ってきて~(切実)(や、料理に申し訳なくて)

このエリアはインターナショナル・グローサリーストアが充実してるのが、本当に嬉しいとこですよね! 私も、日本へのお土産にインドティーやインドのスイーツを買ってみたりしてます。
体脂肪を効率的に落とすには、運動は欠かせませんね。毎日サイクリングだ、ayuminさん! 自転車でESL行きだ! 私は無理ですが!(殴)
Commented by まきりん♪ at 2008-02-13 16:27 x
実は香辛料に弱い私は、インド料理のバフェに行って胃腸薬を飲む始末。トホホ・・・

でも、この町に一軒しかないインド料理屋のバフェ(ランチで$9.99)は軒並みレストランがつぶれいているので早急に行かなくてはと感じています。胃腸薬片手にチャレンジ!
Commented by Miyuki at 2008-02-14 13:52 x
*まきりんさん
刺激物全体が苦手でいらっしゃるのですな~、うーん、胃腸薬はかわいそうだああ(涙)
じゃあインド料理を食べる前に、胃袋に防壁。お茶や豆乳をいっぱい飲んでから、とか!


<< 甘く、優しく、穏やかに (その1) 媚薬のレシピを紡ぐのは >>