媚薬のレシピを紡ぐのは

正月(旧暦)、北方領土の日
大石良雄らの赤穂浪士46人が切腹(1703年)
鉱毒問題で足尾銅山の暴動始まる(1907年)
米英ソ三国によりヤルタ会談が開催(1945年)


チョコレート。ああチョコレート、チョコレート。

ため息と共に吐き出せるのは、ただそれだけの言葉達。
媚薬とも、精神安定薬とも、また興奮剤とも称される、永遠の贅沢品。


そんなチョコレートについての知識を得るべく、以下のサイト巡りなども一興かと。


日本チョコレート・ココア協会

チョコレートのおもしろ博物館

Le Chocolat Chambre


[おまけ] 女性読者が選ぶバレンタインデーの本命チョコレート

* * * * *

【お菓子】
b0059565_14512794.jpg

待望の、待ちに待ってた今日という日。
暦は折り良く、今日から春。ずっと雨続きの寒い日が続いていたベイエリアで、久しぶりの快晴。
朝から洗濯物を外に干し、ご機嫌に出かける時間を待っていた。
なにかというとね。
憧れパティシエChicoさんの、初めてのお菓子クラスの日なんだよ。



一緒に参加する予定だった友達は、残念ながらお子さんの急病でキャンセルになっちゃって。人見知りの私は、内心かなり不安だったけど。
彼女の分もしっかり習って、存分に見て来なきゃね。だって素敵な内容なこと、絶対に間違いなしだから。


お菓子も料理も、教室に行ってお金を払ってまで習うべきかどうかは、その内容によるわけで。
例えば「おうち」向けだけの、シンプルなものであるならば、今は良い本もネット情報も溢れているので、自分でも何とかなるわけで。

ところが、そこがさすがのChicoさんで。
選ばれた最初の課題は、「チョコレート・ボンボン」。しかも、バレンタイン月である2月。
元々のご本人人気もさることながら、たちまちクラスが満員となったのは、このテーマもずばりだったと思うんだ。

b0059565_14524779.jpg

場所はご自宅で、明るい笑顔と声で迎えてくださって。キッチンには、コーヒーとお茶のセルフサービス&焼き立てのバナナブレッドが待っていて。
まだほかほかと湯気の立つ、贅沢な美味しいブレッドをいただいた後、いよいよレッスンの始まりだよ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

チョコレート菓子を自分で作るに当り、一番大きな壁は、「テンパリング」という作業。
こまめに温度調節を行いながらチョコを溶かした上で型に入れないと、成分分離したチョコが出来上がってしまうのだよね。

b0059565_14531273.jpg

今日作るチョコは6種類。
Chicoさんが持っていらっしゃる型の中から、皆が欲しい形のものを選ぶところから。

b0059565_14532789.jpg
b0059565_14534151.jpg

そして製菓用のクーベルチュールチョコを溶かし、テンパリングの”見極め”のポイントとやり方を。
温度計を片手にチョコを混ぜていき、「このぐらいの溶け具合」というレベルがあるのだけど、正にそこで止められるのは、さすがにプロならでは。

b0059565_1454969.jpg

溶けたチョコを少しだけ指につけて、型にわずかずつ塗っていくよ。こうして種類の違うチョコをつけることで生まれる、色と艶のアクセント。

b0059565_14542375.jpgb0059565_14543779.jpg

「もう大丈夫」とChicoさんが判断されたところで、型を使った”シェル”作り。ひたすら見惚れる、華麗の一言の独壇場。
型にチョコを手早く流し込み、カードで余分なチョコを素早く取り去って。この見事な手際があるからこそ、せっかくのテンパリングが生きるんだ。
またポイントを見た上で、余分なチョコを叩き落として、型に残るのはシェルのみ。

b0059565_14545835.jpgb0059565_15442180.jpg

冷蔵庫の中でシェルを固めている間に、今度は生徒も参加のガナッシュ作り。
外と中のチョコの組み合わせ。ダーク、ミルク、ホワイトの3種×2組、どういうお酒・どういう具を組合わせれば、より美味しいボンボンのペアになるか。
Chicoさんの確かな経験から作られた、幾つものレシピ。基本となる比率、お薦めのリカー、アクセントとなる材料など。
ボンボンというあの小さな枠の中に、これだけのものが詰まってる。

出来上がったシェルの中に、絞り出し袋に詰めたガナッシュを、丁寧に入れていく。
容器にそのまま入れて固めるものは、絞りだす形が難しく。この後の「ふた」があるチョコは、その量の加減も難しい。

b0059565_14554072.jpg

ガナッシュが落ち着いたところで、いよいよ最終工程の「シーリング」。中身が出ないよう、一体形になるよう、シェルと同じチョコで蓋をするんだね。
ここでもまた空中を飛び回るのは、Chicoさんの魔法の手。2度行われるシーリングの、なんて手早いその動き。
もたもたとためらっては台無しになりかねない大事な工程は、目の前で展開される玄人技に、ただ目を瞠ってばかりだよ。

b0059565_1456919.jpgb0059565_14562355.jpg

そしてとうとう、チョコの完成。
生チョコは切り分けて、ココアパウダーをまぶして。ボンボンは大胆に、一気に型からはずして整列。

b0059565_14564270.jpg

いただいた箱に、自分の取り分のチョコを詰めて。来られなかった友達の分も用意する。
夢のように、目の前で映画を観ているように。あまりに早く、魔法にかかったように、流れていった2時間半。
離れがたくて、足元が浮いてるようで、楽しかったです・ありがとうございます・また次を楽しみにしてます……決まりきった言葉しか言えないままに、レッスンの場所を後にした。

b0059565_14571426.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*

早く届けたくて、帰りにそのまま友達の家へ。
ドタキャンになっちゃったから、レッスン代を払わせてほしいと彼女は願っていたのだけど、優しいChicoさんは受け取ってくれず。せめてもの妥協案で、「じゃあチョコを下さい!」と言って、その代金を受け取っていただいたの。
おかげで彼女も喜んでくれたよ。諦めてた宝石が手元に来たものね。


彼女とも、家に帰ってからお嬢とも話したのだけど。
マクロビを厳格にやろうとすると、当然チョコは、一番避けた方が良いものの筆頭に上がるわけで。
そうでなくとも、糖分や脂肪分色々と。栄養学的に見ても、決して沢山食べて良いものではないのだよね。

でもね、どんなに砂糖を断てと言われても。チョコはやっぱり別格の存在。
それを今日のレッスンを通じて、改めてしみじみ思ったよ。


日常の、どこでも買える、毎日ぽいぽいと口にほりこむ、そういうチョコが溢れてる中で。
カカオというものとの関わりから始まり、歴史の流れにのって、少しずつ原石から磨き上げられていった、チョコレートという名を持つ、確かな重みのあるもの。
それだけの背景と、かけられた手の多さ。両手をもって受けとめたい、そういうものが在るんだよ。

魔法としか見えないけれど、その背後に連綿とあるはずの、プロとして積まれた修行の重さ。その手でもって、目の前で作り出して下さった、魅力に溢れた小さな宝。
普段は避けるべきもの、滅多に手にできないもの。そう心がけなければならないならば、その貴重な機会は、こういうチョコレートをこそ手にしたい。そんな風に憧れる。


また明日の朝から、お嬢と大事に一つずつ。目で愛でて、舌で味わって、時間をかけて得る笑顔。
魔法の手を持つパティシエさんの、笑顔と元気が詰まったチョコレートには、それだけの力がぎっしりと入ってる。
b0059565_14574475.jpg


* * * * *

素敵なレッスンの模様は、こんな駄文ではなく。
どうかどうか、ご本人手ずからの、美しいことこの上ない写真と文でお楽しみ下さいませ。ほら早く、やれ早く。

Chicoさん、改めまして、本当にありがとうございました! 今思い返しても、ひたすら楽しいばかりの時間でございました。(愛)>私信

California Kitcen:Lessons for Chocolates

そして実はこっそり日参させていただいていた、憧れブログのマスターさん、Chiblitsさん。
Chicoさんのお友達でいらっしゃいまして、この教室にも参加され、なんと動画でレッスンの模様を紹介して下さっています。Chicoさんの声が聞けるんですよ~、皆様!
どうかどうか、こちらもソッコーでご訪問のほどを!
そして私がいつも読みふけってしまう、すばらしい内容のブログもお楽しみ下さいませ!

カリフォルニアのばあさんブログ:Chicoさんのチョコレート教室
[PR]
by senrufan | 2008-02-04 14:46 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/8027549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-02-07 17:08
・・・涙で完。
なんて素敵な Chico さんのチョコレート教室。Miyuki さんのブログから一挙手一挙動まで目に浮かびましたよ。皆さんの歓声と感動がじぃぃぃんと伝わってきました。今まで食べてきた高級チョコレートたちは、高いんだから美味しくて当然よねーと高飛車に食べていましたが、こういう暖かい思いのつまったチョコレートを頂くと、本当に一つ一つを宝物のように見つめて感動してしまいます。

駄文だなんてとんでもない。素晴らしいレッスン内容を素晴らしい言葉で伝えてくださった Miyuki さんにも大きな多謝。
Commented by さく at 2008-02-08 00:46 x
ああ、素敵なチョコレート教室。(うっとり)
これってすっごく楽しいんだよね。
実は日本にいた時に、5年くらい毎年チョコレートを作っていたんです。ガナッシュを作って、テンパリングしたチョコをかけて。
こういう型がなかったのでただのボール状だったけど。ホワイト、ダーク、スイートをいろいろ組み合わせ、お酒を入れたり、チェリーを入れたり。ほんとにすごく楽しかった。
私のは本を見ての適当にやったものだから、見た目も味も比べ物にならないけど、そのわくわく感はすごくわかります。いつか次回があるのなら、私もぜひプロの手ほどきを受けてみたいですー。
Commented by Chico at 2008-02-08 01:12 x
素敵に紹介してくれて、嬉しいです♪
そしてレッスンを楽しんでいただけたようですね。
ふ~っ、ほっと一安心。(笑
チョコレート、自分で作るとなると大変ですよね。
でも出来上がったときの満足感は大きいのも確かです。
また機会があったら、是非、Miyukiさんの参加をお待ちしております!
リンク貼らせてもらいました。どうぞよろしく~♪
Commented by ayumin_moo at 2008-02-08 09:37
素敵なレッスン、素敵な時間。
Miyukiさんの文章を読んでるだけで、心がぽかぽかしてきました♪
あのチョコレートが目の前で生み出される。。。
私もChicoさんの魔法にかかりたいです~。

チョコレートを宝石のように楽しむMiyukiさんの思い、ひしひしと伝わってきました。
こんなに喜んでくれて、きっとChicoさんも嬉しく思われることでしょう!
(私まで嬉しくなってしまいました♪)
Commented by Miyuki at 2008-02-08 13:25 x
*shinaさん
うわあん、shinaさんこそ、いつもあったかい言葉をありがとうです~! いやいやほんとに素敵なレッスンだったのに、私ときたら全然表現しきれなくてもう……(涙) でも少しはお伝えできたかしら、私の愛(迷惑)

高級チョコブームがすごい日本、それもアリですが、やっぱりこういう手作りはまた格別ですよね♪ それも憧れの人の手から、となるとねえvv
Commented by Miyuki at 2008-02-08 13:26 x
*さくさん
えーっ、さくさんたらすごい、チョコまで作ってたんだー! なんて器用なの、アナタったら!
そだよね、自分で作れば、自分好みのフィリングや味の組み合わせができるのが良いよねえ♪ 今度2人で作ろうよ~。そして何かあったらChicoさんに頼る(殴)
Commented by Miyuki at 2008-02-08 13:29 x
*Chicoさん
極上、というレッスンでございましたvv 今でも思い出してはにまにまと。あのChicoさんの手際を拝見できただけでも、すんごい収穫でしたよ~vv ほんとにお世話になりました!
次回は何をテーマに選ばれるか、今から楽しみでなりません。わくわくしながら、お知らせをお待ちしておりますvv
Commented by Miyuki at 2008-02-08 13:31 x
*ayuminさん
わ、ぽかぽかしていただけたなら、それはChicoさんの魔法が、へっぽこブログにめげずに届いてくれたおかげだわっ(笑)

お菓子ジャンキーだった頃は気づけなかった、お菓子の価値や貴重さ。ああいうすばらしいレッスンの場だと、余計にひしひしと感じましたぁ。今後またジャンキーに走りそうになったら、Chicoさんの手を思い出して耐えることにしようと思います。
Commented by peartree22 at 2008-02-08 17:02
実は何度か”テンパリング”なるもの(一度として成功したことがない!)をやってみるのですが、本当にタイミングが難しくって・・・。
やはりこうして生のチョコレート作りを見てみたいものです。
Miyukiさんの決め細やかなレポート、何度も何度も読み返してみました。参加していなくてもChicoさんの魔法にかかったような気がしてなりません。ご自信が苦労して得られたであろうレシピをおしげもなく生徒さんに提供する先生の懐の深さ、そしてそれをちゃんと受け止めるMiyukiさん初め、生徒さんの質の高さ。なかなかそのような教室はないかと思われます。
いつか、私も同じ空気を吸ってみたいものです!


Commented by まきりん♪ at 2008-02-09 07:39 x
おおお~チョコではないですか!
こんなに手を掛けて作ったら、頂くのがもったいないような・・・
いえいえ、本心は全部食べちゃいたいです。
特に生チョコの部分はオオトロですね。
Commented by Miyuki at 2008-02-09 10:24 x
*ちゃんさま
わー、ちゃんさまもやってらっしゃるんだ! みんなすごいなあ♪
生のチョコレート製作は、本当に見応え十分でした。特にそれが知っていて憧れている方の手によるものだと、あそこまで……って感じで。もちろん、他の生徒さんもとっても良い方ばかりで、幸せな一時でございましたよ~vv
一緒、したかったです。ちゃんさまと。
Commented by Miyuki at 2008-02-09 10:25 x
*まきりんさん
オオトロー! その表現、サイコーーッ!!
ね、ね、まきさんは今年のバレンタインはどうされます? 今年は何を作られるのか、今から楽しみにしてるんですけど~~♪(うずうず)(わくわく)
Commented by Chiblits at 2008-02-09 18:17 x
先日ご一緒した最年長のChiblitsです!
綺麗な写真で工程をまとめましたね!Chicoさんは手際良く、チョコレート作りを、皆さんは手際よく素敵な写真を撮っていらっしゃるのでびっくりです。
私のブログにリンクを貼らせていただきました!今日は四苦八苦してチョコレート作りでしたよ!
Commented by Miyuki at 2008-02-10 11:14 x
*Chiblitsさん
うわあもうどうしましょう、憧れの「ばあさん(ごめんなさい!)」が来てくださるなんて~~!!! 実はこっそりおじゃまさせていただいております! 友達にもファンがいます! ああああ慌ててしまってどうしたらいいかわからないいいいい

改めまして、初めまして! クラス、ご一緒でなかったことは残念でしたが、おかげさまで素敵な動画が拝見できて、またまた嬉しく思いましたvv こちらこそ、ご迷惑でなければ、ぜひリンクを貼らせて下さいませ。今まで隠れファンでしたが、これで一度堂々と皆さんに、大好きChiblitsさんブログを紹介できまする~! それもこれも、Chicoさんのおかげですねえ……感謝感謝でございます。
後ほど、思い切ってそちら様にコメントを残しに行かせていただきます。どうかよろしくお願い致します。(深々)


<< 香辛料が加えるものは 継続という行為の持つ勇気 >>