「ほっ」と。キャンペーン

食がまたぐ国境線

お詫びの日、中華まんの日、ホットケーキの日、雷記念日
醍醐天皇が菅原道真を太宰権師に左遷(901年)
カノッサの屈辱(1077年)
第一回冬季オリンピック開催(1924年)


英国人の「大丈夫」はうそ?

我が家の旦那の得意技。それは「安請け合い」でございます。家族向け、だと信じたい。

時間にルーズで、いつも家を出るのが遅れるけど、
「大丈夫、なんとかなるよ」
スケジュールぎりぎりになって手をつけるのが当たり前だけど、
「大丈夫、大丈夫」

そして実際なんとかなってしまうことが多いので、それを改めないまま、すでに人生数十年。
誰か早めに懲らしめてくれればよかったのに、とほぞを噛む思いを、常に味わっているのでございます。


小心者の私は、やっぱりこの手のことが日常になると、ストレスがたまります。白髪、増えます。
ナンチャッテ英国ファンを名乗ってますが、せめて英国人と結婚しなくてよかったかも、とこの記事を読んで思ったことでした。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1065488.jpg

お嬢の通うスイミングの場所の近くに、数ヶ月前に新しいレストランがオープンした。
車で通り過ぎざま、ほほぉ、どういうレストランなんだね、と看板を見たならば。
「Global Cuisine ---- Persian - Italian - American」
……なんか節操のなさそうな。ペルシャ料理は大好きだけど、果たして行ってもダイジョブか。

そんな感じで、心のどこかにとめておいたレストラン。嬉しいことに友達からお誘いがかかったので、よし、とばかりに行ってきたよ。




b0059565_1083871.jpg

入ってみたら、店内の広いこと。きれいだし、バンケットルームもあるし、かなり大規模なパーティも十分にこなせるね。
きれいなお姉さんにテーブルに案内されて、さて、何にしようかとメニューを見る。
そしたらまあ、すごい品数。前菜、スープ、カバブにシチュー、サンドイッチやパスタにシーフードと、カテゴリーが幾つもあるよ。さすがグローバルを謳う店(……)

旦那様がイランの方という友達が同行してくれるはずだったので、お薦めを聞こうと楽しみにしていたのだけど。残念ながら仕事で遅れてくることになったので、残りの3人であれは何?これは何?と首をひねりまくったよ。名前も発音できないものがいっぱいなんだもん……

とりあえず全員、シチューとライスのセットに落ち着く。
Ghormeh Sabziというビーフと豆のシチュー、Gheimeh Bademjoonという茄子とビーフのシチュー、そして私はFesenjoonのベジタリアンバージョンで。

b0059565_1012080.jpg

Fesenjoonというのは、くるみとざくろのシチューでね。
たまに行く、お気に入りのペルシャレストランで、一度日替わりメニューで見かけことがあるんだが。食べてみたら美味しかったんだな、これが。
普通バージョンはチキンが入っているんだけど、ベジタリアン用に抜かれてたから、見かけは大変地味でございます。

これを、大好きなBasmati riceにかけながらぱくぱくと。甘くて、くるみのコクがたっぷりで。シチューもライスもかなりのハイカロリーとわかっているんだけど、スプーンを運ぶ手がなかなか止まりません。ああ、美味しい。
あと、この店ではライスのおこげもついてるね。ぱりっぱりとかなり固めで、これまたきっとハイカロリーなんだろうなあ。ああ、考えてちゃ食べられない。

しかし肉なし・具なしがかえってたたったというか、シチューだけではあまりにコクがありすぎて、途中でくどくなって止められた。ふう、命拾いのダイエット。(バチアタリ発言)


あとで駆けつけてくれた彼女によれば、私達が頼んだシチューは、どれも王道メニューということ。
カバブだったらもう一軒のレストランの方が美味しいけど、あちらはシチューなどはほとんどないので、こちらの方がリーズナブル&ありがたいこと。

更に彼女がオーダーした、Albaloo Poloも味見させてもらって。
これはBasmati riceにブラック・チェリーが入ってて、ピンク色のライスがほんのり甘く、これにチキンが良く合うの。今度はこれもいいなあ、と思ったよ。

b0059565_10141671.jpg

デザートはトラディショナルなもの一品と、普通のケーキを一品頼んで、皆でシェア。
ハチミツにたっぷりと漬けてある、ドーナツ状の揚げ菓子。バクラヴァといい、ポイントは、「歯が痛くなるぐらいのハチミツの甘さ」だね。
ナッツ、ハニー、ローズウォーター、ここら辺りがはずせない材料。


品数が豊富な分、食べたいものはまだまだ沢山。
また数人で連れ立って来て、皆でいろんなものを分け合って食べたいね。

b0059565_10144269.jpg

ARYA Global Cuisine
19930 Stevens Creek Blvd.
Cupertino, CA 95014
[PR]
by senrufan | 2008-01-25 10:05 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7988559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2008-01-28 16:09 x
へぇ、おもしろいねぇ、英国人は平気でうそをつけるんだ。自分でうそをつくのが得意とまで言えるというのはすごいな。なんでだろう。やっぱ美味しいものを食べていないからだろうな。うん。そうだ、そうだ。(勝手な解釈)

このグローバルなレストラン、ペルシャ人とイタリア人とアメリカ人のシェフが「一緒にやんない?」って始めた店か・・・だって、こんなに立派な店構えで豊富なメニュー、そうそうできることではないものねぇ。面白そうで厨房を是非覗いてみたいな!
Commented by さく at 2008-01-29 07:36 x
ああ、ここずっと前にシカゴ風ピザのチェーン店があったとこだよね。
あれから2回くらいお店が変わっているような気がする。
きっと場所があまりよくないんだね、って思ってた。

私ね、そのペルシャのおこげパリパリライス、大好きなの。
それに複雑な味わいの、こくのあるシチューが良く合うよね。
そのドーナツの蜂蜜漬けは、インドのデザートにも似ているね。

お店が素敵です。
Commented by Chico at 2008-01-29 08:08 x
あっ、私も安請け合いの一人であります。(笑)
大丈夫って言ってて、いつも遅れたり、失敗したり、、、。
ペルシャ料理、食べたことがないんだけど、シチューが定番なんですね。
ここ、うちからも遠くないので、是非、行ってみたいです♪
Commented by Miyuki at 2008-01-29 10:07 x
*マミィさん
うそつき自慢、ってなんかヤですよねー。その原因は貧食? じゃあ私も一緒じゃないですか(爆)

あはは、そおゆう由来だったら笑えるー! 聞いてみたーい! 確かに厨房は興味ありますな。料理ごとにコーナーやシェフが分かれてるんかな。
Commented by Miyuki at 2008-01-29 10:09 x
*さくさん
そうそう、あ、また新しくなった、というのが最初の印象(笑)
決して悪くない場所なのに、ぽつんと立ってるのが良くないのかねえ。

あら、おこげ好きさんがいた! シチューは美味しいねえvv もっともっといろんな種類が食べたいよ。
インドもそういえばこの手の濃いデザートよね。暑い国って、やっぱり身体を冷やす効果のスパイスや濃いもの多用だね。
Commented by Miyuki at 2008-01-29 10:11 x
*Chicoさん
では私の中の”Chicoさん情報”に、「大らか」と付け加えておきましょう(笑) や、人様ならプラスに考えられるんですが、家族となると腹立たしいのはナゼ?
機会があったら行かれてみて下さーい! ご感想をお聞きしたいですう。
Commented by あつゆき at 2008-02-02 06:59 x
なんとこれはうちの近くのあそこではないですか。
こんなすてきにかわったんですね。
こんどいってみようっと。
Commented by Miyuki at 2008-02-02 14:02 x
*あつゆきちゃん
そう、もう私らが来てから何軒目、というぐらいに変わってるよね、あそこ(笑) うん、行ってみて~。


<< 自然に近いという価値を いつか遅れる時が来る >>