「ほっ」と。キャンペーン

基本の「き」の字は何になる

Boxing Day (U.K., Canada)
Independence Day (Slovenia)
Kwanzaa (begins) (U.S.A.)
Day of Goodwill (South Africa)

* * * * *

【レストラン】
今日訪れたのは、東西線は竹橋駅にあるカフェ&デリ。
地下鉄と聞いただけで、「都会だ」→「怖いとこだ」と連想するアタシって、すでに加州のド田舎モン。



カフェの地図にのっていた出口のとこで友達と待ち合わせして、さあ探そう!と思ったら、なんのこたーない、その出口がそのまま、カフェのあるビルの入口だった。
エレベーターで上に上がると、どーん!と毎日新聞社の受付&美人のお姉様方が。思わずふらふらと歩み寄ってしまったよ(阿呆)

b0059565_10385490.jpg

ほとんど開店と同時に入ったおかげか、まだお客さんがいないね。
お店の入口には、今日のランチの見本がずらり。カレーもうどんもお弁当も、盛り沢山で迷うなあ。
そして入ってすぐ左手から、デリのカウンターが。ずらりと並ぶおかず類、おにぎりにサンドイッチ、スープにキッシュときて、さらにデザートがまた沢山あって。

この手のお店らしく、全てのデリの名札に、入っている材料名が全部明記されてるの。これはアレルギー持ちの方には勿論のこと、私のようにオベンキョしなきゃ、の人にもとってもありがたい。

b0059565_10392635.jpg

トレイを持って、あれこれ注文したり質問したりしながら、少しずつ進んでいく。
友達は蓮根うどんとデリのおかず類を幾つか、私は日替わりランチをば。


b0059565_10394879.jpg

蓮根うどん、これはうどんの上に蓮根がのっているのかと思いきや、表示によると北海道産小麦粉に蓮根粉(無農薬・自然栽培)、赤穂の天塩、地下水で仕上げたうどんだそう。
上にのせられた水菜、キャベツ、人参、わかめなどが、ドレッシングで和えられていて、ちょっとサラダうどんっぽい。
「歯応えがあって美味しい!」というのが友人の弁。

b0059565_1040263.jpg

他にも彼女は幾つかオーダー。かぼちゃとレーズンのサラダ蕪と白花豆のエスカベージュ、玄米おにぎり。
加えてランチデザートメニューで、フルーツケーキと飲み物が100円でプラスできるの。これはとってもお得と思う。

b0059565_1041365.jpg

私が頼んだ日替わりセット、今日のメインはかぼちゃのもちあわグラタン
これに玄米ご飯、今日のスープor味噌汁、お漬物にボイルサラダ、更にお好みデリを一品選んで、締めて900円だって。かかってる材料費を考えると、量こそ控え目だけど、そこら辺のランチ以上の価値に思えちゃうのは、私がマクロビ贔屓だからかね。
デリ一品で選んだのは、野菜のクリームシチュー。カリフワラー、ブロッコリー、コーン、さつまいも、蕪が、豆乳と地粉と白味噌などのホワイトソースで煮込んである。

昨日のマルシェでも思ったけど、おかずは勿論のこととして、とにかく玄米ご飯が美味しいの。うちでも圧力鍋で炊くようになって、結構美味しくなったと思っていたのに、まだまだ格段の差があるよ。
もちもちなんだけど、ふんわりと空気を適度に含んでて。ちゃんとまとまってるのに、口に入れると柔らかくほどけていく。これでお寿司を作ったらさらに、と思う。
玄米はまずい、と言い張る人に、これを食べてみてほしいなあ。ちゃんとした材料できちんと炊けば、こんなに美味しくなるんだなあ。私ももっと精進せねば。

こんなことを思って口に運んでいたら、友達が前で感激してた。
あれもこれも、すごく美味しいって。マクロビ、全然問題ないじゃん!だって。(歓喜)
特に玄米ご飯には目を見張って、絶対うちでも玄米にするー、と決意を固めていたんだよ。

そうだねえ、ここまで美味しいのが一発で炊ければ、家族も喜んでくれるだろうけど。それにはまずは無農薬玄米は絶対だし、炊き方も工夫しなきゃいけなくて。
何で炊くの、炊飯器? じゃあ洗い方はこうで、浸水させて、塩をひとつまみ加えてね……
だけど最初は、分づき米や雑穀米から始めた方が良いかなあ……
彼女と玄米談義をしながら、私も自分の炊き方を確認して。うちの鍋で一番美味しく炊けるやり方、もっと試行錯誤していくよ。

私達が一番乗りだったけど、その後から見る見るうちにいっぱいになった店内。立って待ってる人達も。
「毎日新聞さんがこのビルに入ってるので、いつも大勢いらしてくださるんですよ」と、スタッフの方がおっしゃってたよ。
でも幾つもレストランが入ってるビルで、これだけ集まってくるというのは、受け入れられてる証拠だよね、とじんわりと嬉しくなっちゃった。

b0059565_10431380.jpg
b0059565_10432817.jpg

やっぱりご飯だけ食べ切れなかったので、ここでも持ち帰りができるか聞いてみた。
スタッフのお姉さん、快くラップを持ってきて、ちゃちゃっと手際よくおにぎりにしてくれたよ。特製胡麻塩たっぷりだよ。
ちなみにマクロビでは、玄米+胡麻塩を”完全食”と見なしてます。


販売もしていたので、昨日買い損なった食材と、あとはうーんうーん、もうデリの品、ぜーんぶ試したい。デザートも全種類食べてみたい。
今日の夕食は別の約束が入っているので無理なんだが、明日以降用に買って帰りたい。
って、明日からアタシは旅行だよ……!(悲鳴)

スタッフの方によれば、やはり賞味期限は今日中とのこと。添加物などを一切使ってないから当然だ。デザートだったら保冷材をつけるし、とにかくなるべく早くに食べるか冷蔵庫へ、というご希望。

思いっきり悩んで(5秒もな)、あっさり決めた。
やっぱり幾つか買っていく。後は自己責任だ、どうともなれ。

明日の新幹線内で食べようと、まずはお弁当を一つ。
それとデリのおかずを2品と、キッシュ一切れに、天然酵母パンのサンドイッチ。この辺りは明日の朝食に。
さすがに生ケーキは諦めたけど、スコーンやクッキーはしばらくもつから大丈夫。お、ビスコッティもあるじゃないか。
友達も、玄米やマクロビの入門書を購入した。検討を祈るよ、つか、ぜひ仲間になってくれ。


明日も、朝から食事が楽しみだ。
こうやっていつも日本滞在では、心も身体も肥えていく。(ナキワライ)


クシ・ガーデン デリ&カフェ
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1階
[PR]
by senrufan | 2007-12-26 10:37 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7905728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2008-01-06 12:22
そう、玄米。なかなか美味しく炊くのが難しいですものね。先日行った、鹿児島のマクロビ系カフェのランチの一番の難点はご飯の炊き方がまずい!せっかくの有機のお米がかわいそう・・・という感じでした。
我が家はやはり夫が玄米が苦手で、7分米に2割ほど発芽玄米、または7分米に雑穀を混ぜて炊飯器で炊いています。が、今回、こちらを読んで、いかに自分がただ漫然とご飯を炊いていたか!に気付かされました。ご飯が美味しく炊ければおかずはいらないってほどですものね!
あー、本当に今年もMiyukiさんからは教わってばかり。遅ればせながら、こんな私ではありますが、ついて行きますのでよろしくお願いいたします。
Commented by NONO at 2008-01-06 13:19 x
わ~どれも美味しそうですね!私もクシガーデンは一度行ってみたいと憧れています。でも上京した時は何故かいつも時間がなくて…(笑)。うちは諸事情により炊くのは発芽玄米+白米なんですが、普通の玄米では時々玄米スープを作ります。母が風邪で全く食欲がない時でもこれなら喜んで飲んでくれるので…。お陰で回復も早いような気がします。あ、クシ先生のお名前は確か久司、だったかと~。
Commented by まきりん♪ at 2008-01-06 15:18 x
こんなバリエのあるマクロビだったらチョイスが多くていいですね。
しかも毎日新聞社のビル内にできたのが意外な感じ。

お持ち帰りにいろいろ買い込んだ気持ち、分かる気がしますよ。
Commented by ayumin_moo at 2008-01-06 15:21
すご~い!どれもこれも美味しそう!
私、Miyukiさんのブログに出会うまでマクロビってまったく興味がなかったのですが、最近ふつふつと。。。だって、体に良くて美味しいって、素晴らしいではないですか!(何をいまさら)
でも、実際やろうと思ったら大変なんだろうな。材料1つ1つにもこだわらなくてはいけないし、やっぱり動物性たんぱく質も欲しいし。。。たまにでいいから、頑張ってみようかな。。。
玄米ご飯は大好きなんですよ~。日本ではときどき発芽米を炊いてました。白米と1対1で。
でも、炊飯器で炊くせいか、オットはいまいち気に入らない様子。浸水には気を使っていましたが、塩を入れると言うのは初耳です。こんど、試してみますね。

女性客でいっぱいの風景も、また懐かしや~。(しみじみ)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-01-06 16:14
いつも世界を意識させてくれる祝日シリーズ。
Boxing Day。懐かしい祝日を思い出しました。(ちょっとだけロンドンにいたもので。)Day of Goodwill の Goodwill って、あのリサイクルの・・・?

「マクロビといってもただの和食」と Miyuki さんは簡単におっしゃいますが、いやいや、やはりかなり手の込んだ努力と前知識が必要だよなぁ、、と感心してしまいます。口に合うかどうか分からないけれど、やはり1冊本を買って、試してみようかと。夫もダイエットに取り組んでくれそうな雰囲気なので、それを口実に。

玄米に塩。私も試してみまーす。
Commented by マミィ at 2008-01-06 18:10 x
そうか、日本でもこんなに手軽にマクロビ体験できるんだね!次回は必ずや行ってみますぞ、マクロビ・ランチ!

母から私へのお願い:今回はばたばたして実現できなかったけれど、今度来たらやってもらいたいこと
ーメールに写真を添付して送るやり方を教えて
ー雑穀米のおもちできんぴらモッフルを作って
だって。

母のモッフルへの憧れ、かなり強いようです。教祖さまに、じわじわと浸透しておることをお伝えしたく。
Commented by すれっぢ at 2008-01-07 00:44 x
Miyuki 「07~08 年越しマクロビの旅」ってシリーズでどうでしょうか?
勝手につけんな・・・すいません。

それにしても随分一般化して、人気があるのですね~。食の問題がいっぱい出てきてるから、なおさら人々に受け入れられやすいのもあるのでしょうね。
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:05 x
*ちゃんさま
それは辛かったですねえ。マクロビと謳うからには、玄米こそ基本なのに(涙) だからこそ反省する我が身……
などと言いつつ、実は私も娘もおかず食いでして、ご飯はほんの少ししか食べないので、これまたマクロには添ってないんですが(笑) 更に玄米は子供には陽性が強すぎるので、三食食べさせたらだめ、という意見もありますし、ほんとに各家庭それぞれのやり方でいいと思うのです。玄米じゃなきゃだめ!と思い込む方がマクロにはまずいんじゃないかなあ、なんて。ああもうほんとに、ちゃんさまとはいっぱいこの辺りのお話をしたいです~! 私こそ、今年もどうか見捨てずに仲良くしてやって下さいませ、と平にお願い申し上げまする。
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:11 x
*NONOさん
おおっ、クシをご存知でしたか! じゃあ30日はここでランチすればよかったなー。玄米スープ、私も大好きです~vv 玄米クリームも、病気の時にはテキメンの効き目らしいですね。やっぱりパワーがあるのですなあ。
あ、知ってます、九司先生! ↓の日記でも書いてます。ただお名前は漢字表記ですが、他の施設やスクール名は全てカタカナになっているので、それに従ってみました♪ もう90歳になられる先生、昨年末に再婚されましたよね。これも玄米パワーか?(笑)
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:13 x
*まきりんさん
それが都心では色々と広がっていて、なんと議員会館のお弁当もマクロビが入ってるんですって。大手デパートの地下にもデリがあって行列になってたし、有名ホテルにも! 難しい理念などは後回しでいいから、ブームじゃなく受け入れられているのであれば嬉しいなあ、と思った次第です。
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:19 x
*ayuminさん
いえいえ、もう繰り返しになりますが、何も難しくはないですから! ほんと、ayuminさんの名作キッシュよりずっと楽。保証します。あとはその味を好きか、体が求めるか、だけですよ~。それに「食べちゃいけない」ものはマクロにはないんです。「避けた方がいい」食べ物だけ。そこがベジタリアンとかとの違いですよねえ。
炊飯器、土鍋、ステンレス鍋など、炊くものによって食感も味も変わりますもんね。圧力鍋は一番もちもちと仕上がるので、比較的受け入れやすいみたいですよ。特に秋・冬向けとか。

そうそう、私も「懐かし~!」と思って、思わずキョロキョロ&周囲の話に耳ダンボ、でございました~(笑)
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:26 x
*shinaさん
ロンドンにもいらっしゃったですか! ますます国際派ですなあvv(憧) Day of Goodwill、私も最初そう思ったです(笑) 日本語でいうと「親善の日」だそうですよん♪

前知識? それは全くゼロでしたな。(きっぱり) 材料もほぼ全てカリフォルニアで揃いますし、あとはレシピ通り、それだけでやってます(笑) なので、まずは初心者用の簡単な説明付のレシピブックでもって試してみられるのが早いですね、確かに。だったら、前におっしゃってた月森さんやカノウさん本はやめた方がいいかなあ……
なんにせよ、旦那様が減量に前向きなのはめでたい! 奥様としてやりがいのある料理生活になりそうですね♪
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:31 x
*マミィさん
いえいえ、マミィさんのふぐ刺しにはかないません!(笑) お互い、現地の食事も美味しいですが、日本のはまた身体が喜ぶというか、格別の味ですよね~vv

んまあ、お母様、なんと嬉しいお言葉を!!(感涙) でもあれは姉さまのアレンジの勝利。根セロリのきんぴらあってこそ、ですわよん。ちなみにうちの旦那には不評でしたよもっふる。「今度は普通に焼いてね」とぬかしやがりました。ああ、どうしてこう食べ物の好みが合わんのだ…!(ぎりぎり)
Commented by Miyuki at 2008-01-07 08:33 x
*すれっぢさん
またまた粋なタイトルをありがとうございますー!(爆笑) それでよかです、だって今回の自分的裏テーマ。

そですね、タイミング的に良かったのでしょうね~。でもほら、日本って熱しやすく冷めやすいから……来年行ったら全て消えていた、だったらどうしようと、そんなところは母国人として信用しきれないのであります(涙)
Commented at 2008-01-07 11:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2008-01-08 01:48
*今更ですが非公開コメさま(気づかなかったド阿呆)
うっぎゃああああ!! そうじゃんかああ俺ー!!
ありがとうございます、ソッコーで直しました! ああもう新年早々失敗続き……これ以上傷を深めないうちに、ブログをやめた方が(ぶつぶつ)
ほんと、パワーをもらいたいお方でいらっしゃいます、先生♪ でもうちの母、「ベジタリアンは長生きしない」と脅すんでございます。おお、のぞむところじゃ。


<< そうだ、京都行こう。(その1) 求めよ、されば叶うかも >>