固さも中身も自在になれば

Unity Day (Zimbabwe)


ぐん、ぐん、と加速がついたように気温が下がっている昨今。
しもやけはすでに絶好調で、今年はかかとまで痛いです。(もう涙も枯れ果てた)


そんな中でも、今朝もありましたよ、お嬢のスイミングの土曜早朝練習。
真冬の寒空の下、温水とはいえども、しっかり屋外。いつもさぞかし辛かろう……とは内心思いつつも、口に出すとつけあがるから絶対言わない(鬼)

早起きして、寒さに震えながら現地に着いてみれば、車の温度計による外気温は、
華氏33度でありました




華氏32度が、摂氏0度に相当します。
本日のわんぽいんとれっすんでした。(棒読み)

* * * * *

【お菓子】
マクロビスイーツにも随分と慣れて、食べるたびに「美味しい!」と思うけど。
じゃあ、普通のお菓子が苦手になったかというと、決してそうではないところが卑しいというか、ただの節操なしというかね。



まあ確かに量を取り過ぎると、舌がすんごく痛くなる、という拒否反応が出るようにはなったわけだが、それは量を守ればいいのであって、なんのこたーない、結局ただの甘いもの好きに変わりはない様子。
………と、実も蓋もない言い方をすると、我ながらちょっと傷ついたりしちゃうんだ。(小石を蹴りながら)


それはともかく、最近凝って作っていたのが、イタリアの名物菓子のビスコッティ
固焼きのクッキーで、ナッツやドライフルーツやチョコレート、いろんな具入りでバージョン多数。

徳永久美子さんのレシピ本で、イタリアに行かれた時、あるおうちのマンマ@ばっちりメイクのアクセじゃらじゃらが、その服装のまま、レシピなしでささっと粉や卵を混ぜて、ぱぱっと天板にのせて焼いている様子が書かれてて。
「こんなマンマになりたいものだ」というお言葉に、正にそうだと頷いたよ。改めて、イタリアでは本当に日常のお菓子なんだなあ、と教えられたんだった。

そういう風に、気軽に我が家に常備したくて。幾つか作ってみた中から、4つほど記録を残しておこう。

b0059565_16153459.jpg

まずは、なかしましほさんのレシピから2つ。1つ目は、抹茶と桜のビスコッティ

薄力粉、抹茶、甜菜糖。卵は1個で、あとはアーモンドと、桜の花の塩漬け入りなの。
ナッツが苦手なお嬢が、アーモンドよりは好きだというヘーゼルナッツに代えて。そして、日本で買ってきて大事に少しずつ使ってきた桜の花の、最後の20gを使い切る。

これがとっても美味しくて。流行りの塩味スイーツっぽいよ。
甜菜糖なのでほんのりだけの甘味に、桜の微かな香りと塩味が。かりかりとかじって、気分は春。

b0059565_1672889.jpg

もう1つは、黒糖とチョコレートのビスコッティ
これは粉にココアを混ぜて、黒砂糖、卵にチョコレート。

桜のビスコッティに、レシピ通りの分量でナッツを入れたら、お嬢から「多すぎ」というクレームがついたので(くそう)、今度はレシピの半量で。くるみ&アーモンドとなっているところを、アーモンドのみで。
チョコは、家にあるカカオ70%以上のチョコを集めて、ビターバージョンに。
桜のビスコッティよりほろっとしてて、チョコの苦味が快い。


マクロビレシピも勿論あるよ。エリック・レシャソーさんのレシピも良かったな。

b0059565_1681961.jpg

生地を基本の配合にして、具は自由だったので、お嬢も大丈夫なピスタッチオと、大好きなクランベリーを入れて。
薄力粉、全粒粉、豆乳、葛粉、レモン汁、などなど。

甘味はメープルシロップにしたので、出来上がりもやっぱりその香りと味。
そして、液体量が多めなせいか、生地がかなり柔らかく。じっくり焼いた後も、ビスコッティというよりソフトクッキーになったんだ。

エリックさんのは、アメリカレシピだけあって、とにかく量がハンパじゃない。だからこれも半量で作ったんだけど、それでもなかしまさんの倍以上。
いつ消費できるんだ、と青くなったけど、家族皆にウケたおかげで、予想以上に早くハケてほっとした。

b0059565_169822.jpg

あとはCOOKPADで教わった、おからビスコッティ。生おからを使うので、待ってました!とばかりに飛びついた。(裏事情

2種類作って、こちらはプルーンを入れたバージョン。生おからに薄力粉、紅茶の葉っぱも入ってる。
こちらもおからのせいか、柔らかめの仕上がりに。


お気に入りの基本生地があって、その時の気分で具を代える、というのが、日常スイーツでやれたらいいなあと思うイメージで。
ビスコッティもそんな感じで、食卓にあるクッキージャーに、いつも詰めておけたら嬉しいんだ。

* * * * *

【個人的事情】
いよいよ明日から日本行き。
でも、この胸をよぎる暗雲はなんなの。(不安)(恐怖)

だってだってここ数年、日本行きとなると何かが起こるようになっててさ……トランクだけ飛行機に乗り遅れたりさ……
今回だって、飛行機の予約からインコの世話まで、色々いろいろあったんさ。
きっとこのままでは終わらない。そんな気持ちがひしひしと。

なんて言いつつ、最後は運で乗り切れる、と思っているところがノーテンキー。


毎週土曜は、スイミングの早朝練習→朝ごはん弁当→日本語学校、というのがお嬢のスケジュール。でも今日から日本語学校はお休みなので、じゃあ打ち上げとして美味しいブランチでも食べに行こうか。
なにがいい? あの店のそば粉のクレープ? お、いいじゃないか、それにしよう。
なので、終わる頃にいつものように迎えに行ったんだ。

とある高校の駐車場。以前私はここで、バックしてきた車を慌ててよけて、花壇の縁石に思いっきりこすったことがあったんだ。なので、あまりゲンのいい場所じゃない。

さあて、どこに停めようか、とキョロキョロしながらゆっくり走ってたら、


グァッッツンン!!!


なぜか、またもや左前輪を縁石にぶつけた私がいたのであった。



もーーー、内心は
「★#♪‘@¥$☆!!!」
という状態のまま、涙ながらにAAA(日本のJAFみたいなところ)に電話。出張タイヤ交換を依頼する。
シャワーを終えて出てきたお嬢と一緒に待ってたら、来てくれたよ、ターミネーターみたいなサングラス&クルーカットのお兄さん。あっという間にスペアと交換して、「Happy holidays!」の言葉を残して去っていった。


ブランチを楽しみにしていただろうに、
「私はまだお腹すいてないから大丈夫、先にタイヤを片付けようよ」
と言ってくれたお嬢に甘えて、そのまま一路、タイヤショップへ。
しかし係のお兄さん、うちのタイヤを一目見た途端、
「こんな危ない状態で毎日走ってたのか!?」
と叫んだよ。え、え、どおゆうことですか。

つまり、パンクしたタイヤは、勿論がっつり裂け目があったわけだけど。(しかも5cmの)
反対側のタイヤは、ベロンとゴムが大きく剥けちゃってるところはあるわ、後輪タイヤはメジャーで計られたら、すっかり磨り減った状態だわで、プロには到底受け入れがたい状態だったらしい。

今まで全くチェックしなかったの?
すいません、全然しませんでした……(赤っ恥)
そうなら、このパンクはとってもラッキーなことだったね。
え、それはなじょしてですか。
おかげでこうやってタイヤを交換できるようになったんだからね。きっと教えてくれる為のパンクだったんだよ。
そうかあ、そう考えればいいんですねえ……


ほおら、やっぱり最後はラッキー。
すっかりゴキゲンになった私は、やはり万年ノーテンキー。



新品タイヤで快適に運転、お嬢とようやくありつけたそば粉のガレットは、また格別の味だった。
[PR]
by senrufan | 2007-12-22 16:04 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7854256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あつゆき at 2007-12-25 04:02 x
ほんと、よかったね。
タイヤを変えるためにこういうことが起きてくれたんですね。
ついてる。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-12-25 06:41
ビスコッティ。カフェのレジの横にさり気なく置いてある雰囲気が好きで、時々買っちゃうんですけど、固すぎるビスコッティは好きではなく。おからビスコッティならおいしそう。しかもきな粉味!でも、食べ過ぎちゃいそうです。どうしてこんなに魅力的なお菓子を作られるのに、Miyuki さんはあんなにスリムなんだろう。(歯止めがきかない自分と一緒にするなぁ!)
Commented by Chico at 2007-12-25 18:13 x
ビスコッティ、私も好きです♪
そして職場でよく作ります。(家ではめったに作らないんです、はい。)
どれも素朴な感じがいいですねぇ♪美味しそうです♪
タイヤ、大事にならずに済んでよかったですね。
私も車に関してはまったくの素人。主人がオイルくらいは見てくれるけど、タイヤまでは、、、。(汗)
早めは早めのチェックが必要なんですよねぇ、ほんと。
Commented by Miyuki at 2007-12-26 06:36 x
*あつゆきちゃん
うん、もうツイてた、と思うしか!(笑)
Commented by Miyuki at 2007-12-26 06:41 x
*shinaさん
それですう、私もレジの前に立つたび、すさまじい欲望との戦いが! きなこおからバージョン、良かったですよ~♪
ええ、上半身のスリムさは誰にも負けません。くびれたバストに豊満なウェストですから(真顔)
Commented by Miyuki at 2007-12-26 06:45 x
*Chicoさん
おお、じゃあレストランではChicoさん版ビスコッティが食べられるのですね! やっぱり数枚ずつパックされてるのかしら、あああ食べてみたいです~~!
私こそ、PCすらもわからない機械オンチなんで、車になったら更にお手上げ(涙) まめにメンテナンスに出せばいいのでしょうけど、それもやっておらず……そんな自分を反省した経験でありました。5分だけですが(殴)
Commented by ayumin_moo at 2007-12-27 03:35
が~ん。。。
私、なぜかこの日のブログを読んでませんでした。。。
最近、こんなボケてる自分に呆れる毎日。。。(涙)

あれれ~?と思って読み進めたら、なんとすてきなビスコティたち!
桜の花が入ったビスコティってどんなだろう?
ふわぁって春の香りがするんだろうな。。。(妄想)

おからのビスコティ、やわらかめに仕上がるんですね。
よし、挑戦しよう!

タイヤのお話、大変でしたね。
でも、不幸中の幸いということで、前向きなMiyukiさんがすてき!
私も「最後は運で乗り切れる」と信じてる派です。(苦笑)
オットには「その自信はどこから来るんだ」と呆れられています。
Commented by Miyuki at 2007-12-29 20:16 x
*ayuminさん
レスが遅れて申し訳ありませぬー!
桜のビスコッティ、確かにふわあっと香りがしましたよ~♪ 今回の日本滞在で、しっかり新しい塩漬けもゲット。また作りたいです。今度はおからバージョンに混ぜてみましょっかね(笑)

そうそう、でも結局は運! 私もそう信じてる派です(笑) それが自信のもとになってくれるなら、ますます良いのだー♪ ね、ね。


<< そして今年もまた暮れて 魅せる為には色々と >>