その一皿に力を注ぎ

今年の冬休みは、日本も米国も長めのようで、おかげで旅行に出られる方が多いとか。

米国内の旅行となると、国内でも飛行機が当たり前。飛行機がバス代わり。
この休みの旅行先について調査したところ、4分の3が「家族に会いに行く」だったそうで。
そして残り4分の1が、「別なところでホリディを過ごす」とのこと。

その4分の1の彼らの行き先、ベスト5。
1. カリブ海
2. ハワイ
3. パリ
4. ロンドン
5. ニューヨーク

暖かいところで過ごすのも良し、国外脱出も良し。
そしてニューヨークの冬は相当に寒いですが、周囲の人に聞くと、NYは冬が一番、という人が実は多いのです。

ホリディ中の華やかな街、ショッピングにディナー、ストが終わったミュージカル、ロックフェラー・ビルディングのツリーの前のスケート場。
NYには夏しか行ったことのない私も、写真などを見ているだけでわくわくするような街の様子。いつか訪れてみたい、憧れの場所の一つであります。




しもやけを克服したら。(くっそおおお)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_13583955.jpg

先日初めてオフでの対面をさせていただいた、先輩ママのYまばとさん(愛)
お話しして、実はとってもグルメでいらっしゃって、あちこちの有名レストランに行かれていることを知ったんだよ。
ぜひ情報袋になって下さいっ!と、がしっとつかんだこの袖、もう離しませんぞ。(鼻息)



しかし、彼女が行かれているのはほとんどディナー。外食嫌いな家族を約一名抱える私は、貧しくランチ専門……
そこでわざわざ、お薦めレストランでランチもやっているところを、二軒探して下さって。私の為に。私の為に(強調)

嬉しくて嬉しくて、とにかく早く行きたくて。
せっかくの忘年会、今日と明日で、その二軒に行くべく、友達にしっかりおねだりだ。お願い、絶対美味しいから付き合って。

今日はまず、地元市のダウンタウンにあるイタリアン。何度も店の前は通っていて、そのたびに気になっていたんだけど、入ったことはなかったところ。
今日一緒の友達に場所を伝えたら、なんと彼女はディナーで行ったことがあるんだって。すごく美味しかったから、もう一回行きたいと思っていたんだって。
これはますます募る期待感。


b0059565_14132526.jpg

落ち着いた色調の内装。美人のお姉さんと、顔がすでにラザニア~なお兄さんが接客してくれる。

ランチメニューの内容は。
本日のスープが一品、前菜が4品、サラダが4種類。そしてサラダを添えたサンドイッチが5種類に、パスタ系が6種類。
こうして数えてみると多くはないけど、内容は充実してるとみた。例えばクリームソースのもの、ピンクソースのものと、ソースごとに一品ずつ確実にメニューにのせてるの。
似たようなものをずらーっと並べるより、こちらの方が一点集中で良さそうな。ああ、ますます高まる良い予感。

そんなことを考えながら、一品一品見ていったら。
こ、これはもしかして! と驚愕したパスタがあったんだよ。(オオゲサ)(いいのイタリアだから)

それは勿論オーダーして。それ以外に前菜一品、サンドイッチを一品で、そして2人で分けるのだ。
あああ、早く来ないかな~。

b0059565_14134757.jpg

待っている間にサーブされたパンと、ディッピングオイル。
このパンがねえ、皮がパリッ!の、中がふわっ、と、まあ美味しいことったら。
そしてこのオイルがまた。中に何が入っているか聞いてみたら、ブラックオリーブのみじん切り・ガーリック・ホワイトペッパーだって。思わず自分でも作りたい。


b0059565_1431126.jpg

最初に運ばれてきたのは、Involtini di Granchio。薄切りの茄子に蟹を包んで巻いて、トマトソースで煮込んである。

b0059565_143542.jpg

このトマトソースがすんごく美味い。ちょっと甘めで、何かフルーティなヴィネガーが入ってるように思ったんだけど。そこはほら私だから、当たってない可能性大(……)

b0059565_1441191.jpg

次はサンドイッチで、Vegetariano。文字通りベジタリアンサンドで、グリルした茄子、ペストソース、トマトにモッツァレラチーズ。
この、グリルした茄子の甘さと美味しさというのも、アメリカに来て知ったよなあ。日本の茄子とはまた違う、腰のある美味しさというか。
ほとんどペストだけの味付けだったので、もうちょっと塩味が欲しかった友達は、ちょこっとディッピングオイルを加えてた。


それでね、何に狂喜したかというと。これですこれです、Spaghetti all Carbonara。そうなの、カルボナーラなんですよ~!

b0059565_1445059.jpg

アメリカに引っ越してから10年、イタリアンレストランも沢山行ったけど、なぜか今までカルボナーラがあった試しがなく。こちら在住の人がミクシィで、「どこかカルボナーラがあるレストランを知りませんか?」と尋ねてしまうぐらい。

と言いつつ、日本でお目にかかったカルボナーラって、意外と当たり外れがあり。絡めた卵黄がボソボソだったり、やたらしょっぱかったりね。だからそれほど好物というわけではなかったけど。

でもこれは全然違う。
卵黄は確かに絡めてあって、でもとっても滑らかで。アルデンテのパスタは卵のツヤと、ふんわりと優しい卵の香り。
そして塩味はほとんどパンチェッタの塩気のみで、その代わりにたっぷりの黒胡椒。総体的に、大人向けと呼びたいカルボナーラ。

本場イタリアでは、こんなカルボナーラもあるんだね。もしかしてもっと、いろんなバージョンもあるのかもね。
こういう、基本のソースの絡め方一つで、シェフの腕がわかったりする。素人目にも、見事と思うよ。


満腹だったので、残念ながらデザートまでは試せず(くそう)
次回は必ず、というか、ほんとにここは繰り返し訪れて、ぜひ他のメニューを一つずつ食べてみたい気満々。


明日はもう一つのお薦め、ギリシャレストランに行くですよー。>Yまばとさん(私信)


VERO ristorante italiano
530 Bryant Street
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2007-12-19 13:57 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7850498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さく at 2007-12-22 15:41 x
あ、ここ、この間行ったら休みだった。
で、その向いのレストランに入ったの。
そこもおいしかったよ。

カルボナーラはうちの子供たちが大好きです。
でもパンチェッタで作るときもありますが、通常ベーコンで代用してます。
子供たちはベーコンの方が好きみたいなんだよね。(涙)
で、うちでは「ぐちゃぐちゃスパゲティ」って呼ばれてます。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-12-23 04:18
外観を見てピンっときました。気になっていたお店です!しかも、グルメな方のご推薦とあれば大船に乗って乗り込めますね。地元情報は偉大です。(レストランインデックス、待ってますー♪)前菜のトマトソースが鮮やかで美味しそう☆これ、絶対注文します。ちらっと覗いたワインリストもイタリアなワインがたくさん。

質問です。
「顔がすでにラザニア~なお兄さん」って、、、。
トマトソースとホワイトソースとチーズが折り重なったように濃い方・・・?(爆)
Commented by ayumin_moo at 2007-12-23 06:09
茄子に蟹を包んで巻いて、、、
あ~~~~、美味しそうで涙が出そうです。(本当に)
素敵すぎですよ~~~~。

私もカルボナーラ大好きです♪
カルボナーラ、本来は生クリームを入れないらしいですね。
卵の火の入り加減でとろとろに仕上がるんだとか。
難しそうで試したことがないけど、いつか身に着けたい技ですね。
百年経っても無理ですが。。。

こんな私に言われても嬉しくないと思いますが、お写真、とっても素敵ですね。
本当に美味しそうで目に毒です。(笑)
Commented by やまばと at 2007-12-23 10:06 x
その情報袋の底のほうにはどろどろしたもの(別名をブ〇ックリストとも)があるので
上澄みだけうまくすくっていただかないと、最後のほうは恨み節だけ、の可能性が。
それに、レストラン訪問数ではMiyukiさんやshinaさん(←密かにブログの愛読者です♪)
に到底及ばず、ワイン一杯とアペタイザーまででサービスがそこそこ良ければ、
この店はいいぞ、とおおらかになってしまう私はグルメというにはほど遠い存在でして。
現に、Miyukiさんと同じパン、同じ前菜を食べたのは覚えているけど肝心のメインが
何だったのかさっぱりわかりません(汗)…。
Commented by Miyuki at 2007-12-23 11:43 x
*さくさん
あら残念! 向かいというのはZuccaかな? あそこもなかなかよねえ♪

えへへ、実は私も、最近までパンチェッタというもの自体を知らなくてさ。カルボナーラも10年前までしか知らないから、ベーコン以外考えてなかったの(爆) だからお子様に賛成よ~。「ぐちゃぐちゃ」という愛称が、またナイス(笑) つか、カルボナーラを作るお母さん、えらいよお~。
Commented by Chico at 2007-12-23 11:45 x
どれもとっても美味しそうですねぇ♪
最近は私もランチ専門です。
本格的なカルボナーラなんてアメリカに来てから食べてませんよ~。
是非、行ってみたいレストランです。美味しい情報ありがとうございます♪
Commented by Miyuki at 2007-12-23 11:48 x
*shinaさん
そう、メインストリートじゃないのに、なんか目につくんですよね、あのお店。美味しさのオーラ?(笑) そうそう、ワインも沢山あってね、私こそ「shinaさんにどうだろう、このお店」と思っちゃったりしてて♪
ラザニアなお兄さんはね、「顔がトマトソースとペシャメルを重ねて層にできそうなぐらい彫りが深い」という意味でございます。おまけに、イタリア語連発しちゃって、ナンパ系でしたな。(きっぱり)

インデックス、どうせなら他のものもと思って始めたら、時間がかかるのなんのってまあ!(号泣) 今、ようやく2006年2月まで辿り着いたところでございます……いつ終わるか、賭けでもしようかしら(ヤケ)
Commented by Miyuki at 2007-12-23 11:51 x
*ayuminさん
美味しかったですよ~~♪(追い打ち) でもぶっちゃけ、蟹の味はしませんでしたが(笑)
それそれ、ほんとは卵だけなんですよね! クリームでごまかせないから、余計にシェフの腕がわかるってもんで。だから私には生まれ変わっても無理なので、こうやって食べ歩きで満足します(笑)

ayuminさんに写真をほめられた……(じ~~~ん) 来年はいいことありそうだなあ。
Commented by Miyuki at 2007-12-23 11:55 x
*やまばとさん
わはは、それはぜひおうかがいしたいです、底の底にあるアレコレを! 2種類のリスト@やまばとさん版、知りたい知りたい~~!
や、サービスとアペタイザーは重要なファクター。そこで店の印象がまず決まりますもんね。でも私も、ワインが全然わからないので、所詮素人の感想にすぎません……よし、二人でshinaさんに賭けましょう(大 迷 惑)
Commented by Miyuki at 2007-12-23 11:58 x
*Chicoさん@わあい、ニアミスvv
いや、Chicoさん宅で、ディナー外食なんていりません。Chicoさんディナーに勝るものはないでしょう。(どきっぱり)
ね、やっぱり見かけないですよね、カルボナーラ。私もこれを見た時は、本当にやまばとさんに感謝感謝でございました。お時間があったら、お試し下さいまし~♪


<< 魅せる為には色々と 味をとるか、はたまた理性か >>