意味ある・意義ある・出会いの為に

Independence Day (Barbados)
St. Andrew (Canada, Scotland)
Bonifacio's Day (Philippines)


初めて会う相手と待ち合わせ、というシチュエーションになった場合。
皆様が考えられる、確実に相手に会う為の方策として、どのようなものがあるでしょうか?


1. 何か目印を持参して待ち合わせする
例えば本といった小道具などを身につけ、それを目当てに相手を探す。
その選び方によって、相手のセンスも判断できるという良さあり。

2. 当日の服装を事前に決めて伝えておく
薔薇を一輪口に加えた上に、『アデュー』と呼びかける、という合言葉も加えて、二重の保険もお薦め。

3. 事前に写真を送っておく
決して見栄をはって、15年前の写真とか送ってはいけない。
逃げても、いずれ真実は明るみに出ることになる。

4. 待ち合わせ場所を非常に限定したところに設定する
レストランの、入口から数えて3番目のテーブル、右から2つ目の席(背もたれに傷あり)。


まだまだ幾つか手はあることでしょう。
これが初めての逢瀬、となると、その後の時間の雰囲気をも決定しかねない、大事な大事なふぁーすと・いんぷれっしょん。無事に巡り会って、「初めまして~!(特大の笑顔付)」から始まる、素敵な出会いを演出したいものであります。
って、別にお見合いの話じゃないんですが。




しかし私の場合、少なくとも3番の手は使えない、ということを先日発見しました。
それは手元にある自分の写真が、2年前の夏の旅行時のものしかない、ということがわかったからであります。


今、私に何かあったら、家族は私の遺影を、大学の卒業アルバムから引っ張り出さなきゃならんだろう。
そう考えると、命は大切にしようと思う、年末間近の今日という日(激違)

* * * * *

【レストラン】
昨日焼いたワッフルを持参して、どきどきしながらうかがったのは、ネットで知り合った方の御宅。
なんと勿体無くもありがたいことに、こんな駄日記を読んでて下さっていたという、このエリアにお住まいの方で、やはりお嬢さんがお一人いらっしゃる。



詳しくご自宅の場所を教えて下さったので、迷うことなく辿り着き、どきどきしながらドアベルを押す。
は、初めまして、今日はお声をかけて下さってありがとうございます、いえいえとんでもない……

人見知り激しい私が、いつも最初に体験する心拍数5倍モードも、優しい受け答えですぐにほぐれて。ゆっくりお話しするべく、2人でレストランに繰り出したよ。


選んで下さったのは、今まで行ったことがないダウンタウン。
実は以前5年間住んでいた家の近くだったのだけど、あの頃は外食にそれほど興味がなかったのだよなあ。よって冒険もしないまま、今ではちと遠くなってしまった場所。
それが行ってみたらば、おお、いい感じの通りではないかねこちらは。それほどメジャーな場所ではないおかげで、駐車場も楽だし、人込みもなく、端から端までゆったりと散歩できる広さ。

b0059565_11283964.jpg

その中で入ったのは、一軒のカフェ。しかし店は左右くっついた造りになっていて、向かって右がCafe、左がBistroと看板が。
ビストロの方は夜のみオープンで、彼女が行ったところ、良いお味だったそうで。なのでランチもきっと、とわざわざ決めて下さったの。カフェ大好きな私の好み、しっかりと把握してらっしゃる。

b0059565_11285772.jpg

中にも外にもテーブルが幾つか。カジュアルで明るい内装と、壁にもカウンターにも置かれたボードに、店の規模から想像する以上の沢山のメニュー。
サンドイッチ、スープ、サラダなどと共に、ガラスケースの中にはデザート類も。

b0059565_11291777.jpg

「今日のスペシャル」ボードに書かれていたもの。
思い入れのあるシェパーズ・パイにもすっごく惹かれて迷ったけど、やっぱり野菜が食べたくて、ベジタリアン・ラップサンドを選んだよ。

b0059565_11293593.jpg

サラダを添えて運ばれてきたのは、目にも美しい、緑色のラップサンド。グリーンを練りこんで作ったんだな。
ちなみに、彼女の頼んだラップはオレンジ色。トマト入りのトルティーヤかな。

中はグリルした野菜がぎっしり。もやし、スイートヤム、パプリカ、アボガド、トマト、にんじん、玉ねぎ、ナス……まだあったと思うけど、これらがマヨネーズを薄く塗ったトルティーヤで、ぐるりと巻かれてるの。それに、ぴりっと辛いカレーソースがついている。

ただ焼いたり蒸したりしただけの野菜の美味しさは、野菜好きにはこたえられないものがあるけど、これもまたその一つ。まだほんわりとあったかく、しかし歯応えはしっかりと残す程度の火の通し方が嬉しいね。
ソースをつけなくてもちょっと辛味、と思ったら、唐辛子も発見。ソースはつけなくとも、これだけで十分だ。

特別な工夫があるわけじゃないけど、これだけの材料をシンプルに使っている姿勢に大変好感。
そう思う人は大勢いるらしく、訪れるお客さんは絶えることなく。次回試してみたいクレープもスープも。


Twist Cafe
247 E. Campbell Avenue
Campbell, CA 95008
*-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_11305693.jpg

美味しい食事の後は、やっぱりコーヒーが欲しくて。そして、まだしばらく一緒に過ごせる時間を楽しみたくて。
彼女が次に連れて行ってくれたのが、角にあるコーヒーハウス。スタバも一軒あったけれど、やっぱりこういう、地元志向のカフェがいい。

入ってみて、その広さにびっくり。暖炉もあって、カウンターもあって、大きな焙煎機もあって。
尚且つまだまだ広い店内に、沢山置かれたテーブルと椅子。皆、思い思いの場所に座って、一人で本を読んだりPCに向かったり、もしくは友人とおしゃべりしてたり、と、人とぶつかることなく、自分達の時間を過ごしてる。

b0059565_11311842.jpg

オーダーカウンターと並んで、Bakeryの文字とガラスケース。お、クロワッサンがあるじゃないか。
お試しとばかりにプレーンクロワッサン、クランベリースコーン、ロシアンティーケーキを1つずつ、そしてカプチーノ。
エスプレッソメニューも豊富で、今のスペシャルは、Gingerbread Latte、Peppermint Mocha、Eggnog Latte……スタバに対抗してるんか。

b0059565_11315668.jpg

温かい飲み物を手に、おしゃべりがはずまないわけがなく。先輩お母さんとして、色々と教えていただいたお話の楽しかったことったら。
はっと気づけばもう帰らなくてはいけない時間で、後ろ髪にロープを10本ぐらいつけて引っ張られる気持ちで、カフェを後にした。


朝食メニューも色々あったよ。オムレツもベーグルも、モーニングブリトーまで。
日曜の午前中はファーマーズマーケットもやっているらしい、ここのダウンタウン。買い物がてら、ここでゆっくり朝食、というのも魅力的なコース、と思うんだ。

帰ってから食べてみたスコーンやケーキは、バターたっぷりのアメリカンな感じでした。


Orchard Valley Coffee
349 E. Campbell Avenue
Campbell, CA 95008

* * * * *

【個人的事情】
何度も繰り返していることだけど。
ここはあくまで私の個人的な日記であって、ありがたくも来てくれている人達も、私が知っている人ばかりが10数人。
優しい言葉ばかりをかけてもらって、おかげでこんな中身のない日記を、ここまで続けてこれたんだ。

しかし、このネットという場所は。思いがけずにある場所に辿り着く、ということもあるのであって。
ある時彼女から、「初めまして」というご挨拶をいただいたのは、非公開コメントという形。書かれた内容の温かさに、狂喜乱舞したことを覚えてる。
以来、数回のメールを通じて知った彼女は、やはりこのエリアにお住まいで、出張が多くて留守がちな旦那様・一人っ子のお嬢様、という家族構成の共通点もあって、楽しくやりとりさせていただいている。

いつかお会いできたらいいのに、でも会われたらがっかりされるであろう(私にな)と思って、なかなか良いタイミングが見つからなかったんだけど。
現地校でハイスクール1年生、すでに身長が167cmというお嬢様の、着なくなったお洋服を、よければうちのお嬢に、というお申し出をいただいて。願ってもない話に、私が大喜びで飛びついたことは言うまでもない。


ネット大先輩で、HPも持ってる友人達に、近況をまめに知らせる為に始めたようなこの日記。
オンで人気があった彼女達は、その分辛い思いも多々味わっていて、私もその体験談から、オンに対する警戒心だけは強かった。

だけど始めてみたら、私のようなもののところに来る人など滅多にいないんだ、ということにいつか気づいて。
最初は検索されるのを恐れて、地名すらもろくにのせてこなかったけど、今では安心して、ある程度までは書けるようになって。
そしてたまたまオンで出会った数人の人達は、そのままオフでの付き合いに発展させたい人ばかりという、今までのところ、嬉しい出会いしか果たしてない。


友人の数からいったら、私はむしろ、かなり少ない方に入ると思うけど。その分、この付き合いを続けられるよう、私自身が努力を続けていかないと、と思わせてくれる人ばかり。
今日は、そんな中にもう一人加わってくれたことで、またまた噛みしめる我が身の幸運。

昔からクジ運は悪くて、当たったのはせいぜいビンゴぐらい。でも友人運と天気運は、その代わりにすっごくいいんだよ。(ぢまん)
年末ジャンボに並ぶ人達のニュースを見ながら、これと引き換えでも譲れないよなあ、と、にやにや笑いながら思うんだ。







でも一等の2億円ならちょっと考えても(死 ん で こ い)
[PR]
by senrufan | 2007-11-30 11:29 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7780044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2007-12-03 12:24
「中身のない日記」だなんて、何をおっしゃるうさぎさん!
Miyukiさんの哲学的で濃厚な日記、そして、真剣に読んでいると時々どんでん返しを食らう日記が大好きで、毎回毎回楽しみに読んでいる愛読者がここにいますよ~。
人には色んな考え方があって、それはそれで良くて、でも、その切り口が自分に合うかどうかは相性次第ですよね。Miyukiさんの切り口が、私にはとても心地よくて、いつも何かインスパイヤーされています。今は勝手に一方的に相性を感じているMiyukiさんファンの私です。

あ~、それにしてもラップサンド、おいしそう!私、大好きなんですよ♪カフェのラップサンドなんておしゃれなモノは食べたことありませんが、ベジタブル感を想像しただけで体が健康になった気がしてきました。(笑)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-12-03 12:27
「個人的な日記」。読ませて頂くようになってからも、Miyuki さんが日々の生活で感じる素直で素朴な内容のブログに、ぐいぐい惹かれて読ませていただいています。だって、とっても勉強にるんですもの。

そして、本日心に決めたこと。Miyuki さんとお会いする日には、夫の一眼レフを借りていって Miyuki さんの遺影となる・・・もとい、思い出の1枚となる写真を撮るぞ!(なんて迷惑な。。。)
Commented by たぬき at 2007-12-03 12:37 x
私もMiyukiさんのこのブログの大・大・大ファンなんですよ。
どこからどうやってたどり着いたのか、今となっては全然分からないのですが。やはり一人娘を持つ母として少し先輩のMiyukiさんのお人柄が見え隠れする、素敵な文章に引き込まれ、心地よい時間を過ごさせていただいています。

同じベイエリアですが、お住まいからは、ちょっと遠いのが残念ですが
これからもMiyukiさんの日々を綴られた日記のアップを楽しみにしています!
Commented by すれっぢ at 2007-12-04 08:33 x
初めてMIYUKIさんと待ち合わせたSEATACエアポート。大勢車を待ってる人の中に光り輝くオーラを発した女性。そんなMIYUKIさんを見逃す奴はいません。あのオーラ、形がクロワッサンに見えたのですが・・・
Byエハラ・ウソツキ(苗字は一文字違い)

今回は食べ物の写真より、青空の色を羨ましく思った積雪20センチの
自宅からでした~。やっぱりそちらでも木々は秋の装いになるんですね。
Commented by Miyuki at 2007-12-04 13:12 x
*ayuminさん
ひえええ、なんともったいないお言葉を!! て、哲学ですか、ええと例えば「必ずオトせ」とか、え、え、高尚なものと縁がないのでわあああ(動揺)
と、気を取り直しまして。なんと、両思いだったのですねayuminさんと私! こうなったらもうプロポーズ、じゃない、リンクさせていただくしか! や、若いお嬢さんとこんなオバハンが繋がるのはどうかと思っていたのですが、この際花束と共にお願いをば! 後ほどそちらさまにうかがうです。エンジェル・トランペットの花と一緒に(殴)

ラップサンド、美味しかったです~♪ やっぱり人間、野菜が嬉しい生物なのだなー、としみじみ思ったですよ、えへ。
Commented by Miyuki at 2007-12-04 13:17 x
*shinaさん
情報満載で、いつもいつもありがたく憧れるばかりのshinaさんに、そんなお言葉をいただけるなんて……!(ふるふる) お母さん、私を産んでくれてありがとうおおお(マジ)

しかしその写真はいけませんいけません、大事なカメラが汚れます、再起不能になるです(大汗) お会いできた時には、私こそ三美女を撮りまくる所存ですぞふっふっふ、そして旦那に自慢するのだー♪(「いーだろ、こんな別嬪さん達と一緒だったんだぜー」)
Commented by Miyuki at 2007-12-04 13:21 x
*たぬきさま
は、初めまして~!(土下座) そしてなんともまたありがたくも恐れ多いお言葉、本当にありがとうございますううう、と感動のあまり、いきなり初対面で鼻水の嵐でございます(殴) こんな汚い人柄でも許していただけますかっ!?
ベイエリアでいらっしゃるのでしたら、いつかきっと!出会いのチャンスはありますよね! その時まで、たぬきさんに見捨てられないよう、精進してまいる所存でございます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します~。
Commented by Miyuki at 2007-12-04 13:25 x
*すれっぢさん
ああ思い出します、どきどきと待つ私の元へ、まるで白馬の王子様のごとく、レンタカーを駆って来てくださったあの出会い……思わずデレデレと全身がゆるんでしまったが為に、オーラが三日月になったものと思われます。(真顔)

ええーっ、もう20cmですか!? すんごい、さすがカナダだー。それでは来月、奥様が解放されたら、お二人でサンフランシスコに避寒の旅はいかがでしょう? 一緒にクロワッサンを食べましょ~♪
Commented by さく at 2007-12-04 16:16 x
私は週に1〜2回は「会ったこともない相手と待ち合わせ」をしていますが、バラの花をくわえなくても(笑)、なんとなく雰囲気でお互いに相手を察知しますねー。間違えた事もあるけど。(笑)
「Mr。XXですか?」「いえ違いますよ」を繰り返すと、
なんか出会い系サイトでみつけた相手と待ち合わせしているんだろうかと思われたら嫌だわ私は仕事なのよあくまで、などといろんな思考があたまぐるぐるしてきますけど、ま、だいたいは一発で。あはは。

今日、私もみゆきさん地元のダウンタウンで、ラップサンドを食べました。すごくおいしかった。なのに客は私たちだけ。
他のお店もガラガラだったし、閉まってるお店も多かった。
お昼時なのに駐車場もいっぱいあいてたよ。月曜日ってああなの?
Commented by frogfreak at 2007-12-04 22:49
実はMIYUKIさんのブログはコメントを残すようになるずっと以前から遊びに来ていました。地元情報はもちろんのこと、文章の美しさや、心のやさしさに溢れたブログに惹かれてのこと。これからも楽しませてください。
Commented by やまばと at 2007-12-05 04:45 x
ひゃーっっっ。出遅れました。
田舎モンのしょぼいおばさんをこんな風に受けとめてくださるとは光栄の至り、
などど単純に喜んでいるうちにここが告白大会の場になってました。
Miyukiさんファンのみなさまがこれを抜け駆けととらえずご容赦くださるようにと
願うばかりです。

それにしても、Miyukiさんがこれだけのことを観察し、考え、写真に収めたりした
同じ時間を共有しながら、ただしゃべって食べていただけの自分を情けなく思う反面、
たくさんの人を惹きつける魅力の秘密はここにあり!と知り得た貴重な体験を
今後も、ぐうたら主婦(やまばと)の反省材料として活用させていただく所存です。



…ですので、「先輩」というのは年齢だけのこと、ということに……。
Commented by Miyuki at 2007-12-05 13:16 x
*さくさん
そうだった、貴女こそ大いに語っていただきたい人だった、「いかにして一発で当てるか?」(違) その出会い系サイト妄想、わかるわー!(爆笑) そだ、もう一つ思いついたぞ。空港の迎えみたく、「Mr. XX」と書いた札を持つ、というのはどう?(聞かれても)

そなのよ、あのダウンタウン、月曜定休の店が結構あってね、私も何度か泣いてるのよ。だから月曜は穴場かもね~。ラップサンドっていいよねえ、沢山のものが一気に食べられるしね♪
Commented by Miyuki at 2007-12-05 13:19 x
*frogfreakさん
うわああ、憧れのfrogfreakさんにまで、そんな嬉しすぎるお言葉を……! どうしよう。もう今後10年の幸運を、ここでもらってしまったかもしれない。
私こそ、いつもfrogfreakさんの明快でクリアな文と視点に感銘を受けてばかりですよ~。こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致しますです(愛)
Commented by Miyuki at 2007-12-05 13:26 x
*やまばとさん
わあい、ご本人の登場だー! 改めまして、この日は本当にありがとうございました~!! でもって、すでにもうお会いしたくてたまらないのですが、次はいつ頃がよろしいですかね?(すちゃっとメモ帳をかまえて) だってだって、まだまだお話したかったこと満載で。ご一緒したいレストランもいっぱいです♪

お会いしている間は、とにかく楽しいの一点張りで、それ以外になーーんにも考えてないのですが、帰ってからあれこれ思い出しては、またじんわりと楽しさを噛みしめる、ということを繰り返すヤツなのでございます。牛の反芻ですな。これを反省という点に活かせば、もっとまともな人間になれたのに……(遠い目)
なので、まだまだ先輩お母さん!のご指導がいただきたいのでございますvv 次回のこと、また相談にのって下さいね~♪
Commented by peartree22 at 2007-12-07 16:09
初めて現実の世界で会うことになった時って本当に緊張しますよね!
Miyukiさんの文章を読んみながら、「化けの皮がはがれてがっかりされやしないか」とドキドキした過去の幾つかの初対面の時を思い出しました(私の場合、これまでHPやブログでかなりええかっこしてますから)。
そして、「Miyukiさんと初めて会うことになったら、どのパターンでお会いしたらよいかなぁ?わー、そう考えたらドキドキしてきたー」と勝手にPC前に、1人で盛り上がってしまった私です(笑)。
Commented by Miyuki at 2007-12-08 13:28 x
*ちゃんさま
ほんと、最初はすっごく緊張しました~(笑) まあ私の場合、日記そのままなので、今更どーにも格好つけられないのですが(つまりバカ)
私と会う時……素顔のままで飛び込んでおいで、私の胸に!!(ここにも盛り上がってるヤツがいる)


<< December・Decemb... どんなものにも最初があり >>