どんなものにも最初があり

Anniversary of Independence from Spain (Panama)


b0059565_143502.jpgエンジェル・トランペットの花が盛りとなってます。

美しい下向きの花ですが、実は危険な木でもあり。花にも茎にも葉にも、全草にわたって毒性があって、特に幻覚症状を起こす麻薬効果があるという木。
この時期、これを食べてお手軽にトリップしようという、(ピーッ)な学生もいるとか。

和名でいえば曼荼羅華(まんだらげ)
やはり毒のある彼岸花の別名は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
美しいものには毒がある、という言葉は、決して根拠のないものではないんですなあ。

* * * * *

【お菓子】
ずっと使ってきたデジカメ。
3倍ズームだし、動画はとれるけど、その間ズームなどはできないし。でもお手軽さが気に入って愛用してきたけれど。
さすがにバッテリーが消耗してきたらしく、おまけに手ブレも顕著になってきて、うーんうーんどーすべー、と思ってた。



そしたら旦那が日本で買ったと連絡してきたんだよ、新しいデジカメを。
どんなのを買ったの?とメールで聞いたら、返ってきたのは、「あゆの10倍ズーム」という答え。

……勿論、その言葉で検索してみたさ。
でもやっぱりどんなものかは、現品&マニュアルを手にするまではわからなかった、アナログ派の機械オンチなのさ。


そしてとうとう実物を手にして、それから色々とお付き合いを始めたんだが。
前のカメラよりずっと機能は上なはずなのに、
一体なぜだ、なぜなんだ、


一番活躍してほしい、料理の写真が上手く撮れないのはどうしてだ!(悲鳴)



ぶっちゃけ、液晶で見られるままで写らないの。見たままの明るさで撮れれば十分なのに、なぜか数段暗い写真になっちゃうの。
ホワイトバランスやISO機能を、ここまで?というぐらいにいじって、ようやく許容範囲。
もしかして、”味判断機能”・”見かけが地味なのは拒否機能”とかついてるんじゃないかと、マニュアルを探しちゃったよ……



悪戦苦闘しながら今日撮ってみたのは、初めて作ったベルギーワッフル。稲田多佳子さんのレシピにて。

ワッフルはたまに朝食に作るんだけど、それはベーキングパウダー使用の、アメリカン・ワッフルと呼ばれるタイプ。これだとささっと粉類と卵などを混ぜるだけなので、お手軽でいいんだが。
でもそろそろ、イースト菓子のレパートリーも広げたいし、明日会う人がいるので、手土産としてどうだろう。そんな風に思ったの。

しかしこれはバターが大量な分、とっても生地がベタベタで、なかなか泣かせてくれちゃって。
でもなんとかまとめて、2回発酵させた生地。プレーンなものとココアバージョン、2種類を次々と焼いていったよ。

焼いてみると熱いうちはふんわりと、冷めればさくさくと良い感じで。これならなんとかお土産になってくれるかなあ。


出来上がりを、今度は写真でまたもや悪戦苦闘。こうじゃないの、こうじゃないのよ~!と、撮っては消し、撮っては消して。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で、色々といじっては何枚も撮ってみたけれど、どれも満足には程遠く。
まあ、普段おじゃましているブログさんが皆、写真がきれいなところばかりなので、こっちの目が肥えちゃったのも問題なんだなあきっと。(ため息)

b0059565_147445.jpg


明日はこのワッフルを抱えて、どきどきしながら会う人がいる。
一緒にレストランに行く予定なので、どうかその時にはじたばたしないで、きれいな写真を撮りたいものだ、と祈りつつ。
[PR]
by senrufan | 2007-11-28 14:02 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7772270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-12-01 16:34
こんな可憐な姿の花に毒・・・。曼荼羅華という名前もなんだか神秘的ですねぇ。
デジカメ写真。私も今迷っています。今日も電球を買いに行った電気店にてじーーーっと。皆さんの美しいデジカメ写真を見ると、一眼レフにもよろよろっとなるのですが、カメラの一眼レフさえあまり使いこなせていない(爆)。でも、とにかく最新機種、やたらと数が多くて、機能比較さえぜーぜーします。実はMiyukiさんの新しいカメラのメーカーのまさにビデオカメラ(当時)のマニュアルとか販促とかの仕事を昔やっていたので、なんだかとても申し訳ないような気に・・・(笑)。
一緒にマニュアルとにらめっこしてあーだ、こーだと格闘したいような衝動にかられています(笑)。
でもベルギーワッフル、とても美味しそうですよぉ!あー、手でひょいっとつまみたいです。
Commented by すれっぢ at 2007-12-01 23:28 x
同じカメラ使ってます~。どうもこのカメラ、望遠に力入れすぎでマクロは弱いですね~。マクロのフラッシュ無しで撮ると、暗くなりやすいようです。ISO感度を400くらいの設定にして、露出補正を+側にしてやると多少良くなるようですが。あとバッテリーの持ちがイマイチなので、2個のバッテリーを使っていますー。

料理とか、マクロ系の写真で綺麗に撮れるのがこれ↓友達が何人か使っていますが、悔しいほどいい画です。(笑)
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital/
つい先日新しいのが出たのですが、こっちの古い方でも十分綺麗。
ちょっと高いけど・・・
Commented by マミィ at 2007-12-02 07:00 x
いいな、いいな、新しいデジカメ。うちのも古くて、なかなかうまく撮れないのだ。その性能の悪さをGoogleのPicasa2というソフトを使って加工し、補っています。なかなかの優れものですぞ!これまたお勧め。

このおいしそうなワッフルを持って、Miyuki嬢はいったい誰に会うんだろう。んで、何を食べるんだろう。楽しみ、楽しみ。
Commented by Miyuki at 2007-12-03 00:45 x
*ちゃんさま
なぜか私にとっては曼荼羅華という名前が先に小説などで刷り込まれてて、これがそうだよ、と言われた時に、これが現物かー!と驚いたんですよねえ。夾竹桃もすずらんも、きれいでポピュラーな分、その毒が余計に怖く感じられます、ぶるぶる。
一眼レフは憧れ~。でも私には無理~(涙) おお、ちゃんさまはそういうお仕事だったですか! や、このカメラはとてもいいと思うですが、単に私が使いたい目的&能力に合わない、というだけでとほほ。カメラに罪はないんですが。
ワッフル、今度は別レシピで作ってみたいですvv
Commented by Miyuki at 2007-12-03 00:48 x
*すれっぢさん
ええっ、同じでしたか!? その分、とても有益なアドバイス、ありがとうございます!! もーー、今日もレストランで、泣き伏してしまいそうになりました……せっかくいいカメラなのに、どーしてどーして!?と(涙) 確かに望遠は拍手モノなのに~~~
リコーのカメラですね、しっかりメモメモ。あと、旦那がもう一つ薄型を買ってきているので、そちらも試しつつ、修行しますっ。
Commented by Miyuki at 2007-12-03 00:50 x
*マミィさん
そうそう、ソフトで加工も大事ですよね~。でもぐーぐるであるとは知りませんでした! これまた貴重な情報、ありがとうありがとう(愛) しばらく前以上にヒドい写真が続きますが、どうか許してやって下さい……

日記、今日こそアップせねばーーー
Commented by NONO at 2007-12-05 10:52 x
うちの近所にもこの花あります!でっかくてワサワサ下がってて一体何の花なんだろう…ヘチマ?とか思っていたんですがやっと謎が解けました。そっか~毒性があるんですね~。触るのはやめておこう…。
デジカメ、便利だけど結構調整が要りますよね。私の古いデジカメは接写がいまいちで、近づきすぎるとピンボケになるのでアップが撮れません(泣)。遠くを撮りたいうちの妹は「きみまろズーム」に興味を示してましたが…接写はどうなのか確認してみる必要がありますね!
Commented by Miyuki at 2007-12-05 13:30 x
*NONOさん
そうそう、日本でも増えてるって、ネット検索で知ったです! あんなに華やかなのに毒があるなんてねえ。触ったら必ず手洗いとうがいを(インフルエンザかい)
もーー、すでにギブアップしそうです、新しいカメラ……(涙) なんでこんなに上手く撮れないんだ! そなのです、接写が問題なのでございますよ~。私にはやっぱり「サルでも撮れる」タイプじゃないとだめです……このカメラみたいに、「美肌」モードなんていらないんだーー
Commented by NONO at 2007-12-06 21:05 x
あ、でもこんなに露出が上手くいかないという事はもしかしたらカメラが最初から不良品ってこともありえるかも…。メーカーにメールで(写真添付で)問い合わせて見られたらいかがでしょう?
Commented by Miyuki at 2007-12-07 13:37 x
*NONOさん
そ、そういう可能性もあるのですね! いやもうすさまじいアナログ人間なので、何かあったら自分のせいとしか(涙) ではもう少し練習を積んで、これは、と思ったら、トライしてみるです。アドバイス感謝ですうvv(愛)


<< 意味ある・意義ある・出会いの為に 美味しさの元は極小の >>