栗は三年というけれど

Dr. Sun Yat Sen's Birthday (Taiwan)


質問です。
以下の問いに即答できる方は、どれぐらいいらっしゃるでしょうか??
「孫悟空の頭の輪、名前は何といいますか?」

友人2人と私は、ほとんど半日かけて考えても思い出せず。如意棒と觔斗雲は出てくるのに。

帰宅後に調べてみて、名前がわかったところで、「ああ!(ポン)」ともならなかったのが、一番悔しかったかもしれませぬ。
なにこの名前。聞いた覚えが全然ない。

幼い頃に愛読してたはずの、福音館古典童話シリーズ「西遊記」上・下巻を抱きしめながら、思わず歯軋りしたそうです。(きいいいいぃぃぃ)

* * * * *

【料理】
b0059565_10452599.jpg

ようやく秋が本格化、というところで、栗はそろそろ終わりだな。
店頭で見られる期間があまりに短いので、今年は焦って買っては作り、買っては作りで、気づけば随分お金を使った気が。(今頃蒼白)




今年は去年以上に気になった、皮の剥き方。鬼皮はともかく、渋皮の剥き方。
ネットという便利なものがあるのは大変ありがたいのだけど、検索すればするほど、いろんなアドバイスが目について。とりあえず幾つか実践してみたが、「これぞ秘策!」というものには巡り会えないままだった。
つーかこれは、不精すんなよ、地道にいけよ!という天からのお言葉か。(いきなり神がかり)

b0059565_10464340.jpg

さて、まずは王道(?)の栗ご飯@マクロビ風。やっぱりこれがないとね。
栗を一旦茹でてから、鬼皮を剥いて、渋皮もしこしこと剥いて。
たっぷりの玄米と水、昆布1枚、そして忘れちゃいけない、ひとつまみの塩。圧力鍋で炊き上げる。

ほっこりほこほこの栗と、歯応えもちもちの玄米。たったそれだけなのに、どうしてこうも美味しいのか、と、まずは栗の季節の幸せを噛み締める。
やっぱり私は日本人。や、それ以外だと思ったこともないけどな。

b0059565_10473267.jpg

そして去年も作った、マクロビの渋皮煮。月森紀子さんのレシピから。
去年は初めてだったので、すんごく苦労した覚えがあるけれど。親指の爪とか、人差し指の爪とかな。(思い出し涙)

今年は2年目だったおかげか、随分と楽になったような気が。むしろ私の今年の課題は「渋皮をいかに楽に剥くか」だったので、鬼皮だけですむ渋皮煮の方が、かえって楽な気がしてね。
や、その後の重曹で茹でこぼす、とかの手間は勿論あるけど、それは時間をかければいいことなので。手をかけずに時間をかけるのは、料理においては嫌いじゃない。(不精者の告白)

渋皮のアクをできるだけ取った後は、たっぷりの水に米飴・甜菜糖・みりん・醤油を入れて煮溶かして、栗を入れて煮含めて。一晩置いて、また煮返して、煮沸消毒した瓶に詰めて保存。

このまま食べてもいいけれど、今年は何かお菓子にも使ってみようかと。

b0059565_10504669.jpg

今年の新顔は、栗の醤油炒り煮というもの。大谷ゆみこさんのレシピから。

皮を剥いた栗を、熱した油で炒めてから、水を加えてフタをしてから、数分煮る。
水が半分ぐらいになったところで醤油を加えて、更に数分煮たら出来上がり。

たったこれだけなんだけど、煮物に加えてもいいし、ご飯に混ぜるだけで栗ご飯だし、和風にも中華風にも使えて便利。
もち米を炊いて、この炒り煮とナッツを細かく刻んで混ぜたら、そのまま簡易版の栗おこわ。
これまた、小分けにして冷凍分も作っておくよ。


次回は栗のお菓子編。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

ちなみに孫悟空の頭の輪。
名前は緊箍(きんこ)、もしくは緊箍児(きんこじ)だそうですよ。

痛い痛いと転げまわるのは、三蔵が緊箍呪(きんこじゅ)を唱えた時。


知ってました? ねえ、ご存知でしたか?(周囲を見回しながら)
[PR]
by senrufan | 2007-11-13 10:44 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7709426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-11-15 13:09
うぉぉぉ!今まさに栗を茹でてます!大量に買いすぎた栗。気がついたら白いふさふさしたものが表面に。。(巷ではカビと呼ぶらしいですね。)栗ご飯以外のレシピを知らないものですから、とりあえず茹でておくか、、と。栗の醤油炒り煮、素敵なアイディアです。冷凍できるならなお嬉しい♪Miyuki さん、救世主♪

私も毎年、栗の *簡単な* 皮の剥き方を求めてネットをさまようのですが、結局は地道に剥け、ということなんでしょうか。くすん。

※孫悟空の頭の輪。私もWikiで調べましたが「ああ!(ぽん)」ともなりませんでした。ええ、知りません、知りません。
Commented by すれっぢ at 2007-11-16 00:02 x
孫ちゃん(ダチか)のわっか、名前知りませんでした。どーも孫ちゃんと
いうと、子どのもの頃見た、堺マチャアキがやってたのが頭から離れないです~。おひょいさんが、いい味出してたんですがね。

栗、我が家もそろそろなんとかしないと・・・といいつつ、オーブンで焼いて
食べるのが主流(一番楽だから)です~(笑)
Commented by マミィ at 2007-11-16 02:01 x
孫悟空の頭の輪、そりゃ「おさるのわ」でしょう・・・と思ったら、なんと、そんな難しい名称があったとは。ためになりやした。禁固ですね。え、違う?じゃ金庫?←こいつには何を言っても無駄の良い例。

栗、くり、クリ・・・渋皮煮が特に特においしそうで、全身脱力。本当に上手に剥けましたねぇ。すごばらしい。あと、ランチョンマットやお箸や器がすごくいいですねぇ。是非お嫁に行かせてください。
Commented by ayumin_moo at 2007-11-16 07:11
はじめまして、先月ベイエリアに引っ越してきたayuminと申します。shina_poohさんの友人で、彼女のブログから飛んでまいりました。実は、半年ほど前からMiyukiさんのブログを楽しく拝見しています。(つまりストーカーです。)

栗の話を読んで、どうしてもコメントしたくなってしまいました。私も栗の皮むきに苦しんでいたのです。そこで、昨年、「栗くり坊主」という道具を購入したところ、だまされたみたいに皮むきが楽になりました。渋皮を残して剥くこともできるので、渋皮煮もバッチリです。
栗くり坊主ですよ、栗くり坊主。
アメリカでは同じような道具は売ってないのかなぁ。。。
日系スーパーに置いたら売れると思うのになぁ、栗くり坊主。
Commented by Miyuki at 2007-11-16 09:23 x
*shinaさん
んまっ、それは以心伝心と言えましょう! おまけに私が先ほど冷蔵庫内の椎茸に見た白いものまで一緒なんて、すでに運命と言えましょう(迷惑) いやいや、shinaさんの栗ご飯、特にあの洋風メニューは垂涎モノ。あれなら何回登場しても良いですよね~vv って、思い出しヨダレが。

そうそう、色々とあれやこれやと試してみたですが、結局は包丁でしこしこと……別に構わないんですが、あーいうことをやっていると、ついつい鼻歌で「母さんが~夜なべ~をして…」とうなってしまうのが哀しくて(涙)

あ、良かった、shinaさんもご存知なかった! こうなったら増やそう、知らなかった仲間!
Commented by Miyuki at 2007-11-16 09:26 x
*すれっぢさん
あらあ、だめじゃないですか、親友なのに(いつからだ) それそれ、マチャアキの! 私も見てましたー! そうだった、すれっぢさんとは同い年(笑)
でもそこまで好きだったのに覚えてないというオノレが憎いのでございます~。

オーブンで焼いて、半分に割って、スプーンでぐりっ、でしょうか? 普通に食べるなら、それが一番手軽で美味しいのですがねえ……お菓子などに使いたい場合がネックなんですよぉ。
Commented by Miyuki at 2007-11-16 09:28 x
*マミィさん
「おさるのわ」……そんな名答があったのか……!!(雷に打たれた衝撃)
友達とあーでもない・こーでもないと言い合っていた時に、私の出した案の一つが、「緊縛?」でございました。ヨゴレてしまったのですねアタシ……(ふっ…)
こんなアタクシでもよければ、すぐにでもお嫁に来て下さい。着の身着のままの貴女でいい。(真剣)
Commented by Miyuki at 2007-11-16 09:37 x
*ayuminさん
初めまして! shinaさんのところからとは、なんと嬉しいご訪問。うぇるかむ・つー・かりふぉるにあ、でございます~vv
半年も前からなんて、それまたえーとえーと(照れまくって転げまわってます)

な、な、なんと、日本にはそんな道具があったですか! 栗くり坊主・栗ぼうず・あーした天気に、じゃなかった、栗くり坊主ですねっっ! うわあ、ありがとうございますううぅぅ!!
母のン十年前の栗剥き器は持っているのですが、それだと鬼皮は剥けても、渋皮は無理なんですよー。いやあ嬉しいなあ、やっぱりあったんだ秘密兵器vv ほんと、日系スーパーで、栗の横で売ってほしいですよねえ。絶対買う人は多いと思う!

初対面で、こんなに貴重な情報をいただいてしまって、本当に嬉しくありがたく。(土下座) これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませませ♪ えへへ、今度はayuminさんのところにおじゃまさせていただくです~(わくわく)
Commented by kiyo at 2007-11-16 11:03 x
孫悟空の頭の輪、、、答えを見ても、聞き覚えがない~と情けない結果になりました、クスン。
栗をむくのは本当に大変ですよね。一人でむいてるとちょっと悲しい気持ちだけど、食べたらたまらーーん、ということになるので、頑張ってます。冷蔵庫で私の栗たちもまだおねんね中。あまーくなっていると思うのだけど、腐ってないかチェックしないと、あぶないかも。栗の醤油炒り煮なんだか重宝しそうですね。よし、頑張ってみようかな~♪
Commented by peartree22 at 2007-11-16 12:24
あー、ほんとうにその名前、まったく頭になかったです。答えを見てもへ?ってな感じで・・・。
栗剥き、やはり地道で行く私です。ほんと、鬼皮はながく水につけておけば、するりと今年は剥けたのですが、栗ご飯、甘露煮ともなると・・・。
なので、今年は渋皮煮だけで終了~(笑)。

栗剥き器なるものを数年前に母が購入しましたが、不器用な私と母は使いこなせず・・・。
でも最新のなら簡単なのかも!と私もここで良き情報を得ました♪
ayuminさん、ありがとうございます。
Commented by Miyuki at 2007-11-16 13:25 x
*kiyoちゃん
よっしゃ、また仲間をゲット!(自分勝手)
そだよね、あの類の作業って、どーもこう、家内制手工業とか内職とか、そういう侘しい背景が。
あ、そだそだ、私も冷蔵庫に寝かせておいたんだけどさ、今年色々検索したら、「栗は新鮮でなきゃいけない!」と断言するサイトも多かったのよ~。どっちを信じればいいの?(涙)
Commented by Miyuki at 2007-11-16 13:28 x
*ちゃんさま
ふっふっふ、着々と日本全国「新たな発見・孫悟空の世界」運動が進みつつありますな(どこが!)
そうですね、私も去年はあれだけ苦労した鬼皮が、今年は何て楽な作業だったんだろうと……でもそうです、ayuminさんの貴重な助言をいただいたのでありますよ私達!(きらーん☆) お互い、来年もまたがんばりましょうね~♪ ちゃんさまの渋皮煮~♪
Commented by まきりん♪ at 2007-11-16 14:15 x
栗だ~
そちらでは栗が容易に手に入るようですね。この辺では売っていないので、バンクーバーの東洋系スーパーに行かないとね。恐るべし田舎のカナダ。

手がかかるものの代表選手的な栗をよくぞここまでお料理しましたね!
私は面倒くさいのでオーブンで焼いてそのまま食べてる・・・

二ヶ月ほど冷蔵庫で保存した栗、本日焼いてみました。
とっても甘くはなっていたけど、鬼皮剥いたらみな縮んでいて硬いの何の!歯が欠けるかと思ったよ。

教訓:栗の保存は一ヶ月過ぎたら冷凍庫で。
Commented by frogfreak at 2007-11-16 23:41
おお、健康的栗食用法!
こちらはモンブランに栗きんとん!そんな不健康な食べ方しかしていないことに気が付きました。やばいっしょ~
昔は実家のお庭に栗の木があって、拾って自宅で食べてましたけど、最近はそのまま落ちた栗は腐ってる。もったいないなぁ・・。


Commented by Miyuki at 2007-11-17 12:50 x
*まきりんさん
現地スーパーになると、イタリアン栗がたまに売ってたりするのですが、まだ試したことがないです。どんなんだろう。

2ヶ月! そ、それはさすがに栗も限界だったんでしょうね(汗) 冷蔵庫で糖度を上げる、というものも、30日MAXとなってたような。歯はご無事でしたか? うんうん、長くなるようなら、茹でて剥いてから冷凍庫ですかね~。
Commented by Miyuki at 2007-11-17 12:52 x
*frogfreakさん
あはは、健康的ですか、そう言っていただいてよかった~。
でもモンブランも栗きんとんも、日本が誇る文化。美味しいものはやめられませんなあ。
え、その栗、私が拾いに行きたーい!(挙手)
Commented by usayamama at 2007-11-17 14:31
あはは。分かります、分かります。
どーしても思い出せなくて、判明してもいまいちピンとこない時。
知らなかったのか、忘れたのか・・・。時々私も悶々としています。
栗ごはんに渋皮煮、美味しそうですね。今年は栗はまだ未食だわ。
昔住んでいた家の近所に大きな栗の木があって
よく拾いに行ってました。でも今思えば誰かの土地だったはず。
あれ?私栗泥棒???
Commented by Miyuki at 2007-11-18 10:17 x
*usayamamaさん
そうそう、それですそれ! 一体今まで聞いたことがあったか?と、思わず政治家の気持ちがわかる瞬間。
日本だと、年中栗が食べられますからね~。お正月のきんとんもあるし♪
近所に木があるというのは何より! いいんです、花泥棒同様、栗も泥棒にはならない、ということにしませう。だって拾ってもらった方が、持ち主も嬉しいと思うもーん。


<< 三年までにはあと一年 美と味の導きに (その3) >>