美と味の導きに (その1)

Allama Iqbal's Birthday (Pakistan)
Diwali (Hindu)


「ちょこっと」という言葉。
これは韓国語の「チョコム」から来ているらしい、と聞きました。

* * * * *

【ベーカリー】
北カリフォルニアで名前が知られてる都市は幾つかあって。
サンフランシスコを筆頭に、サンノゼ、サクラメント、オークランドなどが続き、そして大学でも有名なバークレー
しかし私は、バークレーはいまだ未訪であったのだ。一体、何年ここに住んでるんだ。



ちなみにバークレーって、どこか知ってる?
え、サンフランシスコより、ちょっとだけこっち寄りの南?

……味噌汁で顔を洗って出直して来い。


こんなド田舎モンを見るに見かねてくれたのか、天はすんばらしいれでぃー達を、サポート女神として私に遣わして下さった。
そして、とうとう果たしたバークレー行き。しかもベーカリーツアー。歓喜の鐘は高らかに。

運転も案内も女神達まかせの、幸せな幸せなツアーだったので、帰宅してからも、「夢だったのかなー…」なんて思ったり。
でも目の前にどどーん!と積みあがった戦利品に、やっぱり現実だったのか、と思い直してはにまにまと。以来、顔がにまにまもーどから戻らなくてどうしよう。


美味しかった・楽しかったあれこれを、こうやって残しておけることだけでも、へっぽこブログを持ってて良かったと思う次第でございます。
ということで、ベーカリーズ in バークレーの街編、以下が本編なんである。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

途中、やや渋滞に遭いながらも、見事な運転&ナビ(当然私じゃない)のおかげで、それほど予定時刻とたがわずに到着したバークレー。
まず向かったのは、一軒のケーキ屋さん。ここにあるお目当ての商品が、一日数個しか作らないとのことだったので、買い逃すことのないよう、一番最初のコースとなったのだ。あ、これも当然女神のお導きです。

b0059565_14223887.jpg

商店街でも何でもない、道路脇にぽつんと一軒だけあるお店。でも、その可愛らしくも落ち着いた外見に歓声。ドアに描かれたトレードマークのウサギが、持って帰りたい愛らしさ。

店内も静かで、家具も装飾も茶系の落ち着いた雰囲気。ああいいねえ、時間があったら、ここで食べて行きたいねえ。
でも残念ながらこの後の予定が詰まっているので、まずは買いたいものを買ってしまおう。

b0059565_1423335.jpg
b0059565_14231680.jpg

ここはロシアやハンガリーの、つまり東欧・中欧系のベーカリー。
ファーマーズマーケットでたまに買う、ロシアン・ベーカリーがあるんだけど、実は結構お気に入り。前に行ったロシアン・グローサリーストアのペストリー類も、とっても良かったし。
素朴な外見と材料なんだけど、甘すぎずにお腹にしっとりとたまる、まあるい感じで良いんだな。
だから、ここのケーキもすごく楽しみで。


お目当てというのは、大きなメレンゲ2個で生クリームをはさんだもので、名前はBizet with Cream。とにかくお嬢がメレンゲ好きだし、この美しい外見に参ったし、絶対買いたかったんだ。
そしてBread Puddingと、Cabbage Piroshkiを1つずつ。

他にも大好きなロシアンクッキーや、シンプルなハニーケーキ、バクラヴァっぽいパイ系や。普段周りで見かけないものばかりなので、ほんとはあれもこれも買ってみたいけど、と思わずため息。
カフェメニューは見なかったけど、棚を見る限り、もしかしてロシアンティーが楽しめるかも。次回があるなら、今度はここでゆっくりお茶したいね。

b0059565_14263092.jpg

帰宅してから食べてみた。メレンゲが一部崩れてたけど、まあ味に問題はなかろう。

Bizetは、メレンゲはさくっ!と音を立てて快く崩れ、口に入れるとしゅわあっと溶ける。これは確かに甘いんだが。
間にはさまった生クリームが、甘さがほとんどないものなので、くどくならずに2つの味と食感のミックスが楽しめて、これは美味しい一品。

そしてブレッドプティングが、これまた美味い。
前に買ったBay Breadのものの繊細さや、Tartineの大胆さはないんだけど、まずぐっと控え目な甘さが嬉しいのと、バニラのところとチョコのところで食感が違って、これが食べ進みながら楽しいの。
おまけに上にはクラムっぽいものがのっかってて、ここもしっとり、でも本体とは異なった味わいで、合計3つのハーモニー。
1個の高さが10cmはあるという巨大さにも関わらず、お嬢と2人でたちまち食べ尽くしちゃった。
HPの説明によれば、ブレッドじゃなく、バニラとチョコのスポンジケーキを使ってるんだね。

翌朝食べたピロシキには、キャベツとキャラメライズされた玉ねぎ入り。外側のパイはかなりさくさくで、小さいながらもしっかり沢山の層を作ってる。
最近油ものに弱くなってきた私達には、とっても美味しかったと言いつつ、量的には半分こでちょうど良かったかな。でもパイが好きな人にはお薦めだよ。


Crixa Cakes (クリクサ)
2748 Adeline Street
Berkeley, CA 94703

※ベーカリーツアー、女神の美しい記録はこちら
[PR]
by senrufan | 2007-11-09 14:19 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7692990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しーら at 2007-11-11 21:52 x
わーー!ウラヤマスイ~ツ!!
本場のロシアンクッキーとかピロシキってどんな味しているんだろう?
新宿中村屋のしかしらない可愛そうな私、、
本場のザクースカっていうのも食べてみたい。ルシアンティも~~!!
ルシアンルーレットは要らないけど。

以上知ってるロシア関係用語出しつくしましたぁ(笑)
Commented by Sledge at 2007-11-12 00:11 x
ピロシキ!!カレーパン思い出すけど、本場のもあんなのなんですかね~?ロシアというと、ビーツの入ったスープに、鉛ほど重さのある黒パンを
ちぎって食べてるってイメージが抜けないのですが。発想が貧困ですみま
せん・・・。ハラショ~!!
Commented by Miyuki at 2007-11-12 02:45 x
*しーらさん
私は逆に中村屋のを食べてみたい!
きっと「本家」を名乗る味がたあくさんあって、結局自分好みのものに落ち着くのでしょうけど(笑)、色々食べてみたいですよねえ♪ ザクースカ、憧れますなあ~~、ロシアンティーも、自分で作るのじゃだめですよねえ、やっぱし。

えーと、あとなんかあったっけ、知ってるロシア語(悶々)
Commented by Miyuki at 2007-11-12 02:50 x
*Sledgeさん
私もピロシキというと揚げパン、と思っていたですが、これはパイでした。お菓子屋さんだったからかなー。
私のロシアのイメージは、やっぱりウォッカ! ペチカ! サワークリームにヘリング、ヒゲの生えたおばちゃんたち~(笑)
Commented by peartree22 at 2007-11-12 12:50
ロシアングローサリーがバークレーにあったなんて!バークレー、何度か行ってはいましたが、探索までは例のお尻の重さゆえ、ならず。考えてみれば、たくさんの国籍を持つ学生が集まっているんですものね。しまった!本当にしまった!です。
個人的には女神たちとご一緒というのがまたまたうらやましいです!
HPを見ていろいろ食べてはみたいのですが、Bulochkiというものに目が奪われました。ピロシキも食べてみたいです。
Commented by Miyuki at 2007-11-12 13:26 x
*ちゃんさま
あ、書き方が下手で申し訳ない、こちらはロシアン・ベーカリーでございます。グローサリーストアは我が家の近所、すみませんすみません(汗)
女神達と一緒、これがもうねえ、天にも昇る心地といいましょうかねえ……(うっとり) 歩いてても、どこか夢見心地でした。
HPの商品、どれも試してみたくなっちゃいますよね! だって普段見ないものばかりですもん♪ 次回があったらBulochki買って、ちゃんさま向けにレポするですー。
Commented by まきりん♪ at 2007-11-12 13:41 x
東欧・中欧系のベーカリーがあるなんてバークレーはさすがな町だ!

ピロシキってインドのサモサと似たコンセプトだなあ、なんて思いながら読みました。

以前うちで作ってみたブレッドプティングはいまいちだったので、画像に吸い寄せられながら「食べたい~」
Commented by senrufan at 2007-11-12 13:48
*まきりんさん
でしょ、でしょ、さすが国際的な大学がある街!って感じですよね。

ピロシキは揚げたものも焼いたものも、いろんなバージョンがあるみたいですね。サモサ、うん、それとも共通する生地かも。
Commented by しーら at 2007-11-12 15:56 x
むかし「3丁目の夕日」の頃、お客の手土産として「ロシアケーキ」っていうのがあったなぁと思い出しましたよ。(その頃は月餅も高頻度)

しかしその後はとんとお目にかからない代物なんで今日まですっかり忘れていたわ。
直径5センチくらいで2センチ半くらいの厚み。妙にドライな食感で、粉っぽい台。子供心にもチープなんだか高級なんだかよくわかんないと思ったものです。
どこの店のものかは覚えてないなぁ・・・

Miyukiさん世代は知らないでしょねぇ?
本場のロシアンクッキーはどんなだった?
Commented by Miyuki at 2007-11-13 13:17 x
*しーらさん
残念ながらロシアケーキを知らなかったので、検索してみましたん♪ ケーキと名はついてますが、クッキーなのですね~! 今でもあちこちから出てるみたいですよ、食べてみたいなあ。実はクッキーの中でも、シンプルなバタークッキーが一番好きなのでございます。
私が思い出したのはアレです、シベリヤケーキ! カステラ(だったかな)に餡子がはさまってるやつ~。

ロシアンクッキーはここのは買ってないのですが、日本でも良く見る、粉砂糖をまぶしたピーカンボールやアーモンドクッキー、あれです~。さくさく・ほろほろなの♪


<< 美と味の導きに (その2) 挟んだ世界は小宇宙 >>