仲間と家族と彼らと自分

National Day (China)
Mahatma Gandhi's Birthday (India)


b0059565_119287.jpg庭に置いてある鉢に、数ヶ月前にお嬢が何やら植えていましたが、きっとどっかから取ってきた雑草であろうと、気にも留めていませんでした。
でもさすがに夏の最中には、他の植木への水遣りのついでに、水をあげてたりはしたのですが。

いつの間にやらその植物に、大きなつぼみが幾つかついていて。
一体何を植えたのか、改めて問いただしてみたところ、彼女は花がついたことに感動しつつ、
「あのね、あれはコットンなの」
と言うのです。

こっとん、コットン、ってそれはかの有名な綿花のことであるのかい。思わず背後に「風と共に去りぬ」のてーまみゅーじっくをしょっちゃうよ。
そんなものをどこから持ってきたのか、と聞くと、
「ふふふ、あれはね、ブラックマーケットで密輸入したんだよ~
と言ったきり、どうしても入手先を白状しようとしないのであります。


大丈夫か。ダイジョブなのか。
ある日突然、麻薬取締官が踏み込んできて、なんてことになったりしないのか。
日々の怯えの種が増えた母でございます。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_11102346.jpg

ダウンタウンの脇道にあるティーハウス。
両隣はクレープ屋と、市内では人気のコーヒーハウスでね。たまたまか、「一人で時間を過ごしやすい」というコンセプトで並んだかのごとくの。
ランチの後、友人2人と入ってみたんだよ。



店は小さくて、でもお客さんは何人もいて。そして皆一人客なので、店内はし~んと静かな雰囲気。それぞれ本を読んだり、PCに向かっていたり。
唯一かしましい客である我々は、外のテーブルを選んで座ったよ。

b0059565_1112067.jpg

メニューを見たら、すごい数の種類のお茶。
Black Teaから始まるのだけど、アッサム、ダージリン、セイロン、チャイニーズ。ウーロンもあれば緑茶もあり、ハーブもフレーバーも揃ってる。
それぞれに短い説明も付いていて、知識のない私など、このメニューを見ているだけでも飽きないよ。説明によると、120種類以上もあるらしい。

茶葉も勿論買えるけど、店内で飲んでいくには、Mini Pot・4cup Pot・6cup Potとあって。
優しいウェイトレスのお姉さんに色々教わって、選んだものはこんなお茶。

ダージリンのFirst Flushの中から、Singbulli。ファーストフラッシュとは、ダージリンの3・4月の春摘み紅茶、なるほどね。
ファーストの方がセカンドより軽いそうだけど、確かに全くクセのない、すっきりとした味わいで。最近フレーバーティーやハーブティーばかりだった私には、これ紅茶?と言いたくなるぐらいの軽さとあっさり感。
マスカットの甘味を加えてあるという通り、ほのかな微かな香りが良い。

もう一つ、Flavored Teaセレクションの中から、お姉さんのお薦めのEmperor's Seven Treasuresというものを。
緑茶と紅茶のミックスに、バラの葉と花びら・向日葵の花びら・桃の香りを加えたもの。
これは私達全員が気に入って。桃の甘い香りははっきりとするのだけど、味はあくまで柔らかく、舌に優しく。
なんというか、椅子にゆったりと座って穏やかに話す時間を、さり気なく支えてくれるような温かさ。

ティーコージーに包まれたポットから、飲み干しては次のを注いで、最後まで適度な温度のお茶を楽しんだよ。改めて、午後のお茶という習慣を作った英国って偉大だな。

b0059565_11121724.jpg

食べ物メニューも、インフリッシュマフィンのサンドイッチやケーキ類が色々あり、デザートまでそろったランチセットで$14と、リーズナブルな上に楽しめそうな内容で。
店内ではお茶のみならず、茶器もティーコージーも販売されてて、オンライン購入も可能。
一人でも、友達とでも、家族とでも。お茶の楽しみ方は人それぞれに。


Tea Time
542 Ramona Street
Palo Alto, CA 94301

* * * * *

【個人的事情】
今日会った友人が、私達って一人っ子母同盟だね、と言い。なんかいいなあそれ、と思ったの。

たまたま子供達同士が仲が良いこともあるのだけど、肩肘張らずに一人っ子という言葉が言える、そんな関係がいいなあ、と。それはここまで子供が大きくなったから、余計に思えることだけど。

だいぶ増えたとはいっても、どこかで一人っ子というものに対する偏見めいたものが消えたのでは決してなくて。
昔読んだ新聞記事で、「一人っ子とは、それだけで病気であると言われた時代もあった」という内容に、ため息をつきながら目を通したこともある。

子供という生き物は。
本人の生まれつきの素質、家庭環境、学校環境、出会う友人に先生、習い事や本や遊び、いろんなものでできていて。
だから一人っ子という環境も、あくまで一要因にしか過ぎないことで、それはその子と親次第のことだと、どんな人にも真正面から言えること。

なのに、どこかでそれに対する何らかの気持ちを抱えている人達がいて。たまにその気持ちの切れ端を見せられたりすると、この人もか、と淡々と冷めた気持ちになり。
こちらがそれで感謝したりするわけもなく、むしろその人に対する気持ちリストに、新たな項目が加わるだけだということは、もしかして想像外のことなのかもしれない。

強いて言うならば、抱いているのは娘に対してすまないと思う気持ちだけで。
それは例えば、私達がいなくなってしまったら、この子は一人でどうするだろう、とか。そんなことを考える。
だったらそういう時に、頼りになる友人知人を沢山得られるだけの人間になっていればいいと、またまた娘に望むことが増えてしまう。


この一人っ子母同盟の3人の子供は、皆とても真っ直ぐで前向きで、大好きなものをそれぞれに持っている子ばかりです。
こんな友達をこれからも増やして、自分という人間を大きくすることに邁進してくれれば、それが何よりと願う母達です。
[PR]
by senrufan | 2007-10-02 11:08 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7534814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-10-05 12:38
またMiyukiさんと行きたいお店リストが増えましたよー(笑)。滞在はこりゃ、1週間では足りないな。時間が許す限り(あ、お金がかしらん?)滞在しなきゃ・・・なんて、心の中の悪魔がささやいております。
日本の地方がまだまだ大人の文化でないなぁと思うのは、こうしたお店が皆無に等しいからです。紅茶派の私としては、ファーストフラッシュが飲めるだけで、うずうず。ファースト・フラッシュは茶葉でも買えますが、お値段かrして、我が家にはとてもとても(笑)。ティーコージーも初めて見るタイプ。作れないのが悲しいですが。
そして、そして、一人っ子母同盟に海を越えて手を挙げてもよいでしょうか?
最近は一人っ子の子も増えて、昔に比べたら肩身が狭いこともなくなりましたが、田舎で暮らしていると「あら、まだ1人?1人だとかわいそうよ」なーんていう悪気はないにしても、こちらとしては「ちくっ」とくる言葉を頂きます。そう、親がいなくなってからのことを考えると胸が痛みますが、Miyukiさんがおっしゃるように、友こそ宝。私も娘には人生の一番の財産であるかと思われるよい友たちと出会って欲しいと願っています。

Commented by シーラ at 2007-10-05 14:35 x
紅茶の美味しい店!ずっと行ってませんよぉ・・・(遠い目)
昔、渋谷東急本店の6階あたりに、実に丁寧な供し方で紅茶を出してくれるカウンターだけの店がありました。(遠い目)
執事然とした雰囲気の男性が淹れてくれるのですが、その儀式めいた雰囲気もよかったなぁ。美味しかったなぁ・・・・・

「一人っ子マザー同盟」私も入れて欲しいですぅ!
息子はもう30歳ですけどね。チクッとくるお気持ちわかりますよ。
冷蔵庫の中身を全部自分のものだと思ってしまうのは、まだまだ直っておりませんが、九州という知らない土地で、逞しくは生きてるみたいです。

Commented by まきりん♪ at 2007-10-05 14:59 x
さすが西海岸、こんなお店もあるのですね。
バンクーバーならいざしらず、ここ田舎町にはちょっとない感じのお店です。

一人っ子の私がいうのもなんですが、兄弟がいることが社会性の基準にはならないと思っています。

「一人っ子は分け合うことを知らないから、なんでも独り占めする」と面と向かって大人から言われて唖然とした子供時代。
私は誰よりも分け合うことに神経質な子供でした。一人っ子性の逆をいったのか?

残念ながら私は血縁関係には恵まれず心的に不遇な子ども時代でしたが、大人になってから逆転。

今は人に恵まれたことに感謝し、幸せに暮らしています。私にとって血がながっているかは人間関係の優先順位の基準にはなりません。いかに信頼しあえるかが最も大切なのです。
Commented by マミィ at 2007-10-05 15:30 x
綿花の入手経路を追及すべく捜査官が来たら、「わた、わた、わたしは知りません」 ←綿とわただよ。おもしろい?・・・削除されそうな予感。

うちでは母が一人っ子で、何かをやらかして開き直る時に「あははは、ごめんね。わたしは一人っ子だからねぇ。」という台詞をよく使っておりました。んで現在、同じくその台詞を聞いて育った私の兄にも一人息子が居て、彼に望むことは、人に迷惑をかけず、そして世界中のどこででもしっかりと生きていける逞しい人間になることだそうです。早くも高校生になった可愛い甥。兄の願い通り逞しく、そして思いやりのある子に育った彼が、一人っ子を何かの言い訳に使うことは考えられないだろうな。
Commented by さく at 2007-10-05 16:48 x
綿花の密輸入かあ。口を割らしてみたいわ。
でもどんな花なのか、実物を見てみたいです。

言う人は色んな事言うよね。
兄妹がいるとがさつだとか、女の子の母親で良かったとか、一人っ子はうんぬん。結局自分の状態を良い状態だと思いたいだけなんだろうけど、男だろうが女だろうが兄妹がいようがいまいが、一人として同じ子供はいないわけで。
一番大事なのは本人とその親が、それぞれの関係を幸せと思えるかどうかって事だと思います。
「もし私たちがいなくなったら」の気持はわかりますが、兄妹がいるからと言って仲良く助け合うとも限りませんから。
友人は親が亡くなってから、親がいることでかろうじてつながってたお兄さんとはぷっつり縁が切れたそうです。
別に下手な慰めをいうわけではありませんが、やはりみゆきさんの言うように、友だちという存在をきちんと作れるかどうか、そしてちゃんと愛されて来た子は立派に生きて行けると思うから。

でもさ、やっぱり「愛すべき老婆」めざしてがんばろうよ!
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-10-06 02:30
Miyukiさん&皆さんのご意見、ごもっとも、と大きくおーきく頷きながら読ませて戴きました。うちはまだ子供がいないので(歳も歳なのに、海外で離れているゆえ "早く作れ!" というプレッシャーもなく、、)周りからの何気ない言葉がお母さん方の心を悩ませている状況を考えたことがありませんでした。(気づかせてくださってありがとうございます。)

旦那様が不在がちなのは大変だなぁ、、と思いますが、その分Miyukiさんとお嬢様のご関係は目下私の理想とする親子関係です。これからも理想ママ像を見習うべく、ブログ信者を続けまーす!
Commented by Miyuki at 2007-10-06 09:52 x
*ちゃんさま
ちゃんさまとお会いできたら、私が1週間で帰してしまうとお思いですか?(真顔) あそこもここもこんなことも、いっぱいいっぱい一緒にしたい~。おまけにこう思っているのは、私だけじゃないから、ねー♪
なるほど、まだまだ日本の紅茶は裾野が小さいのですね。偉大なお茶文化の国だし、もっと一般的になってほしいなあ。それにはまずお値下げから、ですな、うん。
あ、ちゃんさまは最初っからメンバーにカウント済!(笑) でもやはしそういう”ちくり”体験がおありですね。先方としては悪気はないのはわかってるんですがねえ。そういう体験をするたび、自分は気をつけなきゃ、と言い聞かせてます。そうそう、友こそ宝。これは至言。
Commented by Miyuki at 2007-10-06 09:56 x
*シーラさん
おお、渋谷にそのような場所が! お茶は淹れ方で全然違ってくるのでしょうから、そういうプロな場所こそ存続して欲しいですよね~。そういえば私が大好きだった渋谷のコーヒー店も、いつの間にか消えてしまってうるうる。

シーラ大先輩と呼ばせて下さい!(がしっ) 今でさえこうなのですから、シーラさんが子育てされてた頃はどれだけ、と思います。そんな中、逞しく一人でやっていける息子さんに育てたシーラお母さん、尊敬の一言でございますぞ~!
Commented by Miyuki at 2007-10-06 10:01 x
*まきりんさん
ここ数年、お茶が段々と人気になってきているので、こういうお店もぽつりぽつりとできてきてます。ありがたや。もうスタバは増えなくていい(笑) でもお茶ブームの理由の一つが、”痩せる”ということだったりするのがハアァァ、でございます。

うんうん、それこそ私も周りを見ていて、話も聞いて、ほんとに兄弟がいてもいなくても、その子と家庭次第のことというのは良くわかっているのですよ。しかし世の中、何か理由づけをしないと気がすまない人がいて、それも自分の視点でしか見ないという、ね。そういう人に兄弟が沢山いたら、大いに皮肉を言ってやりたいですな!(笑)
Commented by Miyuki at 2007-10-06 10:06 x
*マミィさん
ぶしゅーーーっっっ!!
と、飲んでた紅茶を噴きそうになりましたぞ! しかも鼻から! あっぶね~(どきどき)

お母様、大らかでいいなあ! ということは、お兄様にプレッシャーをかけられるようなこともされなかったんだろうなあ。そしてまたお兄様のお言葉が! それですそれ、人様に迷惑をかけない・どこでも生きていける。これこそ親が子供にしつけていくべくことで、それが兄弟がいようがいまいが、教えていかなきゃいけないこと。ああ、勇気がわいてくるー。ありがとうマミィ姉さんvv
Commented by Miyuki at 2007-10-06 10:11 x
*さくさん
尋問まかせたいぞー。場所は作っておくから。えーと、しょぼい電気スタンドとカツ丼ははずせないな。

「自分の状態を良い状態と思いたい」、さーすがさくさん、そうよそうよそれなのよ~! ああいうことを聞くと、世の中なんて負けず嫌いの人が多いんだろうと思うわ。ほんとに、「一人として同じ子はいない」のにね。むしろ、オタクはダイジョブですか? そういうことを言わずにいられないほど不安ですか?と聞き返してしまいたくなったりね。
いやいや、心がすっきりしたよ~、ありがとねえ(愛) うんうん、いいおばあちゃんになろうね! 元気で明るくかわいくね! でももうすぐ100歳の祖母を見てると、長生き年寄りは基本性格すんごくかわいくない、ということも知ってるけどなー(笑)
Commented by Miyuki at 2007-10-06 10:23 x
*shinaさん
なんか改めて言うのもナンですが、shinaさんってほんとにできた方だと思います~~。そういうお礼の言葉をさらりと……あうあう、しばし感動にひたってしまいましたぞ~(感涙) や、私自身は単に娘と精神年齢が同じというだけの失格母なのですが(わかってるなら直せテメエ)、周りの立派なお母さん方は、皆shinaさんのように、ちゃんと周りの人の言葉を聞いて、自分にふりむけることができる人達ばかりです。shinaさんなら、きっとそういう素敵なお母さんになられること、間違いなしですぞ!
Commented by シーラ at 2007-10-06 22:53 x
大先輩っ~~だなんてぇ(笑)美しい誤解ってやつですぅ==(爆)
元祖ダメ母だす!!

ねぇ、ねぇ、質問いい?
綿花が、なんで密輸とか取り締まりとかなの?わかんなくって。
綿花に麻薬性ってあるの?

昔、そういえば弟が自室のシャーレでマリファナ栽培してたっけ・・・・
Commented by Miyuki at 2007-10-07 07:06 x
*シーラ大先輩!(言い切る)
いやいや、機会があったらぜひ息子さんにお会いしとうございます。色々聞きたいこと山盛りですがな。

ひええええ、ご、誤解させてしまってすみませぬ~~!! あれは単に娘のジョークで、それに私がノッてしまっているだけなのでございますよお~。麻薬性、ないない! 違反でもない! 第一もしそういうものだったら、こんな日記に書けませんさすがのアタクシも。コットンはただ栽培にすごく化学薬品や農薬を使うので、オーガニックコットンを使おう運動が高まってきておりますが。

弟さんの方がマジやばいじゃないっすかそれ……(大汗)


<< All things were... October・Octobre... >>