大海の中の一粒に

French Community Holiday (Belgium)
Succot (Jewish)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_12421125.jpg

愛しのkiyoちゃんと一緒に、遠足に行ったんだ。またもやベーカリー探索の旅で、今度はOaklandにね。
SFツアーと同様に、またまた優秀なナビと一緒で、しかも共に楽しんでくれる人と一緒で、私は本当に恵まれてるよ。(幸)

などと言いつつ、ベーカリーについての日記はまた後日。
というのは、何せ3軒も周ってどっさり買い込んできたので(…)、まだ全部を味わってないのだな。
なのでその前に、もう一つのお目当てだったレストランについてだよ。



本やサイトで教わったところによると、こちらはかつてある雑誌で、全米ベストイタリアンの3位に選ばれたことがあるらしい。そんな有名どころのディナーなど、到底私の行けるところではないだろう。(小心者)
でもランチなら何とかなるかも。おまけにこちら、レストランは2階部分で、1階のカフェはいつでも入れるらしいから、そちらでカジュアルの上、といった気分を味わうのも良いよね。

そんな思惑で、どきどきしながら行ってみた。
店の前でどうしようかと相談した後、思い切って2人でレストランに上がってみたんだよ。


おしゃれなお店が並ぶアベニューが見下ろせる、窓がいっぱいの明るい店内。
予約はないのだけど、とおずおずと言う私達に、にっこりと笑いかけて案内してくれたウェイトレスのお姉さん。ほっそりとして、でも背筋を真っ直ぐに伸ばした別嬪さん。
覚悟してたよりずっと快いカジュアルムードで、席についてほっと一息。

メニューはどうやら、その日によって違うらしい。手に入る食材によって決めるんだろうね。
スープ&サラダ、パスタ&メイン、デザートと、大きく3つに分かれた一枚のメニューを渡された。

あっさりと一文で説明された内容の、イタリア語部分がわからなくて、首をひねる私達。お姉さんが近寄ってきて、色々と優しく説明してくれる。
サラダを一品、パスタを二品。そして後でデザートを。そんな感じでオーダーしたよ。

ここでうっかり、メニューを書き留めることなく返してしまったので、返す返すも後悔・後悔。使われてた食材で初めてのものが幾つかあったのだけど、それの正確な名前もわからない。
すっぽ抜け頭の自分に、改めて激しく自己嫌悪……でもそれを慰めて余りあるぐらいに、絶品揃いのランチでした。


b0059565_12445427.jpg

まず運ばれてきたのはサラダ。目の前に置かれた色鮮やかな一皿に驚嘆する。

赤紫の普通のBeetはわかったのだけど、オレンジのものは何かと思えば、Golden beetなんだって。ビーツに他の種類があったことも知らなかった。
2種類のほの甘いビーツ、見た目がオクラの輪切りような小さい野菜のピクルス(なんとかberryという名前)の酸っぱさ、Watercressの苦味。この3つの味を、刻んだゆで卵が入った、まろやかなクリームドレッシングが包み込んでいて。
この一品ですでに目を丸くしている私達を、お姉さんが遠くからにこにこと気遣ってくれているのがわかるの。

お次はパスタ2種類。太い・極細の全く違うパスタなのに、共に絶妙なアルデンテ具合。

b0059565_12454132.jpg

Bucatiniという長いチューブ状の、それこそマカロニをそのまま長くした形のパスタを、玉ねぎ・ベーコンなどが入った、トマト&シェリーソースで和えたもの。
塩辛く、またぴりっと辛味があるのだけど、その両方共がぎりぎりのところでちょうど良く。

b0059565_12463696.jpg

もう一つはTaglieriniという、フェットチーネの極細版に、グリーンを練りこんで作ったパスタ。これとアサリを、オリーブオイルを主としたあっさりソースで和えてあるのだけど、これまた油っこさとは無縁の、またほんのり微かに感じる程度の塩味で。
これはお姉さんが「私のお気に入りなの」と薦めてくれたものだったので、改めて感謝の言葉を伝えたよ。

b0059565_1247764.jpg

デザートを待つ間に、先に運ばれてきたコーヒー。
そっと添えられたオリジナルのビターチョコレート。なんと徳利に入れられてきたミルク。こんなところでも、またすっと心が柔らかくなる。


デザートも二品。
Quince and Apple Tart with Vanilla Ice Creamと、Bittersweet Chocolate Cake

b0059565_12483461.jpg
b0059565_12484732.jpg

まずはタルト。さくっとフォークを入れると、とろりと流れ出すソース。
花梨って買ったことも使ったこともないのだけど、意外とこちらのスイーツレシピで良く見かける果物。煮た食感はりんごと同様だけど、りんごほど甘くなく。

熱々のフルーツタルトにアイスクリームって、どうしてこうも合うんだろう。
フルーツに余計な味付けをせず、ただ甘さと歯応えが一番出るところで火を止めたような、素材の力そのままのフルーツ達。
厚過ぎないサクサクのタルト生地の中、抑えた量のソースだけに守られて。

そしてチョコレートケーキの方。見た目はデビルズフードケーキのような、シンプルな生地に見えて、上には粉砂糖、横には甘くないクリーム。
口に入れて味わった時、ちょっと私達の息が止まったかもしれない。冗談じゃなく、本当にそれぐらいの味だったんだ。

なんだろう、これは。ビタースイートという名前の通りにほろ苦いのだけど、とにかく普通にアメリカのチョコを思い浮かべた時に舌に浮かぶ、あの刺激のある甘さとクドさ。それが全くないんだよ。
こんなに穏やかなビターチョコって、この国のどこに行ったら会えるんだろう。もしかして日本の輸入品?(母国贔屓)

そして何よりもその食感。ほろほろと崩れる生地は、でも確かにしっとりとしているのだけど。それが口に入れると、絶妙な具合でほどけて、すうっと溶けていく。
日本のチョコで、エアーインのものがあるよね。食感としては、それにかなり近いと思う。どうしてケーキでそういうものが作れるのか、全く見当もつかないけれど。

こんなに、どれにもこれにも驚きっぱなしのランチなんて。加えて、フロアのサービスも素晴しくて。
思い切って来てみて、ほんとに良かった。それも一緒に驚いて喜んでくれる友達といられて、ほんとに嬉しかった。
今度はまた彼女と一緒に、カフェにも行ってみたいなあ。きっとそっちでも、値段以上の何かに会える気がするから。



分野を問わず、本物というものは。決して声高に主張する必要はないもので。

料理も同じで、本当に良い素材を厳選して、ほんの些細な一工程にも気を配り。それが一番力を出せるラインまでで、加える手は止める。
それを、余計な説明は何もない、ただ素材の名前を記したのみのメニューで提供する。
食べればわかる。触れれば届く。押し付けもパフォーマンスも、そこではひたすら必要悪に過ぎないもの。

真っ直ぐに、真正面に、全身の直球で。
ベストで、でも最も難しいと知っている、そんな姿勢に触れた気がする。


Oliveto Cafe & Restaurant
5655 College Avenue
Oakland, CA 94618
[PR]
by senrufan | 2007-09-27 12:41 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7508784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2007-09-29 13:43 x
このレストランは全米ベストイタリアンの3位に入選したお店って折り紙付だったのですね。

月並みながら全てのお料理に素材に対する真摯な手法が施されている印象を持ちました。さそがしおいしかったことでしょう。

特にデザート、食べてみたいな~
Commented by peartree22 at 2007-09-29 20:29
うわー、オークランドには野球観戦にしか行ったことがなく。
アメリカでイタリアンを食べるとがっかりすることが多いのだけれど、ここはまさしく違うのですね。
あーん、行きたいですぅぅぅ。
Commented by すれっぢ at 2007-09-29 23:09 x
橋を渡って、880に出てちょいのちょい(笑)で1時間弱でしょうか?早速レストランのWEB見させてもらいました。う~ん、確かにメニュー読んだだけではちょっと頭の中にどういうものか浮かびません。グリーンのパスタ、貝を下に隠してるのが珍しいかも。今まで見たパスタ、少ない貝を上になるべく散らして「ほら、こんなに入ってるでしょ?自己主張」だったのに。
Commented by frogfreak at 2007-09-30 02:31
ええ!オークランドにこんなお洒落なお店?と、おもったら、COLLEGE AVEでしたか、納得。
いつもオークランドへななぜか韓国料理目当てに行くので、小洒落たお店開拓ってしたことなかったです。ベストイタリアン3位なら、こりゃ、行かなきゃ!
Commented by Miyuki at 2007-09-30 02:53 x
*まきりんさん
ちなみにその話は、帰ってから知ったのですけどね。行った時は、どうやら有名な店らしいよ、ぐらいだけで。で、味に感激して帰ってきてから、さもありなん、と思いました。
Commented by Miyuki at 2007-09-30 02:54 x
*ちゃんさま
そうそう、こちらに来て最初にがっかりしたのがイタリアンでしたよ私も! 一時期、マジで拒否反応が出ましたもん、あのグズグズパスタに。
でもここはもう、ねえ……(ため息) 一緒に行きましょうよお、ちゃんさま~~。
Commented by Miyuki at 2007-09-30 02:56 x
*すれっぢさん
そです、880に入ったら今度は24目指して、ってなんでこんなローカル話をカナダの方と!(爆笑)
貝、そうですよね、普通は混ぜてあるか、上にのっかってるかですよね。そこに目をつけられるところがさすが。でも下に敷いてあったおかげで、貝にも薄味ソースが絡んでめちゃうまでしたよ~♪ あれはねらってたのかなあ。
Commented by Miyuki at 2007-09-30 03:01 x
*frogfreakさん
おお、あの通りをご存知でしたか! わあ、良かったら色々教えて下さい! 私は全くのオノボリさんで行きました、いやお恥ずかしい。韓国料理もいいなあ~(じゅる)
もし行かれるなら、ぜひディナーに行っていただきたく。そしてご報告していただきたく~。イベントの欄を見ると、秋にはトリュフ週間があるそうですよ!
Commented by やまばと at 2007-09-30 03:29 x
いつかは訪れたいと思いつつも、近隣の治安が気になってしまって
先送りになっていたイタリアン、なるほどランチという手があったのですね。
サラダのなかの、酸味のある輪切りの野菜はもしかすると
私の好きなケイパーベリーではないかと(間違いだったらごめんなさい)。
丸ごとをぽりっとかじるのもオツですが、スライスすることで隠し味的な
使いかたができるのかと妙に感心、そんなことからも、このお店のお料理
についてMiyukiさんのおっしゃることがよく理解できる気がします。

これは、やはり、いちど出かけてみるしかないでしょうか。。。。。。
Commented by Miyuki at 2007-09-30 12:09 x
*やまばとさん
そ、そ、それですそれです、ケイパーベリー!! Cで始まって、ケで、Rで終わる、ということだけは覚えていたのですけど、それでどうやって探せっていうんだあ!と、勝手に逆ギレしていたのでありました。ありがとうございます~、ようやくわかって本当に嬉しいです!
そしてOlivetoご存知でしたか、それもさすがです~♪ ぜひランチ、挑戦してみて下さいませ。そしてどんなご感想か教えて下さ~い。私はこことシェ・パニーズのディナーに行くことが夢になりそうです。ああ食欲まみれのこの身……
Commented by あつゆき at 2007-10-01 02:59 x
おひさー。
またまたおいしいものをたべてきたんですね。

でもそんなにパンを買ってきてみゆきさんちゃんと食べられるのかと心配する私です。大きなお世話か。
Commented by Miyuki at 2007-10-01 13:22 x
*あつゆきちゃん
やっほー、新学期はどうだい? 忙しいアナタの影で、こんなに遊んでてすみません……
ちゃんと食べられるのか、というのは、胃腸の問題、それとも量のこと? 胃腸はとっても丈夫だし、パンはすでに全部冷凍済で、毎日少しずつ出しては家族で分けて味わってますよん。無問題さ~。


<< とこしえに我らが心にあって 満ちて欠けての波に乗り >>