どこかで誰かが見つけてる

Independence Day (Mexico)


読書ブログ更新 : 「憑神」

浅田次郎さんといえば、義理・人情・ヤクザの世界。お涙頂戴が上手いったら。
日本独特のクサさが苦手で、国内小説を避けてきたのに、なぜか浅田氏の小説は読んでしまうのです。

敬愛するusayamamaさんのブログで、感想を目にして以来、読みたいな~と思っていたこの本。なんともタイムリーに友人から借りることができ、一気に読んでしまいました。当然最後は涙と鼻水。くそう、また泣かされちまったぜ……!

日本では映画化もされたのですね。

* * * * *

【買い物】
普段食料品の買出しに行くストアは、メインで3軒。
どこもオーガニック商品が多い店で、勿論オーガニックを選んで買う。なので、数年前までの安売り商品をねらって買出ししていた頃より、食費は高くついている……にしてもかかりすぎじゃないのかうち、肉を買わなくなったのになんでだ(ぶつぶつ)(やりくり下手と呼んで下さい)




その中で、全米でも人気店な大手オーガニックストアがあり。あ、カナダとイギリスにもあるんだね。
ここのところの健康志向の高まりにより、ぐんぐんと売上を伸ばし、店を拡張してきたのだけど。そのうちの一軒が新店舗を建設、先月末よりオープン。今のところ、西海岸一の大きさという話。

この店舗、お嬢のスイミングの場所のそばなので、その合間についつい寄ってしまう。そして、はっと気づくとすでに迎えの時間がきてたりするほど、商品チェックが楽しくてしょうがない。
行くたびに色々買ってたら、それこそ我が家のエンゲル係数はすさまじいものになるので、そこは必死に自制するんだが(成功率75%)、棚に並んでいる、見たことのない商品を一つ一つ手にとって、裏の表示を読んでいるだけでも、あっという間に時間がたってしまうんだ。

b0059565_1239418.jpg

そして先日、冷蔵品コーナーで見つけた、こんな商品
餅です。Mochiです。おもちです。
例え日本の常識からは考えられないものでも、どうやらこれはモチらしい。

プレーンも勿論あるけれど、他にはシナモン&レーズン、カシューナッツ&デーツ、セサミ&ガーリック。うわあ、これは結構いいかもしれない。
なので、思わずお試しで、チョコレート味を買ってみた。あーあ、また買っちゃったよアタシ……


材料を見ると、
Organic sweet brown rice(玄米餅米ですな)、organic evaporated cane crystals(砂糖の遠回しな言い方だな)、walnuts、unsweetended cocoa、sea salt
これをまとめて、くるみ入りチョコレート・ブラウニー・モチであると。ふむふむ。

後ろに書いてある「食べ方アイディア」を読むと、焼いた餅を
・はちみつかメープルシロップにつけて
・乳製品以外のアイスクリームか、ソイ・クリームチーズとチョコレートチップを詰めて
・乳製品以外のチーズを詰めて、チーズが溶けるまで焼いて
・クリームチーズか乳製品以外のクリームチーズと、はちみつを一緒に混ぜて、餅の上にフロスティングして
食べたらどうか、とな。


……や、日本人ですから。まずは日本流に食べようかと。

b0059565_12411583.jpg

パックを開けて、包丁をあててみる。お、混ぜ物が入っているせいか、普通の餅より切りやすい。
これこそもっふるに!とも思ったんだけど、まずはオーセンティックに焼こうなー(おい)

b0059565_12413025.jpg

オーブントースターで焼くこと、7~8分。ぷ~っとふくらんだところは、おお、色々入ってても、やはり素性は餅であった。(少し疑ってたらしい)

b0059565_12414472.jpg熱々のところをばりっと裂けば、中はうにーっと伸びること。
一口噛んでもぐもぐと。うん、もちもちしてる、って当たり前だろう。はふはふ、もぎゅもぎゅ、焼き立ては格別に美味しいよ。
ココアの味はそれほど強くないけれど、細かいクルミを確かに感じるのと、甘さもほんのりついていて。他のものを添えても良さそうだし、このままでも十分、おやつにもデザートにも。

これを食べて思い出したのが、このエリアの日本人間でロングセラーのレシピ、もちケーキ。餅粉にココナッツミルクや砂糖を混ぜて、小豆味にしたり抹茶にしたりと、いろんなケーキがあるんだけど。
食べた感じはちょうど大福もちのようで、誰が食べても美味しいレシピ。
しかしこのMochiはすでに色々混ざっているので、後はそのまま焼くだけ、という手軽さが良いね。組み合わせさえ気に入れば、手頃なスナックにちょうど良い。


例えばカリフォルニア・ロールというのは、米国で生まれて。
日本人が思ってもみなかった、アボカドと寿司飯の組み合わせを考えついてくれて、おかげで知らなかった味と食材の世界を学んだよね。
そんな感じで、こんな風に日本を離れたところで、自分達流の食べ方や作り方を考えてくれるということが、嬉しくもありがたくもあるんだな。

私みたく、創造性のカケラもない人間は思いつくこともない、また既成の枠の中だけ見ていたら考えることもない、新しい見方と捉え方。思いがけない選択肢。
それが自分に合うかどうかの取捨選択は、その後、自分ですればいいことだから。

やっぱり食材巡りはやめられない。という言い訳でありました。
[PR]
by senrufan | 2007-09-16 12:34 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7459064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すれっぢ at 2007-09-18 22:04 x
はいはい、このお店うちの州にもあります~。で、その場所はこの州で一番お金持ちが住む地域でございます。エンゲル係数急上昇ってのがうなずけますね~。このお店だけで食材揃えてたら・・・・

見た目がまんまブラウニーですね~。表面がテカテカしてるのも不思議。パッケージに食べ方を分りやすく書いてあるとこが、なんかけなげですね~(笑)
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-09-18 23:57
おー!画像を見る限り立派な餅ですね。日本の白いお餅だと何かつけて食べますが、この MOCHI ならこのままつまめていいかも。アメリカのおじいちゃんおばあちゃん、喉に詰まらせないよう注意。

海外で日本の食が興味深く変化していくことへの賛同、共感です。「これは日本の○○ではない!」と否定的な人もいますが、オリジナルを超えてひとつの食文化を確立している食べ物だってあるし(カリフォルニア・ロール然り)、「既に別の食べ物」だと広い心で受け入れれば幸せになれるのにー。実際、美味しいんですし。またまた Miyuki さんの記事に考えさせられた日でした。
Commented by マミィ at 2007-09-19 01:08 x
いや、こりゃなんともはや!くるみ入りブラウニー・チョコ餅とは!
う~ん、まいった。素晴らしすぎる。自由な発想とそれを形にしてしまう行動力・・・アメリカだよなぁ。

教祖様、是非このシリーズでモッフル開発を。あぁ、新しい教えを待つ喜びで胸がいっぱいな私ですぅぅぅ。←それより、以前の教えを実行せよ。
Commented by さく at 2007-09-19 04:14 x
ここには本当にためになる情報が満載です。
ためにはなりますが、同時に危険でもあります。(涙)
欲望と自制心のせめぎ合いではいつも欲望が圧勝しますので
Miyukiさんを恨む結果にならないといいのですが。

それにしてもチョコくるみ餅、かよ。
あー、これうちの子供たち、ハマりそう。
私は個人的にガーリック&セサミに惹かれますが。
あおのり醤油味、なんてのはやはり出ないんでしょうかね。
Commented by まきりん♪ at 2007-09-19 07:29 x
おお、お菓子の餅があるとは、さすがアメリカでの発想といえましょう!しかもチョコレート・ブラウニーを餅にアレンジしたのがすごい。

北米では簡単に手に入る餅粉を使った「もちケーキ」のレシピが知りたいな~
Commented by Miyuki at 2007-09-19 12:14 x
*すれっぢさん
なんと、リッチエリアにあるのですか、そちらは! あ、こちらは私が行くぐらいなんで、そんなもんで(笑) ただこのお店、出店場所によって品揃えも結構違うらしいですよ。お金持ちエリアは欧州の香り、このエリアはアジアの香り、だそうです、by友人。

このテカリはなんでしょうねえ。ツヤツヤと、思わず指でなでてしまいました。けなげ、そうかもしれない!
Commented by Miyuki at 2007-09-19 12:19 x
*shinaさん
ええ、疑心暗鬼で焼いてみたら、ちゃんとお餅でございました、なははっ。でもそうだ、「喉づまりに注意」って袋に書いてないですよこれ! ダイジョブか~。こっちはすぐに裁判だぞ~。

おお、ご賛同いただいて嬉しゅうございます~vv そですよね、日本だって色んな国の料理を、日本なりに取り入れてきましたもんね。自国の食文化にそれだけ誇りを持てるのは良いことですが、あれはあれでアリ。むしろそうやって食べてくれることが、また誇り。と言いつつ、和食レストランはやっぱり純和風のところに行ってしまいますが!(笑)
Commented by Miyuki at 2007-09-19 12:23 x
*マミィさん
そう、侮りがたしアメリカ! マクロビオティックやローフードにしても、火がついたのは米国からなんですよね~。学ぶべきところは学ばないといかんですな。でもやはし食文化の女王はフランスでしょうかねえ♪

うんうん、これはただ焼くだけでも立派なチョコもっふるですが、何かこう一味加えたいですなあ。そういえばこの会社のHPのレシピ欄、ありましたよー、Mochi Waffle! 世界に広がる日も夢じゃないかも~(キラキラ☆)
Commented by Miyuki at 2007-09-19 12:27 x
*さくさん
ふっふっふ、だって私だけ堕ちるなんて許せない。堕ちるなら諸共に、皆で欲望の道へと進むのよーっ、ほーーっほっほ!!(女王様ゴッコ)

あ、さくさんもやっぱし? 私もセサミ&ガーリックに惹かれてるのよ~。しかしそだよね、なんでソイソース&シーウィードがないんだ。原点なのに。
Commented by Miyuki at 2007-09-19 12:30 x
*まきりんさん
ね、ね、ほんとにアメリカらしい発想というか! アナタたち、そこまでブラウニーが好きかと問いただしたいというか!(笑)

お、さすがお菓子名人のまきさん、レシピに興味おありですか? 不肖、私めがメールにてお送りしましょうぞ。小豆とチョコと抹茶とありますが、どれがよかでしょうかね?
Commented by まきりん♪ at 2007-09-19 15:27 x
「もちケーキ」のレシピを送って下さるとは、なんとお優しいMiyuki様~

抹茶はカフェインが入っているのでパスしま~す。
なので、小豆とチョコバージョンを教えて頂けますでしょうか?

よろしくお願い致します。


<< 技術だけでは基盤にならず 大地にめりこむ足跡を >>