何でも、誰でも、どこからでも

Seventh Night (China)


料理ってものは、同時進行で手早くやらなきゃいかんよね。特に今日みたいに時間のない時は。「グストー」のスタッフ達の手際は見事だったよなー。
えーとひじきを戻して、玉ねぎを切る。とうもろこしの実をはずして、芯で出汁。こっちではオクラを輪切り、残りはさっと茹でて。にんじんはうーん、千切りだな。これなら長芋のすりおろしも? あ、キャベツがあった。実験的におからもどうかな。
出汁で野菜を煮ても、ほんの1~2分で引きあげること、ふむふむなるほど。その間に豆腐のごまソース。やっぱりすり鉢が欲しいなあ。
しかしコレットの野菜を切る手つきはすごかった、って、こっちの材料は揃ったぞ。フライパンに胡麻油。にんにく入れてから焼こう。生地を流し込んで、片面焼いて、ひっくり返してもう片面。
その間にできたよ、ひじきの和え物。あ、もう豆腐がないや、買い物メモメモ。
よし、そろそろ焼けたか、生地チェック。フライ返しを手に持って、フライパンの蓋をさっと


ぶわああぁぁぁぁっっっ!!!! (予想もしてなかった大量の蒸気)



以上、「我はいかにして右腕に直径10cmの腫れと2個の水ぶくれを作ったか」の顛末です。
映画の余波に乗っての中継調でお送りいたしました。(棒読み)


キッチンは戦場だぜ……!

* * * * *

【映画】
b0059565_1049364.jpg映画「Ratatouille」を観に行ってきました。
予告編を観た時、Pixarだし面白そうだけど、TV放映まで待つか、と思っていたのですが。
周りで行った人4人が、全員口を揃えて褒めまくり。しかも全員大人ですよ。
とどめがMミィ姉さまの絶賛映画評で、これは行かずばなるまい、と思うに至ったのでありました。



フランスの片田舎で暮らすネズミのRemy。ネズミらしからぬ嗅覚と味覚の鋭さで、仲間うちの毒見(毒嗅ぎ)役にもなっている。どうしても食材と料理への執着が捨てきれない彼の憧れの人は、名シェフのGusteau。彼の、「誰でも料理ができる」というモットーを支えに、夢はいつかフランス料理のシェフになることだった。
ある日、ハプニングで一族と離れてしまったレミーが、一人で辿り着いたのは、パリのグストーのレストラン。なぜかグストーの幽霊に励まされ、キッチンに入りこんだ彼は、そこで雇われたばかりの掃除人、Linguiniがだめにしてしまったスープを思わず作り直し、しかもそれをリングイニに目撃されてしまう。利害の一致を見た2人は、一緒になってパリ一番のシェフを目指そうとするが。


ネズミが料理できるのか? 人を操ることができるのか? などと考えてはいけない、というのはお約束。でないと本能に刷り込まれたネズミへの嫌悪感が、料理のシーンを台無しにしてしまう恐れあり。実際、家にネズミが出た経験のある私は、何度なくその忌まわしい記憶を封じ込めなくてはなりませんでした、いやはや。

それは思いっきり遠くにおいといて。いやあ、前評判通り、面白かったです。
ピクサーはとても”まとも”なストーリーを作るという印象があり、それが捻くれた大人のアタシには物足りなくもあるのですが、今作は個人的に「The Incredibles」と並ぶヒットだったと思います。
なんでもこの映画の為にスタッフは、フランスの一流レストランで研修を受け、厨房を徹底的に取材したそうで。その甲斐あって、食材一つ・料理の手つき一つとっても、臨場感のある素晴しい出来。

CG技術の粋を極めた、と言わんばかりの美しい映像。ネズミのヒゲや毛の1本1本まで、まるで実際に動いているような。
そして光のあて方が見事の一言。キャラの髪のツヤ、厨房の陰影、料理の立体感、朝日や夕日や夜景にまで。隙の無い光に対する心配りが、画面の奥行きをぐっと深め、それがまたストーリーを深めることにもなっています。

声優陣は、相変わらず世間に疎い私が知っていたのは、ほんの2~3人だったのですが、ピーター・オトゥールの名前には驚いた。なんという大物が(わなわな)

だからというわけではないのですが、彼が演じた料理評論家のイーゴが発する、クライマックスの言葉が圧巻です。
ここに凝縮されたあれやこれやが、イコールこの映画の主張になっており、抑揚を抑えた、しかしこの上なく深みのある彼の声で紡がれるそのセリフは、現実の厳しさを唱える中、しかし抱くべき希望をも盛り込んだ、しみじみと味わい深い言葉となっています。
「Anyone can cook」
レミーやコレットの支えとなるこの言葉、どう受けとめるかは我々次第。そんな風に穏やかに差し出された気がします。


ちなみに日本語版タイトルに関しては、周囲はブーイングだらけですが、私も当然その一人。一体全体、何を考えてやがるいらっしゃるですか、宣伝担当の方々(怒)
予告編を観た時に、うんうん、料理名のRatatoilleとレミーのRatをかけてあるのね、料理がテーマの映画に合ったタイトルだなあ、と思ったぐらいなのですが。映画を最後まで鑑賞すれば、それにもう一つの大事な意味があるのは、誰にでもわかること。
それがなじょして「レミーのおいしいレストラン」……腰が砕けて立てません。せめて良くあるパターンの、”そのままカタカナ”にしてしまう方がマシだったんではないかなあ。(ため息)


映画が終わった後、私が「うーん、料理したくなったなー」と言ったら、お嬢が「え!? 初めて聞いた!」と驚いてました。うん、母ちゃん、義務としての料理は嫌いだからね……
そんな私にまでその気にさせる、肩の力を抜いたところで楽しみたい、ほのぼの映画の一つです。
[PR]
by senrufan | 2007-08-19 10:45 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7326790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-08-21 13:58
「グストー」とかコレットってなんだろう、、と思いながら読んでいたら、Ratatouille の話の中の名詞でしたか。それにしても「直径10cmの腫れと2個の水ぶくれ」?!ちゃんと冷やしましたかっ?!(涙)

そして、Ratatouille DVD 待望ファンクラブ会長です。(私には字幕がない映画は辛すぎます。)ネタばれかなぁ・・・と怖いもの見たさで Miyuki さんのブログを読みましたが大丈夫でした。ほっ。見終わった後に思わず料理がしたくなっちゃう映画ですか。それは我が家にとって重要な映画だな。Ratatouille ワインが販売中止になったのは悲しかったです。。

で、何を作っていて水ぶくれを作っちゃったんですか?素朴な材料に惹かれております。
Commented by マミィ at 2007-08-21 21:01 x
冒頭の「グストーのスタッフ達の手際は見事だったよなー。」で「あ、観ましたなっ!」とにんま~りし、読み進んで
ぶわああぁぁぁぁっっっ!!! で
ぐわああぁぁぁぁっっっ!!! と仰け反りましたがな。

だ、大丈夫ですか?あの、火傷にはですね、オロナインH軟膏が効くんすよ。また古いと笑われそうですが、本当です。うちでは夫も「奇跡の軟膏」と呼んで重宝しておりますです。

本当にDVDが待たれますなぁ。わくわく。子供みたいに何度も観てしまいそう。よっしゃ、邦題については、この私たちのやるせない思いを是非どこかにぶつけてやりましょう。担当者を呼べ、担当者を!

Commented by すれっぢ at 2007-08-22 01:36 x
マミィさんの日記でも褒められ、Miyukiさんも・・・こりゃ見るしかないですね~。でもこの町でまだやってるのか、それが問題だ。

ヤケドお大事に~。オロナインH難航・・・・軟膏と書こうとしたら、こうなりました。そこなら手にはいりますか?マミィさんに送ってもらう(笑)
Commented by Miyuki at 2007-08-22 12:34 x
*shinaさん
はあい、ソッコーで冷やしたのですが、如何せんすでに若くない肌は、それだけでは回復できず(涙) 作っていたのは、ひじき・玉ねぎ・とうもろこしの豆腐ごまソース和えと、おから入りのチヂミでございました。トラウマになりそうなメニューだ……

ネタバレ大丈夫でほっとしました。や、一応断りはしてあっても、やっぱり明かさない方が楽しみが増えるから、気をつけてはいるのです。これでも(爆) DVD、早く出るといいですね♪
そうそう、ワイン企画があったんだそうですね! 残念でしたなあ、いいタイアップだと思うのになぜなんだー。
Commented by Miyuki at 2007-08-22 12:38 x
*マミィさん
おおっ、オロナインは日本人以外にも認められてるですか! うんうん、やっぱり買います。日本にいる旦那に買ってきてもらうです。だって非常識レベルの粗忽者の私は、あまりに火傷が多いのです……今も右腕には、3歳の時のケロイドと、過去オーブンで作った痕と、今回の10cm痕とが我先にと主張しまくってまあ大変。ぎぶみーオロナイン。

ほんとにあのタイトルは噴飯モノでございます、ぷんぷん。日本人をバカにするなっつーの。そうだそうだ、担当者じゃ足りない、マネージャーを呼べ!
Commented by Miyuki at 2007-08-22 12:42 x
*すれっぢさん
そういえばすれっぢさんの映画の好みって、お聞きしたことがなかったかも。好きな作品はどういうものでしょう? この映画がお気に召せば良いですが~。

う、すでに治療難航中でございますよ、PCさんのおっしゃる通り。水ぶくれ面積が広がって、今日は3ヵ所も破れて水が(ヤメナサイ) オロナイン、探せばあるかもしれませんが、旦那が数日後に帰ってくるので、この際買ってきてもらいましょー。
Commented by peartree22 at 2007-08-22 16:20
この映画、やっぱり見に行こう!
あー、そして、Miyukiさん!私も先日指に水ぶくれ作っちゃいましたよ!私はお好み焼きを焼いていて、まさしく蓋を取ったとたんでしたよぉ。
右手の人差し指に・・・。
それにしても「安易な題だなぁ」とは思っていましたが、原題と、ほんとう違いますね!もう少し映画を大事に思えば、そんな題つかないと思いますが・・・。
Commented by Miyuki at 2007-08-23 10:30 x
*ちゃんさま
な、なんとちゃんさまも水ぶくれですと!? あああかわいそうに、痛いでしょ~~(涙) しかも右手の人差し指なんて……色々不自由しちゃいますね~。どうかお大事に! 早く治りますようにー。
そなのです、原題の意味がまたあるのでねえ、信じられませんぞこれは。


<< その付き合い方に着目して 基本材料は変わらずとも >>