賜り物と言える物

National Day (Singapore)
National Women's Day (South Africa)


お嬢、矯正歯科の定期健診に行きました。

いずれはブレスをすることは確実なのですが、問題はその時期で。
下の歯の内側に、space maintenanceの為の針金だけはすでに入れてあるのですが、肝心の本格ブレスになかなかかかれません。
まだ成長が足りない、というのが先生の見立て。平均は12歳ぐらいからとのことだったので、いよいよ今回からかなー、と覚悟(?)して行ったのですが。

お嬢の歯を一通り診た後、私も呼ばれ、先生のお話を承り。
「全て大人の歯になったけど、どうだろう、もう背は止まったかな?」
とのお言葉に、お嬢と私は口をそろえて、
「ここで止まったら困ります!!」
だってまだ150cmにも満たないのですぞ。自慢じゃないけど、学年でもトップクラスのチビなのですぞ。

お嬢を椅子から立たせて、彼女の背を一目見た途端、
「あ、確かにまだまだみたいだね
とおっしゃった先生。さようでございましょう、さようでなくば。(かくかく)(頷きまくり)

結局、もう少し下顎が成長してから始めようとのことで、またもや見送りとなりました。次回の健診は1年後です。


ちなみにこちらの子の成長のピークは、9~13歳ぐらい。なのでお嬢の友達、誰も彼もどんどん私に追いついたり追い抜いたりで、羨ましいことでございます。
おまけに、背はまだ私が勝ってても足の長さはすでに抜かれてたりするところが、大変腹立たしいの一言です。(ちきしょおおお)

* * * * *

【個人的事情】
b0059565_11182868.jpg

ここ1ヶ月ほど、お嬢と私の間で火花を散らしつつ、隙をねらって自分のものにしようとしているものがある。

ってことはないのだ、ほんとは堂々と私のものなのだ。だって私に、といってくれたんだもん。
それはね、大事な大事な、友人手製のバッグだよ。



自宅でキルトの教室を開いてる彼女は、こういう裁縫系はお手のもの。バッグもポーチも帽子だって、頭の中身が二次元以上に発展できない私には、信じられないものを作ってるんだよ。
そんな彼女とパン教室に通うという光栄に属したことのある私は、恐れ多くも彼女をベーキング友達とも認識している。ええ、はっきりとぢまんです。

ある日、彼女のブログに、「ベーキング友達に使ってもらおう」という言葉と共に、すんごく可愛いバッグがアップされていて。パン教室で焼いたパンを持ち帰る時に使えるように、という目的で、と。
しっかりと一目ぼれしたものの、まさかそれが自分あてとは思ってなかったの。50%ぐらいは期待してたけど。
久しぶりに会った機会に、彼女の手から渡された時は、頭も心も活動真っ盛りの火山並み。その燃えたぎる勢いのまま、パンを100個焼いてしまいそうな自分がいたよ。セントヘレナと呼んでくれ。

ちょうどパン教室が夏休みに入ったので、その目的で使ったのは、昨日が初めてだったんだけど。
でもその前に、すでにあれやこれやと使っててね。だって大きさが手頃でとにかく可愛いくて。それこそ、友達にパンを押し付けに行く時に使って、ついでにしっかり見せびらかしてきちゃったり。
持ちながらスーパーで買い物してたら、「これ、可愛い! どこで買ったの?」と、おばさまやキャッシャーさんに聞かれたりしてたのさ。ええ、はっきりとぢまんです。


しかし実は現品モニターも兼ねていて。彼女からは、「どこか直したらいい点があったら言ってね」と言われたんだけど。

好きすぎて、変えてほしいところが一つもない。

モニターとしても大変役立たずであることを白状します……


過去日記にも書いたけど、彼女のキルトクラスのHP、麗しい作品の写真が拝めるだけでなく、実は彼女オリジナルのエプロンのオーダーも受け付けています。
もしかしてお願いすれば、このバッグも作ってもらえるのかな??
興味のある方、美しいものに目がない方、どうぞ以下の彼女のサイトをご訪問下さいませませ。

実は当のご本人こそが一番の目の保養(別嬪さんなんだ!!)、という説がちょー強力なのですが、肝心の本人だけは認めようとしないのでありました。


b0059565_11184437.jpg
Atelier Usagi's Quilt
[PR]
by senrufan | 2007-08-09 11:05 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/7277213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by peartree22 at 2007-08-11 22:22
あー、やっぱりMiyukiさんへのプレゼントだったのですねぇ!あの方かな?あちらの方かな?と数名頭に浮かんだのですが、1番に思いついたのがMiyukiさんでして。(私の感も相当鋭い?)
うらやましいけれど、ふっ、ふっ、ふっ!もう注文してまーす!(大きく腰に手を当ててぢまん!!!)
私も彼女のブログで見たときに、一目ぼれして即オーダーしちゃいました。もちろんエプロンも!(さらに鼻息荒くダブルぢまん!)
裁縫というものの才能がない私も時に作品を眺めては、なんだか自分で作ったような錯覚に陥りいい気分に浸っています(おい、おいそれはあまりに自己中心的でしょう)。
ベイを離れた後でもこうしてご縁が縁を呼んで・・・という幸せなめぐり合わせには、自分のご縁運の良さをちょっと威張りたい気分です。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2007-08-12 03:41
拝啓 活動真っ盛りのセントヘレナ様(笑)
それは嬉しいプレゼントですね。頂いた品物が可愛いのもさることながら、誰かが自分のことを思いながら作ってくれた一品って、日々使いながらにやにやしてしまいそう。そんなプレゼントを贈りたいなぁーと思わせるような方なんですね、Miyuki サマ。私、キルトやクラフトはまったくの初心者なのですが、このお友達の暖かいホームページを見て背中を押されました。サンノゼは遠いのですが、初めてみるもの楽しいかも。素敵なご紹介もありがとうございました☆
Commented by Miyuki at 2007-08-12 08:40 x
*ちゃんさま
ふっふっふ、そなの、私だったのです~! いえ~い、大当たり~♪ もうこれで一生分の宝クジに当たってしまいましたアタシ(笑)
おおっ、そうでした、ちゃんさまは早速頼まれていたのですよね! 今度はどんな柄かなあ? 絶対日記にアップしてくださいね、お願いお願い。
ほんとにねえ、縁は異なもの・味なもの。私の縁運も相当なものですぞ~、だっておかげでちゃんさまと繋がれたし♪ あ、ひかないで、行かないで。
Commented by Miyuki at 2007-08-12 08:45 x
*shinaさん
お呼びでございますかっ!と噴火しながら駆けつけます。うわあ、いやだなあそれ(想像してる)
はい、もう毎日にやけっぱなしで大変(笑) 私こそキルトには早々に挫折し、クラフトはあまりにセンスが無さ過ぎて手も出せないので、彼女のような人には無条件でひれ伏してしまうのでございます。彼女のキルトクラスのもう一つの目玉(?)は、生徒さんに出してくれる彼女手作りのお菓子ですよ~。それだけの為にレッスン代を払いたいアタシでございます。
Commented by まきりん♪ at 2007-08-12 13:41 x
北米では歯列矯正は一般的ですよね。12・13歳から始められたら成長期で歯列がしっかり整ってくれそうですよね。友人は30代後半から始めたので、ものすごく長く掛かるといっていました。

北米でキルトっていえば伝統的なものなのですよね。温かい風合いが魅力的。
早速、HPを見てきました。カフェ・エプロンのおしゃれなこと!
Miyukiさんへのパン用バッグ、素朴な味わいでいい感じですね。
Commented by さく at 2007-08-12 23:36 x
矯正はあせらなくても大丈夫です。
40代で始めたわたくしも、1年半で終わりました。
ほんとにガタガタだったんだから。
私の先生は13歳以降で始めると言ってました。
息子達の学校もあまり早いうちの矯正には難色を示します。
脳の発達に影響が出るそうですよ。
私はなんだか脳の後退に拍車がかかったような気もしますが、
これは、歯列矯正のせいかしら・・・うんうん。
Commented by Miyuki at 2007-08-13 09:36 x
*まきりんさん
そうそう、大人になってから始めると、もう骨が固いから長くかかるといいますよね。でも↓のさくさんのおかげで、実は先生によるのかも?という希望(?)もでてきました。奥が深いなあ、歯の世界。

こちらに来て、キルトって単なる手芸という域を超えて、完全にアートなのだなあと実感しました。そのセンスの持ち主である彼女は、とても眩しい存在なのでありますvv
Commented by Miyuki at 2007-08-13 09:40 x
*さくさん
改めてお疲れ様だったね~、矯正。私の周りで大人になってからやった人、みんな歯を抜かれた上に、2年はやってたから、さくさん話には驚いたし、励まされたよん。その先生が「13歳から」とおっしゃってるなら安心だな。ありがとね~vv
脳に影響……前進するなら私がやりたい。(真剣) って、うちの娘、3歳の時に顎の矯正やったんだけど。だからか……!(何が)
Commented by NONO at 2007-08-15 00:15 x
中学~大学まで矯正やってました。なんか私は顎が小さくて、生えきれてない歯が歯茎の中に埋まっているとのことで、2回ほど切開手術もしました(涙)。思えばあまり堅い物を食べてこなかった人生で…早食いだったし…それで顎が発達しなかったんだと思います。今は、せめてよく噛んで食べるように心がけてはおります(今更顎は発達しないけど胃腸にはいいので…笑)。
Commented by Miyuki at 2007-08-15 09:55 x
*NONOさん
中学から大学まで、それは結構長かったですね! しかもその歯茎の中に埋まってて、ってあああああ(想像だけで悶絶)
ちなみに世界で一番顎が小さいのが、ベトナム人だそうで。バリバリの米食文化、柔らかいもの中心だからなんですって。私もしっかり噛むように……すると、今度は顎関節症が痛んだりしてもう……(涙)
Commented by NONO at 2007-08-16 00:28 x
上下にまんべんなくブリッジを付けての10年間は痛くて長かったです。後年、妹もやりましたがなんだかすぐ終わっていたような記憶が…。医学の進歩?それとも私が重症だっただけ??
顎関節症、妹も軽くあるんですよー。「よく噛もうとすると間接が…」と毎度悩んでおります。よく動かさなければならない部位が痛いというのは辛いですよね!!(涙)
Commented by Miyuki at 2007-08-16 06:32 x
*NONOさん
10年間……(貧血) なんという青春時代だったのですかNONOさん……
でも歯が埋まっているというのは、どう考えても後々何か起こりそうな気もするので、やはりやってよかったんでしょうなあ。今度お会いできたら、ちょっと口元拝見~。あ、こんなところでなんですが、冬の祭典、今年は行けるかもです!
妹さんのつらさ、よ~~くわかりますううう。そなのです、気持ちよく食べてたりアクビするたびに、ぐがっ!!とくるあの衝撃。結局私も、顎が発達しきれてなかったんでしょうねえ。はああ。
Commented by NONO at 2007-08-16 21:16 x
あ、漢字間違えちゃった…×間接→○関節、ですね(^^;)。
歯並びは…矯正前を見る方が面白いですよきっと。歯科医をして「アクロバット」と呼ばせしめたぐちゃぐちゃさですから…ははは。
冬、いらっさるんですか!?私も検討中です~。お会いできるといいなあ。スケジュールなど決まられたら、良かったらメールくださいませ(はぁと)。
Commented by Miyuki at 2007-08-17 10:02 x
*NONOさん
私は以前この日記で、「顎」を「額」と変換したままにしてて、アクセス解析で「額関節症」をたどって来た人がやたら多いことに気づいて、慌てて直したのでございます……知らぬはすっごく長い間の恥(悔)
うーん、矯正前を拝見したかった! アクロバットってすごい命名だ(汗)
もちろん連絡させていただきますよ~! 去年お会いできなかったから、今年はぜひに、と思っておりますvv


<< 通りすがりも縁のうち 掴みきれない大きさで >>